Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

サマータイム導入?【開発者編】 - その時 Notes/Domino は正確な時を刻むのか

625 views

Published on

第10回「のの会」の資料です。
日本にサマータイムが導入された場合、既存のNotesのプログラムをテストすることはできるのか、という観点でまとめました。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

サマータイム導入?【開発者編】 - その時 Notes/Domino は正確な時を刻むのか

  1. 1. サマータイム導入? 【開発者編】 その時 Notes/Domino は正確な時刻を刻むのか
  2. 2. サマータイム?2年限定?2時間! https://www.sankei.com/politics/news/180806/plt1808060002-n1.html
  3. 3. 前回のおさらい
  4. 4. Notes/Domino のサマータイム対応 • サマータイムの情報(開始/終了の日時等)はタイムゾーン情報に含まれている • Notes/Domino は基本的にはOSのタイムゾーン設定に依存している • サーバーとクライアントの両方で(Windows Update等による)タイムゾーン情 報の更新が必要 • 既存文書の古いタイムゾーン情報を更新するツールが公開されている • サマータイムの切替日は「ServerTasksAt?=」とプログラム文書に注意せよ • 2時間進めるサマータイムに対応できるのか?
  5. 5. Notesの タイムゾーン
  6. 6. タイムゾーンと夏時間の実施状況を示す 「ラベル」 https://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/iris_today/20010301_5.html
  7. 7. フィールドの種類「タイムゾーン」 選択肢 保存される値
  8. 8. 式言語と夏時間
  9. 9. タイムゾーンを扱う@関数 @GetCurrentTimeZone オペレーティングシステムの現在のタイムゾーン設定を、正規のタイム ゾーン形式で返します @TimeToTextInZone 日時値を文字列に変換し、このときタイムゾーン情報を取り込みます @TimeZoneToText 正規のタイムゾーン値を、読み取り可能な文字列に変換します @TimeMerge 別々に指定された日付、時刻、およびタイムゾーンの値から日時値を作 成します @Zone 現在のコンピュータまたは指定された日時値のタイムゾーン設定を返し、 サマータイムを実施しているかどうかを示します
  10. 10. タイムゾーンを扱う@関数 @GetCurrentTimeZone オペレーティングシステムの現在のタイムゾーン設定を、正規のタイム ゾーン形式で返します @TimeToTextInZone 日時値を文字列に変換し、このときタイムゾーン情報を取り込みます @TimeZoneToText 正規のタイムゾーン値を、読み取り可能な文字列に変換します @TimeMerge 別々に指定された日付、時刻、およびタイムゾーンの値から日時値を作 成します @Zone 現在のコンピュータまたは指定された日時値のタイムゾーン設定を返し、 サマータイムを実施しているかどうかを示します
  11. 11. 【参考】正規のタイムゾーン値 Z=9$DO=1$DL=4 1 1 10 -1 1$ZX=1$ZN=Alaskan Z タイムゾーンの GMT からの時差。上記はGMTの9時間後であることを示している DO サマータイム (DST : Daylight Saving Time) 監視フラグ。 1 はサマータイムが有効であることを示し、0 は無効であることを示します。1 の場合は DL に値が渡されます DL <開始月> <開始週> <開始曜日> <終了月> <終了週> <終了曜日> を特定するサマータイ ムのルール ZX ホスト固有のタイムゾーンインデックス ZN タイムゾーン名 正規のタイムゾーン値には、夏時間を適用する「年」、開始/終 了の「時刻」、「進める時間の長さ」を示す情報が無い
  12. 12. 【検証】日本のタイムゾーン値を変える Z=-9$DO=1$DL=4 1 1 10 1 1$ZX=110$ZN=Tokyo 4月の第一日曜 10月の第一日曜 夏時間を有効化 @GetCurrentTimezone の戻り値 “Z=-9$DO=0$ZX=110$ZN=Tokyo”
  13. 13. 【検証】日本のタイムゾーン値を変える 夏時間の実施状況 z := "Z=-9$DO=1$DL=4 1 1 10 1 1$ZX=110$ZN=Tokyo"; dt := [2018/xx/15 12:00:00]; tm := @TimeMerge ( @Date( dt ); @Time( dt ); z ) 1時間戻る? 1時間進む開始/終了が逆?
  14. 14. 【参考】デフォルトの切り替え時刻 https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=ibm10734019 Notes.ini にDSTLAWTIME が定義されていない場合 夏時間は午前2時に始まり、午前1時に終わる
  15. 15. 【検証】日本のタイムゾーン値を変える 切り替え時刻 z := "Z=-9$DO=1$DL=4 1 1 10 1 1$ZX=110$ZN=Tokyo"; dt := [2018/04/01 01:00:00]; tm := @TimeMerge ( @Date( dt ); @Time( dt ); z ) 開始日の4時?終了日の1時? 開始日の2時、終了日の1時
  16. 16. 【検証】日本のタイムゾーン値を変える 結果 @TimeMerge + @Text • 正規のタイムゾーン値がOS のタイムゾーン値と異なる 場合、想定した日時が返ら ない? @TimeToTextInZone • 想定した値が返る
  17. 17. 式言語 日付コーディング の癖 OSのタイムゾーンを変えて検証
  18. 18. Designer 上で現地時刻に自動変換 ZE9で保存、PSTで開く OSのタイムゾーン:ZE9 OSのタイムゾーン:PST @Text の結果はどちらも “2018/10/10 12:00:00 ZE9”
  19. 19. 夏時間の自動変換(開始日時) OSのタイムゾーン:PST 存在しない時刻を指定すると (1時59分59秒の1秒後は3時) 存在する時刻へ自動変換
  20. 20. 夏時間の自動変換(終了日時) OSのタイムゾーン:PST 式 結果 @Text([2018/11/04 00:59:59]; "D0T0Z2") 2018/11/04 00:59:59 PDT @Text([2018/11/04 01:00:00]; "D0T0Z2") 2018/11/04 01:00:00 PST 1秒後のつもりで指定すると… (1秒後は 2018/11/04 00:00:00 PST だが) 1時間と1秒後
  21. 21. 日時はそのまま、ラベルだけ変わる dt :=@TextToTime( "2018/10/10 12:00:00" ) OSのタイムゾーン @Text( dt; “D0T0Z2“ ) の結果 ZE9 2018/10/10 12:00:00 ZE9 PST 2018/10/10 12:00:00 PDT @TextToTime の値にタイムゾーンが無い場合、 現在のOSのタイムゾーンが適用される。
  22. 22. 特定の地域の日時をハードコードするなら dt := @TextToTime( "2018/10/10 12:00:00 ZE9" ) OSのタイムゾーン @Text( dt; “D0T0Z2“ ) の結果 ZE9 2018/10/10 12:00:00 ZE9 PST 2018/10/10 12:00:00 ZE9 @TextToTime の値にあるラベルが 現在のOSのタイムゾーンより優先される。 ※無効なラベルを指定すると、OSのタイムゾーン(ローカル時刻)になる
  23. 23. 異なるタイムゾーンにおける ラベルの不一致 OSのタイムゾーン @Text( a; "D0T0Z2“ ) ZE9 2018/11/10 12:00:00 PDT PST 2018/11/10 12:00:00 PST dt := @TextToTime("2018/10/10 12:00:00 PDT"); a := @Adjust( dt; 0; 1; 0; 0; 0; 0; [InGMT] ); OSのタイムゾーンが異なる場 合、夏時間が有効のまま OSのタイムゾーンがPSTの場 合、標準時に変換される 10月10日の1カ月後は 標準時(PST)に戻る
  24. 24. LotusScript と 夏時間
  25. 25. LotusScript に日付/時刻データ型は無い https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSVRGU_9.0.1/basic/LSAZ_SUMMARY_OF_LOTUSSCRIPT_DATA_TYPES.html
  26. 26. 日時を扱う関数の戻り値は Variant 型 日付/時刻 CDat 関数 Now 関数 日付のみ Date 関数 DateNumber 関数 DataValue 関数 Today 関数 時刻のみ Time 関数 TimeNumber 関数 TimeValue 関数 タイムゾーンを扱う関数は存在しない
  27. 27. Variant 型の日付 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 64ビット(= 8バイト) 整数部=日付 小数部=時刻 LotusScript では日付として西暦100年1月1日(-657434)から9999 年12月31日(2958465)までの範囲を許容 0は1899年12月30日を表す
  28. 28. うーん… Dim varTime As Variant varTime = CDat( "2018/10/10 10:00 AM ZE9" )
  29. 29. Variant 型はタイムゾーンを扱えない では、どうする?
  30. 30. NotesDateTime クラス メソッド AdjustDay AdjustHour AdjustMinute AdjustMonth AdjustSecond AdjustYear ConvertToZone New SetAnyDate SetAnyTime SetNow TimeDifference TimeDifferenceDouble プロパティ DateOnly GMTTime IsDST IsValidDate LocalTime LSGMTTime LSLocalTime Parent TimeOnly TimeZone ZoneTime
  31. 31. 【参考】NotesDateTimeクラスのプロパティ プロパティ 値 GMTTIME GMTの時刻(文字列) LOCALTIME GMTTIMEをOSのタイムゾーンに合わ せた時刻(文字列) ZONETIME GMTTIMEからTIMEZONEのオフセッ トとISDSTを反映した時刻(文字列) TIMEZONE タイムゾーン(-12から12) ISDST 夏時間有効のときTrue
  32. 32. 使い分けが必要 Variant 型 NotesDateTime クラス タイムゾーン 扱わない 扱う 夏時間 扱わない 扱う
  33. 33. タイムゾーンの ラベルに注目
  34. 34. Variant から NotesDateTime へ変換 日時値にOSのタイムゾーン設定が反映 PDT 太平洋夏時間 UTC -7 ZE9 日本標準時 UTC +9
  35. 35. 計算結果に夏時間が反映する 【OSのタイムゾーン設定】 太平洋標準時 2018年の夏時間は 11月4日 2時0分に終了 PDT 太平洋夏時間 UTC -7 PST 太平洋標準時 UTC -8 2カ月加算
  36. 36. 計算結果に夏時間が反映しない 【OSのタイムゾーン設定】 日本標準時 PDT 太平洋夏時間 UTC -7 PDT のまま!! 2カ月加算
  37. 37. 異なるタイムゾーンにおける ラベルの不一致 ラベルは PST になる ラベルは PDT のまま 2018年11月5日は太平洋標準時 PST で夏時間終了の翌日だが、 あえて夏時間を示すラベル PDT を付けて変換を試みた OSのタイムゾーンをPSTに設定 OSのタイムゾーンをZE9に設定 IsDST は False に変わる IsDST は True のまま
  38. 38. まとめ
  39. 39. 夏時間対応の完全な検証実施は OSのタイムゾーン情報更新なしには困難 式言語 LotusScript タイムゾーンの扱い ○ NotesDateTimeクラス 夏時間の扱い ○ NotesDateTimeクラス 夏時間実施の切替 ○ NotesDateTimeクラス 夏時間の開始/終了日付指定 ○ × 夏時間の開始/終了時刻指定 × × 繰り上げ時間の指定 × × 異なるタイムゾーンの夏時間に絡 む日時の計算 × ×
  40. 40. ところで ラベル「JST」は 有効?
  41. 41. JST 日本標準時の記載あり https://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/iris_today/20010301_5.html
  42. 42. ラベルのリストを取得する @LocationGetTZ(1) JST が無い… 夏時間のラベル も無い…
  43. 43. どのラベルが有効? Dim dateTime As New NotesDateTime("Today 06:00") msg = "Zone" & Chr(9) + "Time" For i = -12 To 12 Call dateTime.ConvertToZone(i, False) msg = msg & Chr(10) & dateTime.TimeZone & Chr(9) & _ dateTime.ZoneTime Next MessageBox msg,, "Today 06:00 Standard Time" False: 標準時 True: 夏時間 標準時 夏時間 JST は無い… 夏時間の ラベルはある
  44. 44. JST は自動変換できない Shift + F9 Shift + F9 OSのタイムゾーン時刻になる ※つまりサポートされていない? Shift + F9
  45. 45. 勝手な想像ですが… https://github.com/eggert/tz/blob/2018c/asia # JST Jerusalem Standard Time [Danny Braniss, Hebrew University] # JST (Japan Standard Time) has been used since 1888-01-01 00:00 (JST). エルサレム標準時も「JST」と呼ばれ、タイムゾーンの特定が困難なため Notesで使われなくなったのでは?
  46. 46. ご清聴ありがとうございました

×