プロセス改善モチベーションを意識した開発
プロセス改善とは?プロセス改善とは、開発プロセス、プロジェクト管理プロセスおよびプロセス構築の体制・方法を整備することにより、アプリケーションの品質、コスト、納期を改善し、お客様のビジネス目標の達成を支援すること。
なぜプロセス改善が必要か?一昔前(バブル絶頂期)までは、残業すればしたぶんだけ お客様からお金がもらえる。残業してる人=頑張ってるという考え方が当たり前だった。    ↓↓↓↓↓↓↓今は、お客さんは低価格で質のいい物を求めている。(当然の考え方)
現状は・・・?今は、お客さんは低価格で質のいい物を求めている。が、開発するPCの性能は上がったかもしれないが、実際にやってることは昔からあまり変わっていない。 変わってないと、どうなっちゃうの?
変わってないと?変わってないと・・・賃金は下がったが残業しないと仕事が終わらない。でも、残業したらプロジェクトは赤字(大げさ) でもしょうしょうがないじゃん・・・やり方は変わってないんだから!
負のスパイラル結果、会社は残業代で経営が圧迫される可能性も・・・それなのに、会社は残業している人=頑張ってるの考え方は変わらない。だから、なんか帰りづらい・・・orz仕事ってつまんない! ⇒仕事に対するモチベーションダウンと悪い流れになりかねません
モチベーションをあげよう社会への愚痴はこの辺までにして… 本題:モチベーションが低いといい仕事は出来ません!だから、モチベーションをあげるような仕事の仕方をしましょう!
どうやってモチベーションをあげる?まずは、簡単にモチベーションがあがりそうなところから始めよう。● 仕事を楽しもう● 目標を明確にしよう● 仕事にめりはりをつけよう● 自分の時間を大事にしよう
目標を明確にするいろいろあげましたが、今回のメインは「目標を明確にする!」でお話しします。まずは、自分がやるべき作業を細分化して一日にやらなきゃいけないことを明確にしてみましょう
なぜ目標の明確化?なぜ目標の明確化が必要なのか?作業が明確になってさえいれば… ● 今日はここまでやったら帰っていい!● 今週はここまでできていればいい! と考えることが出来ます。
作業を細分化しようただ、目標を明確にするためには自分がやるべき作業を細分化する必要があります。今までのやり方:作業のゴールをイメージしてそこまでのあらゆるマイルストンを一つのタスクとして管理
作業を細分化しようこれからのやり方:いままで、1つでイメージしていた作業をもっと細かい単位(タスク)で管理する。また、1つのタスクをクリアしたら次のタスクに移るという反復を意識した作業方法を行う
作業を細分化することで・・・タスクを細かくわけ、1つクリアしたら次のタスクを進めるやり方をすることで大きく3つの効果があると感じています。● やらないといけないことがはっきりわかる● 自分の仕事をコントロールしやすくなる● 仕事が進んでる楽しさ...
どうやってやればいいの?どうやってやればいいか?これから説明する ● 計画ゲーム ● タスク消化 ● ふりかえり ● 見える化  で、実践をふまえてやりましょう!
なぜタスク管理がいいの?タスク管理が苦手という人は、そもそもやらないといけないことが見えてなかったりします。細かいタスクに落とし込んでみると、全体としてどれだけのことをやらないといけないのか、その見通しがつけやすくなります。
全体が見えると…細分化した結果で全体が見えてきたらこっちのものです。後は、細分化した作業にどれくらい時間がかかるのかを見積もることににより全体にかかる時間が見えてきます。 ※細分化することで全体を漠然と見積もるよりはるかに高い精度の見積もりがで...
後は…後は、細分化した作業をもとにゴールに向かって進んで行くだけです!ほら、後は自分で作業量をコントロールしながら進められる気になるでしょ?そして、仕事が進んでる楽しさを感じられるような気になるでしょ?文章だけじゃ伝わらないので実際に試してみま...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」

986 views

Published on

はこだてIKA 第8回夜間勉強会で使用した資料です。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
986
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」

  1. 1. プロセス改善モチベーションを意識した開発
  2. 2. プロセス改善とは?プロセス改善とは、開発プロセス、プロジェクト管理プロセスおよびプロセス構築の体制・方法を整備することにより、アプリケーションの品質、コスト、納期を改善し、お客様のビジネス目標の達成を支援すること。
  3. 3. なぜプロセス改善が必要か?一昔前(バブル絶頂期)までは、残業すればしたぶんだけ お客様からお金がもらえる。残業してる人=頑張ってるという考え方が当たり前だった。    ↓↓↓↓↓↓↓今は、お客さんは低価格で質のいい物を求めている。(当然の考え方)
  4. 4. 現状は・・・?今は、お客さんは低価格で質のいい物を求めている。が、開発するPCの性能は上がったかもしれないが、実際にやってることは昔からあまり変わっていない。 変わってないと、どうなっちゃうの?
  5. 5. 変わってないと?変わってないと・・・賃金は下がったが残業しないと仕事が終わらない。でも、残業したらプロジェクトは赤字(大げさ) でもしょうしょうがないじゃん・・・やり方は変わってないんだから!
  6. 6. 負のスパイラル結果、会社は残業代で経営が圧迫される可能性も・・・それなのに、会社は残業している人=頑張ってるの考え方は変わらない。だから、なんか帰りづらい・・・orz仕事ってつまんない! ⇒仕事に対するモチベーションダウンと悪い流れになりかねません
  7. 7. モチベーションをあげよう社会への愚痴はこの辺までにして… 本題:モチベーションが低いといい仕事は出来ません!だから、モチベーションをあげるような仕事の仕方をしましょう!
  8. 8. どうやってモチベーションをあげる?まずは、簡単にモチベーションがあがりそうなところから始めよう。● 仕事を楽しもう● 目標を明確にしよう● 仕事にめりはりをつけよう● 自分の時間を大事にしよう
  9. 9. 目標を明確にするいろいろあげましたが、今回のメインは「目標を明確にする!」でお話しします。まずは、自分がやるべき作業を細分化して一日にやらなきゃいけないことを明確にしてみましょう
  10. 10. なぜ目標の明確化?なぜ目標の明確化が必要なのか?作業が明確になってさえいれば… ● 今日はここまでやったら帰っていい!● 今週はここまでできていればいい! と考えることが出来ます。
  11. 11. 作業を細分化しようただ、目標を明確にするためには自分がやるべき作業を細分化する必要があります。今までのやり方:作業のゴールをイメージしてそこまでのあらゆるマイルストンを一つのタスクとして管理
  12. 12. 作業を細分化しようこれからのやり方:いままで、1つでイメージしていた作業をもっと細かい単位(タスク)で管理する。また、1つのタスクをクリアしたら次のタスクに移るという反復を意識した作業方法を行う
  13. 13. 作業を細分化することで・・・タスクを細かくわけ、1つクリアしたら次のタスクを進めるやり方をすることで大きく3つの効果があると感じています。● やらないといけないことがはっきりわかる● 自分の仕事をコントロールしやすくなる● 仕事が進んでる楽しさがわかる
  14. 14. どうやってやればいいの?どうやってやればいいか?これから説明する ● 計画ゲーム ● タスク消化 ● ふりかえり ● 見える化  で、実践をふまえてやりましょう!
  15. 15. なぜタスク管理がいいの?タスク管理が苦手という人は、そもそもやらないといけないことが見えてなかったりします。細かいタスクに落とし込んでみると、全体としてどれだけのことをやらないといけないのか、その見通しがつけやすくなります。
  16. 16. 全体が見えると…細分化した結果で全体が見えてきたらこっちのものです。後は、細分化した作業にどれくらい時間がかかるのかを見積もることににより全体にかかる時間が見えてきます。 ※細分化することで全体を漠然と見積もるよりはるかに高い精度の見積もりができるはずです。
  17. 17. 後は…後は、細分化した作業をもとにゴールに向かって進んで行くだけです!ほら、後は自分で作業量をコントロールしながら進められる気になるでしょ?そして、仕事が進んでる楽しさを感じられるような気になるでしょ?文章だけじゃ伝わらないので実際に試してみましょう。

×