Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

パブリック文書/パブリックアクセス

408 views

Published on

「のの会」第26回でお話した内容です。
Notesデータベースとそこに登録された文書と設計要素へのアクセスを許可する方法のひとつである「パブリックアクセス」についてまとめています。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

パブリック文書/パブリックアクセス

  1. 1. 「パブリック文書」ってなんだ? パブリックアクセス権限とは
  2. 2. アクセス権 なし?? パブリック文書 [読者]?[作成者]?
  3. 3. パブリックアクセス権限  Notes R4.5 で導入され、メールへのアクセスを許可しなくてもカレンダーを見ることができるようになった  このオプションがなければ、すべてのメールは読者フィールドで保護されている必要があり、ルーティングやデータベースのパフォーマ ンスに興味深い結果をもたらすことになる
  4. 4. パブリックアクセス権限  ACLのアクセスが“なし”や”投稿者”のユーザーに、一部の文書を閲覧・作成・編集可能にさせる権限
  5. 5. 身近なところで活用されているパブリックアクセス権限 メールデータベースでは、アクセス権の無いユーザーに、データベース内にある  カレンダーのエントリ  連絡先  タスク  メール といった特定の種類の文書を共有するためにパブリックアクセス権限を活用しています
  6. 6. メールデータベースのACLでパブリックアクセスを許可すると… $PublicAccess=“1” パブリックアクセス アクセス権:なし、投稿者 通常のアクセス アクセス権:管理者、 設計者、編集者、作成 者、読者
  7. 7. こんな時に使います  読者フィールドほど細やかな閲覧制御は不要だが、一部の文書を公開したい  文書数が多く、パフォーマンスの懸念があるため読者フィールドを使いたいくないが、アクセスできる文書を制限したい
  8. 8. パブリックアクセスを設定する ACL + 設計要素 + 文書
  9. 9. パブリックアクセスを設定する(ACL)  アクセス制御リスト(ACL)で  パブリック文書[読者]  パブリック文書[作成者]  のオプションを有効にする
  10. 10. パブリックアクセスを設定する(ACL) パブリック文書[読者]  [パブリックアクセスユーザーの使用を許可する]が設定さ れたフォルダーやビューを使用したり、このオプションが設 定されているフォームから作成した文書の閲覧が可能 パブリック文書[作成者]  [パブリックアクセスユーザーの使用を許可する]が設定さ れているフォームからの文書の作成や変更が可能
  11. 11. 【参考】パブリックアクセス権限のデフォルト アクセス権 パブリック文書[読者] パブリック文書[作成者] なし 無効(変更可) 無効(変更可) 投稿者 有効(変更可) 有効(変更可) 読者 有効(変更不可) 有効(変更可) 作成者 有効(変更不可) 有効(変更可) 編集者 有効(変更不可) 有効(変更不可) 設計者 有効(変更不可) 有効(変更不可) 管理者 有効(変更不可) 有効(変更不可)
  12. 12. パブリックアクセスを設定する(設計要素)  フォームやビューなどの設計要素 で[パブリックアクセスユーザーの使 用] を許可する設定を有効にす る  フォーム/サブフォーム  ビュー/フォルダ  ページ  フレームセット  アウトライン  エージェント  イメージ ..etc
  13. 13. パブリックアクセスを設定する(文書)  フォーム上に $PublicAccess フィールドを「作成時の計算結 果」で追加、デフォルト値として “1”をセットする  パブリックアクセスを許可する既 存文書に、アイテム $PublicAccess を作成し、値 として “1” をセットする 数値の 1 や 文字の “2” をセット すると、パブリックユーザーは アクセスできない (11.0.1 FP1 で確認)
  14. 14. メールデータベースにパブリックアクセスを設定する 「プリファレンス」から設定可能です
  15. 15. これが デフォルトの 状態です
  16. 16. 削除!!
  17. 17. 削除にチェックが無い (そもそもグレーアウト)
  18. 18. 読者フィールドとパブリックアクセスの共存について
  19. 19. ACLに未登録のパブリック文書[読者]のユーザーは、読者フィールドで許可 されたパブリック文書を閲覧できますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[読者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドに “*” をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か?
  20. 20. 閲覧できません
  21. 21. ACLに未登録のパブリック文書[読者]のユーザーは、読者フィールドで許可 されたパブリック文書を閲覧できますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[読者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドに “” をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か? * をヌルに変えただけ
  22. 22. 閲覧できません
  23. 23. ACLに未登録のパブリック文書[読者]のユーザーは、読者フィールドで許可 されたパブリック文書を閲覧できますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[読者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドに、ACL エントリに未登録のユーザー名をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か? ユーザー名に変えただけ
  24. 24. 閲覧できません
  25. 25. アクセス「なし」のパブリック文書[読者]のユーザーは、読者フィールドで許可 されたパブリック文書を閲覧できますか?  ACL にユーザー名をアクセス「なし」で登録し、「パブリック文書[読者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドにユーザー名をセットする  ユーザーは、文書を閲覧可能か? ACL にユーザー名を追加
  26. 26. 閲覧できません
  27. 27. アクセス「管理者」のユーザーは、読者フィールドで許可されていないパブリッ ク文書を閲覧できますか?  ACL にユーザー名をアクセス「管理者」で登録する  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドに管理者以外のユーザー名をセットする  管理者ユーザーは、文書を閲覧可能か?
  28. 28. 閲覧できません
  29. 29. 作成者フィールドとパブリックアクセスの共存について
  30. 30. ACLに未登録のパブリック文書[作成者]のユーザーは、読者フィールドで許 可されたパブリック文書へアクセスできますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[作成者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドに “*” をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か?
  31. 31. アクセスできません
  32. 32. ACLに未登録のパブリック文書[作成者]のユーザーは、作成者フィールドで 許可されたパブリック文書へアクセスできますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[作成者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の作成者フィールドに “*” をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か?
  33. 33. 閲覧・編集・削除 が可能です
  34. 34. ACLに未登録のパブリック文書[作成者]のユーザーは、読者フィールドと作 成者フィールドで許可されたパブリック文書へアクセスできますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[作成者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の読者フィールドと作成者フィールドに “*” をセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か?
  35. 35. アクセスできません
  36. 36. ACLに未登録のパブリック文書[作成者]のユーザーは、作成者フィールドで 許可されていないパブリック文書へアクセスできますか?  ACL のエントリ「-Default-」 をアクセス権「なし」、「パブリック文書[作成者]」を有効にする  既存の文書に $PublicAccess に “1” をセットする  文書の作成者フィールドにACL登録済みの(他の)ユーザーをセットする  ACLエントリに未登録のユーザーは、文書を閲覧可能か?
  37. 37. 閲覧・編集・削除 が可能です
  38. 38. 読者/作成者フィールドの有無による パブリックアクセスユーザーのパブリック文書へのアクセス可否 読者フィールド/ 作成者フィールド パブリック文書 [読者] パブリック文書 [作成者] どちらも無し ○ ○ 読者フィールドだけ存在 × × 作成者フィールドだけ存在 ○ ○ どちらも存在 × × パブリックユーザーによるパブリック文書へのアクセスでは、読者フィール ドまたは作成者フィールドの内容は認識しません。
  39. 39. パブリックアクセス権限まとめ  読者フィールドの保護に頼らずに、より多くのユーザーが文書を利用できるようにするための仕組み  読者フィールドと $PublicAccess フィールドは、その目的が互いに反対であるため、同じ文書に存在してはいけない  パブリック文書[作成者]を付与されたユーザーはパブリック文書の作成と編集の他、パブリック文書を削除することも可能
  40. 40. 以上です。 パブリックアクセス権限/パブリック文書は、あなたの業務で使えそうですか?

×