Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170728 デブサミ夏 ojima_公開

1,566 views

Published on

2017/07/28 開催 デベロッパーサミット夏でのセッション資料です。

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

20170728 デブサミ夏 ojima_公開

  1. 1. コミュニティがITビジネスにもたらす変化 2017/7/28 Still Day One | Hideki Ojima | @hide69oz ~或いは、コミュニティを通じた デベロッパーのキャリアアップについて~
  2. 2. #devsumi
  3. 3. 今日のゴール: コミュニティが、なぜいまビジネスや企業に インパクトを持ち始めているのか? また、デベロッパーはコミュニティを通じて どのようにキャリアを築けるのか について理解する
  4. 4. 名刺入れ 問題
  5. 5. https://techcrunch.com/2017/07/25/get-ready-to-say-goodbye-to-flash-in-2020/
  6. 6. 注目すべきは、技術の変化では なく、エコシステムの変化
  7. 7. エコシステム 技術
  8. 8. エコシステムがエコシステムを生み出す 「不可避」な流れ 2006 - Big Data Mobile 2016 - IoT AI VR/AR/MR (仮想体験) Service Layer Cloud Computing
  9. 9. どうやって、新しい潮流の エコシステムを見つけ、 取り込むか?
  10. 10. マニュアル、 ガイドブック待ち では周回遅れの時代
  11. 11. クラウドエコシステム時代において コミュニティ・勉強会は不可欠 デベロッパ-に
  12. 12. クラウド関連の技術は 社内や仕事を通して 学べる範囲を超えている
  13. 13. コミュニティが エンジニア成長のための 大事な場所に
  14. 14. https://mirai.doda.jp/theme/essence/strong-weak-tie/ 複数のコミュニティに 接することで、 「センサー」の幅も広くなる
  15. 15. ビジネスの観点からも コミュニティがますます重要に
  16. 16. 既存のマスマーケティングの限界 • リーチ >コンテンツ:ターゲットに広くリーチすることはできる が、「興味を引くコンテンツ」を生成する仕組みではない • アウェアネス > デマンドジェネレーション:聞いたことが ある(アウェアネス)という人を増やすことはできるが、自分ゴト化(デ マンドジェネレーション)には効果が薄い • リーチ増加 ≒ コスト増加:リーチ数の増加に伴い、コストも関 連してリニアに増加
  17. 17. 既存のマスマーケティングの限界
  18. 18. 既存のマスマーケティングの限界
  19. 19. ビジネス視点で見たコミュニティの価値 =ターゲットに響くコンテンツ生成 + ターゲットへの拡散力
  20. 20. 理想的な破壊力!
  21. 21. ベンチマーク: JAWS-UG
  22. 22. JAWS-UG JAWS-UG = Japan AWS User Group Since 2010 from Tokyo
  23. 23. 全国で 50支部以上が活動
  24. 24. 今日のデブサミでも
  25. 25. コミュニティから生成されるコンテンツ量 がメディアを凌駕(AWS re:Inventの例) 参加者によるブログ:120+ メディアによる記事:20
  26. 26. コミュニティ主導での報告会も多数
  27. 27. Top5は、コミュニティ で生成された情報 AWSのドキュメントは Top5圏外 検索エンジンによる コンテンツの「質」の 判定も、コミュニティ に軍配
  28. 28. JAWS-UG is … Contents Generator(情報生成) Contents Exchanger(情報交換) Contents Archives (情報保存) about AWS!
  29. 29. “Your” Community is … Contents Generator(情報生成) Contents Exchanger(情報交換) Contents Archives (情報保存) about “your” topics
  30. 30. 自発的にコンテンツ生成・交換・保存 をするコミュニティ運営の3つの原則 • オフライン ファースト • コンテキスト ファースト • アウトプット ファースト
  31. 31. JAWS-UGが生み出したフォロワー AWS Users in APAC AWS Partners and Customers
  32. 32. ボーリングピン戦略 Don’t Sell to the Community Sell Through the Community Vendor / Provider Vendor / Provider Community Community
  33. 33. このモデルが実際に 機能するためには?
  34. 34. 1番ピンを見つけ、 育てることが重要
  35. 35. = ロールモデル フォロワー ワナビーズ YOUR 1st pin
  36. 36. 「アウトプット」が1番ピンへの近道 発表、ブログ、情報発信の 場の準備、など、アウト プットが多い人ほど、 1番ピンになりうる
  37. 37. 例:AWS Premier Partners
  38. 38. AWS界隈の某「ブログの会社」の例 http://dev.classmethod.jp/
  39. 39. あるメンバーの月別投稿数 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 2011 2012 2013 2014 2015 2016 コンテンツ数 会社全体の年別投稿(記事寄稿、ブログ等)数 AWS界隈の某「ブログの会社」の例
  40. 40. 常に「一番詳しいパートナー」 というポジションをキープ
  41. 41. 2011 2012 2013 2014 2015 2016 PV数 AWS界隈の某「ブログの会社」の例
  42. 42. デベロッパーは、 1番ピンを目指すべきか?
  43. 43. せっかく得た情報や知識を、 アウトプットして 他の人に渡すのは不安?
  44. 44. クラウド以降、IT業界における 情報の「賞味期限」が大幅に短期化
  45. 45. アウトプットが増える ↓ インプットが増える ↓ アウトプットが増える ↓ (ry アウトプットが増えれば・・・
  46. 46. アウトプットの早さと多さが、 顧客、ベンダー、市場から “見つけられる”大きな要因に ↓ デベロッパーの キャリアの選択肢が増大
  47. 47. “今日のビジネス環境では「大 きいものが小さいものに勝 つ」のではなく、「速いもの が遅いものに勝つ」” ユニ・チャーム株式会社 代表取締役社長執行役員 高原 豪久
  48. 48. You can start Today!
  49. 49. Question?

×