Successfully reported this slideshow.

Spark Conference Japan 開催にあたって(Hadoop / Spark Conference Japan 2016 キーノート講演資料)

3

Share

1 of 9
1 of 9

Spark Conference Japan 開催にあたって(Hadoop / Spark Conference Japan 2016 キーノート講演資料)

3

Share

Download to read offline

Hadoop / Spark Conference Japan 2016 キーノート講演資料
『Spark Conference Japan 開催にあたって』

猿田 浩輔(Apache Sparkコミッタ、NTTデータ)

▼イベントページ
http://hadoop.apache.jp/hcj2016-program/
http://hcj2016.eventbrite.com/

Hadoop / Spark Conference Japan 2016 キーノート講演資料
『Spark Conference Japan 開催にあたって』

猿田 浩輔(Apache Sparkコミッタ、NTTデータ)

▼イベントページ
http://hadoop.apache.jp/hcj2016-program/
http://hcj2016.eventbrite.com/

More Related Content

More from Hadoop / Spark Conference Japan

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Spark Conference Japan 開催にあたって(Hadoop / Spark Conference Japan 2016 キーノート講演資料)

  1. 1. Spark Conference Japan 開催にあたって 猿田浩輔 / Kousuke Saruta (Apache Sparkコミッタ、NTTデータ)
  2. 2. Spark Conference Japan開催の背景  昨今の日本でのSpark熱の高まり • MeetupなどでのSparkに関連したトークの増加 • 日本語による情報源も増えてきた ‐ 書籍 ‐ 雑誌 / Web記事 ‐ ブログ記事 • Sparkへの日本人コントリビュータの増加 • すでに商用運用している例も多数  多くの人たちが手探りでSparkを活用したり、開発に貢献している段階 • 取り組みを発信したい • 活用のヒントを得たい • Sparkの開発に携わっている そんなみなさまのための、Spark Conference Japan
  3. 3. どのくらいの人がSparkに興味を持っているのか • 70%の参加者が実際に利用中もしくは利用を検討している • 12%の参加者はすでに本番環境で運用中 • うち6%は1年以上運用中 • 中には3年以上運用している方も
  4. 4. 利用されているコンポーネント ※ 重複選択可能 ※ いずれかのコンポーネントを利用している方451名を対象 • 55%以上の方がSpark SQL / DataFrameを利用 • 用途の分かりやすいMLlibやSpark Streamingも40%近い方 から利用されている (人)
  5. 5. キーノート Reynold Xin Spark 2.0: What’s Next 須藤 武文 さくらインターネットが構築した、 Apache Sparkによる原価計算システム
  6. 6. 事例セッション 13:45 – 14:20 / C会場 / 車田 篤史, 堤 崇行 リクルートライフスタイルの考えるストリームデータの活かし方 〜AWS + Kafka + Spark Streaming〜 14:30 – 15:05 / C会場 / 須藤 武文 さくらインターネットが構築した Apache Sparkによる原価計算システムの仕組みとその背景 15:15 – 15:50 / D会場 / 鈴木 由宇, 土橋 昌 SparkによるGISデータを題材とした時系列データ処理 16:00 – 16-35 / D会場 /加嵜 長門 Hive on Sparkを活用した高速データ分析
  7. 7. テクニカルセッション 12:00 – 12:30 / C会場 / 猿田 浩輔 Apache Spark超入門(ランチセッション) 13:00 – 13:35 / C会場 / 草薙 昭彦 ストリーミングアーキテクチャ: StateからFlowへ 13:45 – 14:20 / D会場 / 石川 有 Spark Mllib Now and Beyond 15:15 – 15:50 / C会場 / Reynold Xin Deep Dive into Project Tungsten 16:00 – 16:35 / C会場 / 石崎 一明 Exploiting GPUs in Spark
  8. 8. Spark Conference Japan 2016 実行委員会  石川 有 (リクルートテクノロジーズ)  井上 ゆり (サイバーエージェント)  梅川 真人 (MapR Technologies)  川崎 達夫 (Cloudera Japan)  神田 勝規 (サイバーエージェント)  木林 正光 (Cloudera Japan)  草薙 昭彦 (MapR Technologies)  近藤 和成 (クリエーションライン)  猿田 浩輔 (NTTデータ)  下垣 徹 (NTTデータ)  蒋 逸峰 (Hortonworks Japan)  Ippei Suzuki (クリエーションライン)  添田 健輔 (リクルートテクノロジーズ)  土橋 昌 (NTTデータ)  濱野 賢一朗 (NTTデータ)  平林 良昭 (MapR Technologies)  松倉 健志 (MapR Technologies)  三原 茂 (MapR Technologies)  師岡 一成 (ブレインパッド)  安田 忠弘 (クリエーションライン)
  9. 9. Enjoy Spark Conference Japan 2016!

×