Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Ordnance	
  Survey	
  訪問報告	
藤村 英範	
  
国土地理院地理空間情報部	
  
情報普及課長	
2015-­‐07-­‐02T17:30/17:45	
  
クライシスマッピングワークショップ	
  
@青山学院大...
hHp://www.ordnancesurvey.co.uk
ISO/TC	
  211	
  –	
  Geographic	
  InformaRon	
  /	
  GeomaRcs
Ordnance	
  Survey	
  in	
  Southampton,	
  England
ISO/TC	
  211	
  Standards	
  in	
  
AcRon	
  Workshop	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
	
  
www.isotc211.org	
...
Agility	
  /	
  Rigidness	
	
  
	
  
	
  
TC	
  211	
  <	
  OGC	
  <	
  W3C	
  <	
  IETF	
  <	
  GitHub	
  open	
  specs	
...
They	
  have	
  already	
  started.	
  
We	
  should	
  also	
  start,	
  but	
  how?
Social	
  Coding	
  by	
  gsi-­‐cyberjapan@GitHub	
23	
  
Main	
  service	
  
gsimaps	
  
mokuroku-­‐generator	
Vector	
  ...
Social Coding 今後の課題	
•  コントリビュータの顔が見えるレポジトリに	
  
•  gsimaps	
  の	
  LICENSE	
  は gsimaps	
  そのもののラ
イセンス(2-­‐clause	
  BSD)...
Japan.	
  Geo+Web.	
  
	
  
We	
  love	
  mapping.
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学

931 views

Published on

Published in: Government & Nonprofit
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

150702 クライシスマッピングワークショップ@青山学院大学

  1. 1. Ordnance  Survey  訪問報告 藤村 英範   国土地理院地理空間情報部   情報普及課長 2015-­‐07-­‐02T17:30/17:45   クライシスマッピングワークショップ   @青山学院大学相模原キャンパス   B棟9Fビューラウンジ   Some  photos  by  Bjørnhild  Sæterøy
  2. 2. hHp://www.ordnancesurvey.co.uk
  3. 3. ISO/TC  211  –  Geographic  InformaRon  /  GeomaRcs
  4. 4. Ordnance  Survey  in  Southampton,  England
  5. 5. ISO/TC  211  Standards  in   AcRon  Workshop                     www.isotc211.org GeoVaRon  Hub  in  London                       geovaRon.uk
  6. 6. Agility  /  Rigidness       TC  211  <  OGC  <  W3C  <  IETF  <  GitHub  open  specs   <Rigid                                                                                          Agile>
  7. 7. They  have  already  started.   We  should  also  start,  but  how?
  8. 8. Social  Coding  by  gsi-­‐cyberjapan@GitHub 23   Main  service   gsimaps   mokuroku-­‐generator Vector  Rle  experiments   vector-­‐Rle-­‐experiment   experimental_anno   experimental_zk25000   experimental_pp   experimental_cp   experimental_fgd   experimental_dem   Other  engineering   experiments   experimental_wmts Main  service  specificaRons   cocoRle-­‐spec   mokuroku-­‐spec   geojson-­‐with-­‐style-­‐spec   layers-­‐dot-­‐txt-­‐spec   style-­‐dot-­‐js-­‐spec Developer  support   qdltc   cc-­‐migrate   elevaRon-­‐php Community  support   hashtags   government.github.com(f) EOL/sunset   cocoRle-­‐mokuroku2csv   cocoRle-­‐csv2cocoRle   cocoRle-­‐mkmokuroku   dnd-­‐ol3   mapuse4   next Disaster  response    ontake   escape-­‐route   ontake-­‐3d   CKAN  support   jmp2ckan   ckanext-­‐basemaps  
  9. 9. Social Coding 今後の課題 •  コントリビュータの顔が見えるレポジトリに   •  gsimaps  の  LICENSE  は gsimaps  そのもののラ イセンス(2-­‐clause  BSD)だけでよい   •  コントリビューションの具体的なやり方をド キュメント化したほうがいい   → 改善し、これからもっと良くしていきましょう
  10. 10. Japan.  Geo+Web.     We  love  mapping.

×