Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

7

Share

調査におけるインタビュー技法のまとめ

調査におけるインタビュー技法のまとめ

  1. 1. 株式会社 御中 artplan A 2012 年 7 月 22 日 artplan A    M. Yamaguchi ■  調査におけるインタビュー技法のまとめ 【 発表資料 】 © 2012 artplan A All rights reserved. 1
  2. 2. インタビューの種類 artplan A 形態  1対1  グループ 構成  構造的インタビュー/半構造的インタビュー  非構造的インタビュー 手法  同時発話  回顧 質問のタイプ  経験・行動を聞く質問  意見・価値観を問う質問  気持ちを問う質問  知識を問う質問  視聴覚の質問  背景の質問 (Background/Demographic Questions) 2
  3. 3. インタビューデータ artplan A 要約  vs  ディテール 点  vs  線 コンテキスト情報がほしい場合  ディテール&線 3
  4. 4. 調査インタビューの目的別タイプ artplan A 「北風型」と「太陽型」のインタビュー 4
  5. 5. 調査インタビューの目的別タイプ artplan A 何を知りたいかによって大きく 2 タイプに分かれる  ① マーケティング的な課題を解き明かすため  ② HCD的な現場の実態を把握するため ① の特徴  ② の特徴  対象者の課題に対する  現場の実態(環境や行 意見や心理を明らかに 動、状態など)、 することにフォーカス つまり事実データの収  仮説を確認するために 集にフォーカス 行うことも多い  仮説をその場で確認は  深層心理に迫るために しない 押したり引いたり、あ  対象者を中心とした世 らゆる角度からテク 界を把握し背景を理解 ニックを使用 する  臨機応変にテクニック  時系列や関係性、環境 を駆使し、直接対象に を考慮して詳細に記述 切り込むことも できるようにデータを 収集 5
  6. 6. ユーザーの習性 artplan A 情報を要約する  注意すべきユーザーの言動 態度:腕組みをして話す。 慣用句:「要するに」「簡単に言うと」「だいたい」 etc… トピックだけを話す  “ 受け”そうな話題だけ選別して話す 情報が不完全  途中から話を始める  途中を飛ばす  話の順序が入れ替わる  関連情報を省略する(共同作業者、関連タスク) 「例外」に触れない  非公式の作業フロー  失敗やエラー  コツやノウハウ 6
  7. 7. ユーザーの“意見”の限界 artplan A ユーザーが提案する改善案やアイデアは“外れ”が多い ユーザーは専門家ではない  自分の失敗に気付かない  失敗の原因が分からない  妥当な解決案を導けない 意見と実際の行動は一致しない  ユーザーは自分の解決案の結果を予測できない 7
  8. 8. インタビューの基本姿勢 artplan A パートナーシップを構築する  相手に興味を持つ  相手の話を聞く ×   ⇒ 聴く 相手の関心事に注意を払いながら 仮説に執着するのではなく、白紙の意識で →仮設以外の面白い発見を見逃す恐れ ラポール(信頼関係)がまず重要 8
  9. 9. 基本テクニック artplan A あいづち バックトラック(オウム返し) 根掘り葉掘り聞く  理解できないことは、そのままにせず質問する  しかし、うのみ、丸写しはだめ 確認をはさむ 答えに詰まった時、顔を曇らせた時には 間を置く、話題を変える 話題のフォーカスを移動する・拡張する  次に教えて欲しいことを伝える。  適切な関連質問 9
  10. 10. お薦めテクニック artplan A 予習する  “ 教え甲斐”のある弟子になる( 10 を聞いて 10 を知る) 具体例を引き出す  「一番最近○○したときのことを教えてください。」  「よかったら、ここで△△を見せていただけますか?」 etc… 臨機応変に対応する  フローに固執しない  ユーザが脱線したら、“やんわり”とくぎを差して戻す  話が収束したらフォーカスを移動する 小道具を使う  実物や写真・イラストを用意する/持ってきてもらう  その場で書いてもらう  ホワイトボードや紙、付箋とカラーペン 10
  11. 11. べからず集 artplan A インタビューの基本( Nielsen の“ Alertbox” より)  「イエス」か「ノー」で答えられるような質問  誘導尋問  業界用語(→場合による)  特定の問題(特定のデザイン要素)に注意をひく インタビューアと被験者の関係(“ Contextual design” より)  インタビューする人/される人  専門家/素人  客/主人 その他  質問が長すぎる  知識をひけらかす  意味が曖昧なまま、次の話題に移行する  思いつきの解決策を提案する  仮説検証しようとする  反論する  インタビューアがあまりに勉強不足  プライバシーに立ち入る 11
  12. 12. 調査インタビューの極意!? artplan A 異性と付き合い始めたときの、会話の進め方、もたせ方、聴き方ではないでしょうか。 付き合う前の駆け引きではなく、 相手に興味をもち、話を途切れさせないように 関係を深めていくときの状態 12
  13. 13. 山口 優 のご紹介 artplan A アートプランA <業務範囲>連絡先 TEL :    070-5033-6334 (直)  Web、ソフト E -mail :  yousan27@yahoo.co.jp ウェア、IT商 品、サービスの 開発 / マーケ営業内容 人間中心設計、マーケティングに関わる ティングに関わ 各種調査、ペルソナ / シナリオ関連、 る調査・コンサ ユーザビリティの評価およびコンサル ルティング ティング会員団体 ヒューマンインタフェース学会アーゴデザイン部会 <主な経験> NPO 法人 人間中心設計推進機構  HCD ( Human取得資格 HCD-net 認定 人間中心設計専門家 Centered Design :人間中 心設計)による業務経験と内容 開発・販売支援• プロジェクト企画のご提案から、調査、分析、報告書作成ま サービス での一連の業務。またワークショップやコンサルティングも • HCD 導入・促進のためのコンサルティング• 前職のイードでは、調査手法を駆使して主に自動車や IT 製 • 利用実態からのユーザーリクワイアメントの発掘 品のマーケティングリサーチからデザイン評価、コンセ (ビジネスエスノグラフィ、コンテキストインタ ビュー) プト開発支援まで、幅広く消費者やユーザーに対する分析経 験を積む。 • 要件分析 (ペルソナ) • プロトタイプ/現行のユーザビリティ評価• 最近の 10 年は、 IT プロダクト&サービス、 Web 、ソフト (専門家評価、ユーザビリティテスト、アイトラッキ ウェアの各領域を対象としてユーザーニーズの探索やペル ングテスト) ソナの構築、ユーザビリティ評価及び人間中心設計に関 するリサーチ&コンサルティング業務に従事。  デザイン・サー 13
  • ssusere0d4f61

    Sep. 2, 2019
  • NarihiroIde

    Apr. 15, 2017
  • YasutakaTsukamoto

    Feb. 7, 2017
  • misaonoma9

    Jul. 13, 2014
  • future79

    Jan. 30, 2013
  • MasayaChonan

    Jan. 29, 2013
  • masaya0730

    Jan. 29, 2013

Views

Total views

7,708

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

109

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

7

×