Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

llvm入門

13,700 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

llvm入門

  1. 1. LLVM入門2013/3/30 光成滋生(@herumi)x86/x64最適化勉強会5(#x86opti)
  2. 2. 目次 目標  LLVMで簡単な関数を作ってCから呼び出す 足し算関数を作ろう 比較と条件分岐 メモリアクセス ループ carryつき整数加算 注意 : 私はLLVM歴2週間の初心者です つまり、私がLLVMに入門した話…2013/3/30 #x86opti 5 2 /19
  3. 3. LLVM プログラミング言語や実行環境に依存しない仮想機械 をターゲットにした最適化支援コンパイラ基盤全般  LLVMアセンブラで書かれたプログラムの実行、最適化、タ ーゲット環境への変換などの機能がある LLVMアセンブラ  SSA(Static Single Assignment)ベース 変数の再代入はできない  型安全 i32, float, doubleなどの型情報を持つ  レジスタは任意個  モジュール(翻訳単位に分かれたプログラム)を合成できる  http://llvm.org/docs/LangRef.html2013/3/30 #x86opti 5 3 /19
  4. 4. ツール clang –S –emit-llvm <C/C++ソース>.c  C/C++からLLVMアセンブラ(以下LLVMと略)を生成 llc <LLVMアセンブラ>.ll  LLVMアセンブラからターゲットCPUのアセンブラを生成  -marchオプションでターゲットCPUを指定 x86, arm, mips, sparc, etc. llc –versionでサポートターゲット一覧表示 llc –mattr=helpでより詳細な設定一覧表示 lli <LLVMアセンブラ>.ll  LLVMアセンブラを仮想マシン上で実行する 当然リンカや逆アセンブラ、最適化ツールなどもある2013/3/30 #x86opti 5 4 /19
  5. 5. 足し算 二つのuint32_t変数を足して返す関数を作る define(関数定義) define i32 @add1(i32 %x, i32 %y) { entry: 関数名:@なんとか %ret = add i32 %x, %y レジスタ名:%なんとか ret i32 %ret } i32(32bitレジスタ) 符号は特に無い(使う命令で決める) i1なら1bitのレジスタ(フラグ) i128なら128bitのレジスタ entry(ラベル)  とりあえず一つラベルがいる add(加算命令), ret(関数から返る命令)  各命令にも型情報が必要2013/3/30 #x86opti 5 5 /19
  6. 6. アセンブル(1/3) アセンブルして標準出力に出す llc add.ll –o – // コメント削除 add1: leal (%rdi,%rsi), %eax ret  Linuxの64bit環境ではrdiが第一引数, rsiが第二引数 C/C++の呼び出し規約にしたがって処理される lealで eax ← rdi + rsiを実行 LLVMのaddが単純にx64のaddになるわけではない  x86用に出力してみる llc add.ll –o – -march=x86 add1: movl 4(%esp), %eax ; 一つ目の引数 addl 8(%esp), %eax ; 二つ目の引数 ret2013/3/30 #x86opti 5 6 /19
  7. 7. アセンブル(2/3) Intel形式で出してみる llc add.ll –o – -march=x86 -x86-asm-syntax=intel add1: mov EAX, DWORD PTR [ESP + 4] add EAX, DWORD PTR [ESP + 8] ret arm用に出力 llc add.ll –o – -march=arm add1: add r0, r0, r1 mov pc, lr 二項演算としては他にsub, mul, udiv(符号なし), sdiv(符号あり), urem, srem, fadd(浮動小数)など2013/3/30 #x86opti 5 7 /19
  8. 8. 比較と分岐(1/3) 二つの値の大きい方 define i32 @my_max(i32 %x, i32 %y) {  比較命令はicmp entry: %r = icmp ugt i32 %x, %y  icmpの戻り値は br i1 %r, label %gt, label %else 1bitの変数 gt:  ugt → 符号なしgt ret i32 %x else: 他にeq, ne, sltなど ret i32 %y  brでラベルに飛ぶ } elseは予約語ではない  なんでもいい my_max: cmpl %esi, %edi jbe .LBB4_2 movl %edi, %eax ret .LBB4_2: movl %esi, %eax ret2013/3/30 #x86opti 5 8 /19
  9. 9. 比較と分岐(2/3) 絶対値の場合  0より小さいかを見るにはslt(signed less than)  y = sub 0, xで-xを作る nsw(no signed wrap)  制御の合流 define i32 @my_abs(i32 %x) { phi命令を使う entry: %cmp = icmp slt i32 %x, 0 br i1 %cmp, label %lt, label %else my_abs: lt: test edi, edi %neg = sub nsw i32 0, %x jns else br label %exit neg edi else: else: br label %exit mov eax, edi exit: ret %ret = phi i32 [%neg,%lt], [%x,%else] ret i32 %ret }2013/3/30 #x86opti 5 9 /19
  10. 10. 分岐(3/3) selectを使う  cmpにしたがって値を選択 define i32 @my_max3(i32 %x, i32 %y) { entry: %cmp = icmp ugt i32 %x, %y %cond = select i1 %cmp, i32 %x, i32 %y ret i32 %cond }  x86ではcmov cmp edi, esi cmova esi, edi ; edi > esiならesi ← edi mov eax, esi ret  cmovを使わせないとジャンプ命令が使われる -march=x86 –mattr=-cmov2013/3/30 #x86opti 5 10 /19
  11. 11. メモリアクセス(1/2) 次の関数を作ってみる void add(int *z, const int *x, const int *y) { *z = *x + *y; } loadとstore命令  alignを指定するとそのalignが仮定される  armでalign 1にするとバイト単位で読むコードに展開された x86/x64では気にしないw define void @add(i32* %z,i32* %x,i32* %y){ entry: %0 = load i32* %x, align 32 add: %1 = load i32* %y, align 32 mov eax,dword [rsi] %ret = add nsw i32 %0, %1 add eax,dword [rdx] store i32 %ret, i32* %z, align 32 mov dword [rdi],eax ret void ret }2013/3/30 #x86opti 5 11 /19
  12. 12. メモリアクセス(2/2) uint128_tの足し算を作ってみる  i128を使う そんなレジスタが無い環境(たいていの環境)でも使える  i64*をi128*にして値を読む 型変換にはbitcastを使う define void @add(i64* %z,i64* %x,i64* %y){ entry: %0 = bitcast i64* %x to i128* add: %1 = bitcast i64* %y to i128* mov rax, [rsi] %2 = load i128* %0, align 64 mov rcx, [rsi + 8] %3 = load i128* %1, align 64 add rax, [rdx] %4 = add i128 %2, %3 adc rcx, [rdx + 8] %5 = bitcast i64* %z to i128* mov [rdi + 8], rcx store i128 %4, i128* %5, align 64 mov [rdi], rax ret void ret }2013/3/30 #x86opti 5 12 /19
  13. 13. ループ uint64_tの配列の総和を求める  ループの更新では値の上書きができないのでphiを使う  getelementptr define i64 @sum(i64* %x,i64 %n) { entry: ポインタの計算に使う %n_is_0 = icmp eq i64 %n, 0  ループ変数が減る方向! br i1 %n_is_0, label %exit,label %lp lp: sum: %ip = phi i64 [0,%entry],[%i,%lp] xor eax, eax %retp = phi i64 [0,%entry],[%ret,%lp] test rsi, rsi %xi = getelementptr i64* %x, i64 %ip je exit %v = load i64* %xi lp: %ret = add i64 %retp, %v add rax, qword [rdi] %i = add i64 %ip, 1 add rdi, 8 %i_eq_n = icmp eq i64 %i, %n dec rsi br i1 %i_eq_n,label %exit,label %lp jne lp exit: exit: %r = phi i64 [0,%entry],[%ret,%lp] ret ret i64 %r }2013/3/30 #x86opti 5 13 /19
  14. 14. オーバーフロー(1/2) 多倍長演算のためにcarryを使う  組み込み関数llvm.uadd.with.overflow 使うにはdeclareが必要 戻り値は値とフラグのペア そこから値を取り出すにはextractvalueを使う // *z = x + y, return true if overflow // bool add_over(uint32_t *z, uint32_t x, uint32_t y); declare {i32, i1} @llvm.uadd.with.overflow.i32(i32, i32) define zeroext i1 @add_over(i32* %z, i32 %x, i32 %y) { entry: %0 = call {i32, i1} @llvm.uadd.with.overflow.i32(i32 %x,i32 %y) %ret = extractvalue {i32, i1} %0, 0 store i32 %ret, i32* %z %flag = extractvalue {i32, i1} %0, 1 ret i1 %flag }2013/3/30 #x86opti 5 14 /19
  15. 15. オーバーフロー(2/2) 前ページのコードの出力 // *z = x + y, return true if overflow // bool add_over(uint32_t *z, uint32_t x, uint32_t y); add_over: addl %edx, %esi movl %esi, (%rdi) setb %al ret ; al ← set 1 if overflow 小さい幅のレジスタから大きい幅のレジスタへの拡張  zext(符号なし)やsext(符号あり)を使う 困った  carryをaddに加える命令が無い! LLVMのソースコードを見ると内部的にはz=ADDE(x, y, carry) というのがあるようだが、それを呼べない…2013/3/30 #x86opti 5 15 /19
  16. 16. 多倍長整数加算の実装(1/3) 疑似コード addn(uint64_t *pz,const uint64_t *px,const uint64_t *py,size_t n){ bool CF = 0; for (size_t i = 0; i < n; i++) (pz[i],CF)=add_with_carry(px[i], py[i], CF); } add_with_carryは二つのレジスタとcarryを入力とし て加算の結果とCFのペアを返す define {i64, i1} @add_with_carry(i64 %x, i64 %y, i1 %c) { %vc1 = call {i64, i1}@llvm.uadd.with.overflow.i64(i64 %x,i64 %y) %v1 = extractvalue {i64, i1} %vc1, 0 %c1 = extractvalue {i64, i1} %vc1, 1 %zc = zext i1 %c to i64 %v2 = add i64 %v1, %zc %r1 = insertvalue {i64, i1} undef, i64 %v2, 0 %r2 = insertvalue {i64, i1} %r1, i1 %c1, 1 ret { i64, i1 } %r2 }2013/3/30 #x86opti 5 16 /19
  17. 17. 多倍長整数加算の実装(2/3) 作ったadd_with_carryを使って実装する  ループの一部 %x = load i64* %px_i, align 64 %y = load i64* %py_i, align 64 %rc1 = call {i64, i1} @add_with_carry(i64 %x, i64 %y, i1 %c_p) %r2 = extractvalue {i64, i1} %rc1, 0 %c = extractvalue {i64, i1} %rc1, 1  llc uint.ll –o – .lp: movq (%r15), %rsi movq (%r12), %rdi movzbl %dl, %edx callq add_with_carry ...  あれ、関数呼び出しのまま2013/3/30 #x86opti 5 17 /19
  18. 18. 多倍長整数加算の実装(3/3) optコマンドを使って最適化する  一度bc(ビットコード)に変換して逆アセンブルしてllcを適用 opt uint.ll -o - -std-compile-opts | llvm-dis –o - | llc –o - .lp: movq (%rsi), %r9 addq (%rdx), %r9 setb %al movzbl %r8b, %r8d andq $1, %r8 addq %r9, %r8 movq %r8, (%rdi)  関数が展開されて埋め込まれた すばらしい! 性能については後半に続く2013/3/30 #x86opti 5 18 /19
  19. 19. 1週間ほど触った雑感 よくできている  ドキュメントが充実している  コマンドエラーが親切  他のCPUの勉強がしやすい  最適化機能はかなり頑張ってる  gccのインラインアセンブラよりずっと使いやすい  プログラムコードがきれい 何をやってるのか追いかけやすい (私にとって)いまいちなところ  想像していたよりも抽象度が高い LLVMアセンブラと実行環境のアセンブラとの乖離 もちろん利点なのだが、うーん、それを隠蔽するかみたいな 異なるアーキテクチャのCPUを同じコードでやることのしわ寄せ2013/3/30 #x86opti 5 19 /19

×