Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
日本における乳幼児の社会的養護の現状に
対してBEIPが示唆するものは
指定討論
日本における社会的養護措置の割合
2
人口1万人あたり
の措置数(0-17歳)
=40099/2074万
=19
厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
諸外国における社会的養護措置の割合(0〜17歳)
3
Frank Ainsworth et al (2014) An exploration of the differential
usage of residential childcare ...
19(2008)
日本における乳幼児(3歳未満児)の施設措置の割合
5
0〜2歳の施設
入所の割合=
3437/3775
=91%
人口1万人あた
りの施設入所数
=3437/326万
=10.5
厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
Daphne Programme – Year 2002
Mapping the number and
characteristics of children under
three in institutions across Europe
...
日本における乳幼児の措置変更先の割合
7
乳児院から次の行き先は、家庭復帰が54%
里親・養親が12%、児童養護施設が31%
厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
8
Daphne Programme – Year 2002 Mapping the number and characteristics of children
under three in institutions across Europ...
日本における乳幼児の措置変更先の割合(都道府県別)
9
厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
0 0 0 0 0 0 0 0
7 8
1111
1414151515
171718191920202121222222
2525
27272727
2929292930313233333333333333
393940
43434344
46...
日本における乳幼児の措置期間
11
乳児院に入所している期間は、約半数が1年以上、4分の1が2年以上
厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
何歳で児童養護施設に入所したか?
12
厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
何歳で児童養護施設に入所したか?
13
2歳で児童養護施設に入所している子どもが全体の21%6000人。
2歳の時に乳児院から移動して長く施設生活を送っている子どもが多い。
日本における乳幼児の社会的養護の特徴
 措置される子ども(0-17歳)の割合は諸外国と比較して少ない
 乳幼児の施設措置の割合が多い
 乳児院での入所期間が長い
 乳児院退所後に施設に措置変更される子どもの割合が多い
 乳児院から児童...
疑問1
乳幼児の施設ケアの質と子どもへの影響について
 よくある疑問「施設ケアの影響は、その施設の質の
良さに関係するのではないか?小規模で職員配置数
が多ければ影響は少ないか?」
 「情緒的愛着関係の形成という視点からは、『質の
良さ』が...
疑問2
里親養育の質と子どもの影響の改善について
 よくある疑問「施設ケアがよくないのはわかるが、
里親養育でもうまくいかないことが多い」「子ども
の影響が改善するために必要な里親養育とはどのよ
うなものか」
 里親養育のタイプによって、子...
疑問3
社会的養護施策の推進と研究との関係
 日本は、家庭養育を推進していく途上にあり、施設
養育と家庭養育が混在している状況にある。
 家庭養育を推進するにあたって、研究に基づく証拠
が少ない中で進めつつある。
 その状況下で、BEIP...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Beip指定討論プレゼン@子ども虐待防止世界会議名古屋2014

1,208 views

Published on

Beip指定討論プレゼン@子ども虐待防止世界会議名古屋2014

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Beip指定討論プレゼン@子ども虐待防止世界会議名古屋2014

  1. 1. 日本における乳幼児の社会的養護の現状に 対してBEIPが示唆するものは 指定討論
  2. 2. 日本における社会的養護措置の割合 2 人口1万人あたり の措置数(0-17歳) =40099/2074万 =19 厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
  3. 3. 諸外国における社会的養護措置の割合(0〜17歳) 3 Frank Ainsworth et al (2014) An exploration of the differential usage of residential childcare across national boundaries.
  4. 4. 19(2008)
  5. 5. 日本における乳幼児(3歳未満児)の施設措置の割合 5 0〜2歳の施設 入所の割合= 3437/3775 =91% 人口1万人あた りの施設入所数 =3437/326万 =10.5 厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
  6. 6. Daphne Programme – Year 2002 Mapping the number and characteristics of children under three in institutions across Europe at risk of harm ヨーロッパ諸国における 3歳未満の子どもの施設 入所数と割合(対人口1 万人)
  7. 7. 日本における乳幼児の措置変更先の割合 7 乳児院から次の行き先は、家庭復帰が54% 里親・養親が12%、児童養護施設が31% 厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
  8. 8. 8 Daphne Programme – Year 2002 Mapping the number and characteristics of children under three in institutions across Europe at risk of harm ヨーロッパ諸国における3歳未満の子どもの施設退所後の行き先(割合)
  9. 9. 日本における乳幼児の措置変更先の割合(都道府県別) 9 厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
  10. 10. 0 0 0 0 0 0 0 0 7 8 1111 1414151515 171718191920202121222222 2525 27272727 2929292930313233333333333333 393940 43434344 46 505050 57 62 67 71 86 0% 20% 40% 60% 80% 100% 里親等に措置変更された割合(%) 日本における乳幼児の措置変更先の割合(都道府県別)
  11. 11. 日本における乳幼児の措置期間 11 乳児院に入所している期間は、約半数が1年以上、4分の1が2年以上 厚生労働省(2014)社会的養護の現状について
  12. 12. 何歳で児童養護施設に入所したか? 12 厚生労働省(2008)平成19年度児童養護施設入所児童等調査
  13. 13. 何歳で児童養護施設に入所したか? 13 2歳で児童養護施設に入所している子どもが全体の21%6000人。 2歳の時に乳児院から移動して長く施設生活を送っている子どもが多い。
  14. 14. 日本における乳幼児の社会的養護の特徴  措置される子ども(0-17歳)の割合は諸外国と比較して少ない  乳幼児の施設措置の割合が多い  乳児院での入所期間が長い  乳児院退所後に施設に措置変更される子どもの割合が多い  乳児院から児童養護施設へと続く長期間入所が推測される 14
  15. 15. 疑問1 乳幼児の施設ケアの質と子どもへの影響について  よくある疑問「施設ケアの影響は、その施設の質の 良さに関係するのではないか?小規模で職員配置数 が多ければ影響は少ないか?」  「情緒的愛着関係の形成という視点からは、『質の 良さ』がはっきりしている入所型養育施設でさえ、 子どもの人間関係形成能力に一生を通じて有害な影 響を与える」* *Browne, K.D. (2009) The Risk of Harm to Young Children in Institutional Care.  子どもへの影響は施設ケアの質に関連するでしょう か?質の良い施設であっても、長期間(24ヶ月以上 )施設で暮らすことの影響はどうでしょうか?
  16. 16. 疑問2 里親養育の質と子どもの影響の改善について  よくある疑問「施設ケアがよくないのはわかるが、 里親養育でもうまくいかないことが多い」「子ども の影響が改善するために必要な里親養育とはどのよ うなものか」  里親養育のタイプによって、子どもの影響の改善度 に違いはあったのでしょうか?  子どもの影響が改善が実証された、MacArthur Foster Care とはどのような内容のものでしょうか?  質の良い里親制度を作る為には、どんなことに留意 するべきでしょうか?
  17. 17. 疑問3 社会的養護施策の推進と研究との関係  日本は、家庭養育を推進していく途上にあり、施設 養育と家庭養育が混在している状況にある。  家庭養育を推進するにあたって、研究に基づく証拠 が少ない中で進めつつある。  その状況下で、BEIPのような比較研究を実施する意 義は、どのようなものと思われますか?  社会的養護施策を推進していく上において、研究に 基づく明確な証拠を集積する意味についてどうお考 えですか?

×