Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

hcdvalueの紹介(hcdvalueの価値)

1,162 views

Published on

2011年8月31日新横浜ユーザビリティ研究会での発表資料。hcdvalue自体の紹介。

Published in: Design
  • Be the first to comment

hcdvalueの紹介(hcdvalueの価値)

  1. 1. HCDを学ぶコミュニティ の価値 ver.2 2011年8月31日(水) 第6回新横浜ユーザビリティ研究会 hcdvalue 谷真裕
  2. 2. 自己紹介• 谷 真裕(たに まゆ) – 株式会社インテック ID管理製品 結人・束人の開発、導入エンジニア – HCDに至る経緯 • 「自社開発してみたけどいまいちユーザが見えない」→「よいUIとは?」→ 「技術やツールがすべてじゃない」→「人間力/技術力向上活動」→「2010 年AIITでHCDコース受講」→「技術もツールも人があってこそ」→HCD – 略歴 • 2005年~ 海外ベンダのパッケージソフトウェア製品の導入業務に従事 • 2008年~ 諸事情によりパッケージソフトウェアの開発業務に従事 – もっと使いやすいソフトウェアを! • 2009年~ エンドユーザの思いをもっと開発現場へ活かしたい→HCDを考慮し た開発プロセスに取り組み中 – チーム開発のUXへの好影響をテーマに、リーダーシップ、チームビルディングにも 取り組んでいます
  3. 3. Agenda A) hcdvalueの紹介 i. 目的 ii. メンバ紹介 iii. 活動紹介 B) よりよいコミュニティであるために C) hcdvalueの価値
  4. 4. A) hcdvalueの紹介
  5. 5. 目的
  6. 6. hcdvalueの目的現場で使えるHCD
  7. 7. ヒト
  8. 8. hcdvalueとは #aiithcd2010 #hcdvalue 【AIIT開催中】 @chachaki 企業にとってのhcd の価値をKA法で抽 出するプロジェクト     ↓ 【AIIT終了後】 インターネットメディアで働く 「現場で使える #ShibuyaUX UX担当者の勉強会コミュニティ HCD」 コミュニティ @chieihc  @itomkk @tedanderson 
  9. 9. 51名 (8月24日現在)AIIT受講者+講師+新規(歓迎)
  10. 10. 活動
  11. 11. 活動:hcdvalue project• 職場でHCDの必要性を説くために、「HCDの価 値」についてまとめたい。(@chachaki)• AIIT講義の復習を兼ね、KA法を使い、価値抽出を 行った。• 数回にわたりメンバーが集まり作業。• 講師からのFBをうけ、フェーズ2も行った。 hcdvalue立ち上げのきっかけ
  12. 12. 活動:TOYOTA SOCIAL APP AWARD• 「クルマの楽しさ・面白さが伝わるソーシャルア プリケーション」企画のコンテスト。• 企画提出にむけて、実際にチームで手を動かす。• AIIT講義の復習を兼ね、発想法&価値抽出として  KA法、XB法使った。2チームにわけ、KAチー ム、XBチームとした。
  13. 13. 活動:UX白書 翻訳&読書会• さまざまな解釈で語られることが多かったUXの概 念が議論され宣言文としてまとめられた(@ Dagstuhlセミナー(2010))• 宣言文のすべての翻訳を実施• オフラインにて翻訳内容の共有や議論• 正式日本語版としてインターネットに公開予 定!! – しばらくお待ちください!! 本日、プロジェクト概要について紹介予定
  14. 14. 活動:ISO9241-210 翻訳&読書会• ISO9241-210が2010年3月に刊行。• UXやHCDといったものを取り扱う上で、基礎知識とし て必要な原理原則• UXD基礎力の向上を目的として文書の理解と翻訳を実 施• 現在、各自での翻訳作業とサマリ発表を実施、内容を 共有 本日、プロジェクト概要について紹介予定
  15. 15. 活動:ヒューマンインターフェース学会発表• hcdvalueでの活動2つについてワークショップ の成果を学会にて発表 1. HCD導入の価値マップ作成による啓蒙活動の検討 – 履修生でどのようにHCDの有用性を社内に広めていくか価値 マップを作成し、検討 2. 協働によるデザイン案検討におけるペーパーホワイト ボードプロトタイピング – 紙製ホワイトボードを使用したデザイン活動の有用性を提案 本日、プロジェクト概要について紹介予定
  16. 16. 活動:情報交換• HCD関連の イベント情報、 参加レポートなど• 「デザイン関連 イベントカレンダー」 の運営
  17. 17. B)よいコミュニティであり続けるために
  18. 18. • 共通の敵• 共通のゴール• 共通の楽しみ
  19. 19. hcdvalueの目的現場で使えるHCD
  20. 20. hcdvalueの目的 HCDを実際に現場で使えるHCD 仕事で活かす ことが重要
  21. 21. 学習するコミュニティ• 「教えられる」 – 教育者から学習者へ – 教えられるプロ>仕事で一部やったことはある>ワークショッ プで学習済み>知識あり>知識なし• 「自ら学ぶ」 – 学習者が自ら、主体的に• 「みんなで学ぶ」 – (それはイイね!それは違うね。やってみよう!)
  22. 22. 省察(ふりかえり)の重要性• 飲み会など気軽に考えが言える環境 – 別にお酒が飲めなくてもいい – (例) 16時から研究会を開催して18時から飲む• 定期的に交流会を実施(主に毎月第3土曜)• 特に、批判的な省察→次はこうしよう!が現場に繋がる• 新たな研究テーマの発見!
  23. 23. C)hcdvalueの価値
  24. 24. • 状況的学習に理想的な環境 (学習者から教育者が集まる実践共同体)• ゆえにあらゆる人に開かれている、自分を受け入れてくれ る感がある• hcdvalue以外への広がりがある 各分野で活躍されている方々からの提案、お誘い(こんな のをやってみよう、いってみよう)• Web、事務機器、家電、業務システムなど多様な分野のデ ザイン• やろう!に対する行動力 – UX白書/ISO9241-210翻訳(約1~2ヶ月での作業)
  25. 25. あなたも一緒にHCD!• 一緒に学びましょう• 年会費は無料です(2011年8月現在)• 教えて下さる方も• 自分が開発したデザイン手法や発想法を、他人を 使って試したい、という方も• 参加方法:Twitterで @hcdvalue まで。• ハッシュタグ:#hcdvalue
  26. 26. 最後に
  27. 27. まとめ• hcdvalueは現場で使えるHCDを目的とした、「学 習するコミュニティ」です。• 学習するコミュニティは「教えられる」「自ら学 ぶ」「みんなで学ぶ」ことを意識したメンバによっ て成り立っています。あらゆる人に開かれています 。• hcdvalue内での活動に限らず幅広い分野でHCD活 動を広げています。各分野で活躍されている方々か らの提案、お誘い、コラボレーションなど。
  28. 28. 続きはWebで。 hcdvalue今日紹介した活動内容詳細、最新情報についてはこちらを御覧くださいhttp://site.hcdvalue.org/今後の予定:「ヒューマンインタフェースシンポジウム2011」(9月)でのポスターセッション参加「仮)ペーパーホワイトボードプロトタイピングの実践」etc.http://www.his.gr.jp/sympo/his2011.html
  29. 29. Thank You!

×