[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ

3,346 views

Published on

2013年9月20日に行われたDevelopers Summit 2013 Kansai Action!(デブサミ関西2013)にて講演した「チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ」の講演資料です。

Published in: Technology

[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ

  1. 1. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ 2013/9/20@デブサミ関西 鈴木雄介 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員 ビジネスソリューション事業本部本部長 B4 #kansumiB4
  2. 2. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 提供 2
  3. 3. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 自己紹介 • 鈴木雄介 – グロースエクスパートナーズ株式会社 – 日本Javaユーザーグループ 会長 – 日本Springユーザーグループ 幹事 – id:arclamp / tw:yusuke_arclamp 3
  4. 4. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 自己紹介 • グロースエクスパートナーズ株式会社 – 社員数:92名 – 主戦場:SI(ほとんどプライム) – 顧客:医療機器、百貨店、住設機器など – 技術:Java、.Netなど 4
  5. 5. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 5 自己紹介 • GxPはアトラシアンエキスパートです – 自分たちで使っているうちに、これは便利だ から皆も使うべきだと思いはじめました – そのノウハウを提供 ♡
  6. 6. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! アジェンダ • チケット駆動とは • チケット駆動の特性 • チケット活用のコツ • チケット駆動とツール • まとめ • Action! 6
  7. 7. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動とは
  8. 8. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動とは • チケット駆動開発 (ticket-driven development; TiDD) とは、プログラム開 発手法の一種で、作業をタスクに分割しBTS (Bug Tracking System/バグ管理システ ム)のチケットに割り当てて管理を行う開発 スタイル。細かな修正作業の多い従来開発の 中で生まれたが、アジャイル開発との親和性 が高いことから、エクストリーム・プログラ ミングをはじめとするアジャイル開発でも実 践されている。 8 http://ja.wikipedia.org/wiki/チケット駆動開発
  9. 9. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動とは • チケット – 別名:タスク、課題、イシュー、インシデン ト(問合せ、障害など)… • チケット駆動の3ステップ – 分かったことをチケットにする – チケットをチームで共有する – チケットに他の情報を紐付ける 9
  10. 10. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! BTS チケット駆動とは • 1.分かったことをチケットにする 10
  11. 11. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! BTS A 確認中 チケット駆動とは 11 A 実施中 • 2.チケットをチームで共有する Aは、今こう なっているんだ
  12. 12. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! • 3.チケットに他の情報を紐付ける チケット駆動とは 12 BTS wiki
  13. 13. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動とは • プロジェクト管理ツールの側面 – チケットによって”個人のタスク”と”プロジェ クト全体”を管理する手法 • コミュニケーションツールの側面 – チケットを中心としたチーム内でのコミュニ ケーション手法 13
  14. 14. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動とは • 決まったプラクティスはない – それが分かりにくさの原因ではある • 「ツールによるプロジェクト活動の支 援」ぐらいの意味合い • チケット駆動(≒BTS)の特性を理解し、 現場個別で使い方を考える – 安易にプロジェクト管理手法だと思わない 14
  15. 15. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性
  16. 16. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • 管理単位がチケット – 個人単位で情報の更新が可能 – プロジェクトの状況はタグ別リスト(優先順 位、担当者、ステータス、種別…)で見る • カンバンの非常にお勧め – あとは量で把握する • 見積もりを個別でいれてもいい 16
  17. 17. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 17
  18. 18. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • ガントチャートとの対比 – WBS(Work Breakdown Structure)に比べ るとチケット同士の関係性が管理しにくい – 時間軸での一覧性に欠ける – よって、日程的な全体感が見渡しにくい 18
  19. 19. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • ガントチャートはトップダウン – やるべき作業を全て洗い出し、それを計画と して完成させる • チケットはボトムアップ – やるべき作業が出てきたら、それを溜めてお いて、いつやるかを順次決めていく 19
  20. 20. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • ガントチャート から チケット – ガントチャートを使っているけど、進捗登録 するために報告を受けるのが面倒 – BTSであれば、メンバーがチケット単位で報 告をすればいい – BTSでWorkを登録すれば便利じゃん! 20
  21. 21. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 21 http://www.flickr.com/photos/mrgarris0n/3251838558/
  22. 22. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • 結果として起きること – 日程的な全体感の把握が難しい • 量でしか分からない – 予定の組み替えが大変 • ガントチャートであれば一括変更が可能なのに、 タスク個別に変更入力をする必要がある • 仮想のタスク階層構造の整合性が崩れる 22
  23. 23. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • BTSのガントチャート機能は? – あくまでもビュアー – 一覧性の問題は解決できるがあるが、情報の 更新はチケット単位で行う必要がある • 一括にするのに、全件ダウンロード→EXCELで更 新→全件アップロードする、という事例はある – 使えるかどうかは検証が必要 23
  24. 24. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • ガントチャートとチケット – 良い悪いではなく、それぞれに特性があるこ とを理解する – ツールや手法に無理をさせないことは大事 24
  25. 25. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット駆動の特性 • EXCEL(≒リスト)との違い – いまどきEXCELでバグ表とかないですよね? – ただし、管理対象が少なければ良い • リスク管理表ぐらいであれば • これも使い分けです 25
  26. 26. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ
  27. 27. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • 最適:どんどんタスクが出てきて、それ を期間内に優先順位を決めながらこなす – 優先順位の組み替えを都度やる – あらかじめ分かっている長期的な予定を正確 に立てるならガントチャート • 長期になると、単に作業量だけではなくて日程的 な前後関係の調整が必須になるため 27
  28. 28. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • 開発手法に関わらず、以下には最適 – バグ – 問合せ、QA(≒メールの代わり) • どんどん発生し、そもそも総量でしか予 定が立てられないもの – もちろんウォーターフォールでもね 28
  29. 29. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • アジャイル風であればWork管理もOK – 期間内のタスク数が多くなく、かつチーム内 の情報共有が十分に出来ているならタスクの 前後関係をツールで管理するまでもない – WBSを作るまでもない状況ならチケットで 29
  30. 30. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • チケットの切り方 – 粒度は誰もが悩む問題 • 作業手順が分からないタスクは作らない • 大きさはコーヒーブレイクテスト(1日3-4個) • 基準に沿わなくてもチーム内で共有すべきものは 作ってOK – 厳密なルールよりも、段階的な合意醸成を 30
  31. 31. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • チケットの運営 – ワークフローをカスタマイズしすぎない • 緩やかに管理するほうが向いています • ニーズが出てからカスタマイズしても遅くない – ただしステータス変更のルールは明確に • 特にクローズを誰がするのかが大事 31
  32. 32. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • チケットの運営 – たまに棚卸しをする • どんなに言っても溜めるやつは溜める • ゾンビチケット撲滅 – チケット番号を持ち回る • いろいろなところで使う – お客様とのやり取りにも使う • メール撲滅 32
  33. 33. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チケット活用のコツ • 最も大事なのはチームの文化! – 「チームの課題を共有し、皆で解決」 • ボトムアップの考え方 • プロジェクトが複雑になる中ではとても大事 – コマンドコントロール型だとメリット薄 • たとえば朝会やカンバンでの見える化から • 「それ、僕がやります」を引き出す • PMは負荷の調整をしていく 33
  34. 34. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介
  35. 35. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! アトラシアン • アトラシアン社 – オーストラリアの開発ツールベンダー • JIRA:BTS/ITS – スクラム専用プラグイン:JIRA Agile – 画面キャプチャプラグイン:JIRA Capture • Confluence:Wiki • Stash/bitbucket:git • SourceTree:Win/Macのgitクライアント(フリー) • Bamboo:CIツール • HipChat:チャット
  36. 36. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! アトラシアンの顧客 36 グローバルでは、MS、IBMに次ぐ開発ツールベンダー 2013/6/13 アトラシアン株式会社ローンチ
  37. 37. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • JIRAは課題管理ツール – Redmine、Trac、Mantisとかと一緒 37
  38. 38. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • JIRAの特徴 – 画面のデザインが良い – マルチプロジェクトに対応 – 権限管理やワークフロー制御が充実 – 管理画面が見やすい – ツール間の連携もやりやすい – スクラムにも最適 38
  39. 39. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • こんなお悩みに – 構築した人がいなくなると管理できない • 導入が簡単で管理画面が充実してて欲しい – 会社の標準として導入したい • 内部統制とかセキュリティとか気になる – 開発者だけではない人に使わせたい • 使いやすい画面が欲しい 39
  40. 40. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • でも、お高いんでしょう? – 10ユーザー:¥1,000- – 25ユーザー:¥168,000- – 50ユーザー: ¥308,000- – 100ユーザー:¥560,000- – 500ユーザー:¥1,120,000- 40
  41. 41. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • さらにVCSやCIと組み合わせるのが吉 – ユーザーからのフィードバックはデプロイし てから • でも、けっこう難しいんでしょ? 41
  42. 42. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 42 課題 ソースコード モジュール 実行環境 v1 済 ☑タスクA ☑タスクB v2 未 ☑タスクC ☑タスクD □タスクE 残 □タスクF □タスクG □タスクH v1 v2.b2 v1 v2. b1 v2. b2 ☑タスクA ☑タスクB ☑タスクC ☑タスクD ☑タスクC 本番 受入T 開発 検証 v2.b1
  43. 43. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • バージョン一覧 43
  44. 44. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • バージョンサマリ 44
  45. 45. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • デプロイプロジェクト-リリース一覧 45
  46. 46. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! JIRAの紹介 • デプロイプロジェクト-リリースサマリ 46
  47. 47. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! まとめ
  48. 48. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! まとめ • チケット駆動とは – 「ツールによるプロジェクト活動の支援」ぐ らいの意味合い • チケット駆動の特性 – チケットはボトムアップ、ガントチャートは トップダウン – 良い悪いではなく、きちんと使い分ける 48
  49. 49. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! まとめ • チケット活用のコツ – どんどんタスクが出てきて、それを期間内に 優先順位を決めながらこなすのに最適 – チームを加速させるための道具 • JIRA – 商用製品だけあって色々ちゃんとしてる 49
  50. 50. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Action!
  51. 51. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Action! • デブサミでよく聞く言葉 – 「BTSを入れるべきだと思うんですけど、PM (会社)が入れたがらないんですよね」 • まずは君のチームから始めてはどうかな – 大事なことはツールの導入ではなく、チーム 文化の醸成 – そのチームの一員である君から変わればいい 51

×