Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第10回okfj オープンデータトークシリーズ 20140830 公開用

2,427 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第10回okfj オープンデータトークシリーズ 20140830 公開用

  1. 1. 2014 EsriJapan Corporation 本資料はクリエイティブ・コモンズ表示2.1 日本ライセンスの下に提供されています。 ※一部スライドは、CC BY-SA です。予めご了承ください。 第10回OKFJ オープンデータトークシリーズ ライトニングトーク ESRIジャパンのオープンデータ推進活動 ~データ公開から課題解決まで~ 2014年8月30日 ESRIジャパン株式会社
  2. 2. 2014 EsriJapan CorporationGISとオープンデータ 2 http://www.gov2summit.com/gov2010 GISは常にオープンデータを推進していた… センサーWebの拡大を反映してM2M(Machine-to-Machine)のサポートを加えて進 化中・・・ Web 2.0から3.0 へ Gov2.0 から3.0へ
  3. 3. 2014 EsriJapan Corporation 3 米国esriユーザーカンファレンス 2014年7月、サンディエゴ市で開催された本カンファレンスにて、米国商務省長官 (ペニー・プリツカー氏)が商務省のオープンデータ戦略強化を宣言しました。 講演概要 •「データ」を商務省全体の戦略的優先課題として設定し、以下のような施策を 実行しイノベーションを加速 •初代チーフ・データ・オフィサー(最高データ責任者)を設置(予定) •貿易と投資に関する多様なデータを一箇所にまとめた「貿易開発ポータ ル」を開設<http://developer.trade.gov/> •政府保有データの最適な利用方法を諮る「データ諮問委員会」を設置 経済効果: 3兆ドル
  4. 4. 2014 EsriJapan Corporation 公立教育機関を対象にArcGIS Onlineのアカウントを寄贈 米国公立教育機関を対象にクラウド環境を整備 -クラウドインフラを提供し、米政府が進めるSTEM教育や ConnectEDの教育をサポート -デジタルの技術を身に着けた課題解決できる人材育成へ http://www.bloomberg.com/video/esri-pledges-1b-in-software-and-stem-education-3fLLiQ_9RkK8qebp3HpicA.html
  5. 5. 2014 EsriJapan CorporationESRIジャパンにおける オープンデータ推進活動の背景 5
  6. 6. 2014 EsriJapan Corporation 6 オープンデータ推進に取り組む背景 データに自由にアクセスし、課題解決や価値創出へとつながる社会を支える ために、オープンデータ推進に取り組んでいます。 オープン データ の定義 •「営利目的も含めた二次利用が可能な利用ルールで公開」 された、「機械判読に適した形式のデータ」のこと オープンデータ流通推進コンソーシアム「オープンデータガイド第1版」より オープン データの 2大要素 •二次利用が容易なライ センスを付与 ※クリエイティブ・コ モンズ・ライセンスな ど •地理空間情報を含むデータを、 二次利用しやすい形式で公開 •データの流通基盤(データカタ ログサイト)の構築・運用 ライセンス(利用ルール) データ形式・技術 ご紹介の中心範囲
  7. 7. 2014 EsriJapan Corporation 7 データ流通サイクル全体をサポート ESRIジャパンは、地理空間情報を含むデータ流通サイクル全体において、 オープンデータ推進を支えます。 課題解決・ 価値創出 活用 作成・管理 公開 •ArcGISでの 分析、開発 継続的に サポート •ArcGIS での GIS データ 作成 公 開 者 ( 自 治 体 中 心 ) •ArcGIS Online を用いたデータ 公開 •課題解決支援、 コンサルティング •製品サポート 利 用 者 ( 市 民 、 企 業 中 心) ArcGISOpen Data •他アプリ ケーション でのデータ 作成 •他アプリケー ションでの 分析、開発
  8. 8. 2014 EsriJapan Corporation データカタログサイト構築キット ArcGIS Open Data のご紹介 8
  9. 9. 2014 EsriJapan Corporation 9 保有データを公開し、活用(二次利用)を促進 ここでは、データの活用(二次利用)を促すためのデータの公開方法をご紹介 します。 課題解決・ 価値創出 活用 作成・管理 公開 公 開 者 ( 自 治 体 中 心 ) 利 用 者 ( 市 民 、 企 業 中 心) •オープンデータカタログ を開設、データを公開 •オープンライセンスを付 与し、二次利用を促進 XX市オープン データカタログ •業務目的でのデータ 作成・管理 (全庁型GISなど)
  10. 10. 2014 EsriJapan Corporation 10 データカタログの重要性 オープンデータ流通サイクルを円滑化するためには、公開者と利用者をつなぐ 「データカタログ」がカギとなります。 公開者 利用者 公開 活用 … 観光 防災 事業所 道路 統計 アプリ 開発へ 分析へ •サイト構築やデータ公開業務の 負荷を下げたい •公開したからには活用してほしい •地域串刺しでデータセットを検索し、 絞り込みたい •自身の馴染みのあるデータ形式で、 ダウンロードしたい “XX区”のデータ “従業員 XX人以上” のデータ行 XX市 オープンデータ カタログ データセット
  11. 11. 2014 EsriJapan Corporation 11 データカタログソリューション「ArcGIS Open Data」 オープンデータカタログを開設するためのサイト構築キットです。クラウド GIS「ArcGIS Online」に標準で付属するサービスです。 公開者: •簡単な設定のみでサイトを 構築、低コスト •クラウド経由でデータを公開 •複数のデータ形式に自動変換 利用者: •ログイン不要、無償アクセス •地図上で検索・プレビュー •多様なデータ形式でダウン ロード(APIあり) 公開者と利用者双方に高い利便性をもたらしデータ流通を円滑化 データ出典:室蘭市、CC BY 2.1 JP ESRIジャパンオープンデータポータル http://beta.ejopendataportal.opendata.arcgis.com/
  12. 12. 2014 EsriJapan Corporation 12 データ公開者のメリット ①カタログサイト構築・運用コストの低減 サイト開設作業は、わずか4ステップで完了します。システム構築やサービス 自体の費用はかかりません。運用費用もわずかです。 ステップ3 オープンデータサイト のデザイン ステップ2 公開データと 担当者の設定 ステップ1 機能の有効化 •管理画面で、オー プンデータ機能を 有効化 •データ公開用のグルー プや担当者を指定 •アクセス・公開権限の 設定 •サイト名やURL など の基本設定 •サイトをデザイン ステップ4 一般公開 •一般 アクセスを 「ON」 複数サイト 構築も可能 ON
  13. 13. 2014 EsriJapan Corporation 庁内ポータル 13 データ公開者のメリット ②データ公開フロー運用の容易性 必要なデータをArcGIS Online へアップロードするだけでデータ公開が完了 します。アカウント設定により、公開実施者/承認者の職務分掌も可能です。 データ公開フローの構築例 A局 ArcGIS Online での 確認・承認(公開) ※庁内オープンデータ管理サイト ArcGIS Open Data によるデータ公開 自動的にデータ 公開・変換 ☑データ 公開用 B局 C局 … 原局、 原課 データ 公開担当 D局 ArcGIS Online コンテンツ としてのデータ公開 アップロード XX市オープン データカタログ
  14. 14. 2014 EsriJapan Corporation 14 データ利用者のメリット ①検索・ダウンロードの利便性の高さ 地図を見ながらデータセットを検索し、データ項目自体を絞り込んだうえで、 さまざまなデータ形式でダウンロード可能です(ログイン不要、無償)。 データ検索・ダウンロードの流れ 地図上または属性 から絞り込み キーワードと地図 を用いて検索 全データ/絞り込んだ データのみダウンロード 検索結果の表示、詳細 ページへのジャンプ 多様な形式に対応 •CSV •シェープファイル •KML •API(GeoJSON、 ジオサービス) •WMS、WFS※ArcGIS for Server か ら公開した場合のみ
  15. 15. 2014 EsriJapan Corporation ArcGIS を使用した アプリやサービス(例) データ利用者のメリット ②マップ作成やアプリ開発の容易性(二次利用促進) データへのアクセスが容易になると、多様な主体による「付加価値づけ」が 加速します。 15 一般利用者 企業・個人独自の アプリやサービス 世界中のオープンデータ ストーリーマップ (Webテンプレート) 分析・解析 (デスクトップ、Web) アプリ開発 (SDK) ベースマップ ArcGIS Online データコンテンツの入手 付加価値づけ(活用) 課題解決・価値創出 他のデータソース GISコンテンツ
  16. 16. 2014 EsriJapan Corporation オープンデータを活用した 「付加価値づけ」 16
  17. 17. 2014 EsriJapan Corporation 17 課題解決・価値創出に向けたデータ活用 ここでは、目的に即したマップやアプリを作成し、オープンデータによる課題 解決・価値創出につなげる活用シーン例をご紹介します。 課題解決・ 価値創出 活用 作成・管理 公開 公 開 者 ( 自 治 体 中 心 ) 利 用 者 ( 市 民 、 企 業 中 心) •子育て支援アプリの開発 •地域のPR マップの作成 •自社・競合店舗の商圏に おける地域分析 …など •人口減少社会への対応 •地域への来訪者の誘導 •企業でのマーケティング 業務高度化 …など
  18. 18. 2014 EsriJapan Corporation オープンデータの多様な活用シーン 18 データ出典:国土数値情報(医療機関、福祉施設、小学校区)、 国勢調査 データ出典:さいたま市、CC BY 2.1 JP データ、画像出典:金沢市、CC BY 2.1 JP データ出典:国勢調査、介護保険事業状況報告(年報) 人口減少社会への 対応 施設のアクセシビ リティ評価・案内 来訪者増による 地域活性化 介護サービスの マーケティング
  19. 19. 2014 EsriJapan Corporation 19 地理空間情報を活用し新たな価値創出へ オープンデータを地理的な切り口で有効活用することがカギとなります。 所在情報だけでなく、多彩な表現・分析を加えてデータの価値を引き出す 地理空間情報の活用効果 直感的に 「よく分かる」 多面的な分析で 「深く知る」 •マップを組み合わせ、 データを視覚的に表現 •範囲検索、集計や高度 な解析で洞察を獲得 コミュニ ケーション 円滑化 政府・自治体 地域住民 ビジネス利用者 エンジニア デザイナー … … … … …
  20. 20. 2014 EsriJapan Corporation 今後の取り組み 20
  21. 21. 2014 EsriJapan Corporation 21 ESRIジャパンにおける今後の取り組み データ公開~課題解決までの全般を支えてまいります。 イベント 協賛・支援 •ハッカソン等のイベント協賛により、課題解決や価 値創出に向けたデータ活用を支援 ESRIジャパン オープンデータ ガイド(仮) •ArcGIS Open Data を用いたデータ公開・運用の 手順(ベストプラクティス)を策定 •カタログサイトの開設方法 •データ登録・公開の方法 •メタデータの記載方法など Facebook ページでも情報発信中! https://www.facebook.com/esrijopendata
  22. 22. 2014 EsriJapan CorporationESRIジャパン株式会社 www.esrij.com 22 ESRIジャパンオープンデータ https://www.facebook.com/esrijopendata Facebook ページにもアクセス!

×