Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Drupal social api

28 views

Published on

Setup explanation to enable Drupal site social login.

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Drupal social api

  1. 1. Drupal Meetup Social API Social Auth Facebookのインストールと設定 2019年2月7日 合同会社ユビキタスライフスタイル研究所 萩原 高行
  2. 2. 会社紹介 • 合同会社ユビキタスライフスタイル研究所 Ubiquitous Lifestyle Laboratory. LLC – 設立:2013年3月28日 – 代表:萩原高行 – 長期ミッション: 誰もが場所にしばられずに協働できる社会の実 現 – 事業概要: Internet時代の新しいライフスタイル確立に関わ る研究を行い、その成果に基づいてITサービス 、コンサルティング等のサービスを提供する 1
  3. 3. やりたいこと:DrupalのサイトでSocial Loginを実現したい • 利用したモジュール – Social Auth Facebook - Installing league/oauth2-client (2.4.1): Loading from cache - Installing drupal/social_api (2.0.0-beta4): Loading from cache - Installing league/oauth2-facebook (2.0.1): Loading from cache - Installing drupal/social_auth (2.0.0-beta4): Loading from cache - Installing drupal/social_auth_facebook (2.0.0-beta3): Loading from cache – 中身はPHP league(https://thephpleague.com/) • OAuth 2.0 Client 2
  4. 4. 検証 • DrupalのプレーンインストールとSocial Auth Facebookモジュールの導 入 cd /home/hagi/drupal composer create-project drupal-composer/drupal-project:8.x-dev meetup --stability dev --no-interaction Echo ‘create database meetup; grant all on meetup.* to ulsl@localhost;’ | sudo mysql cd meetup composer update --with-dependencies sudo chown –R www-data.www-data ./ sudo –uwww-data vendor/drush/drush/drush si --account-name=“ulsl-admin” --account-pass=“ulslab” --account-mail=contact@ulslab.com --site-mail=“contact@ulslab.com” --site-name=meetup --locale=ja --db-url=mysql://ulsl:内緒@localhost/meetup --db-prefix="dev-" sudo ln -s /home/hagi/drupal/meetup/web /var/www/html/meetup sudo –uwww-data composer require 'drupal/social_api:^2.0' 'drupal/social_auth:^2.0' 'drupal/social_auth_facebook:^2.0’ sudo –uwww-data vendor/drush/drush/drush updb • Let’s EncryptでSSLの設定 – 委細省略 3
  5. 5. モジュールの有効化 4
  6. 6. Social Auth Facebookの設定 5
  7. 7. Facebook側の設定 6
  8. 8. Drupal側への反映 7
  9. 9. Facebook側との連携 8
  10. 10. Facebookログイン 9
  11. 11. 登録アカウントの確認と承認 10
  12. 12. Facebookでアクティブ化 11
  13. 13. 続:Facebookでアクティブ化 12
  14. 14. 参考:操作時間 13
  15. 15. OpenID Connect 14 https://qiita.com/SAM-l/items/a144a8661635fcc9fb0e から引用 Drupalサイトああ Facebookあ 7. 同意確認
  16. 16. SAMLとの比較 15 https://qiita.com/SAM-l/items/a144a8661635fcc9fb0e から引用 勝手サイトを許容しな い
  17. 17. 諸検討 • DrupalがOPになる価値はあるか? – 簡易実装だと嬉しいが、本当はOpenAM等が望ましい • DrupalがRPになる価値はあるか? – 認証機能の標準対応は望ましい 16
  18. 18. おまけ:Google Loginにも対応してみた • インストール方法 – https://www.drupal.org/docs/8/modules/social-api/social-api-2x/social-auth- 2x/social-auth-google-2x-installation • twitterは失敗 17
  19. 19. Google側設定/Drupal側設定 18
  20. 20. さらにおまけ:sendgrid_integration 19 • 割と簡単
  21. 21. Sendgrid側設定 20
  22. 22. Drupal側設定 21
  23. 23. お問い合わせは HAGI@ULSLAB.COM までお願いします。 22 本資料の扱いは、creative commons 表示 4.0 国際 (CC BY 4.0)とします。ただし、引 用コンテンツについては、それぞれその条件に従ってください

×