Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20181027 cmc fireside_meetup

357 views

Published on

2018/10/27開催 CMC_Meetup 焚き火部キックオフ(北海道・オートリゾート苫小牧アルテン)でのプレゼン資料です。

Published in: Business
  • Be the first to comment

20181027 cmc fireside_meetup

  1. 1. 2018/10/27 Hideki Ojima Parallel Marketer / Evangelist 人生にマーケティングを! 今日からできる コミュニティ活用術
  2. 2. ・新卒から25年+のB2Bマーケター経験 ・大学のゼミでマーケティングを専攻 ・新卒時に「マーケティング職」採用 の企業を選択 ・AWS日本法人の1人目の社員 ・現在はパラレルマーケター 小島 英揮
  3. 3. ビジネスとライフの #公私混同 実践中 http://stilldayone.hatenablog.jp/entry/500miles_a_day
  4. 4. https://webtan.impress.co.jp/e/2018/03/07/28085 提唱している 「コミュニティマーケティング」 マンガでも紹介!
  5. 5. ようこそ! コミュニティマーケティングを考える コミュニティへ!
  6. 6. 東京 京都 福岡 札幌 高知 ・東京:9回 ・札幌:3回 ・福岡:2回 ・京都:2回 ・高知:2回 ・大阪:2回 ・B2C:2回 ・DeepDive:2回 ・焚き火部:1回 大阪 Facebook Group 参加メンバー数:1,400+ Meetup 回数: 25 #CMC_Meetup Total Tweets 2,800+ CMC_Meetup:Since 2016/11~
  7. 7. ・理解する :コミュニティマーケティング の意義を理解する ・自分ゴト化:自社のサービス、商品、及び 自分自身への適用を考えてみる ・実践する :コミュニティマーケティング を実践し、アウトプットしたくなる CMC_Meetupのゴール
  8. 8. というわけで、 下記でアウトプットを! #CMC_Meetup #焚き火部
  9. 9. コミュニティとは? 元は「地域軸」に根ざした 共同体の意味 ↓ 現在では目的・理念等の 「関心軸」を共有する人の集まり
  10. 10. https://en.wikipedia.org/wiki/Marketing マーケティングとは?
  11. 11. Marketing(マーケティング) 市場+ing 事業運営そのもの
  12. 12. マーケティングは 恋愛 に似ている なぜなら 「誰が相手なのか」が 最も重要だから
  13. 13. • Who :誰が顧客か? • What:提供できるベネフィットは何か? • How : どうやって伝えるか? マーケティング3要素(Who/What/How) のうち、Who からスタートすべき
  14. 14. How から検討する 「名ばかり マーケティング」 活動が散見
  15. 15. “Who”からスタートする マーケティング施策 = コミュ二ティ マーケティング
  16. 16. 既存のマーケティングファネル コミュニティマーケティング のファネル MAL MQL SQL POC MRR YoY Growth 20% 20% 30% 50% ファン Scalable!! Conversion Acquisition
  17. 17. コミュニティマーケティング成功のための 「3つのファースト」 • コンテキスト ファースト • アウトプット ファースト • オフラインファースト
  18. 18. コンテキスト(関心軸) が重要
  19. 19. ピザとビールは コンテキストではない
  20. 20. アウトプットがインプットを呼ぶ
  21. 21. Sell through the Community 外部へのアウトプットがない場合… アウトプットが新しい参加者を呼ぶ Vendor / Provider Vendor / Provider Community Community
  22. 22. オフライン→オンラインの拡大サイクル Off-line On-line Off-line On-line# of Participants / Output Time
  23. 23. ソーシャルネットワークが ボーリングピン効果を加速 https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-usersコムニコ調べ
  24. 24. ソーシャルネット ワークでの拡散も オフライン(F2F) が起点 https://www.amazon.co.jp/dp/B01MUOZBLP/
  25. 25. Efficient!! 既存のマーケティングに必要な リソースと結果 コミュニティマーケティング に必要なリソースと結果
  26. 26. ベンチマーク: JAWS-UG 2010年に発足 ↓ 2017 活動結果 支部数 :50+ 勉強会回数:260回 のべ参加者数:9,300名 年一回の全国カンファレンス: JAWS DAYS 2018 (2018/3/10) 登録者数:約 2,000
  27. 27. フォロワーがリーダーを作る https://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement?language=ja
  28. 28. = YOUR 1st pin リーダーとフォロワーが重要 リーダー フォロワー ワナビーズ
  29. 29. リーダー フォロワー ワナビーズ 具体的にはどんな人たち? = 商品、サービスのファン、かつ 「アウトプット」ができている人 = ロールモデルの「アウトプット」を 「フォロー」(追随)できる人 = 興味はあるが、インプットのみを要求 「アウトプット」も「フォロー」も しない人
  30. 30. リーダー フォロワー ワナビーズ 比率 = 5% = 15% = 80%
  31. 31. コミュニティ拡大の炎を絶やさないための 3つの「ステップ」 #1 リーダーとフォロワーで スタート #3 「炎」が大きくなったら、 ワナビーズ参加OK+開催頻度 を高くする #2 フォロワー発掘に力を入れる +ワナビーズの投入を押さえる
  32. 32. 実践編:CMC_Meetup 焚き火部 https://eventregist.com/e/CMC_TAKIBIBU1
  33. 33. セルフブランディング、個人キャリア 形成においても、コミュニティは重要 • 他薦 > 自薦 • 自分のストライクゾーンが正しく伝わる • 自分を必要とする人に見つけてもらえる
  34. 34. https://twitter.com/sogitani_baigie/status/1055967512607608833 そして、マーケティングも重要
  35. 35. 個人のキャリア形成と コミュニティの相関
  36. 36. パラレルキャリアに至るまで マーケティングの仕事がしたい 外資で(と関わる)仕事がしたい クラウドに関わる仕事がしたい パラレルキャリアで仕事がしたい 20代 30代 40代 50代
  37. 37. • 人間長寿化/企業短命化/年金支給 年齢引き上げ • 活動エリア=インプットの拡大 • 家庭内稟議 パラレルキャリアを志向した3つの理由
  38. 38. 人口減少がもたらす影響 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 2010年 2020年 2030年 2040年 2050年 2060年 国内人口推移 0~14歳 15~64歳 65歳~74歳 75歳~ ※内閣府資料に基づく: http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/zenbun/s1_1_1.html FACT: 労働人口、消費人口 の減少 FORECAST: (このままだと) GDPの減少
  39. 39. 自分を支える足(領域)が多いほうが安定
  40. 40. パラレルキャリア先を3つのレイヤーにわけて 「自分の時間」がボトルネックになるのを防止 プラン + 実行主体 プラン + 実行管理 (マネジメント) プランと実行への アドバイス 代走 伴走 コーチ
  41. 41. 自分自身をマーケティングするための アウトプット手法 コミュニティ ブログ (ストック) SNS (フロー)
  42. 42. You can start dancing Today!

×