FOSS4GとWebによる地図公開の共有

2,005 views

Published on

Published in: Technology
1 Comment
4 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
2,005
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
46
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
1
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

FOSS4GとWebによる地図公開の共有

  1. 1. FOSS4G と Web によ る地図公開の共有 日本語仮訳 国土交通省 海外プロジェクト推進課 国際協力官 藤村 英範 1
  2. 2. 電子国土の海外展開• 日本で実証されたインフラの技術と政策を 海外展開することは日本の戦略のひとつ。• 海外展開可能が見込まれる施策のひとつ: 基本測量・公共測量で得られた地図をオー プンアクセスで提供すること=電子国土• 電子国土を海外展開できるか? 2
  3. 3. 電子国土 国土地理院の Web マッピング戦略• 様々な主体からの情報が国土地理院の公的地図 の上で共有されるべき。• タイル化された地形図データ+地図フレームを 制御し情報を重ね合わせる API 。2003 年 電子国土 Web サービス開始 http://cyberjapan.jp/ 3
  4. 4. 電子国土 Web システム• Version 1 (2003) – Internet Explorer 用 Active X component + JavaScript API Google Maps (2004) 日本版 Google Maps (2005)• Version 2 (2008) OpenLayers (2006) – ピュア JavaScript API• Version 3 (2011) – OpenLayers 上に構築された JavaScript API• Version 4 (2012) – OpenLayers のアドオン 4
  5. 5. OpenLayers アプリケーション 電子国土 geoSERBIA日本 セルビアOS OpenSpace geoportal.md英国 Moldova The slippy map 天地図 OSM 中国 5
  6. 6. オープンソースを通じた協力的な進化 電子国土は OpenLayers の改良 に追従できる日本は電子国土のシステムを相手国に共有できる OpenLayers を改良すること で、誰もが電子国土を改良 できる 6
  7. 7. OpenLayers だけじゃない① :他の Web マッピングライブラリ様々なオープンソース タイルへのオープンアクセスライブラリをもちいた +オープンソースライブラリ、様々な実装 7
  8. 8. OpenLayers だけじゃない② : 地図タイル生成2011 年 ジグソーパズルのピースがはまった。全パッケージ(少なくとも導入フェーズの)が完成。 8
  9. 9. TileMill – ジグソーパズルの最後のピースMapnik をレンダラに使用し、 Carto をスタイルシート言語に使用し、 node.js を用いたローカル Web サーバを使用する地図作成のためのデザイン環境。デフォルトで TileMill はタイル画像の SQLite バンドルである MBTiles を生成する。 3 項 BSD ライセンス。 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 ( 承認番号 平 24 情使、 第 29 号 ) / some map data (c) OpenStreetMap contributors 9
  10. 10. 国土地理院の 2012 年 JICA 研修でのタイルベース Web マッピングの提案 TileMill TileMill 講義 講義 ハンズオン ハンズオン 10
  11. 11. TileMill ハンズオン2012 年 JICA 環境地図(地球地図)作成コースでのハンズオンを行ったところ、全研修生がタイルベース Web マッピングサービスを数時間で構築できることが明らかになった。 http://tiles.mapbox.com/fujimura-h2a3/map/Global_Map_Brazil 11
  12. 12. ハンズオンのステップ1. TileMill のダウンロードとインストール2. 地球地図のダウンロード3. 地球地図を TileMill にロード4. TileMill 内で地球地図をスタイリング5. 地図の書き出しと公開 12
  13. 13. 1. Download & Installhttp://mapbox.com/tilemill/ 13
  14. 14. 2. Download Global Map datahttp://www.iscgm.org/ -> Download 14
  15. 15. Start TileMill and create a New Project 15
  16. 16. Open the project you created. 16
  17. 17. “Add Layer” for Global Map data 17
  18. 18. “Add Layer” for Global Map data 18
  19. 19. Select data sourceFirst try with polbnda.shp 19
  20. 20. SRS = WGS84 and “Save & Style” 20
  21. 21. You will see your data 21
  22. 22. To change the style of data… Click to reflect the Change to the map. Edit to change the style. Syntax: click on the left Drag to change the draw order for help 22
  23. 23. Make a map• Builtupa,watrcrsl, roadl, inwatera… 23
  24. 24. Scale dependent rendering [zoom > n] 24
  25. 25. Next: export to the web Step 1: project setting Limit the spatial bounds and zoom span so that the data size < 50MB 25
  26. 26. Export -> Upload 26
  27. 27. Now your map is ready on the Web. 27
  28. 28. 発展 : テキスト注記text-face-name, text-name, text-fill, text-placement 28
  29. 29. 発展 : 組み込み① iframeThis example available athttp://www.handygeospatial.info/2012/07/26/1/ 29
  30. 30. 発展 : 組み込み② Leaflet + Wax You also need to download some JavaScript library files from http://mapbox.com/publis hing/leaflet/This example available athttp://www.handygeospatial.info/2012/07/26/2/ 30
  31. 31. まとめ• タイルベース Web マッピングは国家地図作 成機関の間で既に共通の好実践であり、そ のプロセスは最近簡単になった。• TileMill は、最初のパッケージの最後のピー スであった。• TileMill ハンズオンにおいて、 JICA 研修員は 数時間でタイルベース Web マップサービス を公開することができた。• 国家地図作成機関からのタイルベース Web マッピングは、 FOSS4G のおかげで国際的 に推進し得る。 31

×