SlideShare a Scribd company logo

2022年度調和系工学研究室配属説明会資料

H
harmonylab

研究室配属の説明資料です.

1 of 48
Download to read offline
令和4年度情報理工学コース
研究室配属 説明会
調和系工学研究室の紹介
北海道大学大学院 情報科学研究院
情報理工学部門 複合情報工学分野
調和系工学研究室
2022年10月5日(水)
令和4年度情報理工学コース研究室配属 説明会
9:45~10:15,10:20~10:50
10:55~11:25,11:30~12:00
[ Confidential ]
Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved.
本日の内容 調和系工学研究室 配属説明会 2
1. 研究方針の説明:7分
教授 川村 秀憲
2. 研究事例の紹介:10分
准教授 山下 倫央
3. 研究室生活の紹介:6分
助教 横山 想一郎
4. 学生へのコンタクト:3分
博士後期課程1年 西浦翼・大江弘峻
5. 質疑応答:4分
Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved.
調和系工学研究室メンバー 3
教授 川村 秀憲(かわむら ひでのり)
2000年3月北海道大学大学院工学研究科システム
情報工学専攻博士後期課程期間短縮修了。同年4
月同大学助手、2006年同大学准教授、2016年同
大学教授となり現在に至る。
Facebook
https://www.facebook.com/hidenori.kawamura
准教授 山下 倫央(やました ともひさ)
2002年3月北海道大学大学院工学研究科システム
情報工学専攻博士後期課程期間短縮修了。2003
年4月 独立行政法人 産業技術総合研究所 サイ
バーアシスト研究センター 特別研究員、2016年
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能
研究センター 主任研究員を経て、2017年2月北海
道大学准教授となり現在に至る。
助教 横山 想一郎
(よこやま そういちろう)
2016年3月北海道大学大学院情報科
学研究科情報理工学専攻博士後期課
程期間短縮修了。同年4月日本学術振
興会特別研究員(PD)。2017年2月同
大学助教となり現在に至る。
修士2年 赤坂 駿斗
西 佑希
平田 航大
三浦 颯太
右田 幹
鐘 支俊
劉 兆邦
修士1年 池田 樹生
大倉 博貴
清水 雅之
千坂 知也
学部4年 阿部 晃平
阿部 拓真
音喜多 俊平
北野 勇太
竹田 悠哉
博士3年 平間 友大
神戸 瑞樹
吉田 拓海
博士1年 大江 弘峻
西浦 翼
森 雄斗
学生メンバー
博士6名,修士11名,学部生5名
Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved.
調和系工学研究室の研究目標 4
研究目標
人工知能技術を応用して人々の幸せと社会の調和に貢献
研究範囲
基礎研究から研究成果の社会実装までを広く扱う
2つの価値の追求
研究の学術的な価値
研究成果の製品やサービスとしての価値
研究成果の社会実装
企業との共同研究・共同開発
研究室の研究成果からのベンチャー企業の創出
研究成果の社会還元からのフィードバックの活用
社会における研究の付加価値の認識
新たな実践的課題の発見
調和系工学研究室の研究目標,http://harmo-lab.jp/?page_id=165
Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved.
調和系工学研究室の産学連携(1/3) 5
共同研究実績一覧(2019-2022年度)
年度 共同研究先企業名 研究課題
1 2022* 株式会社堀口組
除雪業務における労働時間削減に向けたAI・IoT活用に関
する研究開発
2 2022* 株式会社網屋 AIを使ったパケット解析やログ解析に関する研究
3 2021 株式会社KDDI総合研究所 コネクティッドネットワークにおけるAI活用の研究開発
4 2021 株式会社サンクレエ
業界初!高齢者の生活に寄り添う自立走行・歩行支援の歩
行器「smartNexusRWalker」の製品化
5 2020 株式会社チャリ・ロト 競輪競技におけるデータ解析とシミュレーション
6 2020* ゼロスペック株式会社
IoTと人工知能技術を活用したエネルギー供給の効率化に
関する研究
7 2019 株式会社ニチレイ 料理の構造化に関する研究
8 2019 北海道旅客鉄道株式会社
次期運輸業務システムにおける乗務員勤務の最適化導入に
向けた検討
9 2019*
バリュエンステクノロジーズ
株式会社
人工知能を活用したオークションの最適化戦略およびブラ
ンド品査定自動化に関する研究
10 2019* 株式会社シーズ・ラボ 人工知能技術を用いたバス車内カメラによる車内状況分析
* は2022年度継続中
Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved.
調和系工学研究室の産学連携(2/3) 6
共同研究実績一覧(2016-2018年度)
年度 共同研究先企業名 研究課題
11 2018 株式会社セブン&アイ・ホールディングス デジタルマーケティングのためのAI技術の開発
12 2018 日本放送協会 人工知能技術を用いた川柳自動生成システム
13 2018 株式会社デジタルガレージ CNNを用いた画像認識とタグ生成アルゴリズムの開発
14 2018 株式会社TMJ コールセンター業務におけるシフト調整へのAI技術応用
15 2018 シンセメック株式会社 AI技術を使った部品検査装置の開発
16 2018 ジェイフロンティア株式会社
ヘルスケア商品の企画開発・販売における人工知能の活用に関す
る研究
17 2017 株式会社マイクロネット 気象予報図におけるキャプション配置最適化に関する研究
18 2017
ジーエフケーマーケティングサービスジャパ
ン株式会社
家電製品の販売予測
19 2017 公立大学法人はこだて未来大学
「AI/IoTを活用した生産と流通の最適化による持続可能な北海
道水産業モデルの構築」に係る研究・開発
20 2017 フュージョン株式会社 人工知能によるマーケティングデータの分析アルゴリスム開発
21 2017 株式会社TSIホールディングス 人工知能を用いたアパレル商品画像のタギングに関する研究
22 2017 株式会社インターパーク SFAにおける人工知能技術の応用に関する研究
23 2016* 北海道ガス株式会社
北海道のスマートエネルギーネットワーク構築とコージェネレー
ション等の有効活用に向けた基礎研究
* は2022年度継続中

Recommended

ナレッジグラフ推論チャレンジの紹介
ナレッジグラフ推論チャレンジの紹介ナレッジグラフ推論チャレンジの紹介
ナレッジグラフ推論チャレンジの紹介KnowledgeGraph
 
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けてSSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けてSSII
 
[DL輪読会]相互情報量最大化による表現学習
[DL輪読会]相互情報量最大化による表現学習[DL輪読会]相互情報量最大化による表現学習
[DL輪読会]相互情報量最大化による表現学習Deep Learning JP
 
エンジニアも知っておきたいAI倫理のはなし
エンジニアも知っておきたいAI倫理のはなしエンジニアも知っておきたいAI倫理のはなし
エンジニアも知っておきたいAI倫理のはなしYasunori Nihei
 
【DL輪読会】Vision-Centric BEV Perception: A Survey
【DL輪読会】Vision-Centric BEV Perception: A Survey【DL輪読会】Vision-Centric BEV Perception: A Survey
【DL輪読会】Vision-Centric BEV Perception: A SurveyDeep Learning JP
 
マルチモーダル深層学習の研究動向
マルチモーダル深層学習の研究動向マルチモーダル深層学習の研究動向
マルチモーダル深層学習の研究動向Koichiro Mori
 
研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイする研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイするTakayuki Itoh
 
Optimizer入門&最新動向
Optimizer入門&最新動向Optimizer入門&最新動向
Optimizer入門&最新動向Motokawa Tetsuya
 

More Related Content

What's hot

時系列問題に対するCNNの有用性検証
時系列問題に対するCNNの有用性検証時系列問題に対するCNNの有用性検証
時系列問題に対するCNNの有用性検証Masaharu Kinoshita
 
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西Layer Normalization@NIPS+読み会・関西
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西Keigo Nishida
 
全力解説!Transformer
全力解説!Transformer全力解説!Transformer
全力解説!TransformerArithmer Inc.
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)Satoshi Hara
 
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト機械学習システムのアーキテクチャアラカルト
機械学習システムのアーキテクチャアラカルトBrainPad Inc.
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方ychtanaka
 
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎Takumi Ohkuma
 
ナレッジグラフ入門
ナレッジグラフ入門ナレッジグラフ入門
ナレッジグラフ入門KnowledgeGraph
 
機械学習モデルのサービングとは?
機械学習モデルのサービングとは?機械学習モデルのサービングとは?
機械学習モデルのサービングとは?Sho Tanaka
 
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話Yusuke Uchida
 
XAI (説明可能なAI) の必要性
XAI (説明可能なAI) の必要性XAI (説明可能なAI) の必要性
XAI (説明可能なAI) の必要性西岡 賢一郎
 
CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法Hirokatsu Kataoka
 
Active Learning の基礎と最近の研究
Active Learning の基礎と最近の研究Active Learning の基礎と最近の研究
Active Learning の基礎と最近の研究Fumihiko Takahashi
 
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向SSII
 
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)三次元表現まとめ(深層学習を中心に)
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)Tomohiro Motoda
 
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -諒介 荒木
 
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -tmtm otm
 
ナレッジグラフとオントロジー
ナレッジグラフとオントロジーナレッジグラフとオントロジー
ナレッジグラフとオントロジーUniversity of Tsukuba
 

What's hot (20)

時系列問題に対するCNNの有用性検証
時系列問題に対するCNNの有用性検証時系列問題に対するCNNの有用性検証
時系列問題に対するCNNの有用性検証
 
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西Layer Normalization@NIPS+読み会・関西
Layer Normalization@NIPS+読み会・関西
 
全力解説!Transformer
全力解説!Transformer全力解説!Transformer
全力解説!Transformer
 
20210711 deepI2P
20210711 deepI2P20210711 deepI2P
20210711 deepI2P
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
 
Semantic segmentation
Semantic segmentationSemantic segmentation
Semantic segmentation
 
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト機械学習システムのアーキテクチャアラカルト
機械学習システムのアーキテクチャアラカルト
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方
 
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎
深層学習によるHuman Pose Estimationの基礎
 
ナレッジグラフ入門
ナレッジグラフ入門ナレッジグラフ入門
ナレッジグラフ入門
 
機械学習モデルのサービングとは?
機械学習モデルのサービングとは?機械学習モデルのサービングとは?
機械学習モデルのサービングとは?
 
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話
You Only Look One-level Featureの解説と見せかけた物体検出のよもやま話
 
XAI (説明可能なAI) の必要性
XAI (説明可能なAI) の必要性XAI (説明可能なAI) の必要性
XAI (説明可能なAI) の必要性
 
CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法
 
Active Learning の基礎と最近の研究
Active Learning の基礎と最近の研究Active Learning の基礎と最近の研究
Active Learning の基礎と最近の研究
 
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向
SSII2021 [OS2-02] 深層学習におけるデータ拡張の原理と最新動向
 
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)三次元表現まとめ(深層学習を中心に)
三次元表現まとめ(深層学習を中心に)
 
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -
Surveyから始まる研究者への道 - Stand on the shoulders of giants -
 
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -
深層学習の不確実性 - Uncertainty in Deep Neural Networks -
 
ナレッジグラフとオントロジー
ナレッジグラフとオントロジーナレッジグラフとオントロジー
ナレッジグラフとオントロジー
 

Similar to 2022年度調和系工学研究室配属説明会資料

Semi-Supervised Neural Architecture Search
Semi-Supervised Neural Architecture SearchSemi-Supervised Neural Architecture Search
Semi-Supervised Neural Architecture Searchharmonylab
 
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identification
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-IdentificationFeature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identification
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identificationharmonylab
 
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasks
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple TasksYou Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasks
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasksharmonylab
 
A Generalist Agent
A Generalist AgentA Generalist Agent
A Generalist Agentharmonylab
 
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Models
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language ModelsReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Models
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Modelsharmonylab
 
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...harmonylab
 
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究harmonylab
 
2020年 研究室配属説明会 スライド資料
2020年 研究室配属説明会 スライド資料2020年 研究室配属説明会 スライド資料
2020年 研究室配属説明会 スライド資料harmonylab
 
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Grid
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear GridA Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Grid
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Gridharmonylab
 
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Vision
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for VisionMLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Vision
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Visionharmonylab
 
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Text
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated TextAll That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Text
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Textharmonylab
 
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...harmonylab
 
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究harmonylab
 
Self-supervised Learning of Adversarial Example: Towards Good Generalizations...
Self-supervised Learning of Adversarial Example:Towards Good Generalizations...Self-supervised Learning of Adversarial Example:Towards Good Generalizations...
Self-supervised Learning of Adversarial Example: Towards Good Generalizations...harmonylab
 
Calorie Estimation in a Real-World Recipe Service
Calorie Estimation in a Real-World Recipe ServiceCalorie Estimation in a Real-World Recipe Service
Calorie Estimation in a Real-World Recipe Serviceharmonylab
 
Recursively Summarizing Books with Human Feedback
Recursively Summarizing Books with Human FeedbackRecursively Summarizing Books with Human Feedback
Recursively Summarizing Books with Human Feedbackharmonylab
 
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...harmonylab
 

Similar to 2022年度調和系工学研究室配属説明会資料 (20)

Semi-Supervised Neural Architecture Search
Semi-Supervised Neural Architecture SearchSemi-Supervised Neural Architecture Search
Semi-Supervised Neural Architecture Search
 
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identification
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-IdentificationFeature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identification
Feature Erasing and Diffusion Network for Occluded Person Re-Identification
 
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasks
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple TasksYou Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasks
You Only Learn One Representation: Unified Network for Multiple Tasks
 
A Generalist Agent
A Generalist AgentA Generalist Agent
A Generalist Agent
 
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Models
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language ModelsReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Models
ReAct: Synergizing Reasoning and Acting in Language Models
 
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...
DLゼミ:Primitive Generation and Semantic-related Alignment for Universal Zero-S...
 
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究
形態素解析を用いた帝国議会議事速記録の変遷に関する研究
 
2020年 研究室配属説明会 スライド資料
2020年 研究室配属説明会 スライド資料2020年 研究室配属説明会 スライド資料
2020年 研究室配属説明会 スライド資料
 
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Grid
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear GridA Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Grid
A Study on Generation of Deformed Route Maps using Octilinear Grid
 
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Vision
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for VisionMLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Vision
MLP-Mixer: An all-MLP Architecture for Vision
 
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Text
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated TextAll That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Text
All That’s ‘Human’ Is Not Gold Evaluating Human Evaluation of Generated Text
 
RAPiD
RAPiDRAPiD
RAPiD
 
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...
DeBERTaV3: Improving DeBERTa using ELECTRA-Style Pre-Training with Gradient-D...
 
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究
ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究
 
Self-supervised Learning of Adversarial Example: Towards Good Generalizations...
Self-supervised Learning of Adversarial Example:Towards Good Generalizations...Self-supervised Learning of Adversarial Example:Towards Good Generalizations...
Self-supervised Learning of Adversarial Example: Towards Good Generalizations...
 
2021 haizoku
2021 haizoku2021 haizoku
2021 haizoku
 
2021 haizoku
2021 haizoku2021 haizoku
2021 haizoku
 
Calorie Estimation in a Real-World Recipe Service
Calorie Estimation in a Real-World Recipe ServiceCalorie Estimation in a Real-World Recipe Service
Calorie Estimation in a Real-World Recipe Service
 
Recursively Summarizing Books with Human Feedback
Recursively Summarizing Books with Human FeedbackRecursively Summarizing Books with Human Feedback
Recursively Summarizing Books with Human Feedback
 
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...
SegFormer: Simple and Efficient Design for Semantic Segmentation with Transfo...
 

More from harmonylab

【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究
【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究
【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究harmonylab
 
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究harmonylab
 
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backbone
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile BackboneDLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backbone
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backboneharmonylab
 
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationDLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimationharmonylab
 
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Models
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language ModelsVoyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Models
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Modelsharmonylab
 
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimation
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose EstimationDLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimation
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimationharmonylab
 
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究harmonylab
 
灯油タンク内の液面高計測を用いた 灯油残量推定システムに関する研究
灯油タンク内の液面高計測を用いた灯油残量推定システムに関する研究灯油タンク内の液面高計測を用いた灯油残量推定システムに関する研究
灯油タンク内の液面高計測を用いた 灯油残量推定システムに関する研究harmonylab
 
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究harmonylab
 
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究harmonylab
 
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究harmonylab
 
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...harmonylab
 
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究harmonylab
 
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...harmonylab
 
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...harmonylab
 
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究harmonylab
 
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GAN
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GANEmotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GAN
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GANharmonylab
 
Towards Total Recall in Industrial Anomaly Detection
Towards Total Recall in Industrial Anomaly DetectionTowards Total Recall in Industrial Anomaly Detection
Towards Total Recall in Industrial Anomaly Detectionharmonylab
 
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmetic
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic ArithmeticZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmetic
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmeticharmonylab
 
CKL_about_panf2022.pdf
CKL_about_panf2022.pdfCKL_about_panf2022.pdf
CKL_about_panf2022.pdfharmonylab
 

More from harmonylab (20)

【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究
【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究
【卒業論文】印象タグを用いた衣服画像生成システムに関する研究
 
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究
【卒業論文】大規模言語モデルを用いたマニュアル文章修正手法に関する研究
 
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backbone
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile BackboneDLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backbone
DLゼミ: MobileOne: An Improved One millisecond Mobile Backbone
 
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationDLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
DLゼミ: ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Models
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language ModelsVoyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Models
Voyager: An Open-Ended Embodied Agent with Large Language Models
 
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimation
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose EstimationDLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimation
DLゼミ: Ego-Body Pose Estimation via Ego-Head Pose Estimation
 
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究
【卒業論文】深層生成モデルを用いたユーザ意図に基づく衣服画像の生成に関する研究
 
灯油タンク内の液面高計測を用いた 灯油残量推定システムに関する研究
灯油タンク内の液面高計測を用いた灯油残量推定システムに関する研究灯油タンク内の液面高計測を用いた灯油残量推定システムに関する研究
灯油タンク内の液面高計測を用いた 灯油残量推定システムに関する研究
 
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究
深層自己回帰モデルを用いた俳句の生成と評価に関する研究
 
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究
競輪におけるレーティングシステムを用いた予想記事生成に関する研究
 
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究
【卒業論文】B2Bオークションにおけるユーザ別 入札行動予測に関する研究
 
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...
A Study on Estimation of Household Kerosene Consumption for Optimization of D...
 
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究
マルチエージェント深層強化学習による自動運転車両の追越行動の獲得に関する研究
 
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...
A Study on the Generation of Clothing Captions Highlighting the Differences b...
 
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...
A Study on Clothing Recommendation Information Presentation System Based on C...
 
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究
深層学習を用いたバス乗客画像の属性推定 に関する研究
 
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GAN
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GANEmotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GAN
Emotionally Intelligent Fashion Design Using CNN and GAN
 
Towards Total Recall in Industrial Anomaly Detection
Towards Total Recall in Industrial Anomaly DetectionTowards Total Recall in Industrial Anomaly Detection
Towards Total Recall in Industrial Anomaly Detection
 
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmetic
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic ArithmeticZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmetic
ZeroCap: Zero-Shot Image-to-Text Generation for Visual-Semantic Arithmetic
 
CKL_about_panf2022.pdf
CKL_about_panf2022.pdfCKL_about_panf2022.pdf
CKL_about_panf2022.pdf
 

Recently uploaded

The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi Englishsoushi1130
 
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいことssuserc83f42
 
○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)Ni sei
 
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JUNYA SHIMAMOTO
 
コーディング規約「Scratch編」v1.0
コーディング規約「Scratch編」v1.0コーディング規約「Scratch編」v1.0
コーディング規約「Scratch編」v1.0satoshi59
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023Tokyo Institute of Technology
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】NEURALGPNETWORK
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programkishita2
 
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】NEURALGPNETWORK
 
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライドShibaura Institute of Technology
 

Recently uploaded (10)

The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi English
 
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
 
○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)
 
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
 
コーディング規約「Scratch編」v1.0
コーディング規約「Scratch編」v1.0コーディング規約「Scratch編」v1.0
コーディング規約「Scratch編」v1.0
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
 
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
 
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド
日本デジタルゲーム学会・ゲームメディアSIG・歴史に関するセッションでの発表スライド
 

2022年度調和系工学研究室配属説明会資料

  • 1. 令和4年度情報理工学コース 研究室配属 説明会 調和系工学研究室の紹介 北海道大学大学院 情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 調和系工学研究室 2022年10月5日(水) 令和4年度情報理工学コース研究室配属 説明会 9:45~10:15,10:20~10:50 10:55~11:25,11:30~12:00 [ Confidential ]
  • 2. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 本日の内容 調和系工学研究室 配属説明会 2 1. 研究方針の説明:7分 教授 川村 秀憲 2. 研究事例の紹介:10分 准教授 山下 倫央 3. 研究室生活の紹介:6分 助教 横山 想一郎 4. 学生へのコンタクト:3分 博士後期課程1年 西浦翼・大江弘峻 5. 質疑応答:4分
  • 3. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室メンバー 3 教授 川村 秀憲(かわむら ひでのり) 2000年3月北海道大学大学院工学研究科システム 情報工学専攻博士後期課程期間短縮修了。同年4 月同大学助手、2006年同大学准教授、2016年同 大学教授となり現在に至る。 Facebook https://www.facebook.com/hidenori.kawamura 准教授 山下 倫央(やました ともひさ) 2002年3月北海道大学大学院工学研究科システム 情報工学専攻博士後期課程期間短縮修了。2003 年4月 独立行政法人 産業技術総合研究所 サイ バーアシスト研究センター 特別研究員、2016年 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能 研究センター 主任研究員を経て、2017年2月北海 道大学准教授となり現在に至る。 助教 横山 想一郎 (よこやま そういちろう) 2016年3月北海道大学大学院情報科 学研究科情報理工学専攻博士後期課 程期間短縮修了。同年4月日本学術振 興会特別研究員(PD)。2017年2月同 大学助教となり現在に至る。 修士2年 赤坂 駿斗 西 佑希 平田 航大 三浦 颯太 右田 幹 鐘 支俊 劉 兆邦 修士1年 池田 樹生 大倉 博貴 清水 雅之 千坂 知也 学部4年 阿部 晃平 阿部 拓真 音喜多 俊平 北野 勇太 竹田 悠哉 博士3年 平間 友大 神戸 瑞樹 吉田 拓海 博士1年 大江 弘峻 西浦 翼 森 雄斗 学生メンバー 博士6名,修士11名,学部生5名
  • 4. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の研究目標 4 研究目標 人工知能技術を応用して人々の幸せと社会の調和に貢献 研究範囲 基礎研究から研究成果の社会実装までを広く扱う 2つの価値の追求 研究の学術的な価値 研究成果の製品やサービスとしての価値 研究成果の社会実装 企業との共同研究・共同開発 研究室の研究成果からのベンチャー企業の創出 研究成果の社会還元からのフィードバックの活用 社会における研究の付加価値の認識 新たな実践的課題の発見 調和系工学研究室の研究目標,http://harmo-lab.jp/?page_id=165
  • 5. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の産学連携(1/3) 5 共同研究実績一覧(2019-2022年度) 年度 共同研究先企業名 研究課題 1 2022* 株式会社堀口組 除雪業務における労働時間削減に向けたAI・IoT活用に関 する研究開発 2 2022* 株式会社網屋 AIを使ったパケット解析やログ解析に関する研究 3 2021 株式会社KDDI総合研究所 コネクティッドネットワークにおけるAI活用の研究開発 4 2021 株式会社サンクレエ 業界初!高齢者の生活に寄り添う自立走行・歩行支援の歩 行器「smartNexusRWalker」の製品化 5 2020 株式会社チャリ・ロト 競輪競技におけるデータ解析とシミュレーション 6 2020* ゼロスペック株式会社 IoTと人工知能技術を活用したエネルギー供給の効率化に 関する研究 7 2019 株式会社ニチレイ 料理の構造化に関する研究 8 2019 北海道旅客鉄道株式会社 次期運輸業務システムにおける乗務員勤務の最適化導入に 向けた検討 9 2019* バリュエンステクノロジーズ 株式会社 人工知能を活用したオークションの最適化戦略およびブラ ンド品査定自動化に関する研究 10 2019* 株式会社シーズ・ラボ 人工知能技術を用いたバス車内カメラによる車内状況分析 * は2022年度継続中
  • 6. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の産学連携(2/3) 6 共同研究実績一覧(2016-2018年度) 年度 共同研究先企業名 研究課題 11 2018 株式会社セブン&アイ・ホールディングス デジタルマーケティングのためのAI技術の開発 12 2018 日本放送協会 人工知能技術を用いた川柳自動生成システム 13 2018 株式会社デジタルガレージ CNNを用いた画像認識とタグ生成アルゴリズムの開発 14 2018 株式会社TMJ コールセンター業務におけるシフト調整へのAI技術応用 15 2018 シンセメック株式会社 AI技術を使った部品検査装置の開発 16 2018 ジェイフロンティア株式会社 ヘルスケア商品の企画開発・販売における人工知能の活用に関す る研究 17 2017 株式会社マイクロネット 気象予報図におけるキャプション配置最適化に関する研究 18 2017 ジーエフケーマーケティングサービスジャパ ン株式会社 家電製品の販売予測 19 2017 公立大学法人はこだて未来大学 「AI/IoTを活用した生産と流通の最適化による持続可能な北海 道水産業モデルの構築」に係る研究・開発 20 2017 フュージョン株式会社 人工知能によるマーケティングデータの分析アルゴリスム開発 21 2017 株式会社TSIホールディングス 人工知能を用いたアパレル商品画像のタギングに関する研究 22 2017 株式会社インターパーク SFAにおける人工知能技術の応用に関する研究 23 2016* 北海道ガス株式会社 北海道のスマートエネルギーネットワーク構築とコージェネレー ション等の有効活用に向けた基礎研究 * は2022年度継続中
  • 7. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の産学連携(3/3) 7 顧問実績一覧 役職/企業名 教授 川村 秀憲 社外取締役:株式会社調和技研/株式会社Aill/フュージョン株 式会社/株式会社インターパーク 顧問:株式会社クレスコ/株式会社ニッコー/株式会社HBA/株 式会社スクリエ/株式会社ビッグ/ バリュエンステクノロジーズ株式会社/穴吹興産株式会社/株 式会社ジャパンテクニカルソフトウェア/株式会社イノベー ションプラス/株式会社サンクレエ/ザ・サン・ストラテジッ ク・ソリューションズ株式会社 准教授 山下 倫央 顧問:株式会社調和技研/株式会社ビッグ/ネットスター株式 会社/株式会社ファーストコネクト/株式会社ノースグリッド 助教 横山 想一郎 顧問:株式会社調和技研/株式会社ジャパンテクニカルソフト ウェア/株式会社イノベーションプラス/株式会社サンクレエ
  • 8. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究室と関連がある企業・スタートアップ(1/2) 8 調和系工学研究室関係者設立ベンチャー企業 企業名 調和系工学研究室関係者 株式会社調和技研 Co-founder・社外取締役 川村 秀憲(教授) リサーチャー 研究室OB が6名以上在籍(博士課程修 了者・修士課程修了者) AWL株式会社 Co-founder 川村 秀憲(教授)CTO土田 安紘(研究室 OB・2001年度修士課程修了) 株式会社TIL Co-founder 川村 秀憲(教授) 社外取締役 山本 健太郎(研究室OB・1999年度学士課 程修了) 株式会社AILL Co-founder 川村 秀憲(教授) AI TOKYO LAB株式会社 代表取締役社長 小野 良太(研究室OB・2015年度博士 課程修了)上級技術顧問 川村 秀憲(教授) 株式会社ネイン 代表取締役兼CEO 山本 健太郎(研究室OB・1999年度 学士課程修了) 株式会社mgram 代表者 松村 有祐(研究室OB・2009年度博士課程修 了)
  • 9. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究室と関連がある企業・スタートアップ(2/2) 9 調和系工学研究室連携ベンチャー 企業名 調和系工学研究室関係者 株式会社サンクレエ 顧問 川村 秀憲(教授)テクニカルアドバイ ザー 横山 想一郎(助教) 株式会社インターパーク 社外取締役 川村 秀憲(教授) バリュエンスホールディングス株式会 社 最高技術責任者 本田 崇智(研究室OB・2006 年度修士課程修了) フュージョン株式会社 社外取締役 川村 秀憲(教授) INSIGHT LAB株式会社 技術顧問 川村 秀憲(教授) ネットスター株式会社 アドバイザー 山下 倫央(准教授) 株式会社ファーストコネクト テクニカルアドバイザー 山下 倫央(准教 授)
  • 10. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 10 サツドラホールディングス株式会社 (東証1部上場) 代表取締役社長 富山 浩樹さん サツドラホールディングスHP: https://satudora-hd.co.jp 調和系工学研究室で研究されているテー マ「AI」は正に最先端であり、企業に とって今後必要不可欠になる技術を学べ る場所になると思います。この北海道か ら企業や世の中に大きく貢献できる人材 が育っていく事を願っております。 企業経営者から皆さんへのメッセージ(1/2) 株式会社クレスコ(東証1部上場) 代表取締役社長 根元 浩幸さん 株式会社クレスコ HP: https://www.cresco.co.jp/ 川村研究室では、ビジネス活用のところ まで視野を広げて活動されています。調 和系工学研究室では、技術力を磨け、さ らにそのビジネス活用力までも磨くこと ができますので、これからも素晴らしい 人材を輩出されることと期待しておりま す。 メッセージ全文は「調和系Webサイト 企業からみなさんへのメッセージ」に掲載 http://harmo-lab.jp/?page_id=141
  • 11. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 11 株式会社調和技研 代表取締役 中村 拓哉さん 株式会社調和技研 HP: https://www.chowagiken.co.jp/ 『どうせなら、好きなコトをとこと ん。』これは当社のキャチワードでもあ るのですが、それを実現できるフィール ドが調和系研究室にはあると思います。 今後も世界中で高難易度の社会課題解決 を提供するAI人材の需要は高まります。 是非、調和系研究室で学ぶ皆さんの力で ワクワクする未来社会を創造してくださ い。 企業経営者から皆さんへのメッセージ(2/2) AWL株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 北出 宗治さん AWL株式会社 HP:https://awl.co.jp/ 調和系工学研究室では、企業との共同研 究を通してAI技術の基礎研究、応用研究 をしており、これから成長が見込まれる 分野で必要となる高いスキルが身に着け られると思います。ぜひ、学生時代にAI にかかわる研究を経験して、付加価値の 高い人材になってください。 メッセージ全文は「調和系Webサイト 企業からみなさんへのメッセージ」に掲載 http://harmo-lab.jp/?page_id=141
  • 12. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の情報公開 12 https://ja-jp.facebook.com/ harmony.hokudai/ http://harmo-lab.jp/ 調和系工学研究室HP 調和系工学研究室 Facebook 調和系工学研究室の成果に関するテレビ 動画を多数掲載(閲覧にはPWの入力が 必要です) http://harmo-lab.jp/movies PW: (個別にお問い合わせください) 調和系工学研究室 パンフレット http://harmo- lab.jp/wp/wp- content/uploads /2021/09/CKL_a bout_panf2021. pdf 調和系工学研究室 動画サイト 放送日 放送局 番組名 2021/5/30 STV ブギウギ専務 2021/4/17 TVh けいナビ 2021/4/5 日本テ レビ しゃべくり007 2020/11/29 BSフジ タイプライター ズ 2020/10/15 テレビ 東京 探求の階段 2020/8/5 日本テ レビ 1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 2020/4/12 日本テ レビ 人間vs AI 2019/5/15 NHK 人間ってナンだ? 超AI入門 2019/4/12~ 2020/3/27, 毎週金曜日) NHK ニュースシブ5時 「AIヨミ子」 2018/2/26 NHK 超絶 凄技! 掲載動画
  • 13. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室 研究成果メディア紹介 13 日本経済新聞,読売新聞,朝日新聞,毎日新聞,東京新聞,産経新聞,北海道新聞,西日本新聞, 愛媛新聞,北國新聞,日経産業新聞,日刊工業新聞,ニュートン,週刊東洋経済,俳句会,俳壇 他 多数のメディアで紹介されています。 R4/8/5 北海道新聞 R3/10/26 日刊工業新聞 R4/7/6 日本経済新聞 R4/8/13 北海道新聞 まなぶん R4/7/6 日経MJ R3/10/15 好書好日 https://book.asahi.com/article/14458321
  • 14. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 本日の内容 調和系工学研究室 配属説明会 14 1. 研究方針の説明:7分 教授 川村 秀憲 2. 研究事例の紹介:10分 准教授 山下 倫央 3. 研究室生活の紹介:6分 助教 横山 想一郎 4. 学生へのコンタクト:3分 博士後期課程1年 西浦翼・大江弘峻 5. 質疑応答:4分
  • 15. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究事例の紹介 15 「北のフロンティア」のショートバージョン(7分) 2021年2月14日 北海道放送(HBC) 調和系工学研究室Webサイトで全編(25分)を公開 http://harmo-lab.jp/movies ,PW: (お問い合わせください)
  • 16. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. IoT を活用した灯油配送最適化(1/2) 16 灯油配送の現状 北海道を含む寒冷地では灯油を暖房・給湯に使用 定期配送契約の割合が高い 灯油配送業者は配送計画を立て配送を実施 業者が中長期で配送先・配送順を決定 配送の課題 こまめに配送すると配送の手間が増加 残量ギリギリで配送するとタンクが空になる懸念 タンクが空になると、復旧作業に30分かかり暖房も使えなくなる 灯油残量の推定は勘と経験頼み 灯油配送業務の画像例 (出典:https://yaginuma.jp/touyuteikihaisou/) 配送計画の例 日付 配送順序 2021/12/17 1, 2, i1, 3 2021/12/18 4, 5, i2 1 2 3 i 1 4 5 i 2 1
  • 17. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. IoT を活用した灯油配送最適化(2/2) 17 1. 灯油残量推定 1-1. 給油履歴から消費傾向を把握 指定日の残量予測 1-2. 灯油タンクに設置したレーザセンサの利用 油面高を計測 → LPWA方式でサーバに通知 ただし、ノイズが乗りやすい 2. 配送計画問題の最適化 在庫配送計画問題 (IRP) として灯油配送計画問題を定式化 経路計画問題に対して在庫管理の概念を追加 在庫管理:商品が売れると在庫が減っていく中で、在庫切れを防ぐ 灯油配送計画問題は灯油タンクの残量が在庫と対応 ヒューリスティクスの適用 タブーサーチによる解法を提案 灯油配送に関する労働時間の約40%を削減する計画を立案 給油口の蓋に レーザセンサを 設置 1
  • 18. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. AI俳句:AIによる俳句の自動生成(1/4) 18 目的 人工知能が不得意とする感性・独創性に挑戦 短い文章で状況を的確に表現 俳句の相互理解の情報学的解釈 データ圧縮と復元 あるデータをその実質的な性質を保ったまま、 量を減らした別のデータに変換 コミュニケーションへの適用 エンコード 作者が頭の中の「もやもや」を言葉に変換 デコード 読み手が言葉から頭の中の「もやもや」に復元 共有知識の利用 作者も読み手も言葉の意味を知っているだけでなく、 「互いにそれを知っている」ことを知っていること 歳時記による季語の意味の共有知識化が必然 俳句には季語が必要 2
  • 19. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. AI俳句:AIによる俳句の自動生成(2/4) 1. お題を限定せずに俳句を生成させ結果を蓄積 2. 蓄積された AI 俳句から目的に応じて抽出 俳句生成器 俳句フィルタ 俳句評価器 人間が詠んだ俳句の言葉 のつながりを学習し, 同様に言葉をつなぐ 音数,季語の有無,切れ字 の数を計算し,有季定型句 でないものを取り除く 俳句の内容・質について 評価する かなしみの片手ひらいて渡り鳥, 0.9983,…. 無人とは毛深くなりし狸かな, 0.7887,…. …. AI一茶くんで生成した 俳句を蓄積 1分間に400句の ペースで昼夜問わ ず生成し続ける 決まったルールに 合った処理はコン ピュータが得意 意外な言葉の繋がりや人の心を 動かす俳句を見分けることが難 しい 「悪い俳句」の例がまとまって 存在せず,学習できない これまでに1億2千万句ほど(日本人 1人に1句!)の AI 俳句を生成済み ↓ 良い俳句も中には含まれるはずだが, コンピュータで見つけることは難しい 2 19
  • 20. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. AI俳句:AIによる俳句の自動生成(3/4) 20 第30回 芭蕉祭山中温泉 全国俳句大会への参加 俳句大会概要(2021年6月開催) 投句者数220人・投句数835句 選者3名 黒田杏子先生、長谷川櫂先生、安原葉先生 最優秀賞:1句、優秀賞:2句、特選:5句、入選:50句 AI俳句の選句 過去の入賞句データの利用 最後は人が300句から選句 投句結果 黒田杏子選 AI一茶くん作・平田選句 入選「戦争を語りつくしてトマト食む」 長谷川櫂選 AI一茶くん作・花野選句 入選「万緑を破りて風の中にゐる」 上位3-21%に入る! 2
  • 21. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. AI俳句の書籍(4/4) 21 AI研究者と俳人 人はなぜ俳句を詠むのか 著者:川村秀憲, 大塚 凱 出版社: dZERO,発売日:2022年3月,定価:2,090 円 俳句を詠むとき、人の脳の中では何が起こっているのか。 知能とは何か、人間とは何か。AI研究者にとって「AI俳 句」は、根源的問いの答えに近づくためのプロジェクト、 若い俳人にとっては、人間の知の営みが解明されることへ の深い興味。AI俳句生成プロジェクト「AI一茶くん」の生 みの親と、気鋭の若手俳人が旅する「知能の深淵」。 人工知能が俳句を詠む AI一茶くんの挑戦 著者:川村秀憲, 山下倫央, 横山想一郎 出版社:オーム社,発売日:2021年7月,定価:1,760 円 人工知能が俳句を詠む日はいつ訪れるのか。現在の人工知 能はどこまでできて、できないのかを、俳句を詠むAIの開 発を通して迫る!人工知能がどんなことをできるのか気にな る方、とくに人工知能の創造性について興味のある方に ピッタリの1冊となっています。 2
  • 22. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 人工知能による競輪予想記事の自動生成 (1/3) 22 目的 初心者の車券購入を支援 競輪のレース結果を予測し,ユーザ向けのコンテンツを作成 競輪はレース数が多い:毎日60レース開催 全レースの人手による執筆のコストは大きい 1. レース結果予測 過去のレース結果と選手情報から着順を予測 深層学習モデル Transformer を適用 回収率(=払戻金額÷投票金額)を高める 単に“当たりやすい”だけではなく, “そこそこ当たりやすく”かつ, “オッズも高め”といった車券を狙う 回収率100%超えを実現 実運用の結果, 月間回収率最大123%! 3
  • 23. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 人工知能による競輪予想記事の自動生成(2/3) 23 2. レース予想記事の自動生成 信頼できる記事の必要性 誤った情報による記事の信頼低下を回避 テンプレート方式を採用 文テンプレートに条件に応じた <文字列> , <選 手名> , <予測順位>を当てはめることによって 必要な情報を含む予想記事を生成 人間の作る記事に劣らない品質の記事を生成可能 5-2-4 ・過去3ヶ月の平均着順2.63と調子の良い⑤松本が自力で1着。同じライン の番手選手②蓮井が⑤松本に続いて2着。 ⑤松本ラインでトップ2独占。 別 ラインの④竹内が⑥山田を発射台に3着と予測。 着順予測 7-1-6 ・二連対率45.8%の⑦滝本が自力で1着。同ラインの番手①戸伏が⑦滝本に 続いて2着。⑦滝本ラインでトップ2独占。別線の⑥松尾が3着と予測。 生成記事 記事 生成例 3
  • 24. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 人工知能による競輪予想記事の自動生成(3/3) 24 「AI 競輪」で検索 or 「https://ai.chariloto.com/」を入力 3
  • 25. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. セマンティックセグメンテーションによる 積雪状態の認識とロードヒーティングの自動制御 25 共同研究先:北海道ガス株式会社(共同で特許「融雪制御装置,ニュートラルネットワークの学習方法,融雪制御方法及び 融雪制御用プログラム」出願中),ティ・アイ・エル株式会社(北大発認定ベンチャー企業) - 駐車場などの地下に熱源を設置 - 熱により地表に積もる雪を融かす -雪かきの省力化,転倒事故の防止 従来の降雪センサによるロードヒーティング制御 制御対象の路面積雪状態を 考慮しないため無駄が多い カメラ画像による積雪判定 従来センサーによる降雪判定 ボイラー運転時間 時刻 0:00 24:00 12:00 積雪状態を正確に判断 積雪がない時間帯の運転を抑制 Google DeepLab v3+ をベースにした モデルの利用 (セマンティックセグメン テーションの適用) 画像中の積雪部分を検出 ・画像認識によるロードヒーティング制御の開発 コントローラ(カメラ・マイコン を内蔵した融雪制御器) 撮影された路面画像 降雪センサ:屋外に設置 され,表面の水分を検出 路面に積雪が あると判断すれば ボイラーを稼働 濡れる ・適切な路面状況の把握による運転時間の削減 ・ロードヒーティングとは 運転時間削減の例 札幌市内の複数地点で実証実験を実施 全体で 40.5%程度のボイラー運転時間の 削減効果を確認 ・路面の積雪状態に応じてボイラーを制御 ・融け残りを防止しつつ運転時間を削減 4
  • 26. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 深層学習を用いたバス車内モニタリングシステム による車内状況分析 26 共同研究先:株式会社シーズ・ラボ,ノーステック財団の助成 ・運行円滑化の支援 - 路線バス車内画像から乗客数や混雑状況を推定 ・乗客の安全性の向上 - バス車内の状況にリアルタイムに対応 ・乗客の不意な車内移動 ・乗客のどこにも掴まらずに立つ 目的 バス車内モニタリングシステムによる 公共交通機関としての 路線バスの利便性の向上 混雑状況配信 システム 混雑状況分類 モジュール (ResNet50) 乗客・旅行鞄検出 モジュール (YOLOv3) 車内アナウンス システム 乗客移動検出 モジュール バス車内の画像 運転手へ通知 運転手 バスの発進 or 待機 混雑 状況 各乗客の 位置データ スーツケース の有無 「発車・停車時にスーツケースが お手元から離れないよう ご注意ください」 Bounding Box の付与 旅行鞄 移動 する 乗客 バス車内 バス車内の 混雑状況の 配信 複数のカメラでバ ス車内を撮影 バス車内 の画像 乗客OD推定器 路線計画に利用 乗客OD データ 乗客画像 DB バス車内モニタリングシステムの概要 5
  • 27. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. ディープラーニングを使ったファッション画像の理解 目的 洋服の画像から「かわいい」「甘い」と いった「印象」を分析 概要 2万枚の服飾画像に対し主観的・機能的な特 徴をタグ付け 148種類のファッション用語 ガーリー,かわいい,とろみ,ふんわり,スポー ティー,カジュアル,パーティー,女子会,着回しし やすい... 畳み込みネットワークによりタグを学習 カジュアル スポーティー かわいい ディープラーニングによる認識結果 洋服の画像を読み込み 消費者がその洋服を見た時のイメージを数値化 入社式 形状的な特徴 この数値を 変えると商 品が検索さ れる 無地 ドロップショルダー ファー フリル 印象的な特徴 カジュアル リラックスできる こっくり 甘い 休日のお出かけに とろみ ガーリー きれいめ 避暑地で着たいフリルブラウス で作る大人ガーリースタイル ファッションの物差し を作成することにより, ネット通販サイトの ユーザーが「かわいい 度は0.9以上」「ガー リー度は0.7以上」と グラフ上で数値を指定 すると該当する商品を 絞り込み表示できる 応用例 こっくりグリーンの小物で 気分はグッと秋モード ガーリー オフの日はゆるッと甘いリ ラックスコーデ 秋らしい 共同研究先: TSIホールディングス、INSIGHT LAB株式会社 6 27
  • 28. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 被介護者・介護者の負担軽減に向けた 前腕支持型四輪歩行器の開発 28 共同研究先:株式会社サンクレエ 開発した前腕支持型 四輪歩行器の外観 被介護者の 歩行の 負荷軽減 介護者の 歩行器運搬の 負担軽減 研究項目1.歩行支援機能の開発 歩行時の方向へモータによる適切な力を加える 支援時の力が強ければいいというわけではなく、 利用者の歩行速度などに応じた制御 研究項目2.自律走行機能の開発 被介護者が歩行器を利用したいときに呼び出しの ボタン等で自分の場所まで歩行器を呼び出す – 被介護者の状態に応じた適切な歩行補助具の選択が必要 • 車椅子の場合、転倒リスクを低いが、運動器障害(ロコモティブシンドローム)の重度化が懸念 • 杖の場合、転倒リスクがあり、ケガなどによる介護の重度化 • 単独で歩行できる場合は歩行器が推奨されているが、多くの介護施設では車椅子を使用 背景 7
  • 29. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. その他の研究テーマ 29 制度設計 代替出勤依頼による勤務シフト調整手法の開発 BtoB オークションにおける情報配信による落札率の向上 時系列解析 競輪におけるレーティングの導入による予測精度の向上 交通流・人流解析 道路ネットワークの階層化手法を用いた最適経路探索の効率化 自然言語処理 災害報告書からの災害対応事例の自動抽出 画像解析 深層学習を用いた音響画像に基づく魚群量推定システムの開発 カメラセンサ最適配置問題における位置決定手法の開発 強化学習 深層強化学習による自動運転車両の円滑な追い越し行動の獲得
  • 30. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 本日の内容 調和系工学研究室 配属説明会 30 1. 研究方針の説明:7分 教授 川村 秀憲 2. 研究事例の紹介:10分 准教授 山下 倫央 3. 研究室生活の紹介:6分 助教 横山 想一郎 4. 学生へのコンタクト:3分 博士後期課程1年 西浦翼・大江弘峻 5. 質疑応答:4分
  • 31. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究活動と卒業までの道のり 配属~4年生進級 興味があることや研究テーマについて調査を開始 ノートPCとヘッドセットなどを貸与・必要に応じ研究室の GPU サーバを使用 4年生進級~卒業 テーマによっては企業との共同研究を割り当て 週1回の進捗発表とスタッフからの指導 課題設定,論理的思考,課題解決,研究コミュニケーション力を養う 31
  • 32. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室のゼミ 32 全体ゼミ(週1回,全員参加) 各学生の研究テーマの方針や進捗状況を議論 1~2か月に1回のペースで順番に発表 ディープラーニングゼミ(週1回,全員参加) 最新の研究論文についての調査報告 1~2か月に1回のペースで順番に発表 小グループゼミ(週1回 x 3グループ,グループ毎) 博士課程の学生が中心となって実施 テーマごと分かれたグループで研究内容を議論 新入生ゼミ(週1回,新入生のみ) 配属~3月:英語書籍の輪読 4月~卒論:各学生の研究テーマの設定に向けた議論と調査報告 他大学・コースから修士課程で編入する学生も途中から参加 プログラミングゼミ(週1回,3年生のみ) 修士学生による研究に必要なプログラム開発の演習 教員との個別ミーティング(随時) 開催形態 全員参加の場合は Zoom でオンライン実施 自宅もしくは研究室の自席からヘッドセットで参加 それ以外は対面 or オンライン実施 研究室外からのオンライン参加にも柔軟に対応 オンラインでの研究報告 全体ゼミの様子 新入生ゼミの様子
  • 33. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 過去の卒論・修論・博論テーマ(1/2) テーマ決定の方針 個人の興味・研究の価値・社会的インパクトを考慮 人工知能・ディープラーニングの応用研究に注力 成果を国内外で発表し世界の研究者と交流 企業との共同研究を積極的に推進 ・ロードヒーティング制御における深層学習を用いた路面画像認識に関する研究 ・深層強化学習による自動運転車両の経路探索に関する研究 ・言語モデルを用いた俳句評価器の構築と性能評価に関する研究 ・食品ロス削減に向けた家庭料理の献立表提案システムの開発に関する研究 ・セマンティックセグメンテーションによる路面画像の積雪状況認識に関する基礎研究 ・家庭料理における調理効率化に向けた料理レシピの構造化に関する研究 ・灯油残量推定に基づく灯油配送計画の最適化に関する研究 ・深層強化学習による自動運転車両の追い越し行動の実現に関する研究 ・単語の分散表現を用いた俳句における取り合わせの評価に関する研究 卒業論文テーマ ・ECサイトにおける商品紹介文の作成支援システムの開発と評価に関する研究 ・灯油配送計画の最適化に向けたヒューリスティクスの開発に関する研究 ・歩行支援機能を有する前腕支持型四輪歩行器の開発に関する研究 ・交差点の交通流におけるシミュレーション環境を用いた深層強化学習に関する研究 ・バス乗客ODデータの推定における深層学習を用いた人物追跡に関する研究 ・メトリックラーニングを用いたバス乗客ODデータの推定に関する研究 ・深層学習を用いた服飾画像の印象推定に関する研究 ・深層学習を用いた車内モニタリングによる状態認識に関する研究 ・代替出勤依頼による勤務シフト調整に関する研究 ・競輪車券の購買支援に向けたコンテンツ自動生成に関する研究 修士論文テーマ 33
  • 34. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 過去の卒論・修論・博論テーマ(2/2) テーマ決定の方針 個人の興味・研究の価値・社会的インパクトを考慮 人工知能・ディープラーニングの応用研究に注力 成果を国内外で発表し世界の研究者と交流 企業との共同研究を積極的に推進 博士論文テーマ 表題 氏名 課程 A Study on Provider Support with Value Inference in Service Design (サービス設計における価値の推定を用いた提供者支援に関する研究) 幡本 昂平 DC2 期間短縮修了 Study on Online Travel Review Analysis for Tourism Investigation Shuang SONG DC3修了 Control of Oscillator Aggregation for Generating Homeostatic Behavior in Autonomous System (自律システムにおける恒常的ふるまいの創発に向けた振動子群制御法) 山内 翔 DC2 期間短縮修了 Service aspect oriented Recommender Systems (サービスの特徴を考慮した推薦システム) 小野 良太 DC3修了 Structured Approach for Local Clustering Organization (局所クラスタリング組織化法の構造化アプローチ) 今野 陽子 社会人DC Indoor Positioning Methods Based on Pre-Observation of RSSI for Office Environment (オフィス環境に対応した電波強度の事前計測に基づく位置測位), 辻 順平 DC3修了 Design and Implementation of Indoor Location Based Service Platform (屋内位置サービスプラットフォームの設計と実装) 池田 剛 社会人DC 34
  • 35. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 調和系工学研究室の研究教育実績 35 卒業・修了した学部・修士・博士学生 研究室設立(1969年)以降で360名を超える卒修了生 研究業績(2004年~2022年9月現在) 査読付き論文(日本語発表) 46件 査読付き論文(英語発表) 55件 査読付き国際会議講演論文 110件 国内学術発表 395件 博士課程学生への支援 研究室独自の奨学金制度を用意 日本学術振興会特別研究員への採択 給与と研究費を受給しながら研究できる制度,一般的な採択率は20%程度 卒業・修了年度 学部卒業 修士修了 博士修了 2019 3 5 1 2020 2 2 0 2021 4 5 1 合計(2012~) 29 34 9 採択年度 種別 氏名 題目 2022 DC2 吉田 拓海 予測モデルに基づく説得におけるユーザ情報を考慮した説得エージェントの開発 2021 DC2 平間 友大 深層学習を用いた音響画像に基づく魚群量推定システムの開発 2014 DC2 山内 翔 群れ行動からのシステム制御理論の構築
  • 36. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. これまでの卒業生・修了生の就職先 36 学部卒業生 TIS,日本ユニシス,北海道ガス,JR北海道,BUG森精機,ソフトコム, アジェンダ,P&G Japan,北陸コンピュータ・サービス 他 修士課程修了生 日立製作所,日本マイクロソフト,NTT東日本,NTTデータ,NTTコム ウェア,NTTドコモ,日本電気,ソニー,富士通,日本ユニシス,パナソ ニック,キャノン,トヨタ自動車,本田技術研究所,デンソー,住友電気工業, 三菱電機,三菱重工,シャープ,東芝,新日鉄住金ソリューションズ,アクセ ンチュア,リクルート,日本ユニシス,コマツ,JR東海,JR北海道,北海 道電力,野村総研,日本IBM,GMOペイメントゲートウェイ,Beijing Xiaomi Technology,NTTコミュニケーションズ,VMwareK.K.,総務省,国交省,旭川 市役所,札幌市役所 他 博士課程修了生 北海道大学,東京大学,京都大学,北海道科学大学,北海道情報大学,北海道 教育大学,神奈川大学,日本工業大学,茨城大学,東京高専,産業技術総合研 究所,理化学研究所,日立製作所,日立ソリューションズ,ソニー株式会社, 東 京エレクトロン,ノーステクノロジー,Lip Inc., 調和技研 他 大手企業への就職、大学研究者、企業研究者、ベンチャー起業など OBの交流が盛んで、いろいろな場面で先輩がサポートしてくれます
  • 37. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 在学生からのメッセージ(1/5) 37 博士3年 平間友大 近年問題となっているクロマグロの乱獲に注目し、海中を 魚群探知機で観測してマグロがいるかを推定する研究に取 り組んでいます。自分の研究が産業・社会の役に立つのは 大きなモチベーションで、やりがいがあります。 博士3年 神戸瑞樹 服の印象をAIに推定させる研究を行っています。AIがどのよ うな服を「かわいい」と判断したかなどを見ていると、 ファッションに詳しくなくても分かった気になれます。 博士3年 吉田拓海 競輪の予想記事の自動生成に関する研究をしています。最 近は的中車券の予測に取り組み、予測精度の向上を目指し ています。モデル設計や特徴量選択を工夫して良い精度が 出た時の嬉しさは格別です。 博士1年 西浦翼 バス車内に取り付けたカメラの動画から、どの程度混んで いるか、どこで乗った人がどこで降りたか、その人の性別 や年齢は、といった情報を推定するバス車内モニタリング システムの開発を行っています。話しやすい人がいいです。
  • 38. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 在学生からのメッセージ(2/5) 38 博士1年 大江弘峻 灯油配送計画を最適化する研究を行っています。共同研究 ベースで、実問題への応用が前提となっているため、自分 の研究が社会の役に立つという実感が得られやすく、やり がいがあります。 博士1年 森雄斗 自動走行可能なロボット歩行器の研究をしています。介護 のスタッフ不足を改善することを目標に取り組んでいます。 実際に動作するものを開発することに楽しさを感じます。 修士2年 三浦颯太 灯油タンクの残量計測に使用するセンサの異常検知を行っ ています。センサの計測値は時系列データとなっているた め非時系列データとは異なったアプローチが求められます。 最終的にはセンサの計測値から灯油タンク内の残量推定を 行い、灯油配送業務の効率化を目指します。 修士2年 劉兆邦 時系列予測を基づいて灯油残量推定をしています。現在、 灯油配送はセンサの記録と配送員の経験で配送しています。 灯油残量推定は配送を効率化するためです。同時に配送員 の負担を軽くします。
  • 39. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 在学生からのメッセージ(3/5) 39 修士2年 赤坂駿斗 戦略的な未来予測をするというテーマで、競馬のレース展開を予測 する研究を行っています。現在はレース結果を予測するモデルを作 りつつ、展開予測が他の事象に応用できないか考えています。 修士2年 西佑希 RCカーシミュレーションやシフトウェアシミュレーション環境上で の自動運転の研究をしています。交差点での右折時や低速走行車の 追い越しといった場面で譲り合いをすることで交通流量を増加させ ることを目指しています。 修士2年 平田航大 人工知能を使って俳句を生成する研究をしています。現在は俳句の 質をどう機械的に評価するかについて研究していて、主観的な評価 をどう機械的に置き換えるかが難しいところです。 修士2年 右田幹 ファッションに深層学習を適用させた研究を行っています。人の全 身画像から衣服を抽出し、それから得られる印象を推定し、推定結 果をもとに衣服の推薦を行う機能を搭載したシステムを開発してい ます。また、推薦する基準を見直すことで、よりユーザーが着用し たくなる衣服を薦められる方法を模索しているところです。学部の 頃にファッションに興味をもったことがきっかけで現在の研究分野 に取り組むことになったため、楽しみながら研究を進められていま す。
  • 40. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 在学生からのメッセージ(4/5) 40 修士2年 鐘支俊 深層学習を用いた人物属性推定と姿勢推定に関する研究を行ってい ます。調和系では人工知能技術の応用について企業の方々との共同 研究が多く、学校で学んだ知識を活用し、社会に役に立つ研究がで きるので、とてもやりがいがあります。 修士1年 大倉博貴 路面画像を使うことによって、ロードヒーティングの効率を高める ことを目標に、路面の積雪画像から積雪割合を求める研究を行って います。困ったときは優しい先輩方にサポートしていただけるので、 積極的に取り組むことができます。 修士1年 清水雅之 深層強化学習を用いた自動運転に関する研究を行っています。自動 運転は将来期待されている技術の一つであり、その研究に携われる のはとてもやりがいがあり楽しいです。まだわからないこともたく さんありますが、先輩方や先生方の心強い支えのもと楽しく研究を させてもらっています。 修士1年 千坂知也 従業員の欠勤発生時にどのように代替出勤依頼をしていくか、また どのように勤務シフトを調整するべきかについて研究しています。 代替出勤問題は多くの人に馴染みがあり、身近な問題であるがゆえ にやりがいを感じています。
  • 41. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 在学生からのメッセージ(5/5) 41 修士1年 池田樹生 カメラの最適な配置を導き出すというテーマで研究を行っています。学部は外 部の大学で修士からの入学ですが、先輩や同期にサポートしていただきながら 研究に取り組んでいます。 学部4年 阿部拓真 路線図の自動生成に関連する研究を行っています。利用者のニーズに合わせた 新しい形の路線図を提案できるように、現在先行研究をリサーチ中です。まだ 詳しい内容ははっきり決まっていませんが、面白くて社会に還元できる形の提 案ができるよう、日々精進しています。 学部4年 竹田悠哉 現在はCV系の生成モデルに関する研究を行っています。ファッション画像と それらの印象タグ(「かわいい」など)を用いてモデルを学習し、潜在空間を解 析することで、印象に基づく画像の変化や、検索/推薦システムへの応用を目 指しています。AGIやALife、認知科学にも興味があります。 学部4年 阿部晃平 ファッションアイテムに対する商品説明文の自動生成の研究を行っています。 複数アイテムに対して、相対的な特徴を強調した説明文の生成を目指していま す。分からないことばかりですが、先生方や先輩方のサポートの下で研究に取 り組んでいます。 学部4年 北野勇太 帝国議会での発言内容から、言葉の傾向の変化を見つける研究をしています。 機械は具体的なことしか認識しないので、曖昧な概念を具体化する必要があり そこに難しさを感じています
  • 42. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 本日の内容 調和系工学研究室 配属説明会 42 1. 研究方針の説明:7分 教授 川村 秀憲 2. 研究事例の紹介:10分 准教授 山下 倫央 3. 研究室生活の紹介:6分 助教 横山 想一郎 4. 学生へのコンタクト:3分 博士後期課程1年 西浦翼・大江弘峻 5. 質疑応答:4分
  • 43. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. ゼミは4種類あります 研究ゼミ(全体ゼミ):週1回 研究の進捗報告をするゼミ ディープラーニングゼミ(DLゼミ):週1回 論文をスライドにまとめて紹介するゼミ 2~3ヶ月に1回担当 3年生向けプログラミングゼミ:週1回 研究を進めやすくするための内容を教えるゼミ(学生主体) 小グループゼミ:週1回 関連研究グループの学生のみで行うゼミ(学生主体) ゼミの内容 43 優しい先生方 (教授) 川村先生 (准教授) 山下先生 (助教) 横山先生
  • 44. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. コアタイムはありません 進捗を少しずつ出していけば問題はないです 必ず参加しないといけないのはゼミぐらいです ゼミの時間は毎タームごとに学生と研究スタッフで 予定を調整して決定します 一週間の過ごし方 44 月 火 水 木 金 土 日 朝 9:00~ 休み! 休み! 昼 12:00~ DLゼミ ゼミ 休み! 休み! 夜 17:00~ 休み! 休み! ※ その他のゼミは、参加する学生の予定に合わせて決定 研究室での一週間(2022年2学期)
  • 45. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 自宅からのリモート研究が可能です リモート研究とは? 自宅で論文検索、資料作成 貸与されたPCで研究室サーバへアクセス ゼミはZoomを使ったリモート開催 Slack、chatworkによるコミュニケーション リモート研究 45 Zoomを使ったゼミの様子
  • 46. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 基本的に研究室でのイベントはないです 先輩や先生に相談は可能です 自分で行きたいところを探してもらいます 就活やインターンが優先です 共同研究の内容が面接で評価されています 有名企業に多数就職 AWS, VMWare, P&G, NTTコミュニケーションズ など 就活・インターン 46
  • 47. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究室のお金で国内・海外の学会発表に行けます 今のCOVID-19の影響でオンライン開催が多いですが… 研究成果を出して旅行気分を味わえます 就活でも学会発表経験は役に立ちます 学会への参加状況 47 ポスター発表@別府 英語発表@ハノイ 学会での受賞
  • 48. Copyright © 2020 調和系工学研究室 - 北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野 – All rights reserved. 研究室の雰囲気など、どんな質問でも大丈夫です 去年の質問例 Q. 現状の知識や技術があまり無いまま配属になっても、ついていける のでしょうか。 A. 技術については、”3年生向けプログラミングゼミ”などで 先輩からのサポートもあるので問題ありません。 口頭での質問に抵抗がある方はこちらからどうぞ https://forms.gle/ggKcTNtMDmgfV9a19 質問など 48