Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20180423 cmc meetup_kyoto_vol2

1,013 views

Published on

2018/04/23開催 CMC_Meetup 京都での資料です。

Published in: Marketing
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

20180423 cmc meetup_kyoto_vol2

  1. 1. 似て非なる活動: コミュニティマネジメントと コミュニティマーケティングの 違いについて 2018/04/23 Hideki Ojima | @hide69oz http://stilldayone.hatenablog.jp/ CMC_Meetup in 京都 Vol.2
  2. 2. 東京→福岡→瀬戸内→日本海経由 で、バイクでやってきました!
  3. 3. 本日のハッシュタグ #CMC_Meetup
  4. 4. コミュニティ マーケティング のおさらい
  5. 5. https://webtan.impress.co.jp/e/2018/03/07/28085 詳しくは、こちらの マンガを!
  6. 6. • JAWS-UG, kintone Café等の実績(B2Bでも口 コミ→調達の流れの構築が可能) • 国内マーケットの縮小 = 今までのやり方で は売上減少 • 既存のマスマーケティングの限界 コミュニティマーケティングが注目される背景
  7. 7. 既存のマスマーケティングの限界 • リーチ >コンテンツ:ターゲットに広くリーチすることはできる が、「興味を引くコンテンツ」を生成する仕組みではない • アウェアネス > デマンドジェネレーション:聞いたことが ある(アウェアネス)という人を増やすことはできるが、自分ゴト化(デ マンドジェネレーション)には効果が薄い • リーチ増加 ≒ コスト増加:リーチ数の増加に伴い、コストも関 連してリニアに増加
  8. 8. 既存のマスマーケティングの限界
  9. 9. コミュニティマーケティング: より少ない原資で効果を!
  10. 10. 顧客が顧客を呼ぶ: Sell Through the Community Vendor / Provider Community
  11. 11. コミュニティマーケティングでは、 コミュニティからの、外向きの情報発信 と新規参加者獲得を重視 ↓ 参加者が固定的、及び外向きに情報発信 されない、既存の「パートナー会」 「ユーザー会」等とは、スタンスが 大きく異なる
  12. 12. 自発的にコンテンツ生成・交換・保存 をするコミュニティ運営の3つの原則 • オフライン ファースト • コンテキスト ファースト • アウトプット ファースト
  13. 13. 2010年発足 ↓ 2017年実績 支部数:50+ 勉強会開催数: 260回 延べ参加者数: 9,300名 2018年3月10日(土)開催: JAWS DAYS 2018 エントリー数:約2,000名
  14. 14. #JP_Stripes : Zero to One (2018/04/20現在) 東京 京都 大阪 神戸 福岡 松山 • 8都市 • 19ミートアップ • 445+ エントリー • 75 スピーカー(29LT) • 1,800+ ツイート • 500+ FBグループ メンバー 広島 秋田 札幌
  15. 15. コミュニティマーケティング を始める上で必要な3つのこと • ファン • センター • 期待値コントロール
  16. 16. 落とし穴: 「既存コミュニティ維持」の重力
  17. 17. コミュニティに対する立ち位置 コミュニティ マネジメント (維持・管理) コミュニティ マーケティング マーケティング 目的:コミュニティ維持 フォーカス ・リピーター比率 ・製品へのフィードバック ・リレーションシップ 目的:マーケティング(=共感者増大) フォーカス ・新規参加者比率 ・外部へのアウトプット数 ・自走化
  18. 18. NHNテコラス CloudGarage:中村哲也 さん 日本IBM Bluemix:中野秀子 さん 参考:CMC_Meetup Vol.8でのトーク
  19. 19. 参考:CMC_Meetup Vol.8でのトーク https://julia-hn.goat.me/8JyVCZZY
  20. 20. ファンの中から 「あなたの」1st ピンを 見つけよう
  21. 21. = ロールモデル フォロワー ワナビーズ YOUR 1st pin
  22. 22. ロールモデル フォロワー ワナビーズ 具体的にはどんな人たち? = 商品、サービスのファン、かつ 「アウトプット」ができている人 = ロールモデルの「アウトプット」を 「フォロー」(追随)できる人 = 興味はあるが、インプットのみを要求 「アウトプット」も「フォロー」も しない人
  23. 23. 1st ピン 発掘期 1st ピン 選定期 1st ピン 育成期 1st ピン 自走期 1stピン獲得プロセス 出会いの場 必要 特性見極め が必要 動機付けが 必要 育成に 問題あれば 再選定 コミュニティ 立ち上げ
  24. 24. • ミートアップ内での アウトプットの促進 (発表、質問、ツイート等) • 新しいスピーカー • ミートアップ後の、 アウトプットの共有 (ブログ、togetter等) 1stピン育成のために・・ 自分ゴト化& コンテンツ発信が重要
  25. 25. 注意点: 「参加者急増」への誘惑
  26. 26. インフルエンサーではなく、ファンを探す Fan > Influencer
  27. 27. 火を絶やさないために・・・・ #1 リーダーとフォロワーで スタート #3 「炎」が大きくなったら、 ワナビーズ参加OK+開催頻度 を高くする #2 フォロワー発掘に力を入れる +ワナビーズの投入を押さえる
  28. 28. まとめ:コミュニティマーケティング を進めるうえでのチェックシート □3つの要素(ファン、センター、 期待値コントロール)がそろっているか? □ 1st ピン獲得プロセスを理解しているか □ マーケティング指向か?(コミュニティを作る こと、維持することが目的化していないか?)
  29. 29. 【告知】
  30. 30. 1st ピンな人たちを 課題先進県・高知 に集めるコミュニティ イベントを開催します! http://eventregist.com/e/CLS_Kochi
  31. 31. この顔にピン!ときたら、即参加!
  32. 32. Question?

×