Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170303 toreta大学

456 views

Published on

2017/03/03 トレタ大学でのコミュニティマーケティングに関する紹介資料です。

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

20170303 toreta大学

  1. 1. 顧客が顧客を呼ぶ。 コミュニティマーケティングのススメ 2017/03/03 Hideki Ojima | @hide69oz http://stilldayone.hatenablog.jp/
  2. 2. お招きいただき、ありがとうございます!
  3. 3. 小島、AWS やめたってよ。 http://ascii.jp/elem/000/001/221/1221319/
  4. 4. AWS時代 最後のセッションも コミュニティに関する 内容 「自走するイベント の作り方」 http://logmi.jp/series/back- stage2016%E3%80%8C%E8%87%AA%E8%B5%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E3 %82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E3%81%A4%E3% 81%8F%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%80%8D
  5. 5. Who am I? • Name: Hideki Ojima • 25+ Years Experience in IT Marketing • 1991 - PFU • 1999 - JetFrom / Accelio • 2002 - Adobe • 2009 - Amazon Web Services • 2017 - InstaVR / Stripe / MOONGIFT / EventRegist / Rider’s Garage • All-Round Marketer • Product / Event / Partner / Community • Community Building • FxUG (Adobe Flex) • JAWS-UG (AWS) • CMC_Meetup (Community Marketing Community)
  6. 6. インターネットの GDP を 拡大 DevRel推進による ビジネスの拡大 VRの民主化 を推進
  7. 7. CMC_Meetup = Community Marketing Community Meetup コミュニティマーケティング に関するナレッジの • 言語化 • 共有 • ブラッシュアップ の場として、立ち上げ CMCの立ち上げにかかわるこ とで、Community Building の追体験ができる場に
  8. 8. コミュニティマーケティング はビジネスに効くのか?
  9. 9. ビジネスの成長を算数的に分解すると… 大規模案件・顧客 へのハイタッチ コミニティ・パートナー エコシステムでのベースライン拡大 Future GrowthCurrent Business
  10. 10. ボーリングピン 戦略で広げる
  11. 11. ボーリングピン戦略 Don’t Sell to the Community Sell Through the Community ベンダー ベンダー コミュニティ パートナーエコシステム コミュニティ パートナーエコシステム
  12. 12. Cross Sell / Up Sell Lead Gen Demand Gen Awareness コミュニティ・エコシステム でのベースライン拡大 大規模案件 顧客へのハイタッチ
  13. 13. Cross Sell / Up Sell Lead Gen Demand Gen Awareness コミュニティ・エコシステム でのベースライン拡大 大規模案件 顧客へのハイタッチ コミュニティマーケティングの効果 コミュニティマーケティングの効果
  14. 14. Cross Sell / Up Sell Lead Gen Demand Gen Awareness コミュニティ・エコシステム でのベースライン拡大 大規模案件 顧客へのハイタッチ コミュニティマーケティングの効果 コミュニティマーケティングの効果 コ ミ ュ ニ テ ィ の 影 響
  15. 15. JAWS-UG = Japan AWS User Group Since 2010 from Tokyo
  16. 16. • セッション数:50+ (8トラック) • 来場者数:1,500+ • スポンサー(サポーター)数:30+ • 運営ボランティア数:約100 http://jawsdays2017.jaws-ug.jp/
  17. 17. JAWS-UGのフォロワーも続々 AWS Users in APAC AWS Partners in Japan Competitors in Japan
  18. 18. コミュニティ育成で大事なこと • オフラインファースト • アウトプットファースト • コンテキストファースト
  19. 19. コミュニティを 成長させる秘訣
  20. 20. #1 適切なリーダーの存在 #2 フォロワーの存在 #3 集まりやすい場(オフライン)の 継続
  21. 21. #1 適切なリーダーを集める ・新しいコトや情報に貧欲な人 ・人に教えるのが得意な人 ・人の話を聴ける人 … 更に、コミュニティ活動に理解がある とベスト!
  22. 22. AWS Book Authors Java Community Web Developers Community Customers Bloggers on Cloud Computing • 様々なコミュニティやグループから、適性者をサーチして、 最初のリーダーグループを形成 • 適正者探しに、ソーシャル等は有効 JAWS-UGの場合:最初のリーダーの集め方
  23. 23. フォロワーがリーダーを創る https://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement?language=ja
  24. 24. ロールモデル フォロワー ワナビーズ 自分ゴト化とフィードバックループが ワナビーズから、フォロワー、 ロールモデルへの移行を促進
  25. 25. #2 フォロワーが生まれる場を作る ・勉強会 ・懇親会 ・ソーシャル ・Webサービス オフラインでの イベントが起点 オンラインでも フォロワーを獲得
  26. 26. コミュニティ成長 = 新規フォロワー 獲得のトライアングル [Study Group] => Information Exchange & Generation [Drinking] => Know each other in person [SNS/Web] => Keep and strengthen the engagement Beginners for AWS Join! Information feed Encouraging & Mentoring Feedbacks Connect!! 潜在ターゲットが顕在化
  27. 27. ベンダー側の「誰が」がカウンターパート なのかはっきりしている必要あり 20112010 2012 2009 2014 2015 2013 2016
  28. 28. #3 集まりやすい場(オフライン)の継続 「ヒーローの誕生」 + 「内輪受けの排除」 という、相反するテーマに対応した 環境を提供し続けることがカギ 初心者向け勉強会、ハンズオン、女子会 テーマ縛り… 等
  29. 29. 会合のテーマの粒度設定、 期待値コントロールが重要
  30. 30. JAWS-UGの例:新規利用者獲得の場
  31. 31. JAWS-UGの例:特定テーマを深堀する場
  32. 32. JAWS-UGの例:最近話題のテーマ • Serverless Architecture • Container Architecture • DevOps • Big Data • Securities • CLI • Workshop for AWS Certification test • Amazon Alexa / Echo
  33. 33. JAWS-UGの例:場の継続のための活動 • JAWS re:Boot • JAWS re:Mote • JAWS re:Cap
  34. 34. JAWS-UGの例:役職に応じて集まれる場 ※コミュニティはエンジニア、デベロッパー以外にも有効 “CIO talks CIOs” Community
  35. 35. E-JAWSメンバーが、エンタープライズ 市場向けに発信場 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/101803031/102100124/ ゛クラウドサービスを積極的に利用 している企業3社が、「クラウド ユーザー3社が語る ここがダメだよ クラウドSI」と題して、クラウドの 活用におけるSIベンダーの課題と、 クラウド時代のシステム開発手法に ついて語った。″
  36. 36. https://www.facebook.com/AwsHub JAWS-UGの例:集まりやすい場の設定
  37. 37. 「参加」の次は、「発信側」に ライトニングトーク(LT) は、発信者を増やすうえで、 有効なフォーマット
  38. 38. コミュニティマネージャーや ファシリテーターが心がけるべきこと 運営、参加者双方が アウトプット側になれる切っ掛けと、 フィードバックループの流れ作り
  39. 39. 参加者のExperienceを強化するイベント JAWS DAYS Road Trip 大阪、名古屋、仙台から出発する JAWS DAYS会場行の貸切夜行バス (片道のみ) クラウドお遍路ワゴン #tokaido53 四国四県のJAWSイベント を4日で回るワゴン (拉致企画あり) 東京からJAWS Festa 東海道 会場に自転車で駆け付ける 模様を連日ソーシャルで公開 http://stilldayone.hatenablog.jp/entry/2016/10/23/JAWS_Festa_2016_%E3%8 1%AB%EF%BC%88%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%81%A7 %EF%BC%89%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3% 81%8D%E3%81%9F%E8%A9%B1
  40. 40. コミュニティ拡大のためのアイテム アイコン・ロゴ (on Stickers, T-Shirts, Web…etc) ハッシュタグ (for Twitter, facebook, Blog, Youtube..) リコグニション #jawsug #jawsdays
  41. 41. You can start Today!
  42. 42. Questions?

×