ソーシャルデザインパターン -評判と情報収集-

4,020 views

Published on

2010/06/13 "Designing Social Interfaces 研究会"の講師資料です。 「ソーシャルデザインパターン - 評判と情報収集-」 (Social Design Patterns of Reputation and Collection ) 。 hamadakoichi 濱田晃一

関連:
ソーシャルデザイン
ソーシャルウェブ
ソーシャルグラフ
ソーシャルメディア

Published in: Technology, Design, Business
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,020
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
175
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソーシャルデザインパターン -評判と情報収集-

  1. 1. Designing Social Interfaces 研究会 2010/06/13 Social Design Patterns of Reputation and Collection ソーシャルデザインパターン 評判と情報収集- - 評判と情報収集- hamadakoichi 濱田晃一
  2. 2. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 2 ○Tag Cloud
  3. 3. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 3 ○Tag Cloud
  4. 4. hamadakoichi 濱田晃一 http://iddy.jp/profile/hamadakoichi 4
  5. 5. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 5
  6. 6. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 データマイニング+WEB勉強会@東京 主催者です 6
  7. 7. 目的:データマイニング+WEB勉強会@東京 データマイニングの方法論を用い 蓄積されたデータを有効活用していく方法を学ぶ 統計解析 Web API データマイニング Amazon Web Service 楽天 Web Service 対応分析 時系列分析 Twitter API Recruit Web Service 回帰分析 Yahoo! Web Service クラスター分析 はてな Web Service 判別分析 主成分分析 因子分析 (Bookmark/Graph/Keyword,…) Bookmark/Graph/Keyword, カーネル法 Google Data API 樹木モデル FinancePortfolioData,…) (Calendar/Maps/BookSearch/ FinancePortfolioData, ニューラルネットワーク サポートベクターマシン … 免疫型最適化 Particle Swam … Memetic Ant Colony 遺伝的 熱力学的 シミュレーテドアニーリング 力学モデルによる最適化 タブーサーチ グラフ … 最適解探索 アルゴリズム 7
  8. 8. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 理論物理 博士(2004.3取得) 量子統計場の理論 Statistical Field Theory Spontaneously Time-Reversal Symmetry Breaking Anisotropic Massless Dirac Fermions 博士論文: http://hosi.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~koichi/PhD-thesis.pdf 8
  9. 9. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 文部大臣に褒められた 元 文部大臣・法務大臣 六法全書著者・元法学政治学研究科長 森山眞弓さん 菅野和夫さん 9
  10. 10. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 Los Angelesでプロダンサーに褒められた ・HIP HOP/House ダンス歴13年 ・ダンス開始後 1年半でL.A.でプロダンサーに褒められる Youtube Channel: http://www.youtube.com/hamadakoichi 10
  11. 11. 自己紹介:hamadakoichi 濱田晃一 毎週末3時間ダンスコーチをしています ■過去、東京と京都でも ダンス部を創設。 コーチをしていました 駒場物理ダンス部 京都大学基礎物理学研究所ダンス部 部長兼コーチ 部長兼コーチ 現在: 毎週末 3時間ダンスコーチ Youtube Channel: http://www.youtube.com/hamadakoichi 11
  12. 12. 濱田の思い 数理解析手法を用い 実世界の活動の課題を解決したい 12
  13. 13. 数理解析手法の実ビジネスへの適用 2004年 博士号取得後 プロセス改革コンサルティングのベンチャー企業へ 13
  14. 14. 数理解析手法の実ビジネスへの適用 2004年 博士号取得後 プロセス改革コンサルティングのベンチャー企業へ ※写真:会社紹介パンフレットより引用 プロセス改革ベンチャー企業 ・ベンチャー・オブ・ザ・イヤー2002受賞 ・小泉首相 工場見学 ・第1回ものづくり日本受賞-経済産業大臣賞 受賞 14 INCS INC. : http://www.incs.co.jp
  15. 15. 数理解析手法の実ビジネスへの適用 数理解析手法を実ビジネス適用する 方法論・システムを作り上げてきました 主な領域 ◆活動の数理モデル化・解析手法 ◆業務プロセス分析手法・再構築手法 ◆業務プロセス実行制御・実績解析システム … 内容抜粋 “Decoupling Executions in Navigating Manufacturing "Unified graph representation of processes Processes for Shortening Lead Time and Its Implementation for scheduling with flexible resource to an Unmanned Machine Shop”, assignment", 15
  16. 16. 数理解析手法の実ビジネスへの適用:活動実績 (抜粋) 活動例 活動の統一グラフモデルを構築・解析 Unified graphical model of processes and resources 青字:割付モデル属性 [ ] : Optional Node ・priority(優先度) Edge ・duration(予定時間) [・earliest(再早開始日時) ] Process Edge Process [・deadline(納期) ] 前プロセスの終了後に後プロセスが プロセスを表す [・or(条件集約数) ] ・attributes(属性) 開始できること表す preemptable(中断可否), successive(引継ぎ可否) Uses Edge workload(作業負荷) Processが使用する uses uses uses uses uses uses Assign Region を表す Assign Region Assigns from Edge 同一Resourceを割付け続ける Assign Regionに assigns from assigns from 指定Resourceの子Resource集合の 範囲を表す assigns assigns 中から割付けることを示す 企業01 [process] has has [startDate(開始日時)] [endDate(終了日時)] Assigns Edge 製品01 組織A StartDateからEndDateまでの間 Resource has Assign RegionにResourceを 割付対象要素を表す has has has has has has 割付けることを表す ・capacity(容量) ・calender(カレンダー) AAA01 AAB02 … 山田さん 田中さん 鈴木さん ・attributes(属性) Has Edge Resourceの所有関係を表す 16 東さん
  17. 17. 数理解析手法の実ビジネスへの適用:活動実績 (抜粋) 一品一様の業務プロセスの 動的なプロセス制御数理体系を構築 全体生産リードタイム中央値を 1/2.7に短縮 設計開始~頭だし出荷リードタイム 体系適用 500 適用後 設計開始~頭だし 出荷C T 360.4h(15.0日) 400 1/2.7 300 200 100 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 141.6h(5.9日) 00 00 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 9: 0 7 4 1 8 5 1 8 5 2 9 6 3 0 /2 /2 /0 /1 /1 /2 /0 /0 /1 /2 /2 /0 /1 /2 / 09 / 09 / 10 / 10 / 10 / 10 / 11 / 11 / 11 / 11 / 11 / 12 / 12 / 12 04 04 04 04 04 04 04 04 04 04 04 04 04 04 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 週集計開始日時 17
  18. 18. 数理解析手法の実ビジネスへの適用:活動実績 (抜粋) ビジネスとともに 学術分野でも貢献 変動性から生じる動的な課題 ・リソースの競合 ・滞留 ・納期遅延 … 一品一様な業務プロセスを含む 統計解析・制御数理モデル ・統計的な有効変数算出 ・統計数理モデル化 -優先順位制御 -実行タイミング制御 -統計フィードバック -適正リソース量算出 ・予測数理体系 論文(体系の一部) M.Nakao, N. Kobayashi, K.Hamada, T.Totsuka, S.Yamada, “Decoupling Executions in Navigating Manufacturing Processes for Shortening Lead Time and Its Implementation to an Unmanned Machine Shop”, 18 CIRP Annals - Manufacturing Technology Volume 56, Issue 1, Pages 171-174 (2007)
  19. 19. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 19 ○Tag Cloud
  20. 20. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 20 ○Tag Cloud
  21. 21. Competitive Spectrum コミュニティの協同状況にあった 評価・評判の設計を行う コミュニティ 他参加者を助 共有したい 各自が競合し 各自が同じ目 各自が競合す の目的 けたい ない目的を持 的を持ち、互 る目的を持つ つ いに競争する コミュニティ Y! Health Wikipedia Yahoo! Y! Fantasy Xbox Live 例 Expert Blogs Yelp Answers Sports Slashdot Ebay 評判の使用 メンバーの名 メンバーが信 メンバーの興 メンバーの達 メンバーの達 対象 声 頼できることを 味、素性、価 成度 (他者が 成度 (他者を 示す実績 値が分かる、 認め、賞賛で どれだけ倒し 参加履歴 きる) たか) 評判の表現 Label: Named Level: 貢献度を示す Numbered Points: 各アク “Helpful” , ”For 活動実績によ 統計値。オプ Level: メン ションの進捗 umLeader”な る信頼レベル ション:TopXの バー間の数値 を示す。 どの名声 称号(幾多の 比較。受賞へ Ranking: 勝者 価値ある貢献 の動機づけを や敗者のラン を示す) 行う。 キング 21
  22. 22. Levels ソーシャル構造の 実績・経験にもとづいた評価設計 コミュニティ 他参加者を助 共有したい 各自が競合し 各自が同じ目 各自が競合す の目的 けたい ない目的を持 的を持ち、互 る目的を持つ つ いに競争する コミュニティ Y! Health Wikipedia Yahoo! Y! Fantasy Xbox Live 例 Expert Blogs Yelp Answers Sports Slashdot Ebay 評判の使用 メンバーの名 メンバーが信 メンバーの興 メンバーの達 メンバーの達 対象 声 頼できることを 味、素性、価 成度 (他者が 成度 (他者を 示す実績 値が分かる、 認め、賞賛で どれだけ倒し 参加履歴 きる) たか) 評判の表現 Label: Named Level: 貢献度を示す Numbered Points: 各アク “Helpful” , ”For 活動実績によ 統計値。オプ Level: メン ションの進捗 umLeader”な る信頼レベル ション:TopXの バー間の数値 を示す。 どの名声 称号(幾多の 比較。受賞へ Ranking: 勝者 価値ある貢献 の動機づけを や敗者のラン を示す) 行う。 キング 22
  23. 23. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 23 ○Tag Cloud
  24. 24. Levels 3種の Level 設計パターン Named Level Numbered Level Labels 表現 コミュニティでの先進度・ コミュニティでの先進度・ メンバーが持つ特別なス 影響度を表現する 影響度を表現する キル・価値を表現する 活用状況 参加者が、高質の貢献者 ユーザー比較を容易に 望ましい行動の信頼でき を見つけることができる 行える。参加者の競争を るメンバーを見つけること 促す ができる commenters (Ex: ‘Royal’ 例 -Yahoo! Music Rating -World of Warcraft (個人進 -37 signals awards badge to -Yahoo! Euro Sport Message 捗) Board comment) -World of Warcraft (コミュニ -Yahoo! Answer (Top ケーション評価) Contributor Badge) 設計方法 進捗度に対する評価のレ 進捗度に対する評価の 特定の振舞い・質に褒章 Ex) ’Helpful’ Guide, ‘Elite’ ベル名を定義する レベル数値を定義する ラベルを定義する Reviewer. 推奨 一般的で理解しやすい名 最初、最大レベルは10 ユーザーが2つ以上の識 前づけをする: Ex) Gold 以下に設計する。後日の 別ラベルを設定できるよ Level, Silver Level, レベル追加する場合、最 うに設計する。 Bronze Level. 小限の騒動で行えるた め。 24
  25. 25. Levels 3種の Level 設計パターン Named Level Numbered Level Labels 表現 コミュニティでの先進度・ コミュニティでの先進度・ メンバーが持つ特別なス 影響度を表現する 影響度を表現する キル・価値を表現する 活用状況 参加者が、高質の貢献者 ユーザー比較を容易に 望ましい行動の信頼でき を見つけることができる 行える。参加者の競争を るメンバーを見つけること 促す ができる commenters (Ex: ‘Royal’ 例 -Yahoo! Music Rating -World of Warcraft (個人進 -37 signals awards badge to -Yahoo! Euro Sport Message 捗) Board comment) -World of Warcraft (コミュニ -Yahoo! Answer (Top ケーション評価) Contributor Badge) 設計方法 進捗度に対する評価のレ 進捗度に対する評価の 特定の振舞い・質に褒章 Ex) ’Helpful’ Guide, ‘Elite’ ベル名を定義する レベル数値を定義する ラベルを定義する Reviewer. 推奨 一般的で理解しやすい名 最初、最大レベルは10 ユーザーが2つ以上の識 前づけをする: Ex) Gold 以下に設計する。後日の 別ラベルを設定できるよ Level, Silver Level, レベル追加する場合、最 うに設計する。 Bronze Level. 小限の騒動で行えるた め。 25
  26. 26. Named Levels コミュニティでの先進度・影響度を表現する 参加者が、高質の貢献者を見つけることができる World of Warcraft http://www.worldofwarcraft.com/index.xml 26
  27. 27. Levels 3種の Level 設計パターン Named Level Numbered Level Labels 表現 コミュニティでの先進度・ コミュニティでの先進度・ メンバーが持つ特別なス 影響度を表現する 影響度を表現する キル・価値を表現する 活用状況 参加者が、高質の貢献者 ユーザー比較を容易に 望ましい行動の信頼でき を見つけることができる 行える。参加者の競争を るメンバーを見つけること 促す ができる commenters (Ex: ‘Royal’ 例 -Yahoo! Music Rating -World of Warcraft (個人進 -37 signals awards badge to -Yahoo! Euro Sport Message 捗) Board comment) -World of Warcraft (コミュニ -Yahoo! Answer (Top ケーション評価) Contributor Badge) 設計方法 進捗度に対する評価のレ 進捗度に対する評価の 特定の振舞い・質に褒章 Ex) ’Helpful’ Guide, ‘Elite’ ベル名を定義する レベル数値を定義する ラベルを定義する Reviewer. 推奨 一般的で理解しやすい名 最初、最大レベルは10 ユーザーが2つ以上の識 前づけをする: Ex) Gold 以下に設計する。後日の 別ラベルを設定できるよ Level, Silver Level, レベル追加する場合、最 うに設計する。 Bronze Level. 小限の騒動で行えるた め。 27
  28. 28. Numbered Levels コミュニティでの先進度・影響度を表現する ユーザー比較を容易に行えるようにし、参加者の競争を促す Yahoo! Answers http://answers.yahoo.com/ 28
  29. 29. Levels 3種の Level 設計パターン Named Level Numbered Level Labels 表現 コミュニティでの先進度・ コミュニティでの先進度・ メンバーが持つ特別なス 影響度を表現する 影響度を表現する キル・価値を表現する 活用状況 参加者が、高質の貢献者 ユーザー比較を容易に 望ましい行動の信頼でき を見つけることができる 行える。参加者の競争を るメンバーを見つけること 促す ができる commenters (Ex: ‘Royal’ 例 -Yahoo! Music Rating -World of Warcraft (個人進 -37 signals awards badge to -Yahoo! Euro Sport Message 捗) Board comment) -World of Warcraft (コミュニ -Yahoo! Answer (Top ケーション評価) Contributor Badge) 設計方法 進捗度に対する評価のレ 進捗度に対する評価の 特定の振舞い・質に褒章 Ex) ’Helpful’ Guide, ‘Elite’ ベル名を定義する レベル数値を定義する ラベルを定義する Reviewer. 推奨 一般的で理解しやすい名 最初、最大レベルは10 ユーザーが2つ以上の識 前づけをする: Ex) Gold 以下に設計する。後日の 別ラベルを設定できるよ Level, Silver Level, レベル追加する場合、最 うに設計する。 Bronze Level. 小限の騒動で行えるた め。 29
  30. 30. Labels メンバーが持つ特別なスキル・価値を表現する 望ましい行動の信頼できるメンバーを見つけることができる Top Contributor Badge Yahoo! Answers http://answers.yahoo.com/ 30
  31. 31. Levels 3種の Level 設計パターン Named Level Numbered Level Labels 表現 コミュニティでの先進度・ コミュニティでの先進度・ メンバーが持つ特別なス 影響度を表現する 影響度を表現する キル・価値を表現する 活用状況 参加者が、高質の貢献者 ユーザー比較を容易に 望ましい行動の信頼でき を見つけることができる 行える。参加者の競争を るメンバーを見つけること 促す ができる commenters (Ex: ‘Royal’ 例 -Yahoo! Music Rating -World of Warcraft (個人進 -37 signals awards badge to -Yahoo! Euro Sport Message 捗) Board comment) -World of Warcraft (コミュニ -Yahoo! Answer (Top ケーション評価) Contributor Badge) 設計方法 進捗度に対する評価のレ 進捗度に対する評価の 特定の振舞い・質に褒章 Ex) ’Helpful’ Guide, ‘Elite’ ベル名を定義する レベル数値を定義する ラベルを定義する Reviewer. 推奨 一般的で理解しやすい名 最初、最大レベルは10 ユーザーが2つ以上の識 前づけをする: Ex) Gold 以下に設計する。後日の 別ラベルを設定できるよ Level, Silver Level, レベル追加する場合、最 うに設計する。 Bronze Level. 小限の騒動で行えるた め。 31
  32. 32. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 32 ○Tag Cloud
  33. 33. Awards 達成活動とコミュニケーション を促進する 33
  34. 34. Awards 2種の Award 設計パターン Collective Achievements Peer-to-Peer Awards 内容 深い参加・達成への邁進を促進する 仲間どうしのコミュニケーションを促進する 活用状況 ユーザーの達成意欲を促進する 仲間同士の共同関係を育成する 例 -Xbox Live (特定のアクション達成) -Yelp (他ユーザーに賞を与え、自分のプロフィー -Yahoo! Sports (トロフィーの収集) ルが表示される) -Yahoo! Intranet (他メンバーに賞を与える) 設計方法 コミュニティ内での目標達成に対する褒章を -他ユーザーの活動に対し褒章を与え、ノート・ラ 設計する ベルをつけられるよう設計する -オプション: 受賞者は表示前に、褒賞の承認・否 認を行える -受賞者のプロフィールに褒章が表示される する (例: 20 wins “in one season”) 推奨 時間あたりの参加の質を向上させる設計に 表示リストでは、受賞カテゴリを 5-7 に絞り、ユー ザーの閲覧性を上げる へ導く (例: “First” Review posted) 最初の達成に褒章を設定し、次のアクション 34
  35. 35. Awards 2種の Award 設計パターン Collective Achievements Peer-to-Peer Awards 内容 深い参加・達成への邁進を促進する 仲間どうしのコミュニケーションを促進する 活用状況 ユーザーの達成意欲を促進する 仲間同士の共同関係を育成する 例 -Xbox Live (特定のアクション達成) -Yelp (他ユーザーに賞を与え、自分のプロフィー -Yahoo! Sports (トロフィーの収集) ルが表示される) -Yahoo! Intranet (他メンバーに賞を与える) 設計方法 コミュニティ内での目標達成に対する褒章を -他ユーザーの活動に対し褒章を与え、ノート・ラ 設計する ベルをつけられるよう設計する -オプション: 受賞者は表示前に、褒賞の承認・否 認を行える -受賞者のプロフィールに褒章が表示される する (例: 20 wins “in one season”) 推奨 時間あたりの参加の質を向上させる設計に 表示リストでは、受賞カテゴリを 5-7 に絞り、ユー ザーの閲覧性を上げる へ導く (例: “First” Review posted) 最初の達成に褒章を設定し、次のアクション 35
  36. 36. Collectible Achievements 深い参加・達成への邁進を促進する Specific Point Value XBOX Live (Specific Point Value) http://www.xbox.com/en-us/live/ 36
  37. 37. Collectible Achievements 深い参加・達成への邁進を促進する Collecting Trophies Yahoo! Fantasy Sports http://golf.fantasysports.yahoo.com/ 37
  38. 38. Awards 2種の Award 設計パターン Collective Achievements Peer-to-Peer Awards 内容 深い参加・達成への邁進を促進する 仲間どうしのコミュニケーションを促進する 活用状況 ユーザーの達成意欲を促進する 仲間同士の共同関係を育成する 例 -Xbox Live (特定のアクション達成) -Yelp (他ユーザーに賞を与え、自分のプロフィー -Yahoo! Sports (トロフィーの収集) ルが表示される) -Yahoo! Intranet (他メンバーに賞を与える) 設計方法 コミュニティ内での目標達成に対する褒章を -他ユーザーの活動に対し褒章を与え、ノート・ラ 設計する ベルをつけられるよう設計する -オプション: 受賞者は表示前に、褒賞の承認・否 認を行える -受賞者のプロフィールに褒章が表示される する (例: 20 wins “in one season”) 推奨 時間あたりの参加の質を向上させる設計に 表示リストでは、受賞カテゴリを 5-7 に絞り、ユー ザーの閲覧性を上げる へ導く (例: “First” Review posted) 最初の達成に褒章を設定し、次のアクション 38
  39. 39. Peer-to-Peer Awards 仲間どうしのコミュニケーションを促進する Yelp http://www.yelp.com/ 39
  40. 40. Awards 2種の Award 設計パターン Collective Achievements Peer-to-Peer Awards 内容 深い参加・達成への邁進を促進する 仲間どうしのコミュニケーションを促進する 活用状況 ユーザーの達成意欲を促進する 仲間同士の共同関係を育成する 例 -Xbox Live (特定のアクション達成) -Yelp (他ユーザーに賞を与え、自分のプロフィー -Yahoo! Sports (トロフィーの収集) ルが表示される) -Yahoo! Intranet (他メンバーに賞を与える) 設計方法 コミュニティ内での目標達成に対する褒章を -他ユーザーの活動に対し褒章を与え、ノート・ラ 設計する ベルをつけられるよう設計する -オプション: 受賞者は表示前に、褒賞の承認・否 認を行える -受賞者のプロフィールに褒章が表示される する (例: 20 wins “in one season”) 推奨 時間あたりの参加の質を向上させる設計に 表示リストでは、受賞カテゴリを 5-7 に絞り、ユー ザーの閲覧性を上げる へ導く (例: “First” Review posted) 最初の達成に褒章を設定し、次のアクション 40
  41. 41. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 41 ○Tag Cloud
  42. 42. Competitive Spectrum コミュニティの特徴にあった 評価・評判の設計を行う コミュニティ 他参加者を助 共有したい 各自が競合し 各自が同じ目 各自が競合す の目的 けたい ない目的を持 的を持ち、互 る目的を持つ つ いに競争する コミュニティ Y! Health Wikipedia Yahoo! Y! Fantasy Xbox Live 例 Expert Blogs Yelp Answers Sports Slashdot Ebay 評判の使用 メンバーの名 メンバーが信 メンバーの興 メンバーの達 メンバーの達 対象 声 頼できることを 味、素性、価 成度 (他者が 成度 (他者を 示す実績 値が分かる、 認め、賞賛で どれだけ倒し 参加履歴 きる) たか) 評判の表現 Label: Named Level: 貢献度を示す Numbered Points: 各アク “Helpful” , ”For 活動実績によ 統計値。オプ Level: メン ションの進捗 umLeader”な る信頼レベル ション:TopXの バー間の数値 を示す。 どの名声 称号(幾多の 比較。受賞へ Ranking: 勝者 価値ある貢献 の動機づけを や敗者のラン を示す) 行う。 キング 42
  43. 43. Rankings 3種の Ranking 設計パターン Points Leaderboard TopX 表現 達成度を表現し、達成感向 ランキングをスコアボードで トップX位の競争相手が分か 上・他者比較を行えるように 表現し、誰が優れているか るようにする する 分かるようにする 活用状況 ユーザー間の競争を用い、 ユーザー間の比較を行える トップXが質の高いコンテンツ ユーザー活動を促進する ようにし、ユーザーが誰が優 を作成をし続け、他参加者へ れているかの議論を行える のコミュニティ価値を維持す ようにする る 例 -Yahoo! Answer (各アクショ -Yahoo! Answer (回答ポイ -Amazon Top Reviewers ンのポイント) ント累積) -FBI’s 10 Most Wanted List -Xbox Live (GamerScore) 設計方法 個々の活動、他者評価に対し、 ランキングをスコアボードで トップX位のユーザーを表示 累積ポイントを定義・表示す 表現する。 する る 推奨 -次の評価マイルストーンを提 -時期、ユーザー抽出等フィ -トップ 10位、50位、100位が 示する ルタを用意する よく使われる -競争相手とのパフォーマン -友人のみのフィルタ表示を ス比較で褒賞を設定 検討する 43
  44. 44. Rankings 3種の Ranking 設計パターン Points Leaderboard TopX 表現 達成度を表現し、達成感を向 ランキングをスコアボードで トップX位の競争相手が分か 上・他者比較を行えるように 表現し、誰が優れているか るようにする する 分かるようにする 活用状況 ユーザー間の競争を用い、 ユーザー間の比較を行える トップXが質の高いコンテンツ ユーザー活動を促進する ようにし、ユーザーが誰が優 を作成をし続け、他参加者へ れているかの議論を行える のコミュニティ価値を維持す ようにする る 例 -Yahoo! Answer (各アクショ -Yahoo! Answer (回答ポイ -Amazon Top Reviewers ンのポイント) ント累積) -FBI’s 10 Most Wanted List -Xbox Live (GamerScore) 設計方法 個々の活動、他者評価に対し、 ランキングをスコアボードで トップX位のユーザーを表示 累積ポイントを定義・表示す 表現する。 する る 推奨 -次の評価マイルストーンを提 -時期、ユーザー抽出等フィ -トップ 10位、50位、100位が 示する ルタを用意する よく使われる -競争相手とのパフォーマン -友人のみのフィルタ表示を ス比較で褒賞を設定 検討する 44
  45. 45. Rankings 3種の Ranking 設計パターン Points Leaderboard TopX 表現 達成度を表現し、達成感を向 ランキングをスコアボードで トップX位の競争相手が分か 上・他者比較を行えるように 表現し、誰が優れているか るようにする する 分かるようにする 活用状況 ユーザー間の競争を用い、 ユーザー間の比較を行える トップXが質の高いコンテンツ ユーザー活動を促進する ようにし、ユーザーが誰が優 を作成をし続け、他参加者へ れているかの議論を行える のコミュニティ価値を維持す ようにする る 例 -Yahoo! Answer (各アクショ -Yahoo! Answer (回答ポイ -Amazon Top Reviewers ンのポイント) ント累積) -FBI’s 10 Most Wanted List -Xbox Live (GamerScore) 設計方法 個々の活動、他者評価に対し、 ランキングをスコアボードで トップX位のユーザーを表示 累積ポイントを定義・表示す 表現する。 する る 推奨 -次の評価マイルストーンを提 -時期、ユーザー抽出等フィ -トップ 10位、50位、100位が 示する ルタを用意する よく使われる -競争相手とのパフォーマン -友人のみのフィルタ表示を ス比較で褒賞を設定 検討する 45
  46. 46. Rankings 3種の Ranking 設計パターン Points Leaderboard TopX 表現 達成度を表現し、達成感を向 ランキングをスコアボードで トップX位の競争相手が分か 上・他者比較を行えるように 表現し、誰が優れているか るようにする する 分かるようにする 活用状況 ユーザー間の競争を用い、 ユーザー間の比較を行える トップXが質の高いコンテンツ ユーザー活動を促進する ようにし、ユーザーが誰が優 を作成をし続け、他参加者へ れているかの議論を行える のコミュニティ価値を維持す ようにする る 例 -Yahoo! Answer (各アクショ -Yahoo! Answer (回答ポイ -Amazon Top Reviewers ンのポイント) ント累積) -FBI’s 10 Most Wanted List -Xbox Live (GamerScore) 設計方法 個々の活動、他者評価に対し、 ランキングをスコアボードで トップX位のユーザーを表示 累積ポイントを定義・表示す 表現する。 する る 推奨 -次の評価マイルストーンを提 -時期、ユーザー抽出等フィ -トップ 10位、50位、100位が 示する ルタを用意する よく使われる -競争相手とのパフォーマン -友人のみのフィルタ表示を ス比較で褒賞を設定 検討する 46
  47. 47. TopX トップX位の競争相手が分かるようにする Amazon Top Reviewer Amazon http://www.amazon.com/ 47
  48. 48. Rankings 3種の Ranking 設計パターン Points Leaderboard TopX 表現 達成度を表現し、達成感を向 ランキングをスコアボードで トップX位の競争相手が分か 上・他者比較を行えるように 表現し、誰が優れているか るようにする する 分かるようにする 活用状況 ユーザー間の競争を用い、 ユーザー間の比較を行える トップXが質の高いコンテンツ ユーザー活動を促進する ようにし、ユーザーが誰が優 を作成をし続け、他参加者へ れているかの議論を行える のコミュニティ価値を維持す ようにする る 例 -Yahoo! Answer (各アクショ -Yahoo! Answer (回答ポイ -Amazon Top Reviewers ンのポイント) ント累積) -FBI’s 10 Most Wanted List -Xbox Live (GamerScore) 設計方法 個々の活動、他者評価に対し、 ランキングをスコアボードで トップX位のユーザーを表示 累積ポイントを定義・表示す 表現する。 する る 推奨 -次の評価マイルストーンを提 -時期、ユーザー抽出等フィ -トップ 10位、50位、100位が 示する ルタを用意する よく使われる -競争相手とのパフォーマン -友人のみのフィルタ表示を ス比較で褒賞を設定 検討する 48
  49. 49. Tools for Monitoring Reputation 全体ランキング、現在の状況評価を行える ツールを提供する Top Discussion about me 49
  50. 50. Friend Ranking 友人の自分との類似度 関連度の評価を行う 試験的な導入 Facebook http://www.facebook.com/ 50
  51. 51. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 51 ○Tag Cloud
  52. 52. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 52 ○Tag Cloud
  53. 53. Collecting 収集活動は 人間の本能的活動 53
  54. 54. Collecting : 7種の設計パターン (1/2) Saving Favorites Displaying Add/Subscribe 表現 アイテムを保存し、閲覧、共有、 アイテムにお気に入りマー コレクションを作り、他者に 選択したコンテンツを購読 議論できるようにする クをつけられるようにする 表示できる できる 活用状況 オンラインでの各種オブジェク ユーザーに気に入ったアイ ユーザーが気に入ったアイ ユーザーにどこでもコンテン トの保存(ウェブサイト、ページ、 テムのリストを作らせたい テムのコレクションを作り、 ツ消費を許したいとき。ユー クリッピング、写真、動画、等) とき (ページブックマークの 他者に表示したいとき。 ザーに混合コンテンツの体 代わりになる) 験をさせたいとき。 使用例 -Delicious -Flicker -Delicious -Delicious -Evernote -Slideshare -Facebook -Flicker -GoodRead -Youtube -Flicker -Google Reader -LibraryThing -Slideshare -The New York Times -Stumble Upon -Yahoo! 設計方法 -ユーザーに簡単な保存方法・ -お気に入りアイテムのリス -ユーザーにコレクションを -動的コンテンツ(ブログ、 分類方法を用意する(タグづけ、 ト作成が行える。 表示するモジュール・バッジ フォーラム、写真など)から、 アイテムグループ分け等) -追記情報 (タグ、ノート記 を用意する 購読アクションを呼び出せ -各種フィルタを行えるようにす 述、他メタデータ) -コレクションモジュール・ るようにする。 る(タグ、文字列、日時、コンテ -タグ、キーワードでのアイ バッジのURLを用意する。 -RSS/Subscribeアイコンを ンツタイプ) テムの検索 -主要ソーシャルネットの 使う。 -他者にアイテム公開できるよう -個人ページからの容易な ウィジェットを用意する -どこでコンテンツを消費す にし、上記各種フィルタも用意 アクセス (Yahoo!など) るか指定できるようにする する。 -友人とのアイテム共有 -アイテムの各部分の表示・ (Google Reader, My Yahoo! --- 非表示設定、フィルタを用 など) -ダメ:人を好き嫌い評価対 意する。 [検討]: 象にしない。ネガティブ振 -Feed URLをカット&ペース 2つの保存方法 舞いが起こる。 -アイテムにオリジナルサイ トできるようにする。 -ポインタでの保存 トへのリンクを貼る。 --- -アイテムから、気に入って -コピーして保存 いる人を抽出できるように [検討] する。 -購読サービスへの自動追 加の機能を作る。 54
  55. 55. Collecting : 7種の設計パターン (1/2) Saving Favorites Displaying Add/Subscribe 表現 アイテムを保存し、閲覧、共有、 アイテムにお気に入りマー コレクションを作り、他者に 選択したコンテンツを購読 議論できるようにする クをつけられるようにする 表示できる できる 活用状況 オンラインでの各種オブジェク ユーザーに気に入ったアイ ユーザーが気に入ったアイ ユーザーにどこでもコンテン トの保存(ウェブサイト、ページ、 テムのリストを作らせたい テムのコレクションを作り、 ツ消費を許したいとき。ユー クリッピング、写真、動画、等) とき (ページブックマークの 他者に表示したいとき。 ザーに混合コンテンツの体 代わりになる) 験をさせたいとき。 使用例 -Delicious -Flicker -Delicious -Delicious -Evernote -Slideshare -Facebook -Flicker -GoodRead -Youtube -Flicker -Google Reader -LibraryThing -Slideshare -The New York Times -Stumble Upon -Yahoo! 設計方法 -ユーザーに簡単な保存方法・ -お気に入りアイテムのリス -ユーザーにコレクションを -動的コンテンツ(ブログ、 分類方法を用意する(タグづけ、 ト作成が行える。 表示するモジュール・バッジ フォーラム、写真など)から、 アイテムグループ分け等) -追記情報 (タグ、ノート記 を用意する 購読アクションを呼び出せ -各種フィルタを行えるようにす 述、他メタデータ) -コレクションモジュール・ るようにする。 る(タグ、文字列、日時、コンテ -タグ、キーワードでのアイ バッジのURLを用意する。 -RSS/Subscribeアイコンを ンツタイプ) テムの検索 -主要ソーシャルネットの 使う。 -他者にアイテム公開できるよう -個人ページからの容易な ウィジェットを用意する -どこでコンテンツを消費す にし、上記各種フィルタも用意 アクセス (Yahoo!など) るか指定できるようにする する。 -友人とのアイテム共有 -アイテムの各部分の表示・ (Google Reader, My Yahoo! --- 非表示設定、フィルタを用 など) -ダメ:人を好き嫌い評価対 意する。 [検討]: 象にしない。ネガティブ振 -Feed URLをカット&ペース 2つの保存方法 舞いが起こる。 -アイテムにオリジナルサイ トできるようにする。 -ポインタでの保存 トへのリンクを貼る。 --- -アイテムから、気に入って -コピーして保存 いる人を抽出できるように [検討] する。 -購読サービスへの自動追 加の機能を作る。 55
  56. 56. Saving アイテムを保存し 閲覧、共有、議論できるようにする 56
  57. 57. Collecting : 7種の設計パターン (1/2) Saving Favorites Displaying Add/Subscribe 表現 アイテムを保存し、閲覧、共有、 アイテムにお気に入りマー コレクションを作り、他者に 選択したコンテンツを購読 議論できるようにする クをつけられるようにする 表示できる できる 活用状況 オンラインでの各種オブジェク ユーザーに気に入ったアイ ユーザーが気に入ったアイ ユーザーにどこでもコンテン トの保存(ウェブサイト、ページ、 テムのリストを作らせたい テムのコレクションを作り、 ツ消費を許したいとき。ユー クリッピング、写真、動画、等) とき (ページブックマークの 他者に表示したいとき。 ザーに混合コンテンツの体 代わりになる) 験をさせたいとき。 使用例 -Delicious -Flicker -Delicious -Delicious -Evernote -Slideshare -Facebook -Flicker -GoodRead -Youtube -Flicker -Google Reader -LibraryThing -Slideshare -The New York Times -Stumble Upon -Yahoo! 設計方法 -ユーザーに簡単な保存方法・ -お気に入りアイテムのリス -ユーザーにコレクションを -動的コンテンツ(ブログ、 分類方法を用意する(タグづけ、 ト作成が行える。 表示するモジュール・バッジ フォーラム、写真など)から、 アイテムグループ分け等) -追記情報 (タグ、ノート記 を用意する 購読アクションを呼び出せ -各種フィルタを行えるようにす 述、他メタデータ) -コレクションモジュール・ るようにする。 る(タグ、文字列、日時、コンテ -タグ、キーワードでのアイ バッジのURLを用意する。 -RSS/Subscribeアイコンを ンツタイプ) テムの検索 -主要ソーシャルネットの 使う。 -他者にアイテム公開できるよう -個人ページからの容易な ウィジェットを用意する -どこでコンテンツを消費す にし、上記各種フィルタも用意 アクセス (Yahoo!など) るか指定できるようにする する。 -友人とのアイテム共有 -アイテムの各部分の表示・ (Google Reader, My Yahoo! --- 非表示設定、フィルタを用 など) -ダメ:人を好き嫌い評価対 意する。 [検討]: 象にしない。ネガティブ振 -Feed URLをカット&ペース 2つの保存方法 舞いが起こる。 -アイテムにオリジナルサイ トできるようにする。 -ポインタでの保存 トへのリンクを貼る。 --- -アイテムから、気に入って -コピーして保存 いる人を抽出できるように [検討] する。 -購読サービスへの自動追 加の機能を作る。 57
  58. 58. Favorites アイテムにお気に入りマークをつけられるようにする 58
  59. 59. Favorites アイテムにお気に入りマークをつけられるようにする 59
  60. 60. Collecting : 7種の設計パターン (1/2) Saving Favorites Displaying Add/Subscribe 表現 アイテムを保存し、閲覧、共有、 アイテムにお気に入りマー コレクションを作り、他者に 選択したコンテンツを購読 議論できるようにする クをつけられるようにする 表示できる できる 活用状況 オンラインでの各種オブジェク ユーザーに気に入ったアイ ユーザーが気に入ったアイ ユーザーにどこでもコンテン トの保存(ウェブサイト、ページ、 テムのリストを作らせたい テムのコレクションを作り、 ツ消費を許したいとき。ユー クリッピング、写真、動画、等) とき (ページブックマークの 他者に表示したいとき。 ザーに混合コンテンツの体 代わりになる) 験をさせたいとき。 使用例 -Delicious -Flicker -Delicious -Delicious -Evernote -Slideshare -Facebook -Flicker -GoodRead -Youtube -Flicker -Google Reader -LibraryThing -Slideshare -The New York Times -Stumble Upon -Yahoo! 設計方法 -ユーザーに簡単な保存方法・ -お気に入りアイテムのリス -ユーザーにコレクションを -動的コンテンツ(ブログ、 分類方法を用意する(タグづけ、 ト作成が行える。 表示するモジュール・バッジ フォーラム、写真など)から、 アイテムグループ分け等) -追記情報 (タグ、ノート記 を用意する 購読アクションを呼び出せ -各種フィルタを行えるようにす 述、他メタデータ) -コレクションモジュール・ るようにする。 る(タグ、文字列、日時、コンテ -タグ、キーワードでのアイ バッジのURLを用意する。 -RSS/Subscribeアイコンを ンツタイプ) テムの検索 -主要ソーシャルネットの 使う。 -他者にアイテム公開できるよう -個人ページからの容易な ウィジェットを用意する -どこでコンテンツを消費す にし、上記各種フィルタも用意 アクセス (Yahoo!など) るか指定できるようにする する。 -友人とのアイテム共有 -アイテムの各部分の表示・ (Google Reader, My Yahoo! --- 非表示設定、フィルタを用 など) -ダメ:人を好き嫌い評価対 意する。 [検討]: 象にしない。ネガティブ振 -Feed URLをカット&ペース 2つの保存方法 舞いが起こる。 -アイテムにオリジナルサイ トできるようにする。 -ポインタでの保存 トへのリンクを貼る。 --- -アイテムから、気に入って -コピーして保存 いる人を抽出できるように [検討] する。 -購読サービスへの自動追 加の機能を作る。 60
  61. 61. Displaying コレクションを作り、他者に表示できる 61
  62. 62. Collecting : 7種の設計パターン (1/2) Saving Favorites Displaying Add/Subscribe 表現 アイテムを保存し、閲覧、共有、 アイテムにお気に入りマー コレクションを作り、他者に 選択したコンテンツを購読 議論できるようにする クをつけられるようにする 表示できる できる 活用状況 オンラインでの各種オブジェク ユーザーに気に入ったアイ ユーザーが気に入ったアイ ユーザーにどこでもコンテン トの保存(ウェブサイト、ページ、 テムのリストを作らせたい テムのコレクションを作り、 ツ消費を許したいとき。ユー クリッピング、写真、動画、等) とき (ページブックマークの 他者に表示したいとき。 ザーに混合コンテンツの体 代わりになる) 験をさせたいとき。 使用例 -Delicious -Flicker -Delicious -Delicious -Evernote -Slideshare -Facebook -Flicker -GoodRead -Youtube -Flicker -Google Reader -LibraryThing -Slideshare -The New York Times -Stumble Upon -Yahoo! 設計方法 -ユーザーに簡単な保存方法・ -お気に入りアイテムのリス -ユーザーにコレクションを -動的コンテンツ(ブログ、 分類方法を用意する(タグづけ、 ト作成が行える。 表示するモジュール・バッジ フォーラム、写真など)から、 アイテムグループ分け等) -追記情報 (タグ、ノート記 を用意する 購読アクションを呼び出せ -各種フィルタを行えるようにす 述、他メタデータ) -コレクションモジュール・ るようにする。 る(タグ、文字列、日時、コンテ -タグ、キーワードでのアイ バッジのURLを用意する。 -RSS/Subscribeアイコンを ンツタイプ) テムの検索 -主要ソーシャルネットの 使う。 -他者にアイテム公開できるよう -個人ページからの容易な ウィジェットを用意する -どこでコンテンツを消費す にし、上記各種フィルタも用意 アクセス (Yahoo!など) るか指定できるようにする する。 -友人とのアイテム共有 -アイテムの各部分の表示・ (Google Reader, My Yahoo! --- 非表示設定、フィルタを用 など) -ダメ:人を好き嫌い評価対 意する。 [検討]: 象にしない。ネガティブ振 -Feed URLをカット&ペース 2つの保存方法 舞いが起こる。 -アイテムにオリジナルサイ トできるようにする。 -ポインタでの保存 トへのリンクを貼る。 --- -アイテムから、気に入って -コピーして保存 いる人を抽出できるように [検討] する。 -購読サービスへの自動追 加の機能を作る。 62
  63. 63. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 63 ○Tag Cloud
  64. 64. Collecting : 7種の設計パターン (2/2) Tagging Find with Tag Tag Cloud 表現 オブジェクトに対し、タグの付加・修正が タグを用い、特定のオブジェクトを オブジェクトに紐付けられたタグの できる 検索できる(写真、ブックマーク、 頻度を知ることができる 本、記事など) 活用状況 ユーザーが膨大なデータを収集すると ユーザーが膨大なコレクションを 各要素の関連したタグ表示をした き(写真、本など)。ユーザーが各種メタ ソート・操作を行いたいとき い(サイト関連、人気タグ、人の個性 データを混ぜて管理したいとき(ラベル、 に関連、など) キーワード等) 使用例 -Amazon -Delicious -Amazon -Delicious -Flicker -Flicker -Flicker -Library Thing -Library Thing -Library Thing 設計方法 -ユーザーが独自のタグを追加できるよ -タグデータベースでキーワード検 -タグを文字列順に並べる うにする 索ができるようにする -頻度にもとづきタグサイズを変える -ユーザーがタグを修正・削除できるよう -ユーザーがタグリストをブラウザ 場合、サイズ決定のアルゴリズムを にする 閲覧できるようにする 作る -タグの分け方の手順書を用意する -オブジェクトが見つかったら、関連 -ユーザーの関係者・友人に、ユーザー タグを全て表示し、関連タグでの のコレクションに対するタグ付けができ 再検索ができるようにする るようにする。 -単語の組合せで検索できるように する ※事前定義語彙とユーザー定義タグが 混ざることを恐れない。 64
  65. 65. Collecting : 7種の設計パターン (2/2) Tagging Find with Tag Tag Cloud 表現 オブジェクトに対し、タグの付加・修正が タグを用い、特定のオブジェクトを オブジェクトに紐付けられたタグの できる 検索できる(写真、ブックマーク、 頻度を知ることができる 本、記事など) 活用状況 ユーザーが膨大なデータを収集すると ユーザーが膨大なコレクションを 各要素の関連したタグ表示をした き(写真、本など)。ユーザーが各種メタ ソート・操作を行いたいとき い(サイト関連、人気タグ、人の個性 データを混ぜて管理したいとき(ラベル、 に関連、など) キーワード等) 使用例 -Amazon -Delicious -Amazon -Delicious -Flicker -Flicker -Flicker -Library Thing -Library Thing -Library Thing 設計方法 -ユーザーが独自のタグを追加できるよ -タグデータベースでキーワード検 -タグを文字列順に並べる うにする 索ができるようにする -頻度にもとづきタグサイズを変える -ユーザーがタグを修正・削除できるよう -ユーザーがタグリストをブラウザ 場合、サイズ決定のアルゴリズムを にする 閲覧できるようにする 作る -タグの分け方の手順書を用意する -オブジェクトが見つかったら、関連 -ユーザーの関係者・友人に、ユーザー タグを全て表示し、関連タグでの のコレクションに対するタグ付けができ 再検索ができるようにする るようにする。 -単語の組合せで検索できるように する ※事前定義語彙とユーザー定義タグが 混ざることを恐れない。 65
  66. 66. Tagging オブジェクトに対し タグの付加・修正ができる 66
  67. 67. Tagging オブジェクトに対し タグの付加・修正ができる 独自のタグ追加 独自タグとノート追加 Delicious LibraryThing.com Flicker.com 67
  68. 68. Collecting : 7種の設計パターン (2/2) Tagging Find with Tag Tag Cloud 表現 オブジェクトに対し、タグの付加・修正が タグを用い、特定のオブジェクトを オブジェクトに紐付けられたタグの できる 検索できる(写真、ブックマーク、 頻度を知ることができる 本、記事など) 活用状況 ユーザーが膨大なデータを収集すると ユーザーが膨大なコレクションを 各要素の関連したタグ表示をした き(写真、本など)。ユーザーが各種メタ ソート・操作を行いたいとき い(サイト関連、人気タグ、人の個性 データを混ぜて管理したいとき(ラベル、 に関連、など) キーワード等) 使用例 -Amazon -Delicious -Amazon -Delicious -Flicker -Flicker -Flicker -Library Thing -Library Thing -Library Thing 設計方法 -ユーザーが独自のタグを追加できるよ -タグデータベースでキーワード検 -タグを文字列順に並べる うにする 索ができるようにする -頻度にもとづきタグサイズを変える -ユーザーがタグを修正・削除できるよう -ユーザーがタグリストをブラウザ 場合、サイズ決定のアルゴリズムを にする 閲覧できるようにする 作る -タグの分け方の手順書を用意する -オブジェクトが見つかったら、関連 -ユーザーの関係者・友人に、ユーザー タグを全て表示し、関連タグでの のコレクションに対するタグ付けができ 再検索ができるようにする るようにする。 -単語の組合せで検索できるように する ※事前定義語彙とユーザー定義タグが 混ざることを恐れない。 68
  69. 69. Find with Tags タグを用い、特定のオブジェクトを検索できる (写真、ブックマーク、本、記事など) タグ検索 Flicker.com 検索結果アイテムと関連タグ 69
  70. 70. Collecting : 7種の設計パターン (2/2) Tagging Find with Tag Tag Cloud 表現 オブジェクトに対し、タグの付加・修正が タグを用い、特定のオブジェクトを オブジェクトに紐付けられたタグの できる 検索できる(写真、ブックマーク、 頻度を知ることができる 本、記事など) 活用状況 ユーザーが膨大なデータを収集すると ユーザーが膨大なコレクションを 各要素の関連したタグ表示をした き(写真、本など)。ユーザーが各種メタ ソート・操作を行いたいとき い(サイト関連、人気タグ、人の個性 データを混ぜて管理したいとき(ラベル、 に関連、など) キーワード等) 使用例 -Amazon -Delicious -Amazon -Delicious -Flicker -Flicker -Flicker -Library Thing -Library Thing -Library Thing 設計方法 -ユーザーが独自のタグを追加できるよ -タグデータベースでキーワード検 -タグを文字列順に並べる うにする 索ができるようにする -頻度にもとづきタグサイズを変える -ユーザーがタグを修正・削除できるよう -ユーザーがタグリストをブラウザ 場合、サイズ決定のアルゴリズムを にする 閲覧できるようにする 作る -タグの分け方の手順書を用意する -オブジェクトが見つかったら、関連 -ユーザーの関係者・友人に、ユーザー タグを全て表示し、関連タグでの のコレクションに対するタグ付けができ 再検索ができるようにする るようにする。 -単語の組合せで検索できるように する ※事前定義語彙とユーザー定義タグが 混ざることを恐れない。 70
  71. 71. Tag Cloud オブジェクトについたタグ頻度を 知ることができる 71
  72. 72. ご清聴ありがとうございました 72
  73. 73. AGENDA ◆Self-Introduction ◆Reputation Design Competitive Spectrum Levels ○Named Levels ○Numbered Levels ○Labels Awards ○Collective Achievements ○Peer-to-Peer Awards Ranking ○Points ○Leaderboard ○TopX ◆Collection Design ○Saving ○Favarites ○Displaying ○Add/Subscribe ○Tagging ○Find With Tags 73 ○Tag Cloud

×