Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
openstackOpen source software to build public and private clouds.      Grizzly is coming soon :)            Japan OpenStac...
本セッションの概要日本時間で2013年4月5日にリリースされる、OpenStackの次期リリース(Grizzly 2013.1)に実装される*予定*の新機能について紹介する約25分のセッションです。注1)Novaに関する部分についてはJOSUG...
目次●    自己紹介●    OpenStackリリースの黒くない歴史●    Grizzlyについて●    次期Nova/Keystone/Glance/Cinder/Horizon/    Quantumリリースのポイント●    まと...
自己紹介●    なまえ:    –   齊藤 秀喜 (さいとう ひでき)    –   TwitterId: @saito_hideki    –   URL: http://d.hatena.ne.jp/pyde/●    しごと:    ...
OpenStackリリースの歴史    米国の地名からOpenStackのコミュニティの投票で選ばれます。●    A...Austin(テキサス州オースチン)●    B...Bexar(テキサス州ベア)●    C...Cactus(カリフ...
Grizzlyがきますよ                          Week(Thursday)           common        swift   ∩___∩                          2013  ...
Nova次期版の開発項目●    Nova の Blueprints によると65項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/nova/grizzly        ...
Nova次期版のポイント●    拠点間連係●    スケーラビリティの改善●    物理マシンによるIaaS●    ボリューム機能はCinderへ●    仮想化ドライバ改善             OSC2013 Tokyo/Spring
拠点間連係(これが)                       cloud controller   compute               compute                 compute    compute      ...
拠点間連係(こうなる)                                      API Cell         nova-cells                                              ...
スケーラビリティの改善(これが)●    computeノードの増加と共に増大するデータ    ベース負荷に対応する                                         compute #0             ...
スケーラビリティの改善(こうなる)●    nova-conductorとAMQPにより、computeがdatabaseを直撃    しないよう対策●    新しい死活管理機構(servicegroup)によりdatabaseを利用す    ...
物理マシンによるIaaS●    詳しくはこちら。PXE/IPMIなどの既存技術を    うまく利用して物理サーバのプロビジョニン    グが可能に。    https://wiki.openstack.org/wiki/GeneralBare...
ボリューム機能はCinderへ●    Cinder に移管されたボリューム管理機能を    Nova から完全に削除する    –   元々 Folsom リリースで削除の話があったが、        後方互換性/移行面から見送られていた  ...
仮想化ドライバ改善●    VNC に加え、KVM の新しいリモートデスク    トッププロトコル「SPICE」に対応。速いうえ    に高機能らしい。●    VMware ドライバ改善●    Hyper-V ドライバ改善●    Xen ...
ここで紹介したBlueprints●    Nova Compute Cells●    no-db-compute●    no-db-compute-manager●    no-db-virt●    General Bare-Metal...
Keystone次期版の開発項目●    Keystone の Blueprints によると14項目    (2013/02/19時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/keystone/gri...
Keystone次期版のポイント●    APIの改善●    ActiveDirectory連係                  OSC2013 Tokyo/Spring
APIの改善    Keystone-APIを利用するコンポーネントがど    のタイミングで追随するかがポイント●    APIバージョン3が新たに追加●    RBACの導入    –   機能毎にpolocy.json内でアクセス権を設定...
APIの改善●    新たな管理単位の導入    https://github.com/openstack/identity-api/blob/master/openstac    k-identity-api/src/markdown/ide...
Active Directory連係●    HowtoIntegrateKeystonewithAD    https://wiki.openstack.org/wiki/HowtoIntegrateKeysto    newithAD   ...
ここで紹介したBlueprints●    Implement V3 keystone API●    Implement a policy.json and RBAC controls for    invoking the Keystone...
Glance次期版の開発項目●    Glance の Blueprints によると8項目    (2013/02/19時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/glance/grizzly   ...
Glance次期版のポイント●    ServerとCLIを分離    くらい?割とほっとかれている感じ                OSC2013 Tokyo/Spring
Glance次期版のポイント●    ServerとCLIを分離    くらい?割とほっとかれている感じ                OSC2013 Tokyo/Spring
ここで紹介したBlueprint●    Split out the Glance client from the Glance    servers packages    いや、ほんとに話題ないなぁ...    息してるのかなぁ...   ...
Horizon次期版の開発項目●    Horizon の Blueprints によると22項目    (2013/02/21時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/horizon/grizzl...
Horizon次期版のポイント●    Quantum操作機能の改善●    VM操作機能の改善●    OSイメージ操作機能の改善             OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善   より便利に      OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善    より詳細に     OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善        l3にも対応     OSC2013 Tokyo/Spring
Quantum操作機能の改善   より直感的に   これちょっといいね!     OSC2013 Tokyo/Spring
VM操作機能の改善HorizonからもVM作成後のセキュリティグループの割り当てが可能に      OSC2013 Tokyo/Spring
OSイメージ操作機能の改善  ローカルファイルのアップ  ロードが可能に       OSC2013 Tokyo/Spring
ここで紹介したBluepoints●    Quantum Floating IP support●    Quantum L3 support●    Load Balancing Service UI●    Network topolog...
Cinder次期版の開発項目●    Cinder の Blueprints によると38項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/cinder/grizzly  ...
Cinder次期版のポイント●    APIの改善●    ボリューム機能の改善●    ボリュームドライバの改善             OSC2013 Tokyo/Spring
APIの改善●    APIバージョン2が新たに追加    https://wiki.openstack.org/wiki/CinderAPIv2●    エラーレスポンスの改善    –   500を返すだけのツンデレ外交を返上し、ユーザ  ...
ボリューム機能の改善●    ボリュームクローン機能の追加    ボリューム作成時に—source-volidに指定したボリュー    ムのクローンを作成することが可能となった。    $ cinder create --source-voli...
ボリューム機能の改善●    ボリュームバックアップ    ユーザボリュームをswift利用してバックアップ・リ    ストア可能に。    –   新たにcinder-backupが追加された                   OSC201...
ボリューム機能の改善●    複数のボリュームバックエンドが利用可能    このような感じの設定で複数のボリュームバックエ    ンドを利用可能になるようです。    [DEFAULT]    iscsi_helper=tgtadm    # ...
ボリューム機能の改善●    スケジューラの追加    –   Chance/SimpleだけでなくFilterSchedulerも利用        可能となった         ●             CinderのオリジナルとしてはC...
ボリュームドライバの改善●    追加予定のドライバ    –   CORAID ストレージアプライアンス    –   EMC VNX/VMAX/VMAXe    –   HP 3PAR    –   Huawei OceanStor T s...
ここで紹介したBlueprints●    Create cinder api v2 framework●    Clearer API Error Responses●    Add clone_volume functionality to...
Quantum次期版の開発項目●    Quantum の Blueprints によると45項目    (2013/02/20時点)    –   https://blueprints.launchpad.net/quantum/grizzl...
Quantum次期版のポイント●    機能の改善    –   IP overlapping が実用的に    –   Quantum security group, metadata-agent●    新機能の追加    –   DB m...
機能の改善●    IPアドレスが重複したネットワークが実用的に    –   Quantum Security Group        ●            基本的には Nova Security Group と等価。        ●...
新機能の追加●    DB migration    –   Folsom を運用中のデータベースを Grizzly 向けに更新可能に(nova な        どではサポート済)    –   使用中のプラグインを判定して、必要なもののみア...
(まだ入るか分からない) 目玉機能●    Quantum Scheduler    –   DHCP 機能、 L3 Router 機能を複数ホストで負荷分散でき        るようになる    –   Nova の multi_host に...
まとめ    Grizzlyは機能面でもユーザビリティの面でもかなり    進歩しています。    みなさんもdevstackで試してみてください。    そして期待しつつ日本時間の2013/4/5を待ちま    しょう:-)●    DEVS...
Special Thanks- JOSUG 吉山さん(Nova)- JOSUG 元木さん(Quantum)- JOSUG 中島さん(むちゃぶり)ご清聴ありがとうございました        OSC2013 Tokyo/Spring
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

OSC2013 Tokyo/Spring JOSUG

2,706 views

Published on

OSC2013 Tokyo/Springでの講演資料改訂版

Published in: Technology
  • Be the first to comment

OSC2013 Tokyo/Spring JOSUG

  1. 1. openstackOpen source software to build public and private clouds. Grizzly is coming soon :) Japan OpenStack User Group さいとうひでき (twitterid: @saito_hideki) OSC2013 Tokyo/Spring
  2. 2. 本セッションの概要日本時間で2013年4月5日にリリースされる、OpenStackの次期リリース(Grizzly 2013.1)に実装される*予定*の新機能について紹介する約25分のセッションです。注1)Novaに関する部分についてはJOSUG吉山さんがOpenStack Study#11で発表した資料をご本人の承諾を得てパクって利用しています。注2) 紹介した中には、Havanaに見送られる機能もいくつもあると思います OSC2013 Tokyo/Spring
  3. 3. 目次● 自己紹介● OpenStackリリースの黒くない歴史● Grizzlyについて● 次期Nova/Keystone/Glance/Cinder/Horizon/ Quantumリリースのポイント● まとめ OSC2013 Tokyo/Spring
  4. 4. 自己紹介● なまえ: – 齊藤 秀喜 (さいとう ひでき) – TwitterId: @saito_hideki – URL: http://d.hatena.ne.jp/pyde/● しごと: – 某ISP勤務 – クラウド関連技術のちょっとした調査・実証実験 – クラウド関連のちょっとした開発・運用 – クラウド関連のちょっとした火消しとかお詫び – JOSUG撮影班● しゅみ: – OpenStack(嗜む程度) OSC2013 Tokyo/Spring
  5. 5. OpenStackリリースの歴史 米国の地名からOpenStackのコミュニティの投票で選ばれます。● A...Austin(テキサス州オースチン)● B...Bexar(テキサス州ベア)● C...Cactus(カリフォルニア州カクタス)● D...Diablo(カリフォルニア州ディアブロ)● E...Essex(マサチューセッツ州エセックス)● F...Folsom(カリフォルニア州フォルサム) <-イマココ● G...Grizzly(なぜかカリフォルニア州の旗から...ほんと?)<-ツギココ● H...Havana(オレゴン州ハバナ) 詳しくはこちら https://wiki.openstack.org/wiki/ReleaseNaming OSC2013 Tokyo/Spring
  6. 6. Grizzlyがきますよ Week(Thursday) common swift   ∩___∩ 2013 January 3rd   | ノ      ヽ 10th grizzly-2  /  ●   ● | クマ──!! 17th 1.7.6  |    ( _●_)  ミ 25th February 7th 彡、   |∪|  、`\ 14th/ __  ヽノ /´>  ) 21st grizzly-3(___)   / (_/ 28th |       / March 7th 14th Release Candidates |  /\ \ 21st | /    )  ) 28th ∪    (  \ 4th Grizzly Release       \_) 11th 18th Design Summit OSC2013 Tokyo/Spring
  7. 7. Nova次期版の開発項目● Nova の Blueprints によると65項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/nova/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  8. 8. Nova次期版のポイント● 拠点間連係● スケーラビリティの改善● 物理マシンによるIaaS● ボリューム機能はCinderへ● 仮想化ドライバ改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  9. 9. 拠点間連係(これが) cloud controller compute compute compute compute compute compute compute compute computeAvailability Zone-A Availability Zone-B Availability Zone-C OSC2013 Tokyo/Spring
  10. 10. 拠点間連係(こうなる) API Cell nova-cells nova-api nova-scheduler nova-cells nova-network database nova-compuet AMQP database AMQP Child Cells Child Cells nova-cellsnova-scheduler nova-network Folsomの頃から、Cellsの話は出ているがnova-compuet リリースが見送られてるので、もしかした database ら今回も..... AMQP Grandchild Cells Grandchild Cells Grandchild Cells OSC2013 Tokyo/Spring
  11. 11. スケーラビリティの改善(これが)● computeノードの増加と共に増大するデータ ベース負荷に対応する compute #0 compute #1 database compute #2 compute #3 モウヤメテ... タスケテ... compute #NN 死活監視のために毎分レコード更新 OSC2013 Tokyo/Spring
  12. 12. スケーラビリティの改善(こうなる)● nova-conductorとAMQPにより、computeがdatabaseを直撃 しないよう対策● 新しい死活管理機構(servicegroup)によりdatabaseを利用す る以外の死活管理の仕組みをプラグインとして実装可能 controller compute #0 nova-conductor compute #1 AMQP compute #2 compute #3 database compute #4 OSC2013 Tokyo/Spring
  13. 13. 物理マシンによるIaaS● 詳しくはこちら。PXE/IPMIなどの既存技術を うまく利用して物理サーバのプロビジョニン グが可能に。 https://wiki.openstack.org/wiki/GeneralBareMet alProvisioningFramework/Historical OSC2013 Tokyo/Spring
  14. 14. ボリューム機能はCinderへ● Cinder に移管されたボリューム管理機能を Nova から完全に削除する – 元々 Folsom リリースで削除の話があったが、 後方互換性/移行面から見送られていた サヨナラ... Cinderちゃんと仲良くね... OSC2013 Tokyo/Spring
  15. 15. 仮想化ドライバ改善● VNC に加え、KVM の新しいリモートデスク トッププロトコル「SPICE」に対応。速いうえ に高機能らしい。● VMware ドライバ改善● Hyper-V ドライバ改善● Xen ドライバ改善● PowerVM ドライバ OSC2013 Tokyo/Spring
  16. 16. ここで紹介したBlueprints● Nova Compute Cells● no-db-compute● no-db-compute-manager● no-db-virt● General Bare-Metal Provisioning Framework● Delete all traces of volume code from nova● Add support for SPICE graphics to libvirt driver● VMware Compute Driver● Nova Compute Hyper-V driver Grizzly features● Hyper-V Compute Driver Resize feature● Hyper-V Config Drive V2● Support Snapshot for IBM PowerVM Computer Driver● Support Resize and Migrate for IBM PowerVM Compute Driver OSC2013 Tokyo/Spring
  17. 17. Keystone次期版の開発項目● Keystone の Blueprints によると14項目 (2013/02/19時点) – https://blueprints.launchpad.net/keystone/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  18. 18. Keystone次期版のポイント● APIの改善● ActiveDirectory連係 OSC2013 Tokyo/Spring
  19. 19. APIの改善 Keystone-APIを利用するコンポーネントがど のタイミングで追随するかがポイント● APIバージョン3が新たに追加● RBACの導入 – 機能毎にpolocy.json内でアクセス権を設定可能 OSC2013 Tokyo/Spring
  20. 20. APIの改善● 新たな管理単位の導入 https://github.com/openstack/identity-api/blob/master/openstac k-identity-api/src/markdown/identity-api-v3.md – Groups Userを文字通りグループ化する – Domains Tenant/Group/Userを大枠で管理する。 これらはDomain内でユニークである必要がある。 おかげでkeystone.confはfolsom時よりも複雑に。 しかし、2/21時点でgroup関連はNot Implemented...もしかして定義しただ け? OSC2013 Tokyo/Spring
  21. 21. Active Directory連係● HowtoIntegrateKeystonewithAD https://wiki.openstack.org/wiki/HowtoIntegrateKeysto newithAD keystone.conf内でActiveDirectory用にldap-backendを設定 すれば行けるように見えるのですが、本当に動くんでしょう か? OSC2013 Tokyo/Spring
  22. 22. ここで紹介したBlueprints● Implement V3 keystone API● Implement a policy.json and RBAC controls for invoking the Keystone API● ActiveDirectory based LDAP back-end● Default domain to support Identity API v2● Support Groups of Users within Keystone● Private name spaces for domains● Role assignment to a domain should be more flexible● Allow scoping to a domain, as well as a project OSC2013 Tokyo/Spring
  23. 23. Glance次期版の開発項目● Glance の Blueprints によると8項目 (2013/02/19時点) – https://blueprints.launchpad.net/glance/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  24. 24. Glance次期版のポイント● ServerとCLIを分離 くらい?割とほっとかれている感じ OSC2013 Tokyo/Spring
  25. 25. Glance次期版のポイント● ServerとCLIを分離 くらい?割とほっとかれている感じ OSC2013 Tokyo/Spring
  26. 26. ここで紹介したBlueprint● Split out the Glance client from the Glance servers packages いや、ほんとに話題ないなぁ... 息してるのかなぁ... OSC2013 Tokyo/Spring
  27. 27. Horizon次期版の開発項目● Horizon の Blueprints によると22項目 (2013/02/21時点) – https://blueprints.launchpad.net/horizon/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  28. 28. Horizon次期版のポイント● Quantum操作機能の改善● VM操作機能の改善● OSイメージ操作機能の改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  29. 29. Quantum操作機能の改善 より便利に OSC2013 Tokyo/Spring
  30. 30. Quantum操作機能の改善 より詳細に OSC2013 Tokyo/Spring
  31. 31. Quantum操作機能の改善 l3にも対応 OSC2013 Tokyo/Spring
  32. 32. Quantum操作機能の改善 より直感的に これちょっといいね! OSC2013 Tokyo/Spring
  33. 33. VM操作機能の改善HorizonからもVM作成後のセキュリティグループの割り当てが可能に OSC2013 Tokyo/Spring
  34. 34. OSイメージ操作機能の改善 ローカルファイルのアップ ロードが可能に OSC2013 Tokyo/Spring
  35. 35. ここで紹介したBluepoints● Quantum Floating IP support● Quantum L3 support● Load Balancing Service UI● Network topology graphical view● Specifying VNIC order in VM launching workflow● Improves quantum summary table info● Flavor Extra Specs● Migrate instance from syspanel● Support adding security groups to existing instances● Glance Image Upload● Organised images display OSC2013 Tokyo/Spring
  36. 36. Cinder次期版の開発項目● Cinder の Blueprints によると38項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/cinder/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  37. 37. Cinder次期版のポイント● APIの改善● ボリューム機能の改善● ボリュームドライバの改善 OSC2013 Tokyo/Spring
  38. 38. APIの改善● APIバージョン2が新たに追加 https://wiki.openstack.org/wiki/CinderAPIv2● エラーレスポンスの改善 – 500を返すだけのツンデレ外交を返上し、ユーザ に有用な情報を返すよう修正。 OSC2013 Tokyo/Spring
  39. 39. ボリューム機能の改善● ボリュームクローン機能の追加 ボリューム作成時に—source-volidに指定したボリュー ムのクローンを作成することが可能となった。 $ cinder create --source-volid <original> <new> <size> --source-volid <source-volid> Create volume from volume id (Optional, Default=None) OSC2013 Tokyo/Spring
  40. 40. ボリューム機能の改善● ボリュームバックアップ ユーザボリュームをswift利用してバックアップ・リ ストア可能に。 – 新たにcinder-backupが追加された OSC2013 Tokyo/Spring
  41. 41. ボリューム機能の改善● 複数のボリュームバックエンドが利用可能 このような感じの設定で複数のボリュームバックエ ンドを利用可能になるようです。 [DEFAULT] iscsi_helper=tgtadm # Multi Volume Backend support multi_backend_support=True multi_backend_configs=locallvm,cluster1 [locallvm] volume_driver=nova.volume.driver.ISCSIDriver volume_group=cinder-volumes [cluster1] volume_driver=nova.volume.san.HpSanISCSIDriver san_ip=x.x.x.x san_ssh_port=123 san_login=foo san_password=bar san_clustername=cluster1 OSC2013 Tokyo/Spring
  42. 42. ボリューム機能の改善● スケジューラの追加 – Chance/SimpleだけでなくFilterSchedulerも利用 可能となった ● CinderのオリジナルとしてはCapacityFilterが定義さ れています ChanceScheduler cinder-scheduler SimpleScheduler <Folsom Default> FilterScheduler <Grizzly Default> OSC2013 Tokyo/Spring
  43. 43. ボリュームドライバの改善● 追加予定のドライバ – CORAID ストレージアプライアンス – EMC VNX/VMAX/VMAXe – HP 3PAR – Huawei OceanStor T series V100/Dorado – NetApp – GlusterFS(NFS利用) – Fibre channel block storage その他多数 OSC2013 Tokyo/Spring
  44. 44. ここで紹介したBlueprints● Create cinder api v2 framework● Clearer API Error Responses● Add clone_volume functionality to Cinder● Volume Backups● Volume Type Scheduler● Support for Multiple driver backends in a single manager● Add a Cinder volume driver to support CORAID storage and AoE (ATA over Ethernet) protocol● Add a Volume Driver to support EMC storage in Cinder.● Fibre channel block storage support● Use GlusterFS as a volume backend● HP 3PAR array volume driver● Add a Cinder volume driver to support HUAWEI storage● NetApp cluster specific NFS virtual block driver● NetApp direct to storage drivers for cinder● Implement a volume driver for Scality SOFS OSC2013 Tokyo/Spring
  45. 45. Quantum次期版の開発項目● Quantum の Blueprints によると45項目 (2013/02/20時点) – https://blueprints.launchpad.net/quantum/grizzly OSC2013 Tokyo/Spring
  46. 46. Quantum次期版のポイント● 機能の改善 – IP overlapping が実用的に – Quantum security group, metadata-agent● 新機能の追加 – DB migration – Route configuration in Quantum router● (まだ入るか分からない) 目玉機能 – Load Balancer as a Service OSC2013 Tokyo/Spring
  47. 47. 機能の改善● IPアドレスが重複したネットワークが実用的に – Quantum Security Group ● 基本的には Nova Security Group と等価。 ● 差分は以下の2点。 – VNIC 単位のセキュリティグループ割り当て – (VMからの) Egress に対するフィルタリングのサポート – Metadata Service (with IP overlapping) ● metadata server での手動でのrouting設定が不要に OSC2013 Tokyo/Spring
  48. 48. 新機能の追加● DB migration – Folsom を運用中のデータベースを Grizzly 向けに更新可能に(nova な どではサポート済) – 使用中のプラグインを判定して、必要なもののみアップデートを実行● Route configuration in Quantum router – Quantum Router に追加の Routing Entry を設定可能に● 今後の機能拡張に向けた内部構造の改善・拡張 – Service Plugin ● メインのプラグイン以外にサービス用のプラグイン (LBaaS など) がロードでき るように拡張 – VIF-plugging improvement ● もしかすると Grizzly で Nova の VIF driver の設定が不要になります OSC2013 Tokyo/Spring
  49. 49. (まだ入るか分からない) 目玉機能● Quantum Scheduler – DHCP 機能、 L3 Router 機能を複数ホストで負荷分散でき るようになる – Nova の multi_host に近い機能● LBaaS (Load Balancer as a Service) – HAProxy サポートが OSS での実装としてレビュー中 – (マージされた場合は) Horizon Support も● 新しい Plugin がいろいろ – BigSwitch/Floodlight, Brocade, Plumgrid, Midonet, – Hyper-V OSC2013 Tokyo/Spring
  50. 50. まとめ Grizzlyは機能面でもユーザビリティの面でもかなり 進歩しています。 みなさんもdevstackで試してみてください。 そして期待しつつ日本時間の2013/4/5を待ちま しょう:-)● DEVSTACK – http://devstack.org/ OSC2013 Tokyo/Spring
  51. 51. Special Thanks- JOSUG 吉山さん(Nova)- JOSUG 元木さん(Quantum)- JOSUG 中島さん(むちゃぶり)ご清聴ありがとうございました OSC2013 Tokyo/Spring

×