Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
SICE SSI 2013

18 / Nov / 2013

SS8
集合知とコミュニケーション場のメカニズムデザイン

水山 元

須藤秀紹

谷口忠大

(青学大)

(室蘭工大)

(立命大)

Hajime Mizuyama
Research Community

ビブリオバトル
ワークショップデザイン

コミュニケーション場の
メカニズムデザイン

発話権取引

予測市場の産業応用
選挙予測と世論計測

集合知メカニズム研究会
(旧称:予測市場と集合知活用)
経済...
Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence
集合知メカニズムとは「複数の参加者の間に分散している情報や認知能力を,
参加者間のインタラクションを通じて統合し,価値のある知識(知識資産)を
生...
Face-to-Face Meetings
Problem

Solution

Agenda

Decision,
Design, etc.

Hajime Mizuyama
Prediction Markets
Problem
Prediction
securities
Futures
market

Solution

Market
price

Hajime Mizuyama
Prediction Markets

図(省略)

Hajime Mizuyama
Micro-Task Markets
Problem

Division

Solution
Sub
problems

Sub
tasks
Hajime Mizuyama
Micro-Task Markets
Problem

Integration

Solution
Partial
solutions

Micro task
market
Hajime Mizuyama
Micro-Task Markets

図(省略)

Hajime Mizuyama
Game With A Purpose (GWAP)
Problem

Integration

Solution
Useful
information

Computer
game
Hajime Mizuyama
Game With A Purpose (GWAP)

図(省略)

Hajime Mizuyama
Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence
Problem

場

Solution

Hajime Mizuyama
Perspectives on the Mechanisms

Computer Science

アルゴリズムの
発展形

Mechanisms
for
Utilizing
Collective
Intelligence

Hajime Mi...
Human Computation

問題解決全体を取り仕切っている人が,
アルゴリズム化の容易な部分タスクを
切り出して,コンピュータに委ねる.

アルゴリズム化困難な部分タスクへの
人のミクロな貢献を,コンピュータが
統合して,問題の解を導...
Design Factors for HC (Law & von Ahn, 2011)
1.

人と機械(コンピュータ)の役割分担の設計

2.

人が担当する仕事の細分化(要素作業の設計)

3.

要素作業の結果をまとめ上げる工程の設計

...
Perspectives on the Mechanisms

(Manufacturing)
Systems Engineering

Computer Science

アルゴリズムの
発展形

Mechanisms
for
Utilizi...
How to Design a Knowledge Factory
インセンティブ設計レイヤー
必要な情報や能力をもった参加者を惹きつけ,
適切な貢献を促すとともに,好ましくない介入は
排除するためのインセンティブを記述・設計する層

組織設計...
Please join us!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

集合知とコミュニケーション場のメカニズムデザイン

1,139 views

Published on

SICE SSI 2013 未来ワーキングでの発表スライド

  • Be the first to comment

集合知とコミュニケーション場のメカニズムデザイン

  1. 1. SICE SSI 2013 18 / Nov / 2013 SS8 集合知とコミュニケーション場のメカニズムデザイン 水山 元 須藤秀紹 谷口忠大 (青学大) (室蘭工大) (立命大) Hajime Mizuyama
  2. 2. Research Community ビブリオバトル ワークショップデザイン コミュニケーション場の メカニズムデザイン 発話権取引 予測市場の産業応用 選挙予測と世論計測 集合知メカニズム研究会 (旧称:予測市場と集合知活用) 経済学実験を活用した 社会制度設計 集合知とコミュニケーション場のメカニズムデザイン Hajime Mizuyama
  3. 3. Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence 集合知メカニズムとは「複数の参加者の間に分散している情報や認知能力を, 参加者間のインタラクションを通じて統合し,価値のある知識(知識資産)を 生み出す仕組み」のことであり,これによって,人の集団の,集団としての情報 処理や推論,知的な振舞いなどが実現される. Dynamic 設計ワークショップ 社内wiki Virtual Real ビブリオバトル×4 twitter 発散デルファイ Static Hajime Mizuyama
  4. 4. Face-to-Face Meetings Problem Solution Agenda Decision, Design, etc. Hajime Mizuyama
  5. 5. Prediction Markets Problem Prediction securities Futures market Solution Market price Hajime Mizuyama
  6. 6. Prediction Markets 図(省略) Hajime Mizuyama
  7. 7. Micro-Task Markets Problem Division Solution Sub problems Sub tasks Hajime Mizuyama
  8. 8. Micro-Task Markets Problem Integration Solution Partial solutions Micro task market Hajime Mizuyama
  9. 9. Micro-Task Markets 図(省略) Hajime Mizuyama
  10. 10. Game With A Purpose (GWAP) Problem Integration Solution Useful information Computer game Hajime Mizuyama
  11. 11. Game With A Purpose (GWAP) 図(省略) Hajime Mizuyama
  12. 12. Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence Problem 場 Solution Hajime Mizuyama
  13. 13. Perspectives on the Mechanisms Computer Science アルゴリズムの 発展形 Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence Hajime Mizuyama
  14. 14. Human Computation 問題解決全体を取り仕切っている人が, アルゴリズム化の容易な部分タスクを 切り出して,コンピュータに委ねる. アルゴリズム化困難な部分タスクへの 人のミクロな貢献を,コンピュータが 統合して,問題の解を導き出す. Hajime Mizuyama
  15. 15. Design Factors for HC (Law & von Ahn, 2011) 1. 人と機械(コンピュータ)の役割分担の設計 2. 人が担当する仕事の細分化(要素作業の設計) 3. 要素作業の結果をまとめ上げる工程の設計 4. 要素作業を作業者に送り届ける手段の設計 5. 作業者のスキルのモデル化とその把握方法の設計 6. 要素作業と作業者の間の割当てやその方法の設計 7. 作業者の中長期的なインセンティブの設計 8. 作業者の作業品質や作業効率の管理方法の設計 9. 作業者間の関係性の設計 Hajime Mizuyama
  16. 16. Perspectives on the Mechanisms (Manufacturing) Systems Engineering Computer Science アルゴリズムの 発展形 Mechanisms for Utilizing Collective Intelligence 知識資産の 生産システム Hajime Mizuyama
  17. 17. How to Design a Knowledge Factory インセンティブ設計レイヤー 必要な情報や能力をもった参加者を惹きつけ, 適切な貢献を促すとともに,好ましくない介入は 排除するためのインセンティブを記述・設計する層 組織設計 人事評価 情報環境設計レイヤー 参加者が適切に貢献を果たすために必要な情報の 種類,その収集,生成の方法,適切な提示の タイミングなどを記述・設計する層 設備設計 レイアウト設計 プロセス設計レイヤー 目的とする知識資産を生み出すために必要な 参加者の貢献(作業),および,それらの貢献を 統合する方法(工程)を記述・設計する層 工程設計 作業設計 Hajime Mizuyama
  18. 18. Please join us!

×