Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20180712 jcssa

804 views

Published on

2018/07/12 開催 JCSSAセミナーでのご紹介資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20180712 jcssa

  1. 1. 「5年後のビジネス」を考える ~デジタルビジネスと キャッシュレスの不可避な流れ~ 2018/07/12 Hideki Ojima | @hide69oz http://stilldayone.hatenablog.jp/
  2. 2. 会場の皆さんに質問です
  3. 3. どちらの戦い方をすべきか?
  4. 4. 孫子・謀攻: 敵と味方の実情を熟知 →百回戦っても負けない 敵情を知らず味方のことだけを知っている →勝ったり負けたりして勝負がつかない 敵情のことも味方のことも知らない →必ず負ける
  5. 5. 今日のゴール: 「百戦危うからず」を実現するために クラウド後の世界で起こっているビジネスの 「不可避」な流れを理解し、 対応していくうえで重要な 行動指針を知り、 それに向けて一歩踏み出す
  6. 6. クラウド導入状況 のおさらい
  7. 7. 数字的に見て、クラウドへの流れは確定 http://www.sbbit.jp/article/cont1/32597 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/061500148/082200080 /
  8. 8. 業務系XaaSベンダーのシェア https://www.srgresearch.com/articles/aws-leading-public-cloud-market-all-major-regions
  9. 9. クラウドがクラウドを生み出す エコシステム IaaS/PaaS SaaS
  10. 10. なぜクラウドを導入するのか? カイゼンアプローチ: 今までできていたことを、 より早く、簡単に、安く実現できる イノベーションアプローチ: 今までできなかったことを実現できる
  11. 11. クラウド誕生後10年の テクノロジートレンド
  12. 12. エコシステムがエコシステムを産む クラウド以降の「不可避」な流れ 2006 - Big Data Mobile 2016 - IoT AI VR/AR/MR (仮想体験) Service Layer Cloud Computing
  13. 13. テクノ ロジー エコ システム
  14. 14. 820億回 2016年でのGoogle Playでの アプリダウンロード数
  15. 15. 注目すべきは、技術の変化では なく、エコシステムの変化
  16. 16. クラウド上のAIサービスの進展で、 AI利用が進展
  17. 17. 熟練度 = 数 ・・・・・ 熟練者の対応力、認識力を 大量にデジタルコピー可能 業務におけるAIの使いどころ 人 AI
  18. 18. 顧客対応
  19. 19. ローソン (商品案内等) ドミノピザ (注文) ヤマト運輸 (問い合わせ) エボラブルアジア (問い合わせ) 出典:http://humming-bird.info/linebot/linebot_cases/ チャットボット
  20. 20. 製造業(工場)
  21. 21. VUI(ボイスユーザー インターフェース)
  22. 22. クラウドAIによる パーソナル&モバイル化 エコシステム の取り込み 限定用途&専用機 2014年~ 2011年~ 1990年代後半~
  23. 23. Alexa Skill エコシステムの広がり 家電(デバイス) コントロール 状況確認 検索 注文 車載利用
  24. 24. Google Duplex:チューリングテストも パスできるレベルのVUI(ボイスユーザー インターフェース)が実現可能に
  25. 25. VUIがコンピューティングの利用者層 と時間を拡大 キーボード + モニター GenerationJunior Senior 「平行」 (ながら) 作業 「単純」 作業 「大量」 作業 VUI (+α)
  26. 26. https://techcrunch.com/2017/07/25/get-ready-to-say-goodbye-to-flash-in-2020/ エコシステムからはじき出されると・・・
  27. 27. 「不可避な流れ」に逆らう ことは困難を伴う
  28. 28. マーク・アンドリーセンが、 2011年に宣言した 「不可避な」流れ “Software Is Eating The World”
  29. 29. 33
  30. 30. 新しいビジネスが 決済にも変化をもたらす
  31. 31. 決済の変化(お金の流れの変化)に に対応したテクノロジー、エコシステムが普及 C to C サブスクリプション 事前決済
  32. 32. メルカリなどのC2C普及がもたらした 新しい個人消費行動 • 使わなくなったら、すぐに売る • 新品・中古にこだわらない • 高くても、売れるなら買う • 残高ではなく、キャッシュフロー が重要
  33. 33. キャッシュレスはUXにも効く 事前決済 レジ無し店舗
  34. 34. キャッシュレスを推進する世界の流れ 高額紙幣、少額 コインの廃止 (インド、ユーロ スウェーデン、ノルウェー等) キャッシュレス 先進国:中国 (Alipay, WeChat Pay) オンライン、モバイ ル決済技術の進展 (Google Pay, Apple Pay等) 無人レジ、現金 お断りの店舗の出現 (AmazonGo, ロイヤル ホスト等)
  35. 35. 根強い日本の現金主義 日本銀行決済機構局 決済システムレポート (2017年2月): https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb170221.pdf
  36. 36. 日本における もう一つの「不可避」な流れ: 人口減少社会
  37. 37. 人口減少がもたらす影響 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 2010年 2020年 2030年 2040年 2050年 2060年 国内人口推移 0~14歳 15~64歳 65歳~74歳 75歳~ ※内閣府資料に基づく: http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/zenbun/s1_1_1.html FACT: 労働人口、消費人口 の減少 FORECAST: (このままだと) GDPの減少
  38. 38. 日本市場だけをみると 「これまでと同じこと」を続けると、 「毎年ビジネスが縮小」する のが不可避な流れに
  39. 39. セブン銀行「事業等のリスク」 の文章抜粋: --- 将来、クレジットカードや電子マ ネー等、現金に代替し得る決済手段 の普及が進むと、ATM利用件数が減 少し、当社の業績に影響が及ぶおそ れがあります。 --- https://www.sevenbank.co.jp/ir/managem ent/business_risk.html DIAMOND ONLINE: http://diamond.jp/articles/-/149517
  40. 40. ※2018/07/04開催 SORACOM Discovery 2018 でのみずほホールディング様プレゼン資料より抜粋 https://www.slideshare.net/hide69oz/20180704-soracom-digitalizationfinal 国内メガバンクでも
  41. 41. 越境、インバウンドへの対応技術、 サービスが拡大
  42. 42. デジタル経済、 キャッシュレスを 推進をする決済 プラットフォーム に求められるもの
  43. 43. □クラウド&モバイルビジネスへの対応 (C to C、サブスクリプション、代替決済対応) □カード情報非通過(割販法対応) □多通貨決済対応 □API □ペーパーレス □運用負荷軽減 □キャッシュフロー
  44. 44. 51 require "stripe" Stripe.api_key = "BQokikJOvBiI2HlWgH4olfQ2" Stripe::Charge.create( => 400, => "usd", => { => "4242424242424242", => 9, => 2016, => "314" }, => "Example charge" ) オンライン決済構築を ワンストップ&APIで実現 ・ペーパーレスで利用開始 ・多彩な決済モデル、世界市場に対応 ・カード不正利用対策を提供
  45. 45. © 2016 Stripe, Inc. Commercially Confidential. Stripeがワンストップで、決済をサポート 5 2 決済代行サービス 審査 加盟店契約 Visa、MasterCard カード発行会社 PCI監査 レポート JCB、アメリカンエキスプレスなど 海外展開とコンプライアンス遵守 Seller Stripe
  46. 46. 豊富な機能
  47. 47. トークン型の利用で、クレジット カード情報はECサイトを不通過
  48. 48. 主要カードブランドに加え、Apple Pay、 Google Payを含む代替決済にも 全て、最大3.6%の料率で対応
  49. 49. 例:Apple Pay, Google Pay を使った際のUXの向上
  50. 50. Billing:サブスクリプション(定期決済)に対応。 プラン変更や返金処理を柔軟に処理
  51. 51. キャッシュフローに効く(翌週入金可) AWSでSaaS運用するなら、 Stripeの入金サイクルが武器に! (クラウドSaaS提供会社CEO・HBT) SaaSの利用料金 →月初に入金 AWSの利用料金 →月末締め。 カード払いであれば翌月以降の出金
  52. 52. Connect:C to C のマーケットプレイス型決済環境 を構築 コンソールで 一括管理 モバイルから アカウント登録
  53. 53. C2Cサービスでのスマホ決済にも利用
  54. 54. 使いやすいダッシュボード機能 • 顧客の管理 • 請求の管理 • 返金手続き • 領収メール送信 • 月ごとの売り上げ集計 • SQLでのデータ検索(SIGMA)
  55. 55. Radar:適正値機械学習を使った不正カード利用対策 ““100,000+ のグローバル企業か ら得た行動シグナルを利用して、不 正使用をピンポイントで指摘 (新規利用カードでも、80%は Stripe ネットワークで事前に使わ れている )”
  56. 56. 主要CMS、ECパッケージ、サービスではStripe実装用の プラグイン、エクステンション等が用意
  57. 57. 対面決済でもStripe実装をしたソリューション が登場 スマプレPAY http://thebridge.jp/2017/08/smartplate-pay- testing-launched-at-beachside-clubhouse
  58. 58. まとめ:Stripeの特徴 ・ワンストップで、決済に必要なやりとりが完結 ・ペーパーワーク不要。コード実装のみで、すぐに決済利用開始 ・初期費用不要、基本的には手数料のみ(最大3.6%) ・カード情報非保持、非通過を実現 ・多通貨決済(135通貨)、代替決済(WeChat Pay, Alipay, Apple Pay)に対応 ・B2B、B2C、C2Cにすべて対応 ・サブスクリプション(定額支払い)モデルも柔軟に運用可能 ・機械学習によるカード不正利用対策
  59. 59. エコシステムの変化を 「素早く」とらえることが、 ビジネスにとっても重要に
  60. 60. エコシステムの法則を念頭に・・・ • 新しい課題:今のエコシステムが生み出す「新しい課 題」を見つける • 参入スピード:参入が多ければ「圧倒的」である必要 アリ。参入が少なければ「スピード」が武器に直結 • プラットフォーム:手作り部分をいかに少なくして、 「巨人の肩」に乗るか?
  61. 61. エコシステムを活用した例 課題・ニーズ インフラ、決済、PCIDSS監査 まわりはクラウド利用で対応
  62. 62. テクノロジー、エコシステム、 顧客、市場がすべて急速に変わる、 ゲームチェンジの時代に
  63. 63. チャンスの 時代到来!
  64. 64. これからの5年: デジタライゼーションの時代
  65. 65. X as a Service の時代 UXがすべて サブスクリプション シェアリングエコノミー キャッシュレス コミュニティ 固定から流動へ
  66. 66. 全ての企業が「デジタライゼーション」に直面 ビジネス効率化 のための 「デジタル武装」 ビジネスドメイン 変革のための 「デジタル全面利用」× CIO的視点 CDO的視点
  67. 67. http://scrum.vc/ja/2018/02/05/amazongo/ デジタライゼーション企業の例:アマゾン
  68. 68. AmazonGoに行ってみた感想 http://stilldayone.hatenablog.jp/entry/ Go_AmazonGo <4つのビジネスインパクト> • 「買われなかった商品」「買わな かった人」の情報取得 • 顧客とのエンゲージメントの強化 • 「招かれざる客」対策 • スケーラビリティ
  69. 69. Products
  70. 70. Sensors / In & Go
  71. 71. Store Operation
  72. 72. App UX
  73. 73. AmazonGoを一言で言うと ECのあたりまえを店舗に
  74. 74. 国内のリテールでも同様の動きが カウントカメラと AIを利用した 属性判定カメラを 各テナント区画へ設置
  75. 75. 外のモノサシとしての コミュニティの存在
  76. 76. クラウド以降の変化スピードでは、 外のモノサシを知らないことは危険 What’s Happen?
  77. 77. マニュアル、 ガイドブック待ち では周回遅れの時代
  78. 78. 外のモノサシを知るうえで外向きの コミュニティは不可欠
  79. 79. 【コミュニティ】 元は「地域軸」の共同体の意味 ↓ 現在では、目的・理念などの 「関心軸」を共有する人の集まり
  80. 80. AWSはコミュニティで広がった Launched in 2010 ↓ 2017 results Subsidiaries:50+ Meetups: 260回 Total attendees: 9,300名 Annual conference: JAWS DAYS 2018 (2018/3/10) Registrations:around 2,000
  81. 81. フジテック 友岡CIO 「コミュニティに情シス部員を 放流しよう」 大手企業も外部接点として コミュニティを取り入れ KDDI Tech On コミュニティ みずほフィナンシャルグループ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1804/13/news035.html
  82. 82. 東京 京都 福岡 札幌 高知 ・東京:9回 ・B2C:2回 ・福岡:1回 ・京都:2回 ・札幌:2回 ・高知:2回 ・大阪:1回 コミュニティを マーケティングに使う 勉強会も全国に 大阪
  83. 83. “今日のビジネス環境では「大 きいものが小さいものに勝 つ」のではなく、「速いもの が遅いものに勝つ」” ユニ・チャーム株式会社 代表取締役社長執行役員 高原 豪久
  84. 84. You can start Today!
  85. 85. Question?

×