堤川由縁桜花

630 views

Published on

父の遺作です。

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
630
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

堤川由縁桜花

  1. 1. 堤 つ つ み 川 が わ 由 縁 ゆ か り の 桜 花 さ く ら ば な 一 幕 津 軽 ス タ ン ダ プ コ メ デ の た め の 習 作 台 本 ・ 篠 﨑 淳 之 介 と き 現 代 と こ ろ 青 森 市 堤 川 界 隈 ひ と 戦 国 時 代 の 武 将 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 の 霊 か と 思 わ れ る 落 ち 武 者 の 男 天 の 声 二 人 の 男 は 落 語 ・ 講 談 の よ う に 演 者 の 振 り 分 け に よ て 演 じ ら れ る 舞 台 暗 い 川 の 流 れ の 音 が 聞 こ え る 闇 そ の 闇 の 中 か ら お ど ろ お ど ろ し い 音 が 聞 こ え た か と 思 た ら 実 に 陽 気 な 踊 り 出 し た く な る よ う な 音 楽 が 響 い て き た 闇 の 中 に ポ と 浮 か び 出 る よ う に 戦 国 の 落 武 者 の よ う だ 老 い て 無 精
  2. 2. 1 ひ げ を は や し じ つ に 冴 え な い 風 体 の 男 で 物 乞 い か と 見 紛 う ば か り だ が 眼 光 鋭 く 不 思 議 な 威 厳 を た た え て い る 津 軽 為 信 に 滅 ぼ さ れ た 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 の よ う に 思 わ れ る が 本 人 に は そ ん な 自 覚 な ど 無 い よ う で エ ヘ ラ エ ヘ ラ と 笑 て い る よ う に も 見 え そ れ で い て 底 深 い 恨 み と 怒 り を 含 ん だ 容 貌 に も 見 え る と ら え ど こ ろ が な い 声 を 発 し た 弾 正 此 処 に 彷 徨 い 出 で た る は 津 軽 外 が 浜 横 内 城 が 城 主 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 に て 候 分 が べ が な 再 び 此 処 に 彷 徨 い 出 で た る は 外 が 浜 横 内 城 が 城 主 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 に て 候 分 が べ が な 三 度 び 此 処 に 彷 徨 い 出 で た る は 外 が 浜 横 内 城 が 城 主 堤 正 左 衛 門 光 康 に 御 座 り ま す じ 明 る く な る と 満 開 の 桜 の 下 落 ち 武 者 が 突 立 て い る 弾 正 い ら い ら し て い る 分 が た べ が な 皆 様 や 外 が 浜 横 内 城 城 主 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 で ご い す じ く ど い け ど も や 此 処 に 彷 徨 い 出 で た る は 外 が 浜 横 内 城 が 城 主 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 間 違 い 御 座 り へ ん 貴 方 疑 て れ ば 碌 た ご と に な ら 無 ど ! 油 川 の 奥 瀬 善 九 郎 は よ 津 軽 為 信 が 浪 岡 街 道 ば 上 て 攻 め で 来 る て 聞 い だ き あ わ く て 腰 抜 か し タ ナ ガ レ デ 逃 げ で し ま た し た が
  3. 3. 2 私 わ だ ぐ し は そ ご さ い け ば 何 ぼ が 増 し だ 何 よ り も だ 為 信 ど 戦 た し 城 ば 捨 て で で も 戦 て 鉄 砲 で も て あ の 憎 た ら し い 為 信 ば 狙 た ま 当 ら な く て 残 念 で あ た ば て な お ま げ に よ 福 士 の 兄 弟 に 鉄 砲 で 討 だ れ で 殺 さ れ だ の は ま こ と に 残 念 無 念 あ た け れ ど も よ 何 ぼ バ カ ク サ ク テ モ だ な 何 ? 何 だ が さ よ 声 コ す る な 天 の 声 こ れ こ れ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 誰 だ ば 吾 ば 呼 ば る の は よ 天 の 声 天 の 声 だ 弾 正 は ? 天 の 声 た が ほ う 天 の 声 に も オ ガ シ ケ だ 声 も あ る も ん だ 天 の 声 あ 何 た が ? 弾 正 天 の 声 に も オ ガ シ ケ だ 声 も あ る も ん だ て 天 の 声 何 た が ! 汝 な 天 の 声 ば ア ジ ク ル 気 だ な ! タ フ ラ ン ケ こ の 天 を 恐 れ ぬ そ の 言 い 分 後 で 懲 り 見 で も 知 ら ネ ド ! 弾 正 へ ! 懲 り 見 で も 見 な く て も 世 の 中 そ う は 変 わ ら ね も ん だ そ ん で ね え が お 前 も 天 の 声 様 だ ば よ そ の 辺 良 く 分 が て る ん で な い の か い な 天 の 声 様 よ 天 の 声 ま ま ま あ な し た が よ 一 寸 伺 う け ど も な 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 汝 が 死 ん で か ら よ 何 や て き た ん だ ば そ う し た 恰 好 で よ ア マ シ 良 い 暮 ら し ぶ り と は 見 え ね え が よ 弾 正 死 ん で か ら ど う う や て 暮 ら そ う が 吾 の 勝 手 だ べ 死 人 に 口 無 し だ 天 の 声 ま あ ま あ そ う エ ヘ ネ で 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 や 弾 正 サ シ ネ ツ ! い ち い ち そ う フ ル ネ ム で 呼 ぶ な !
  4. 4. 3 天 の 声 何 そ う 怒 て る の や も と 穏 や か に 喋 た ら ど う だ の や 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ フ ル ネ ム で 呼 ば て る の だ て お 前 ば 尊 敬 し て る は で だ で ば な 弾 正 尊 敬 た が ? 天 の 声 あ い で ば な そ う で ね え が 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 へ ! 人 さ ナ ヘ し て 汝 本 当 に 天 の 声 だ な ! 天 の 声 ナ ヘ し て と は 何 だ ! ナ ヘ し て と は ! 汝 さ ナ ヘ し て 天 の 声 さ 何 の 得 あ る ば し て ハ ン ケ ヤ こ の ! 事 実 ば 喋 て い る の だ そ う で ね え が し て 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 事 実 ? 天 の 声 あ あ せ 事 実 よ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ お 前 は だ な 思 い 出 せ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ お 前 は 荒 川 の 筒 井 さ 土 手 ば 築 い て 牛 館 の 赤 川 ど 妙 見 の 合 子 沢 川 さ ら に だ 横 内 川 ば 合 わ せ で そ の 上 さ ら に 駒 込 川 ば も 合 わ せ で だ な 堤 川 ず も の に し た し か も そ れ さ 橋 八 つ も 架 け で 便 利 を 図 て や た の に だ 今 の 青 森 市 民 ず も の は だ そ の お 前 の 恩 も 忘 れ で し ま て だ お 前 の 名 前 コ も 思 い 出 さ 無 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 真 に 無 礼 だ ど お 前 思 わ ね え の が ! 弾 正 別 に ど う で も 良 い で ば そ う し た ご と は よ 吾 が や ら な く て も 誰 か が や た べ そ う い う だ な 選 挙 の 時 の 政 治 家 だ け ん た ご と 喋 る な ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 の 名 が 泣 ぐ じ ! 天 の 声 馬 鹿 臭 ぐ 無 い の が お 前 は ! 弾 正 別 に そ う し た ご と は だ 歴 史 家 が 書 き 残 し て お け ば 良 い ご と で 青 森 市 民 が ど ん だ れ こ ん だ れ ず 程 の も の で は な い そ う し た ご と さ カ マ テ ル 暇 は 無 い の だ 今 の 吾 に は
  5. 5. 4 天 の 声 忙 し い て 何 や ら が し て る の だ 今 お 前 は 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 今 が 良 い じ 止 め る じ ど う せ お 前 の ご と だ 天 の 声 よ 笑 い だ す べ お 前 だ ば よ 天 の 声 い や い や 笑 わ な い 笑 わ な い 笑 わ な い が ら 喋 て み ろ 弾 正 い や 笑 う 笑 う 笑 う 笑 わ な い わ け が 無 い 天 の 声 笑 わ ね て ば 笑 わ ね え ! 約 束 す る ! さ あ 言 え 死 ん で か ら お 前 は 何 を し て る の だ 弾 正 背 後 霊 天 の 声 は ? 何 た が ? も う 一 回 何 し て る て ? 弾 正 大 音 声 で 背 後 霊 ! 天 の 声 背 後 霊 て あ の 背 後 霊 が ? 弾 正 背 後 霊 に あ の も そ の も 無 い べ 背 後 霊 た ら 背 後 霊 だ ! 天 の 声 間 違 い な く 背 後 霊 が 弾 正 間 違 い な く 背 後 霊 天 の 声 笑 い 出 す 豪 快 に 笑 う お 前 が か 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 が 背 後 霊 や て る 大 い に 笑 う 弾 正 キ ン カ 違 反 だ ! 天 の 声 い や 許 せ 許 せ 笑 う つ も り は 無 か た た だ あ の 勇 猛 且 つ 賢 明 な る 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 が ま さ か に 背 後 霊 と は 余 り に も 意 外 し て 何 で ま た 背 後 霊 な ど に な た お 前 が ひ と し て 望 ん だ か ? 弾 正 望 ん だ わ け で は 無 い 乞 わ れ た の だ ま さ か に あ い つ に 頼 ま れ る と は 思 わ な ん だ
  6. 6. 5 天 の 声 誰 に 頼 ま れ た 弾 正 誰 だ と 思 う 天 の 声 誰 だ 思 わ せ ぶ り こ い で こ の ! 弾 正 福 士 の 兄 だ 天 の 声 福 士 あ の お 前 を 鉄 砲 で 殺 し た あ の 福 士 が ! 弾 正 あ ゝ そ の 福 士 だ あ れ の 子 孫 が 哀 れ だ が ら な ん と か も て 勇 猛 か つ 賢 明 な る 貴 方 様 に お 願 い し た い な ん と か 頼 む て 手 付 い て 頼 ま れ れ ば よ 吾 も 生 ぎ で る 頃 は 横 内 城 主 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 引 き 受 け ね 訳 に は い か な い 天 の 声 哀 れ た て 世 の 中 哀 れ だ の は 山 ほ ど に も い る べ 何 も 仇 の 子 孫 の 背 後 霊 さ 就 職 し な く て も 良 が べ ね な 物 好 き だ 奴 だ 弾 正 い や 吾 も 初 め は そ う 思 て 断 る 気 な た の だ し た が 福 士 の 兄 の 話 聞 け ば 聞 く ほ ど 哀 れ に な て よ つ い ウ ン て し て し ま た の だ 天 の 声 ハ ン ケ や 子 孫 が 哀 れ だ の だ ば よ 福 士 の 兄 が 手 前 で な れ ば 良 い ん で ね が 弾 正 い や あ れ は 卑 怯 使 て 吾 を 後 ろ が ら 撃 た あ ん だ も 覚 え で い る べ そ う し た 奴 は 背 後 霊 に は な れ ね 先 祖 ど し て は 背 後 霊 に な て 守 て や り た い べ け れ ど も そ れ が 出 来 な い 子 孫 に 劣 ら ぬ 哀 れ だ 奴 だ の だ 天 の 声 先 祖 が 哀 れ だ だ ば 子 孫 も 哀 れ に な る と は 限 ら ぬ ぞ パ セ ン テ ジ が ら い げ ば よ 弾 正 ど ん で も 良 い け ど よ お 前 も ま だ 随 分 横 文 字 使 う 天 の 声 だ な も し か し て 耶 蘇 が 切 支 丹 の 天 の 声 が
  7. 7. 6 天 の 声 ホ ン ジ な し こ の ! 天 の 声 だ ぞ 一 党 一 派 に 偏 シ れ ば マ イ ネ の だ ! 弾 正 失 礼 ば 致 し た 堪 忍 カ ニ 天 の 声 し て そ の 福 士 の 子 孫 は ど の よ う に 哀 れ だ の だ 弾 正 お 前 天 の 声 よ お 前 だ け ん た 苦 労 知 ら ず に は 説 明 し て も 分 が ら ね べ 天 の 声 馬 鹿 に す る な こ う 見 え で も 天 の 声 だ 弾 正 お 聞 き 致 し ま す が ど う す れ ば 声 が 見 え る の で 御 座 る か な ! 天 の 声 は そ う で あ た な 失 礼 ば し た 弾 正 ど ん で も 良 い け ど も よ 失 礼 だ ば す れ ば マ イ ネ ぞ 天 の 声 天 の 声 だ け ん た ご と 喋 る な ! し て 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ そ の 福 士 の 子 孫 づ の は ど う し た 按 配 だ の だ ? 弾 正 福 士 の 子 孫 だ と 言 た が 詳 し く は 福 士 の 子 孫 の 遠 い オ ヤ グ マ ギ の 親 友 だ そ う だ 天 の 声 は よ ぐ そ う し た カ チ ク チ 無 も の さ 構 て る な よ ぽ ど 暇 だ な お 前 も よ 弾 正 お 前 本 当 に 天 の 声 だ の な 近 頃 下 界 で は よ お れ お れ 詐 欺 ず も の が は や て る そ う だ が 怪 し い ぞ お 前 天 の 声 の 振 り し て る 天 の 声 詐 欺 だ ん で ね え な 天 の 声 吾 ば 疑 う と は 天 を 恐 れ ぬ 振 る 舞 い た だ で は お か ね ぞ ! 弾 正 い や い や 許 し て 下 さ り へ じ 言 い 過 ぎ た た だ よ 吾 は 何 も 暇 で 背 後 霊 や て い る の で は な い の だ 義 を 見 て せ ざ る は 勇 な き 也 で ご ざ る で ば な そ ん で へ ん べ が 天 の 声 様 や 天 の 声 そ れ だ ば そ ん だ し て お 前 が 背 後 霊 に な る 覚 悟 を し た の は
  8. 8. 7 ど う し た 義 ば 見 だ の や 弾 正 天 の 声 様 や あ な だ は 日 雇 い 派 遣 づ も の 覚 え で ら が ? 天 の 声 何 だ ば そ の 日 雇 い ハ ン ケ づ も の は よ 弾 正 ハ ン ケ で 無 ね ハ ン ケ ヤ こ の ハ ケ ン だ 派 遣 天 の 声 似 だ も ん だ べ ね ハ ン ケ ど ハ ケ ン 一 文 字 入 れ 替 わ た ば し だ べ ! 弾 正 怒 り 物 凄 く こ ら 天 の 声 や ! 派 遣 ば 馬 鹿 に す る の が お 前 ! 祟 る ど ! 天 の 声 い い や い や な な 何 も 何 も 怒 る な 怒 る な し て そ の そ も 派 遣 と は 何 ぞ や 弾 正 読 ん で 字 の 通 り ど ご が さ 行 が さ れ で 仕 事 す る ご と よ 天 の 声 誰 で も ど ご が さ 行 て 仕 事 す る の は 当 た り 前 だ べ 何 し て そ れ が 問 題 だ の よ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 が 義 を 見 て せ ざ る は 勇 な き 也 ず 程 の 問 題 だ の な 弾 正 派 遣 も 問 題 だ が そ れ さ 日 雇 い ズ 字 が 二 文 字 付 い た だ げ で こ れ が 大 問 題 だ の だ 会 社 に 利 用 さ れ で タ ン ダ デ 無 い ご と に な る 天 の 声 時 々 お 前 は 訳 分 か ら 無 ご と 喋 る な 何 だ ば そ の か か か い か い し と か 何 と か づ も の は よ 何 か 始 め る の が 弾 正 天 の 声 ず も の は も う 少 し 賢 し い も の だ ど 思 た が 意 外 と ホ ン ジ 無 い な 会 社 も 知 ら ネ の で 御 座 る か 天 の 声 そ う し た ら だ 下 々 の 事 は だ な 関 わ ら ぬ 事 に し て る の だ 知 ら ね の で は な い 知 る 努 力 ば さ ね だ げ の 話 だ 弾 正 同 じ 事 た だ 難 し く 喋 て る ば し の ご と で 御 座 る ん で ね の が 天 の 声 し て 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ そ の か い 会 社 と か 申 す も の は
  9. 9. 8 何 だ 弾 正 吾 も 良 く は 知 ら ぬ が 吾 が 死 ん で が ら 三 〇 〇 年 ば り 後 に 出 来 た 世 の 中 の 仕 組 み で よ 何 人 が の 銭 コ ば 集 め て さ ら に 銭 コ ば 増 や す 仕 組 み で 銭 持 て る 奴 に は よ 良 ぐ 出 来 た 仕 組 み だ え ん た な 天 の 声 銭 コ 儲 け る 仕 組 み だ ば 皆 々 銭 コ 欲 し く な い 奴 は 居 な い が ら 皆 々 喜 ん で る べ 人 間 も ど う し て ど う し て そ う 馬 鹿 に し た も ん で も ね な 弾 正 お 前 様 は 何 処 ま で ア マ ク セ ん だ ば 世 の 中 皆 々 銭 コ 持 て る 奴 ば り だ と は 限 ら ね べ そ う で は 御 座 り へ ん が 銭 コ 無 が ら 皆 あ く せ く 稼 い で る ん だ で ば な お 前 本 当 に 天 の 声 だ ん だ が フ リ し て る 贋 者 だ ん で 御 座 り へ ん が ? 天 の 声 へ ば よ 金 持 ち ば り 金 儲 け る 仕 組 み だ の な ! 不 届 き も の ! 貧 乏 人 は ど う な る の よ ! 弾 正 そ ご だ ! 義 を 見 て せ ざ る は 勇 な き 也 で す べ 天 の 声 様 や 吾 が ア ヘ ズ ガ シ グ 背 後 霊 や て け で る 若 い 者 も 働 け ど 働 け ど わ が 暮 ら し 楽 に な ら ざ り で よ む た ど よ じ と 手 ば し 見 で る 若 者 で な 背 後 霊 に な て よ 守 て や り た ぐ な る よ ん た 若 者 だ の だ ! こ れ が 見 捨 て て お か れ よ か ! 怒 る 天 の 声 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 怒 る な 怒 る な ど ん だ 機 嫌 コ 直 し て お 前 の や て る 背 後 霊 の い き さ つ な ど 語 て 知 か へ ね な な ど ん だ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 そ ご ま で 喋 ら れ れ ば よ 吾 も ま た 語 ら 無 わ け で も ね え し た が よ 天 の 声 様 よ そ も そ も だ な お 前 様 は よ 日 雇 い 派 遣 づ も の が ど う し た も の だ が 覚 え で る ん で す な ?
  10. 10. 9 天 の 声 そ う ア ジ ク ル も ん で は な い ぞ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 日 雇 い が 派 遣 さ れ る ん だ べ や 弾 正 ホ ン ジ 内 閣 総 理 大 臣 や そ れ だ ば お 前 民 主 党 だ の 自 民 党 の 失 言 大 臣 も 務 ま ら ね え な そ う し た ふ う だ ば よ あ ゝ マ イ ネ な こ の ふ う だ ば よ 天 の 声 が こ う し た 不 様 だ は で 世 の 中 お が し ぐ な る の も 道 理 だ て 世 も 末 だ な こ れ だ ば は 天 の 声 こ ら こ ら 勝 手 に 世 の 中 終 わ り に す る な ! そ う エ ヘ ネ デ 理 こ と わ り ば 話 し た ら ど う だ の よ お 前 も 短 気 だ な よ ぐ そ れ で 背 後 霊 務 ま て る な 人 間 ず も の は そ ら ほ ど 度 量 の 広 い 生 き 物 で あ た が な 弾 正 さ し ね じ ! も う 良 い じ よ 天 の 声 だ な ん て ホ ン ジ 無 し さ は 構 て い ら れ ね 事 は 緊 急 を 要 す る の だ 今 吾 が 全 身 全 霊 を も て 護 ら ね ば あ の 女 童 子 ど う な る が 分 が ら 無 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 今 こ そ 背 後 霊 の 全 力 ば も て あ れ ご と 支 え ね ば な ら ぬ 時 だ 天 の 声 へ 何 だ ば 先 刻 が ら 真 面 目 に 相 手 し て 損 し た じ お 前 女 子 三 昧 ( お な ご じ ん め )し て ら の な 弾 正 何 た が ! ア ジ ク ル 気 だ な ! 天 の 声 ほ ん だ べ せ ! 汝 が 全 身 全 霊 で 護 る 気 に な て る の は 女 子 だ ん だ べ へ 背 後 霊 に な て ま で お 前 は 女 子 さ シ ジ ガ テ る の が 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 も 落 じ だ も ん だ 弾 正 何 を ほ ざ く が ! 就 職 し た 背 後 霊 が た ま た ま 女 子 だ た ず だ げ の 話 だ 天 の 声 へ 良 い 振 り こ い で も マ イ ネ 天 の 声 は お 見 通 し だ の だ
  11. 11. 10 弾 正 よ く 聞 け 吾 れ が 全 身 全 霊 で 護 る 気 に な て い る 女 子 の 話 ば よ 天 の 声 よ と く ど 語 て 聞 か せ る が ら 耳 の 孔 カ ポ ジ テ 承 れ ! コ ナ ク ソ ! 天 の 声 ほ お 前 土 佐 弁 も 使 る の な 弾 正 へ 後 が ら 来 た 土 佐 の 坂 本 龍 馬 ズ 者 が ら 聞 い で よ あ れ 刺 客 に や ら れ だ 時 に 相 手 が よ 土 佐 弁 で コ ナ ク ソ て 喋 た そ う だ や い 誤 魔 化 す な ! そ う し た ご と ど ん で も 良 い 日 雇 い 派 遣 の 哀 れ だ 女 子 の 話 聞 き て ん で ね え の な ! 天 の 声 へ ! ど う せ 聞 く の だ ば 哀 れ で 無 く 幸 せ だ 女 子 の 話 聞 き て も の だ て 弾 正 そ れ は 吾 も 等 じ だ し た が 背 後 霊 ば 担 当 し た 女 子 が よ た ま た ま 吾 の 嬶 の 若 い 時 ど 良 く 似 た 面 ざ し の 娘 で 御 座 た の せ 為 信 の 城 攻 め に あ た 時 暴 虐 だ 為 信 は 己 の 義 理 の 妹 に 当 る 吾 が 嬶 の ご と に は 思 い も 寄 せ ず し に む に 城 攻 め ば 仕 掛 け だ あ れ は 吾 が 逃 げ ろ 落 ち 延 び よ と 命 じ た の に 戦 さ に 巻 き 込 ま れ 無 残 に も 命 落 と し た 哀 れ で あ た あ れ ご と 悼 む が 如 く に も 吾 共 死 ん で が ら 川 岸 さ 桜 咲 い で 春 来 る 度 に 見 事 な 花 ば 咲 が せ 命 落 と し た あ れ の 無 念 ば 思 い 出 さ せ だ 花 見 る 度 に 吾 は 嬶 ば 思 い 出 し 面 ざ し の 似 だ そ の 女 子 の 哀 れ だ 話 ば 聞 い だ 天 の 声 そ う が そ う が し て 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ ど う 哀 れ だ の だ 弾 正 は ら は ら と 思 わ ず 落 涙 し た 哀 れ で 哀 れ で ど う す も な ら ね 天 の 声 背 後 霊 の お 前 が 泣 い で ど う す る の よ 語 れ な 泣 か な い
  12. 12. 11 で 語 れ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 う ん 聞 い で 呉 る な へ ば 語 る が 天 の 声 う ん う ん う ん お 前 も 歳 と た な 涙 も ろ ぐ な て ま て ほ ろ 弾 正 さ し ね つ ! 黙 て 聞 げ ! そ も そ も 事 の 始 ま り は 今 を 去 る ご と 三 年 前 福 士 さ 会 た 時 だ あ れ が 言 う う に は 福 士 の 子 孫 の 遠 い オ ヤ グ マ ギ の 親 友 が 福 士 の 子 孫 さ グ ダ メ イ だ そ う だ お ら の 彼 女 が か わ い そ う だ 日 雇 い 派 遣 や て る ば て ま ん ず ハ ア た ん だ で ね え 毎 日 こ れ だ ば 私 殺 さ れ る 会 社 に か て 殺 さ れ る 辞 め た い け れ ど も 他 の 仕 事 で 雇 て ク レ ネ エ バ イ ト だ ば あ る ば て そ れ だ ば 暮 ら さ れ ね こ の ま ま だ ば 結 婚 も で ぎ ね え こ う し た ど ご が ら 抜 け 出 し て え ば て ど う へ ば 良 い が 分 が ら 無 こ の 世 に 神 も 仏 も 無 ん だ べ が お ら 生 き で い き た ぐ ね え て よ 吾 は そ う 急 い で こ の 世 さ 来 る も ん で ね ど 思 て 早 速 姐 コ さ 会 て 慰 め で 呉 だ 姐 コ や 姐 コ や そ う す も ん で 無 神 も 居 れ ば 仏 も い る た ん だ 今 は あ ち こ ち わ や く そ で よ 神 も 仏 も あ ち 走 け だ り こ ち か ま た り ま 難 し く 喋 れ ば 東 奔 西 走 ね ま て お 茶 コ 一 杯 飲 む 暇 も な い 姐 コ 怒 鳴 た そ う し た ご と そ ち の 勝 手 だ べ さ ! や て ば さ て 走 け で く る の が 神 様 ・ 仏 様 の 役 目 だ べ さ 助 け で 呉 ろ て 願 て が ら 三 年 た て の そ の そ ど 寄 て 来 た て 何 ち も 効 が ね え 政 府 の バ ラ マ ギ だ け ん た も ん だ く ど い け ど も や て ば さ こ れ が 神 や 仏 の 役 目 だ べ さ も た も た ど し て る の だ ば ど ご だ が の 内 閣 だ け ん た も ん だ そ う し た も の だ ば 要 ら ね ま あ ま あ
  13. 13. 12 そ う し て も マ イ ネ ね 姐 コ や 折 角 吾 ア こ う し て お 前 の 背 後 霊 ず も の に な て お 前 ば 護 て や る が な ど 思 て や て 来 た ん だ な こ う し て 仏 が や て 来 た ん だ い る べ せ 神 も 仏 も 吾 が 何 よ り の 倉 庫 い や 証 拠 だ は 歳 だ な 証 拠 ど 倉 庫 ば 間 違 う ん た ば よ 姐 コ 黙 た 黙 て る は で 言 い 聞 か せ て や た な こ れ が ら は 吾 が お 前 様 ば 護 る そ れ が 背 後 霊 に な た 吾 の 役 目 だ な 安 心 し て こ れ が ら は 思 た と お り 何 で も 遣 れ ば 良 い し た が そ れ が ら が わ や く そ で あ た 何 さ つ い だ 背 後 霊 だ も ん だ が 訳 分 か ら ね ご と に な て し ま た こ の 世 の 中 背 後 霊 で も 時 に た だ な ら ぬ こ と に な て い る の だ 時 に た だ な ら ぬ 雷 鳴 刺 す 様 な 稲 妻 ま た や や あ て 雷 鳴 と 稲 妻 き り り と 構 え た 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 天 の 声 お 天 の 大 神 様 の お 出 ま し の よ う だ 毎 度 た だ で な い こ と あ る と 聞 け ば お 出 ま し に な る 弾 正 お 出 ま し に な て 何 す る の で 御 座 る ば 天 の 声 何 を な さ る と い う こ と は な い お 出 ま し に な る こ と に よ て た だ で な い 事 が 起 き で い る と い う こ と ば 諸 々 の 者 に 報 か へ る の だ 弾 正 そ う し た ご と は 別 に わ ざ わ ざ 報 か へ で 貰 う ま で も 無 じ た だ で な い 目 に 会 て る の は だ 天 の 神 様 で は 御 座 ら ね じ 背 後 霊 や て る 相 手 の 女 子 ミ ツ 子 だ 横 内 ミ ツ 子 だ 天 の 声 ほ ! 女 子 の 名 前 コ 横 内 ミ ツ 子 さ ん だ の な し て ミ ツ 子 さ ん て す 姐 子 は 美 人 だ な ?
  14. 14. 13 弾 正 助 べ え コ ノ ! 女 子 と 聞 け ば 美 人 だ が 美 人 で ね が そ れ し か 興 味 ね の な 天 の 声 ず も の は ロ ク タ も ん で ね な 良 い じ 消 え ろ ! ぐ ぐ ど 消 え ろ て ば 消 え ろ ! 消 え ろ ! 天 の 声 堪 忍 堪 忍 ま そ う 怒 る な 怒 る な た だ 一 寸 聞 い で 見 だ だ げ だ 弾 正 へ ! た だ 一 寸 だ ? た だ 一 寸 聞 い で 援 助 交 際 で も し て 貰 う 気 が て ら べ ! 天 の 声 馬 鹿 ケ ! 天 の 声 が ど う や て 援 助 交 際 す る の や ! 天 の 声 だ 天 の 声 だ ぞ ! 声 許 り で ど う や て 援 助 交 際 す る の や 頭 こ う べ 冷 や し て よ ぐ 考 え で 見 ろ ! 弾 正 ほ ら な 本 心 は 援 助 交 際 し た い の だ べ 声 ば り で な ぐ 実 体 が あ れ ば よ ! 天 の 声 へ お 前 だ て 霊 魂 で な ぐ 実 体 が あ れ ば そ う し た い ん で な い の が ! 弾 正 本 気 で フ タ ラ グ ド コ ノ ! そ う し た 生 臭 い 心 で 背 後 霊 や て る 奴 は 一 人 も 居 ね ! 天 の 声 ま ま あ そ う 怒 る な 冗 談 だ 冗 談 冗 談 だ て ば 冗 談 ! 冗 談 ! 機 嫌 直 し て な 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 堪 忍 へ じ 堪 忍 し て そ の た ん だ で な い 姐 コ の 話 報 か へ ろ じ 弾 正 良 い じ も う よ 天 の 声 堪 忍 へ て ば よ な 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 様 よ な 弾 正 左 衛 門 光 康 様 て ば よ 堪 忍 ! 弾 正 語 る が へ ば よ 吾 が 始 め て 会 た 時 ミ ツ 子 は よ 三 十 五 歳 で よ 吾 が 計 算 し て み だ き よ 一 九 七 六 年 生 ま れ だ 吾 が 為
  15. 15. 14 信 の 戦 さ に 負 け で く た ば た の は だ の は よ 一 五 八 五 年 だ が ら 実 に よ 三 九 〇 年 の 余 も 後 に 生 ま れ だ 姐 子 だ メ ゴ ク テ よ 初 め は よ ぽ ち ち ぽ ち と し て よ ま あ 本 当 に 恨 み の ん で 死 ん だ 吾 が 嬶 の 若 い 時 に よ 実 に 良 ぐ 似 で い だ の だ そ の 年 は よ 第 二 次 ベ ビ ブ ム だ が ず 年 の 後 で よ 高 校 も 大 学 も よ タ ン ダ で な い 競 争 で あ た 吾 必 死 に 護 た 特 に だ 英 語 だ が ず も の は よ 難 し い ず も ん で は な い あ あ し た も の は 理 解 の 外 の 外 れ コ で よ 第 一 よ ア イ ア ム ・ ア ・ ガ ル だ が ず の は よ 日 本 語 で は お ら は 一 人 の 女 ゴ ワ ラ シ で 御 座 る て 喋 る の だ ど ご に 普 段 よ 人 さ 会 て だ な 相 手 さ よ お ら は 一 人 の 女 ゴ ワ ラ シ で 御 座 る て 喋 る 馬 鹿 い る も ん だ な 見 れ ば 女 子 だ が 男 だ が 判 る べ ね な わ ざ わ ざ そ れ ば お ら は 一 人 の 女 ゴ ワ ラ シ で 御 座 る て 喋 る え ん た 言 葉 何 し て 習 う の や て 聞 い だ キ ミ ツ 子 曰 く こ れ が ら は こ れ ご と 自 由 自 在 に 喋 れ ね ば マ イ ネ ん だ と 来 た も ん だ ま あ の 世 で は よ 近 頃 男 だ が 女 子 だ が 分 が ら 無 イ パ ダ ス ケ ダ 者 も い る そ う だ が ら よ 仕 方 無 の が も 判 ら ね ば て よ ミ ツ 子 は そ れ ほ ど も 勉 強 出 来 る ず 姐 コ で な い し 家 の 親 父 ず 者 も よ 小 さ い 町 工 場 の 職 工 で あ た が よ そ れ で も よ ミ ツ 子 は よ 高 校 さ は 行 た 吾 も ま あ 背 後 霊 だ が ら 背 後 で だ な 大 い に 応 援 し た し た ば て よ 学 校 の 授 業 料 払 う だ の 何 か に 銭 コ か が る も ん だ ど ご で よ ミ ツ 子 の 親 父 モ ワ イ サ で ね ミ ツ 子 は よ な る べ ぐ よ 親 さ 迷 惑 か げ た ぐ な い て よ コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア ず も の さ ア ル バ イ ト ず も の で 働 ぎ に い た そ う い う 者 は 明 治 ・ 大 正 ・ 昭 和 の 初 め 頃 は 苦 労 し て 学 ぶ 苦 学 生 て し た も ん だ ば て よ ミ ツ 子 は そ の 苦 学 生 ば や て 勉
  16. 16. 15 強 し た 吾 に し て み れ ば 女 子 が そ こ ま で し て 学 問 し な く て も 良 い ど も 思 て 背 後 霊 の 権 利 で よ 何 ぼ が よ 邪 魔 し て 止 め さ せ る が ど も 思 た が ミ ツ 子 あ ん ま し 一 生 懸 命 だ ど ご で た だ た だ 病 い に か が ら ね ば 良 い と そ れ ば り 願 て や た わ れ の 努 力 の 甲 斐 も あ て よ ミ ツ 子 一 生 懸 命 働 い て は 勉 強 し た 成 績 は 良 ぐ な が た が 学 校 も 卒 業 し た よ し た な 今 度 は 条 件 の 良 い 店 で 働 ぐ ぞ て ミ ツ 子 東 京 さ 出 は て 別 だ 店 さ 移 て よ 何 年 も 働 い だ た ん げ た て が ら 店 長 ず も の に な た ほ ミ ツ 子 も 大 し た も ん だ ど 吾 は 思 た し た が よ そ れ が 天 の 声 の 親 分 よ 大 間 違 い で あ た 天 の 声 何 し て よ 店 長 だ ば 大 し た も ん だ べ ね 三 十 五 だ べ そ の ミ ツ 子 ず 姐 コ は よ 大 出 世 だ べ ね な 弾 正 吾 も よ 初 め は そ う 思 た し た が よ あ の 世 は ま こ と に か ち く ち 無 ご と に な て る ん だ で ば よ ミ ツ 子 店 長 に な た ど ご で 祝 い に 何 が 目 出 度 く な る え ん た 思 い さ せ で や る が ど 思 て よ ど う せ あ の 世 の 連 中 に は 吾 の 姿 見 え 無 の だ が ら 新 町 の 宝 石 屋 が ら 何 が こ そ ら ど ガ メ デ 来 て よ ミ ツ 子 の 部 屋 さ こ そ ら ど 置 い で お げ ば ミ ツ 子 び く り 動 転 し て 喜 ぶ べ ど 思 て だ な 天 の 声 馬 鹿 ケ ! そ れ だ ば 泥 棒 だ べ ね ! お 前 背 後 霊 だ の ば 良 い ご と に し て 泥 棒 稼 ぎ も や て る の な ! タ フ ラ ン ケ こ の ! 弾 正 何 も 何 も 例 え ば の 話 だ て し た が よ 話 は こ れ が ら だ ミ ツ 子 店 長 に な た て 初 め は た い し た 喜 ん で い だ ば て よ 話 は 大 嘘 で よ 店 員 は ア ル バ イ ト ず 臨 時 店 員 九 人 ば り で よ お ま げ に 店 長 だ は ん で て 一 日 の 売 上 目 標 何 ぼ 何 ぼ 決 め ら れ だ 銭 コ 迄 い が ね ば い
  17. 17. 16 ぐ ま で 休 み な し 別 に 店 長 だ が ら ズ 割 り 増 し の 銭 コ 貰 え る わ け で な し し た が ら と 言 て 決 ま た 時 間 の 他 に 働 い で も こ れ ま だ 割 り 増 し の 銭 コ 出 無 そ れ ば り で ね 家 さ 帰 て や れ や れ ど 思 て 寝 れ ば 本 部 ず 所 が ら 電 話 ず も の か が て 来 て バ イ ト 出 て 来 ね 直 ぐ 出 は て 来 い て 呼 び 出 さ れ る し た は で 晩 ゲ に な て も そ れ 苦 に な て ゆ く り 寝 ら れ る も ん で な い ミ ツ 子 ワ イ コ エ ジ コ エ ジ こ れ だ ば 死 ん で ま る て む た ど 愚 だ め い で よ 吾 必 死 に な て 背 中 撫 で だ り 肩 凝 り と て や た り ワ イ サ で な ぐ 仕 え で や て よ 僅 か で も よ 疲 れ と れ る よ う に 護 て や た ば て よ 数 え れ ば 一 月 の 残 業 百 時 間 超 え だ 何 た て よ ア ル バ イ ト の 店 員 ば 十 五 人 使 て よ 一 月 に 決 ま た 額 の 売 上 出 さ ね ば な ら ね の だ そ う し た ご と ミ ツ 子 に 出 来 る 訳 も な い 経 験 全 く 無 い 奴 に 出 来 る 訳 も な い ミ ツ 子 力 及 ば ず あ れ よ 働 き 過 ぎ で よ ぶ 倒 れ で ま て よ こ ら ミ ツ 子 し か り へ 吾 が つ い て る ! て 励 ま し た し た が よ そ う し た も の は 何 ち も き か ね 関 の 湯 で よ 過 剰 労 働 だ が ず も の で ぶ 倒 れ で ま た あ ん ま し 只 で な い の で ミ ツ 子 さ お 前 そ う 無 理 さ ね で 医 者 さ 看 て 貰 え て し て あ れ 仕 方 な く 精 神 科 の 医 者 さ 看 で 貰 い に 行 た 欝 病 て 診 断 さ れ だ そ れ で も ミ ツ 子 マ ダ マ ダ て 一 生 懸 命 ケ パ た 辞 め な い で ケ パ て 三 回 目 に ま だ 医 者 さ 行 た し た き 医 者 も 医 者 だ 未 だ 辞 め ね の が ! て 怒 鳴 た 辞 め れ ば 食 え な い 家 賃 も 払 え な ぐ な る 青 森 の 実 家 さ 戻 れ ば 良 い て 吾 は 誘 惑 し て み だ け ど も よ 青 森 さ 戻 れ ば 余 計 仕 事 み つ か ら ね 若 い 姐 コ が ホ ム レ ス や る し か な い そ れ だ ば マ イ ネ ず の で 別 だ 仕 事 探 し た
  18. 18. 17 し た が 世 の 中 も ま だ ワ ヤ ク ソ で あ た は で 就 職 活 動 ず も の や て も よ 残 業 は 十 二 時 過 ぎ 迄 さ せ る は で 女 子 は マ イ ネ て 喋 ら れ で よ や と そ れ で も よ 契 約 社 員 ず も の に な た 善 が た 善 が た て 吾 喜 ん だ ば て や 実 際 に 働 い で み だ き よ 契 約 社 員 ず も の は よ 仕 事 は 正 社 員 ど 等 じ だ の に よ 給 料 が や だ ら に 違 う 安 い や だ ら に 安 い 一 年 働 い で も よ 家 賃 ば 払 え ば 何 ぼ も 残 ら ね よ ん た 給 料 だ 安 く て 安 く て よ お ま げ に よ 帰 り も 遅 い そ れ ば り で な い 飲 み 会 さ 出 は る の も 仕 事 の う ち だ て 喋 ら れ で 何 た か た 出 ね ば な ら な い 出 れ ば 出 だ で ミ ツ 子 ば 酒 の 肴 に し て か ら が て よ 吾 背 後 霊 の 権 利 で よ か ら が た 相 手 の 夢 さ 化 け 物 に な て 出 は て や て よ お こ な が ら せ で や た さ ら に よ 負 げ る な 負 げ る な ミ ツ 子 て 吾 も よ 励 ま し て や た し た ら よ ミ ツ 子 も さ す が だ か ら が た 奴 達 さ よ 文 句 つ け だ 何 よ 同 じ 人 間 だ で ば し ! 文 句 言 わ れ る 筋 だ な ん て 何 も 無 ! 天 の 声 ほ お 前 が 背 後 霊 や て る ど ご で 姐 子 も 強 ぐ な た な そ ん だ 人 は 言 わ れ ぱ な し は 一 番 マ イ ネ 言 わ れ ぱ な し だ ば そ ご が ら ズ ル ズ ル ど 押 さ れ ぱ な し に な て 負 け 犬 に な て し ま る 弾 正 と こ ろ が よ 今 度 は よ ミ ツ 子 の 津 軽 訛 り 可 笑 し い て よ そ れ ま で 笑 い も の に さ れ で 仲 間 外 れ に さ れ で よ も う は ミ ツ 子 参 て し ま て よ 朝 マ に 会 社 さ 出 は れ ば ト イ レ さ 駆 け 込 ん で ゲ て 吐 い で よ そ こ が ら 一 日 始 ま る え ん た 按 配 式 で 腹 も 痛 く な る し よ そ れ が 毎 日 だ ど ご で ま だ 医 者 さ 行 た き 過 敏 性 腸 症 候 群 だ が ず 群 に な て よ さ あ 吾 も ど う す も な ら ね 按 配 式 に な て ま た さ ら に よ 欝 病 だ に パ ニ ク 症 候 群 だ べ 群 だ ら け に な て
  19. 19. 18 ま た 吾 の 励 ま し も も う は 効 か な い あ の 世 は よ ど う な て ま た ん だ ば そ れ で も ミ ツ 子 け ぱ て よ 四 年 半 も 働 い だ そ の 努 力 は た い し た も ん で あ た が 会 社 ズ も の は あ れ 何 だ も ん だ ミ ツ 子 ば 首 に し た さ す が の ミ ツ 子 も ガ ク ラ ど 来 て ま て よ 声 も 出 な ぐ な た し た ば て 働 が ね 訳 に い が ね 派 遣 会 社 ず も の さ 登 録 し て 働 ぎ に 行 た し た き よ あ ち さ 行 げ だ の こ ち さ 行 げ だ の て 派 遣 さ れ で よ お ま げ に よ そ れ が 請 負 だ て ウ ソ こ い で よ 何 ぼ 働 い で も よ 三 月 雇 用 ズ 仕 組 み に な て い で よ ま は わ や く そ だ お ま げ に よ 突 然 よ 派 遣 先 の 業 務 縮 小 で 月 末 で 辞 め で け ろ て 喋 ら れ だ 吾 頭 さ 来 た ミ ツ 子 は 勿 論 頭 さ 来 た こ れ で 頭 さ 来 ね ん だ ば 人 で な い ! 店 の 声 そ ん だ ! 良 く 頭 さ 来 た ! そ れ で 頭 さ 来 ね ん た ば お 前 も 背 後 霊 の 資 格 無 ! 吾 が 代 わ り に 祟 て や る ! 弾 正 そ ん だ べ し た き よ そ の 派 遣 会 社 ず も の は だ な ミ ツ 子 ご と 部 屋 が ら 出 ら れ ね え よ う に し て つ ま り 分 か り や す く 喋 れ ば よ 監 禁 状 態 に し て よ 私 は 辞 め ま す ず 書 類 出 し て サ イ ン し ろ 判 コ つ け ! て 怒 鳴 る 会 社 の 奴 は よ ヤ ク ザ だ け ん た 黒 服 着 て よ 怒 鳴 り に 怒 鳴 り ま く た ミ ツ 子 ま す ま す 頭 さ 来 た ! 使 い 捨 て だ な ん て 私 ば ペ ト ボ ト ル だ ど 思 て る ん で す か ! 派 遣 は ペ ト ボ ト ル で は あ り ま せ ん ! 天 の 声 良 く 喋 た ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ ! さ す が お 前 が 背 後 霊 や て る だ げ の こ と あ る ! 弾 正 ミ ツ 子 は よ あ ん ま り 頭 さ 来 た が ら よ 労 働 基 準 監 督 署 ず ど ご
  20. 20. 19 さ 相 談 に 行 た し た き よ そ の 役 所 何 て 喋 た ど 思 う よ 天 の 声 働 く 奴 の ご と 面 倒 見 る 役 所 だ べ よ 労 働 基 準 監 督 署 ず も の は 何 て 喋 た 勿 論 ミ ツ 子 の 味 方 だ べ よ 弾 正 そ う 思 う べ よ お 前 も よ と こ ろ が だ そ の 役 所 の 役 人 は ほ ざ い た ! 派 遣 だ な ん て そ う し た 不 安 定 だ 働 き 方 し て る 貴 女 が 悪 い 何 寝 言 こ い で る ! 誰 も 好 き で 派 遣 や て る ん で ね ! 何 ば 監 督 し て る ん だ ば ! 吾 が 怒 鳴 た 怒 鳴 た が 背 後 霊 が 怒 鳴 て も 聞 こ え ね ! バ ガ ク サ イ ! 何 ぼ バ ガ ク サ ク て も 背 後 霊 は 背 後 霊 だ し た が ら 吾 が 何 ぼ が 銭 コ 出 し て 助 け で や る が ど 思 た し た が よ そ こ が 間 違 い 大 間 違 い だ た 背 後 霊 に な れ ば 何 ぼ が 報 酬 ず も の あ る が ど 思 た ば て や お 釈 迦 さ 聞 い た き 背 後 霊 は 奉 仕 だ こ の 世 で 今 流 行 り の 言 葉 で 言 え ば ボ ラ ン テ ア だ そ う だ つ ま り タ ダ 働 き だ 死 ぬ 前 は よ 死 ね ば 何 も 食 わ な く て も 良 い ど 思 て ら ば て よ そ う は い が の マ ナ グ だ 奉 仕 奉 仕 で 銭 コ は 出 ね え 背 後 霊 の 背 後 霊 ず も の で も 居 で 銭 コ 呉 ね べ が な ど 思 わ さ る で ば よ そ う し た 者 は 居 ね し 困 た い や 困 た ア 天 の 声 様 や ど う へ ば 良 い ど 思 る ば ? 天 の 声 ほ う 弱 気 に な た な 背 後 霊 ず も の は そ う い う 時 に こ そ ケ パ ル も ん で ね エ の が ホ ン ジ な し こ の 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 ズ 者 こ う し た ア マ ク セ 奴 で あ た べ が な お 前 こ そ 贋 の 光 康 で ね の な 弾 正 何 た が ! プ タ ラ グ ど こ の ! や い ! 天 の 声 や ! 何 が 妙 案 無 え も の だ べ が な 天 声 無 い ご と も な い が い で や ! 面 倒 ク セ ぢ 止 め だ じ !
  21. 21. 20 弾 正 卑 怯 な り ! 喋 り か げ で や め る と は べ ろ と 目 の 前 さ 旨 そ う だ 菓 子 コ ベ ロ ト 出 し て さ と ひ こ め る エ ン タ も ん だ べ ね ! 卑 怯 也 ! 為 信 だ け ん た も ん だ ! 卑 怯 つ か て 敵 ば や つ け る 手 口 だ ! 天 声 そ ご ま で 喋 る の な ! タ ナ ! 昔 よ 西 洋 に あ る 学 者 が 居 だ 今 が ら 百 三 十 年 ば り 前 に 六 十 五 で 死 ん だ 奴 で な 弾 正 ハ ン ケ ヤ ! 吾 よ り も 三 百 年 も 後 に 死 ん だ 奴 の ご と 覚 え で る 訳 無 べ ね ! 何 処 迄 半 可 臭 い 奴 だ ば ま す ま す 怪 し い な お 前 は よ 第 一 に よ そ う し た 遥 か 後 に く た ば た 奴 の ご と 何 し て 今 天 の 声 様 が よ わ ざ わ ざ 取 り 出 し て 来 る の よ ! 呆 げ だ ん で ネ な 天 の 声 様 よ 天 声 ア ジ ク ル の な ! へ ば よ 吾 も 天 の 声 だ 名 誉 に 賭 け て も 報 へ ね じ 弾 正 ケ チ や こ の ! 喋 り か げ だ ご と は 最 後 ま で 喋 る も ん だ て 学 校 の 先 生 報 へ ね が た の が 天 声 馬 鹿 け こ の ! 天 の 声 に 先 生 だ な ん て い る も ん だ な し て 天 の 声 は 生 ま れ た 時 か ら 全 知 全 能 だ も ん だ 先 生 づ も の は 伺 い た で で 習 い に 来 る ! 弾 正 今 度 は 威 張 た な ! し て よ モ ダ ヘ ブ リ こ が ね で よ 何 だ も ん だ そ の 六 十 五 で 死 ん だ 奴 ず 者 は よ 早 ぐ 喋 れ じ 吾 忙 し い ん だ 今 よ 吾 が 背 後 霊 や て る ヨ シ コ が よ 今 派 遣 先 首 に な て よ 勤 め る 所 無 く お ま け に よ 寝 る 家 も 無 ぐ な て よ 実 に 見 る も 哀 れ 聞 く も 哀 れ 急 い で 何 と か し て や ら ね ば よ ま か り 間 違 え ば よ 首 く ぐ り し て こ の 世 さ 来 て ま る が も 知 れ な い
  22. 22. 21 ズ 騒 ぎ に な て る 三 途 の 川 の そ の 辺 ま で 来 か が て る 按 配 式 で よ 今 こ そ 背 後 霊 の 吾 れ が よ 護 て や ら ね ば よ 何 の た め に 背 後 霊 や て る ん だ が 訳 分 か ら 無 ご と に な る 天 の 声 慌 て る な 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ そ う い う 時 こ そ そ の 学 者 の 知 識 が 役 に 立 つ 弾 正 何 の 役 に 立 づ の よ ! 腰 痛 の だ ば 膏 薬 貼 れ ば 良 い 腹 病 め る の だ ば 薬 コ 飲 め ば 良 い 死 ん で 背 後 霊 に も な れ ね 学 者 が 何 の 役 に 立 づ ! 天 の 声 ま あ ま あ 落 ぢ 着 げ テ バ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 弾 正 ど ん で も 良 い は で ぐ ぐ ど 喋 れ じ ! 天 の 声 は や と 聞 ぐ 気 に な た が そ の 学 者 は よ 三 十 五 に な る 時 に よ マ ニ フ ス ト ・ デ ル ・ コ ミ ニ ス テ シ ン ・ パ ル タ イ ず も の ば 書 い だ 良 い が マ ニ フ ス ト ・ デ ル ・ コ ミ ニ ス テ シ ン ・ パ ル タ イ だ 弾 正 ま だ 横 文 字 な 何 だ ば か ち く ち 無 な そ の マ マ マ ニ マ ニ ア ウ ハ デ ド ン ダ バ こ ん だ ば づ も の は よ そ う し た か ち く ち 無 も の ど う し た て よ 天 の 声 間 に 合 う ハ デ ド ン ダ バ こ ん だ ば で は な い マ ニ フ ス ト ・ デ ル ・ コ ミ ニ ス テ シ ン ・ パ ル タ イ だ 弾 正 そ の パ ル タ イ が ど う し た て よ ! 天 の 声 日 本 で は だ な 明 治 の 三 十 七 年 に 幸 徳 秋 水 ず 者 が 日 本 語 に 訳 し て 平 民 新 聞 づ も の さ 連 載 し た 弾 正 何 ! 幸 徳 秋 水 ! あ の 天 皇 陛 下 ば 爆 弾 で 殺 す 気 に な た て 有 名 だ 奴 な ! あ れ だ き 幸 徳 は 無 実 だ の に や ら れ だ て こ の 世 で は 哀
  23. 23. 22 れ だ 奴 で 有 名 だ 奴 だ あ れ が 訳 し た の な し て 日 本 語 で 何 て 訳 し た ? 天 の 声 共 産 党 宣 言 弾 正 わ い 随 分 ヤ バ チ も の 訳 し た な 天 の 声 は ん け や こ の ! そ れ で よ く 背 後 霊 が 務 ま る な 弾 正 何 ! ヤ バ チ グ ね て な 天 の 声 そ ん だ も の は 何 で も 色 眼 鏡 か げ ね え で 色 付 け ね で 見 ね ば マ イ ネ マ ニ フ ス ト は こ う 喋 て る 弾 正 ど う よ 勿 体 つ け る な グ グ ド 喋 る ! 天 の 声 い い が よ ぐ 聞 げ ! 働 く 者 だ じ は な ん ず ご と ね 機 械 の 付 録 だ け ん に な て ま る う て 簡 単 で 誰 だ で も 習 え ば す ぐ や れ る え ん た 仕 事 し か 無 ぐ な る そ れ ば り で ね 働 ぐ の が 面 白 み の 無 も の に な れ ば な る ほ ど 貰 う 銭 コ は 減 る し か も ど ん ど ど 働 ぐ 時 間 が 長 ぐ な る 弾 正 ワ イ 今 の ミ ツ 子 だ け ん た な 天 の 声 や お 前 は そ れ ば た だ の へ ら ど 見 で る ば り だ の な 何 さ つ い だ 天 の 声 だ ば そ れ だ ば 天 の 声 で ね ぐ 地 獄 の 声 だ べ ね ! 天 の 声 は ん け や こ の ! あ の 世 の 人 間 達 が 世 の 中 の 仕 組 み ば そ う い う ふ う に し て ま た の だ 弾 正 何 と が な ね の な ! た だ 黙 て 見 で る し か ね の な ! 天 の 声 黙 て 見 で る し か ね べ な 弾 正 汝 な も ま だ 随 分 無 責 任 だ も ん だ な 天 の 声 仕 方 ね べ ね な 天 の 定 め だ 弾 正 本 地 無 し や こ の ! 何 で も 天 の 定 め に し て 知 ら ね ふ り し て る ず
  24. 24. 23 の な ! フ タ ラ グ ど ! こ う 見 え で も 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 だ た な ! 天 の 声 落 ぢ 着 げ ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ あ の よ マ ニ フ ス ト の 最 後 の 文 章 ば 幸 徳 秋 水 は こ う 訳 し た 万 国 の 労 働 者 同 盟 せ よ ! 弾 正 万 国 の 労 働 者 同 盟 せ よ ! た が 何 だ ば そ れ よ 天 の 声 万 国 の 労 働 者 同 盟 せ よ つ ま り だ 世 の 中 の 働 い で る 貧 乏 た が れ 共 よ 餓 鬼 も 人 数 皆 で ケ ヤ グ に な れ ず ご と だ 弾 正 貧 乏 た が れ ば り ケ ヤ グ に な て も 貧 乏 た が れ は 貧 乏 た が れ の ま ま だ べ ね な 貧 乏 た が れ ば り 集 ま て た て 何 ち も き が ね て 中 に 一 人 で も 銭 コ 持 て る 奴 居 ね ば 右 さ 行 ぐ も 左 さ 行 ぐ も な ら ね べ 半 可 臭 い じ ま す ま す 耄 碌 た が た な 天 の 声 よ 天 の 声 お 前 も ま だ ず ん ぶ も の 知 ら ね え な 餓 鬼 つ ま り 小 さ い 童 共 も 五 万 と 集 ま れ ば な ん ぼ 強 い 横 綱 で も 適 わ な い 餓 鬼 も 人 数 つ ま り 量 か ら 質 へ の 転 換 が お こ る 弾 正 随 分 ず ん ぶ 小 難 し い 話 に な て き た な 頭 病 め る え ん た 話 だ な 後 良 い じ お さ ら ば で 御 座 る じ 微 か に メ ロ デ が 流 れ て き た ど う や ら 千 の 風 に な て に 似 た メ ロ デ だ た 以 下 台 詞 の 下 に 流 れ て 天 の 声 待 で ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ お 前 独 り コ で ミ ツ 子 ば ど う し て や る ご と も な ら ね の だ べ そ ご だ ね お 前 独 り コ で ど う す も な ら な く て も お 前 の 周 り に よ 何 も す る ご と 無 く て た ん だ ブ ラ カ ラ て し て る 奴 い る べ せ
  25. 25. 24 弾 正 あ ゝ 津 軽 為 信 に か て 殺 さ れ だ 奴 よ う じ う じ ど い る じ 皆 々 無 縁 仏 に な て ま て 哀 れ だ 奴 ば り だ ば て よ 天 の 声 そ ご よ そ れ 共 ば 集 め で お 前 ど 一 緒 ズ に な て ミ ツ 子 ば 助 け る の せ ど ん だ こ の 案 は ? 弾 正 ハ そ れ だ ば マ イ ネ な あ れ 共 は よ グ ン ズ ガ サ エ ビ で よ 千 の 風 に な て て 歌 コ 流 行 た ど ご で 良 い 気 に な て よ あ ち ブ ラ カ ラ こ ち ブ ラ カ ラ て よ は 千 の 風 も 良 い も ん だ 誰 が 吾 ば 思 い 出 し て け ね べ が な 思 い 出 し て け れ ば そ の 人 の ど ご 行 き て な あ て よ 無 縁 で 行 き 所 無 ど ご で 遊 ん で 歩 い て ば り で な ん ち も 効 か ね ! 天 の 声 分 が ら 無 奴 だ な お 前 も よ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ さ き 吾 何 て 喋 た 弾 正 何 よ は て 何 て 喋 た き な 天 の 声 ヘ ン ヘ ぼ げ だ な ! 万 国 の 労 働 者 同 盟 せ よ て 喋 た べ せ 先 刻 聞 い だ ご と ハ カ ラ 忘 れ だ の な 弾 正 そ う 言 わ れ れ ば よ 近 頃 よ ど う し た 訳 だ が や て ば さ て い か な く な て よ 物 忘 れ 激 し ぐ な た え ん て さ 何 と か な ら ね も ん だ べ が な 天 の 声 様 よ 天 の 声 へ 急 に ナ ヘ す 気 な た て マ イ ネ で ば 物 忘 れ は お 互 い 様 だ 吾 も 昨 日 頼 ま れ だ ご と す ぐ 忘 れ で よ こ の 間 も よ 何 卒 何 卒 大 学 の 入 学 試 験 受 か り ま す よ う に て 頼 ま れ で よ 急 に 何 人 も 頼 ま れ だ ど ご で よ 三 人 ば り 頼 み 忘 れ で ま て よ た い し た 迷 惑 か げ で こ ご の 神 様 何 ち も き か ね 賽 銭 上 げ で 損 し た 賽 銭 戻 せ ! て 怒 鳴 ら れ で よ こ ら 話 誤 魔 化 す な ! 先 刻 も 喋 た よ う に だ
  26. 26. 25 な 万 国 の 労 働 者 同 盟 せ よ ず ご と も あ る の だ が ら し て お 前 独 り コ で な ぐ だ な お 前 さ 背 後 霊 頼 ん だ 福 士 の 兄 だ の 弟 だ の そ の 他 の グ ン ズ ガ サ エ ビ 共 ば 集 め て だ な 同 盟 し て そ の ミ ツ 子 の 背 後 霊 に な て も ら う の せ ど せ 千 の 風 や て 暇 だ 奴 ど も だ べ せ 背 後 霊 同 盟 作 て 皆 し て 背 後 霊 や れ ば ミ ツ 子 も も う 少 し ア ズ マ シ ぐ な る ん で な い が ? 弾 正 背 後 霊 同 盟 た が ? 随 分 お が し も の 考 え る 奴 だ な お 前 本 当 に 本 当 の 天 の 声 だ な ? 若 し か し て 何 処 が の 誰 が の 回 し 者 だ ん で ね な ? 天 の 声 馬 鹿 け や 誰 の 回 し 者 だ て や 天 の 声 ば 回 し 者 に 使 う 奴 い る も ん だ な 弾 正 も し か し て よ ミ ツ 子 の 派 遣 会 社 の 回 し 者 だ た り し て よ 悪 い 企 み さ せ で あ れ ご と ば つ ば つ ど 追 い 詰 め で 派 遣 会 社 が ら 何 ぼ が 貰 う つ も り だ た り し て よ 天 の 声 大 喝 一 声 馬 鹿 け ! ふ た ら ぐ ど 本 当 に ! 天 の 声 ば あ じ く る 奴 は 只 で は お が ね ! 弾 正 い や い や い や 冗 談 冗 談 し た ら よ 天 の 声 様 よ 吾 共 が 背 後 霊 同 盟 作 て だ ミ ツ 子 ば 背 後 霊 同 盟 で 護 る ご と に す れ ば ミ ツ 子 も 何 と が 今 よ り は 良 ぐ な る べ が な 若 し 何 と も な ら ね よ う だ ば 何 と す る キ 天 の 声 様 や 天 の 声 た だ 集 て も 何 も な ら ね 集 ま た ら 景 気 を つ け て だ な 歌 コ を 歌 て 元 気 を 出 す の だ 弾 正 歌 コ て 何 の 歌 コ ? 天 の 声 景 気 つ け に 歌 う ん だ 何 で も 良 い
  27. 27. 26 弾 正 何 で も て し て も ど ら 吾 共 は 門 徒 宗 だ が ら 門 徒 物 知 ら ず で 適 当 に や る が 唱 え る 南 無 阿 弥 陀 仏 南 無 阿 弥 陀 仏 ! 帰 命 無 量 寿 如 来 ! 南 無 不 可 思 議 光 法 蔵 菩 薩 因 位 時 ! 在 世 自 在 王 佛 所 ! 同 盟 万 国 背 後 霊 ! 同 盟 万 国 背 後 霊 ! ほ な が な が 景 気 付 ぐ よ ん て す な 突 然 轟 く 雷 鳴 弾 正 お ミ ツ 子 が 呼 ん で ら え ん た ! 何 事 だ ! お 奥 羽 線 の 踏 み 切 り ! あ れ 馬 鹿 ケ ! ミ ツ 子 死 ぬ 気 だ ! あ の 馬 鹿 ! 天 の 声 急 げ 弾 正 左 衛 門 光 康 ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 よ 今 こ そ 背 後 霊 の 緊 急 出 動 ! い や い や 待 で ミ ツ 子 の 周 り さ 別 だ 背 後 霊 共 が 集 ま て る ぞ 以 心 伝 心 お 前 が 同 盟 作 る が な ど 思 た が 思 わ ね が ず そ の 先 に 集 ま て 来 た さ す が 背 後 霊 共 だ お 前 さ ば か り 任 せ て お げ ね ズ 訳 だ 弾 正 た な こ う し て は い ら れ ね ! 天 の 声 様 や い ろ い ろ 世 話 に な た な よ し ! 同 盟 万 国 背 後 霊 ! 天 の 声 様 や 吾 共 同 盟 し て よ 来 年 の 春 に は 皆 で よ 堤 川 の 傍 桜 川 の 桜 並 木 で で も よ 背 後 霊 打 ち 揃 て よ 皆 で 一 杯 や る ぞ た な ! 見 で ろ よ ! 背 後 霊 ば 馬 鹿 に す る な よ ! ミ ツ 子 ば 喜 ば さ ね で 何 の 背 後 霊 ぞ ! 唱 え る 南 無 阿 弥 陀 仏 南 無 阿 弥 陀 仏 ! 卑 し め ら れ で る 者 こ そ 先 ず 真 先 に 救 わ れ ね ば マ イ ネ ! 心 か ら 念 仏 申 し て 同 明 万 国 背 後 霊 ! 同 盟 万 国 背 後 霊 ! 弾 正 勇 躍 念 仏 を 唱 え て 勇 み 立 つ
  28. 28. 27 万 朶 の 桜 が 咲 き 乱 れ そ の 下 に ず し り と 立 つ 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 弾 正 ミ ツ 子 よ ケ パ ル ぞ ! 同 盟 万 国 背 後 霊 ! ケ パ ル が ら な ! 嬶 よ 見 守 て け ろ や ! 南 無 阿 弥 陀 仏 南 無 阿 弥 陀 仏 の 声 明 高 ら か に 響 き 何 処 か ら か ネ ブ タ 囃 子 が 聞 こ え て 来 た 思 わ ず 堤 弾 正 光 康 も 踊 り 出 し た や が て そ れ に 覆 い か ぶ さ る よ う に 終 演 の 曲 が 響 い て く る ひ ら り は ら り 散 る 桜 花 が 風 に 吹 か れ た 突 如 雷 鳴 と 稲 妻 天 の 声 大 喝 一 声 馬 鹿 け ! 堤 弾 正 左 衛 門 光 康 ! 踊 て 酒 呑 ん で る 場 合 が ! ! ハ ン ケ や ! 急 げ ! ハ と か た ま て し ま た 堤 弾 正 光 康 だ た 響 き わ た る 曲 幕 参 考 資 料 青 森 市 の 歴 史 青 森 市 青 森 市 町 内 盛 衰 記 肴 倉 弥 八 雑 誌 現 代 二 〇 〇 九 年 一 月 号 座 談 会 ワ キ ン グ プ ア 若 者 座 談 会 講 談 社
  29. 29. 28 コ ミ ニ ス ト ・ マ ニ フ ス ト 水 田 洋 訳 講 談 社 学 術 文 庫 真 宗 大 谷 派 勤 行 集

×