Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

技術者の働き方/ リモートワークという働き方 powered byドメイン駆動設計

6,787 views

Published on

開発者ギルドカンファレンス2015

https://guildworks.doorkeeper.jp/events/26156

Published in: Engineering
  • Dating for everyone is here: ❤❤❤ http://bit.ly/39mQKz3 ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/39mQKz3 ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

技術者の働き方/ リモートワークという働き方 powered byドメイン駆動設計

  1. 1. 技術者の働き方 ギルドワークス 増田 開発者ギルドカンファレンス2015
  2. 2. 序章
  3. 3. 思い • 技術者の働き方の選択肢を広げたい • 「独り立ち」 – 自営している技術者(親方)に弟子入りする • 修行しながら独立を目指す – 思い切って独立開業する • 迷っているだけでは何もはじまらない • やってみればわかることがたくさんある – 組織の中で独り立ちする • 志を持って,自分を磨く • 心持ちは自律した個人事業主
  4. 4. ひとつの出会い 2010年9月20日
  5. 5. 一通のメール masuda様 はじめまして。 改めまして、私は、 @papanda こと市谷と申します。 突然のメールで大変、失礼致します。 今回、masuda様にご相談したいことがあり、メールを差し上げました。 少々、長文ですがどうかお付き合い下さい。 私はデベロッパー向けの勉強会を開催しているコミュニティDevLOVE の運営を行っています。 DevLOVEは、「明日の現場の開発に繋がる勉強会を開催する」とい う主旨で運営しています。 … 是非、このブログを書かれている方の、ドメイン駆動設計の実践の お話を勉強会でお聞きしてみたい、と思案しました。 …
  6. 6. 勉強会とかワークショップとか • ドメイン駆動設計入門 • オブジェクト指向の学び方 • 学習パターン • CodeIQ • ラーニングコミュニティファクトリ(LCF) • (幻の?)チーム学習本 • そろそろ独立したら? いやーそうなんすけ ど…
  7. 7. 新たな展開 2013年9月27日
  8. 8. ギルドワークスへの胎動 先日は、お忙しいところありがとうございました。 DevLOVE コミュニティのファウンダの市谷さんといろいろ相談しました。 非常に興味深く、またチャレンジしがいのあるテーマとの認識で一致しました。 進め方として、今回の協業の核となるクラウドソーシングのコーディネータ役とな る組織を新たに設立する方向で検討をしてみました。 …
  9. 9. 4名で設立準備 2013年10月~2014年3月
  10. 10. リモート&在職中 ベースキャンプで議論 伊東で合宿 … 紆余曲折と疾風怒濤の6か月
  11. 11. ギルドワークス開業 2014年4月1日
  12. 12. ギルドワークス
  13. 13. エイプリールフールでは なかった 2014年4月1日
  14. 14. 4人の技術者の 働き方が変わった日 2014年4月1日
  15. 15. たくさんの技術者の 働き方が変わり始めた日 2014年4月1日
  16. 16. ギルドワークス
  17. 17. ある現場からの報告
  18. 18. リモートワークという働き方 ドメイン駆動設計poweredby
  19. 19. 日本各地の12人でチームを結成 そら製作所@大阪 河上晴司 河上雪恵 敬称略 ギルドーワークス(株)@東京 増田亨 アソビュー(株)@東京 藤岡和也 GVT(株)@東京 木目沢康廣 某社@東京 瀬戸口琢磨 個人@八戸 熊野亜由美 井上屋@仙台 井上岳大 ヤマモトシステムズ@仙台 山本誠樹 (株) アクティア@東京 大島則人 Kostiuk Inna (株)アローラ@大阪 野崎啓史
  20. 20. なぜリモートワークか?
  21. 21. ドメイン駆動設計/モデル駆動設計ができて Java/Springの業務アプリケーション開発の経験が豊富 しかし,東京でもそんな技術者は簡単には集まらない
  22. 22. 頼りになりそうな技術者が 各地にいるじゃないか 京都DDD 読書会 そら製作所@大阪 河上晴司 河上雪恵 (株)アローラ@大阪 野崎啓史 DDD勉強会 in仙台 井上屋@仙台 井上岳大 ヤマモトシステムズ@仙台 山本誠樹 DDD勉強会 by㈲システム設計 関西Java エンジニアの会 @外苑前 増田亨 アソビュー(株)@東京 藤岡和也 GVT(株)@東京 木目沢康廣 某社@東京 瀬戸口琢磨 (株) アクティア@東京 大島則人 独立予備軍⇒独立 独立予備軍⇒独立 転職予備軍⇒転職 独立済の事業主 ? ?
  23. 23. ドメイン駆動設計/モデル駆動設計ができて Java/Springの業務アプリケーション開発の経験が豊富 しかし,東京でも,そんな技術者は簡単には集まらない 各地のつわものが集えば,そんなチームを結成できちゃった
  24. 24. リモートワークの道具立て
  25. 25. リモートワークの道具立て
  26. 26. リモートワークの道具立て ほぼ全員が 揃ったのは 仙台だけかも? 毎週のように東京に集まって フレンチでランチ&雑談
  27. 27. リモートワークの手ごたえ • 開発ができたことは何よりの手ごたえ • コミュニケーションはやっぱりフラスト レーションがあったが予想したよりは問 題なかった – ただし,当初は立ち上げの時だけの予定だった 週一の東京での集合ワークを,結局,最後まで 続けた – 集合ワークは,時間/体力/コスト面でマイナス だが,それを上回るプラスがある,というのが メンバーの実感 (必要だった)
  28. 28. 効果があったこと • トライアルの小さなプロジェクトを先行して実施 – 未経験のアーキテクチャでいっしょに試作 (SpringBoot/Thymeleaf) – コミュニケーションの練習 – 単なる「寄せ集め」から「チーム」へ少しずつ変化 • ドメイン駆動設計 – チームで何を作るかの意識合わせを,機能一覧や画面 仕様書ではなく「ドメインモデル」でやった (モデル駆動) – 顧客の営業マン研修のテキストや,販促のパンフレッ トを読み合わせた (商品知識,仕事のやり方などドメイン知識の獲得)
  29. 29. (参考)初期のドメインモデル
  30. 30. なぜドメイン駆動設計か?
  31. 31. アンチパターン 顧客の仕事の内容や関心事を知らないまま開発 技術的な視点だけの要素技術選択と設計判断 業務要件とコード内容のねじれ(動いてはいるが…)
  32. 32. ドメイン駆動設計 顧客の仕事の内容(業務知識)を積極的に学ぶ 顧客の視点(顧客の言葉)でモデリングと設計を行う 業務要件をそのままコードで表現する
  33. 33. ドメイン駆動設計の手ごたえ • ドメインモデルで駆動したから,リモート ワークでも意識合わせができた • Slack/Basecamp/GitHubの「テキストベー ス」のコミュニケーションで,業務の言 葉や言い回しが増え,使い方も的確になっ ていく様子が頼もしかった • ドメイン層のクラスのソースコードやそ の変更履歴から,開発者の業務の知識や理 解度をある程度,判断できた
  34. 34. ドメイン駆動設計の目指すところ • 「深いモデル」 – 表面的な浅いモデルよりはだいぶ良いものを開発 できた – 顧客の行動原理や関心事を「深く」理解するのは, これからの修正要求や拡張要求に応えながら • 「しなやかな設計」 – ドメイン層の隔離はほぼできている – 意図が明確で,独立性の高い「良いドメインオブ ジェクト」もいろいろ揃ってきた – ほんとうに「しなやか」になるのは,リファクタ リングをもっと積み重ねる必要 (より深いドメイン知識の反映,変更への対応)
  35. 35. ある現場からの 技術者の働き方の報告 リモートワーク ドメイン駆動設計poweredby
  36. 36. 次のステージへ
  37. 37. ギルドワークス開業 2014年4月1日
  38. 38. ギルドワークス
  39. 39. たくさんの技術者の 働き方が変わり始めた日 2014年4月1日
  40. 40. 技術者の働き方は この一年でどう変わったのか これからどう変わるのか
  41. 41. 技術者の働き方は この一年でどう変わったのか これからどう変わるのか この後の発表をお楽しみに!

×