Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

システム監視のアラート大量発生を抑えるZabbixトリガー「依存関係」機能の紹介

12,266 views

Published on

システム監視で大量の監視ポイントを設定していると、障害発生時に大量の障害通知アラートメールが発生する可能性があります。そのような事態にならないように、Zabbixには障害検知時にアラート通知を制御するトリガー機能「依存関係」を設定する事が可能です。

Published in: Technology
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

システム監視のアラート大量発生を抑えるZabbixトリガー「依存関係」機能の紹介

  1. 1. 株式会社ファンブライト システム障害時における 障害通知メールの大量発生を 防ぐには Zabbixトリガー「依存関係」のご紹介 作成日:2013年9月
  2. 2. 1.システム監視の構成例 以下のような構成で、各ノードに対してPing監視を 行っているケースで考えてみます。 監視サーバ Internet 監視サーバから各機器のICMP応答を監視し、 応答がない時には障害通知メールを送信するケースです。 OK OK OK OK
  3. 3. 2.サーバ1台で障害発生! サーバ1台がお亡くなりになった場合・・・ 監視サーバ Internet 障害通知メールが「1通」送信されます。 ICMP不通 OK OK OK ①障害検知 x 1 ②メール通知 x 1
  4. 4. 3.サーバ2台で障害発生! サーバ2台がお亡くなりになった場合・・・ 監視サーバ Internet 障害通知メールが「2通」送信されます。 ①障害検知 x 2 ②メール通知 x 2 ICMP不通 ICMP不通 OK OK
  5. 5. 4.ルータ1台で障害発生! 手前のルータ1台がお亡くなりになった場合・・・ 監視サーバ Internet サーバ3台は正常だが、ルータ故障によりサーバ3 台にアクセスできず、障害通知メールが4通! ①障害検知 x 4 ②メール通知 x 4 ICMP不通 ICMP不通 ICMP不通 ICMP不通 だが・・ だが・・ だが・・
  6. 6. 5.そうならないように・・・  「トリガー」とは、Zabbixでの障害検知/復旧検 知の設定の事です。  「依存関係」の設定とは、全ページの例でいう と、「手前のルータで障害が発生していた場 合に、サーバにおける障害通知は行わない」 という設定が出来るという事です。 監視サーバでZabbixを使うと、良い機能があります。 トリガーの依存関係を設定可能!
  7. 7. 6.もう一度ルータ1台で障害発生! Zabbixでサーバ3台の監視で依存関係(ルータ障害時は 障害としない)を設定した場合 Zabbixサーバ Internet ルータ障害のメール通知が1通だけ!便利です。 ①障害検知 x 1 ②メール通知 x 1 ICMP不通 ICMP不通 ICMP不通 ICMP不通 サーバ3台にアクセスできない事は分かっている!
  8. 8. 7.障害メールに溺れないために  システム監視で多くのポイントを監視する場 合、今回ご紹介したZabbixのように、監視ポイ ント間で依存関係を設定できる機能を使う事 をお勧めします。  障害発生時に障害通知メールが多すぎると いろいろ大変ですので。 ご参照いただき、ありがとうございました。

×