Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20180409 cmc meetup_sapporo_vol2

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 47 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 20180409 cmc meetup_sapporo_vol2 (20)

Advertisement

More from Hideki Ojima (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

20180409 cmc meetup_sapporo_vol2

  1. 1. コミュニティマーケティング の進め方と落とし穴 2018/04/09 Hideki Ojima | @hide69oz http://stilldayone.hatenablog.jp/ CMC_Meetup in 札幌 Vol.2
  2. 2. お招きいただき ありがとう ございます!
  3. 3. 本日のハッシュタグ #CMC_Meetup
  4. 4. コミュニティマーケティングを考える コミュニティ:CMC_Meetup
  5. 5. CMC_Meetup = Community Marketing Community Meetup コミュニティマーケティング に関するナレッジの • 言語化 • 共有 • ブラッシュアップ の場として、立ち上げ CMC_Meetupの立ち上げにか かわることで、コミュニティ 立上げの追体験ができる場に https://www.facebook.com/groups/552515584953588/ 現在約1,050名が参加
  6. 6. 前回の おさらい https://togetter.com/li/1193538
  7. 7. • JAWS-UG, kintone Café等の実績(B2Bでも口 コミ→調達の流れの構築が可能) • 国内マーケットの縮小 = 今までのやり方で は売上減少 • 既存のマスマーケティングの限界 コミュニティマーケティングが注目される背景
  8. 8. 既存のマスマーケティングの限界 • リーチ >コンテンツ:ターゲットに広くリーチすることはできる が、「興味を引くコンテンツ」を生成する仕組みではない • アウェアネス > デマンドジェネレーション:聞いたことが ある(アウェアネス)という人を増やすことはできるが、自分ゴト化(デ マンドジェネレーション)には効果が薄い • リーチ増加 ≒ コスト増加:リーチ数の増加に伴い、コストも関 連してリニアに増加
  9. 9. 既存のマスマーケティングの限界
  10. 10. コミュニティマーケティング: より少ない原資で効果を!
  11. 11. 顧客が顧客を呼ぶ: Sell Through the Community Vendor / Provider Community
  12. 12. 2010年発足 ↓ 2017年実績 支部数:50+ 勉強会開催数: 260回 延べ参加者数: 9,300名 2018年3月10日(土)開催: JAWS DAYS 2018 エントリー数:約2,000名
  13. 13. 自発的にコンテンツ生成・交換・保存 をするコミュニティ運営の3つの原則 • オフライン ファースト • コンテキスト ファースト • アウトプット ファースト
  14. 14. コミュニティマーケティング を始める上で必要な3つのこと • ファン • センター • 期待値コントロール
  15. 15. 高まる コミュニティマーケティングへの 関心
  16. 16. 高まる「コミュニティマーケティング」 への関心
  17. 17. https://webtan.impress.co.jp/e/2018/03/07/28085 ついにマンガ化 (3頭身化)
  18. 18. 進め方と落とし穴
  19. 19. □ ファン □ センター □ 期待値コントロール コミュニティマーケティング開始の 3要素、揃っていますか?
  20. 20. ファンの中から 「あなたの」1st ピンを 見つけよう
  21. 21. = ロールモデル フォロワー ワナビーズ YOUR 1st pin
  22. 22. ロールモデル フォロワー ワナビーズ 具体的にはどんな人たち? = 商品、サービスのファン、かつ 「アウトプット」ができている人 = ロールモデルの「アウトプット」を 「フォロー」(追随)できる人 = 興味はあるが、インプットのみを要求 「アウトプット」も「フォロー」も しない人
  23. 23. ソーシャルネットワークが ボーリングピン効果を加速 https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-usersコムニコ調べ
  24. 24. ソーシャルネット ワークでの拡散も オフライン(F2F) が起点 https://www.amazon.co.jp/dp/B01MUOZBLP/
  25. 25. 落とし穴①: 「参加者拡大」の誘惑
  26. 26. 火を絶やさないために・・・・ #1 リーダーとフォロワーで スタート #3 「炎」が大きくなったら、 ワナビーズ参加OK+開催頻度 を高くする #2 フォロワー発掘に力を入れる +ワナビーズの投入を押さえる
  27. 27. 最新Case Study: JP_Stripes ストライプユーザー、 及び、ストライプ利用検討者 のためのコミュニティ。
  28. 28. 2017年 3月22日 キックオフ!
  29. 29. #JP_Stripes : Zero to One (2018/04/09現在) 東京 京都 大阪 神戸 福岡 松山 • 7都市 • 16ミートアップ • 385+ エントリー • 68 スピーカー(29LT) • 1,600+ ツイート • 480+ FBグループ メンバー 広島 秋田 札幌
  30. 30. JP_Stripesの拡がり 東京 京都 神戸 福岡 3/23 6/6 6/5 5/18 9/14 7/26 9/29 8/23 大阪 9/22 松山 12/16 広島 12/14 1/12 12/9 12/4 3/24 1/16 3/51stピン探し 1stピン探し 1stピン探し 1stピン探し 1stピン探し 1stピン探し 1stピン探し 札幌 4/10 1stピン探し
  31. 31. 1st ピン 発掘期 1st ピン 選定期 1st ピン 育成期 1st ピン 自走期 1stピン獲得プロセス 出会いの場 必要 特性見極め が必要 動機付けが 必要 育成に 問題あれば 再選定 コミュニティ 立ち上げ
  32. 32. • 既存ユーザ訪問&ファン度見極 & 依頼 • 既存地場コミュニティリーダーの方からの抽出 & 依頼(必ずしもStripeユーザではない場合も) • JP_Stripes 登壇者からのリクルート & 依頼 JP_Stripes における1st ピン はどのように見つけたか?
  33. 33. オンラインのグループ (facebookグループ) ロゴ & ステッカー 名称 & ハッシュタグ #JP_Stripes キックオフまでに準備したもの
  34. 34. 18:30~ 開場 19:00~ オープニング&自己紹介 19:15~ Stripeアップデート 19:30~ テーマに沿った事例セッション(2~3名) ※初回は、Stripe概要の紹介の場合も 20:30~ LT(3~5名) 21:00~ 懇親会 22:00~ 集合写真 / 解散 ミートアップの典型的なアジェンダ
  35. 35. • ミートアップ内での アウトプットの促進 (発表、質問、ツイート等) • 新しいスピーカー • ミートアップ後の、 アウトプットの共有 (ブログ、togetter等) 1stピン育成のために・・ 自分ゴト化& コンテンツ発信が重要
  36. 36. ASK(お願い)とExpectation Control (期待値コントロールの重要性) アウトプットお願い ツイートお願い
  37. 37. コミュニティマーケティングでは、 コミュニティからの、外向きの情報発信 と新規参加者獲得を重視 ↓ 参加者が固定的、及び外向きに情報発信 されない、既存の「パートナー会」 「ユーザー会」等とは、スタンスが 大きく異なる
  38. 38. 外部情報発信の有無がもたらす違い Vendor / Provider Vendor / Provider Community Community
  39. 39. #JP_Stripes : Zero to One (2018/04/09現在) 東京 京都 大阪 神戸 福岡 松山 • 7都市 • 16ミートアップ • 385+ エントリー • 68 スピーカー(29LT) • 1,600+ ツイート • 480+ FBグループ メンバー 広島 秋田 札幌
  40. 40. Find & Grow Your 1st PIN!
  41. 41. 落とし穴②: 「既存コミュニティ維持」の重力
  42. 42. コミュニティに対する立ち位置 コミュニティ マネジメント (維持・管理) コミュニティ マーケティング マーケティング 目的:コミュニティ維持 フォーカス ・リピーター比率 ・製品へのフィードバック ・リレーションシップ 目的:マーケティング(=共感者増大) フォーカス ・新規参加者比率 ・外部へのアウトプット数 ・自走化
  43. 43. NHNテコラス CloudGarage:中村哲也 さん 日本IBM Bluemix:中野秀子 さん 参考:CMC_Meetup Vol.8でのトーク
  44. 44. 参考:CMC_Meetup Vol.8でのトーク https://julia-hn.goat.me/8JyVCZZY
  45. 45. まとめ:コミュニティマーケティング を進めるうえでのチェックシート □3つの要素(ファン、センター、 期待値コントロール)がそろっているか? □ 1st ピン獲得プロセスを理解しているか □ マーケティング指向か?(コミュニティを作る こと、維持することが目的化していないか?)
  46. 46. Question?

×