Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next

1

Share

Thruster canvas 0.1

VUCAな時代の事業開発フレームワークTHRUSTERのCanvas 5セットを1スライドにまとめました。

THRUSTER Canvasのワークショップ等も開催しています。
応募は以下のURLから。
http://bit.ly/2usvJj4

VUCA
・Volatility(不安定性、変動性)
・Uncertainty(不確実性)
・Complexity(複雑性)
・Ambiguity(曖昧性、不明確性)

これに対する思考と行動としてOODAループがあげられる

OODAループで事業開発するためのフレームワークがTHRUSTER(スラスター)

THRUSTERのハンドブック版ダウンロードは以下のURLから。
https://thruster.tokyo/

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Thruster canvas 0.1

  1. 1. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved THRUSTER Canvas Version 0.1 株式会社グロースハックスタジオ www.ghs.tokyo As-Is → To-Be 1st Step
  2. 2. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved ● THRUSTERを実践するために必ず身に付けたいプロセスのトレーニング用 ● THRUSTERの使い方を理解したあとにStep by Stepで学習可能な形にしている ● 使い方 a. キャンバスの各項目の意図を理解 b. 事業アイデアのテーマを決める(例:HR、マーケティング、決済 etc...) c. テーマについてキャンバスを埋める(事実、仮説の区別を意識) d. キャンバスのTo-Be側を実現するためのプランを実行する e. プランを振り返り、キャンバスの中身を更新する Canvasの目的 2
  3. 3. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved THRUSTER Canvas | Trends, Targets Priority 3 メインターゲット対象外 価値観 技術 フォロワー 特徴(見分け方) 過去 未来 法 現在(主流 / 未来の兆し) 特徴(見分け方) 特徴(見分け方) 誰 誰 誰 社会の変化 ①②③
  4. 4. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved THRUSTER Canvas | Customer あるべき姿(To-Be) 達成したい状態 誰:                                     今の姿(As-Is) 理由(課題 / 欲求) 課題 / 欲求 製品 サービス感情(言語化) 行動(言語化) 感情(計測) 行動(データ) 感情(言語化) 行動(言語化) 感情(計測) 行動(データ)
  5. 5. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved 顧客に依頼する負担(金・労力・知識等) 課題解決 / 欲求充足を可能な理由 THRUSTER Canvas | Product, Service 5 訴求(プレゼンテーション) 実現のために必要な準備 何を提供するか
  6. 6. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved 結果の評価基準 定性 / 定量 アクション後の期待する状態 THRUSTER Canvas | Execution 6 誰がやるか(責任者・実行者・協力者) 期待する成果 何をするか(アクション)
  7. 7. Copyright (C) 2019 Growth Hack Studio All right reserved アクション結果の評価 アクションの結果 7 誰がやるか(責任者・実行者・協力者) 学び・発見(他アクションも踏まえて) 何をしたか(アクション) THRUSTER Canvas | Learning (Awareness)
  • yuki1231

    May. 16, 2019

VUCAな時代の事業開発フレームワークTHRUSTERのCanvas 5セットを1スライドにまとめました。 THRUSTER Canvasのワークショップ等も開催しています。 応募は以下のURLから。 http://bit.ly/2usvJj4 VUCA ・Volatility(不安定性、変動性) ・Uncertainty(不確実性) ・Complexity(複雑性) ・Ambiguity(曖昧性、不明確性) ↓ これに対する思考と行動としてOODAループがあげられる ↓ OODAループで事業開発するためのフレームワークがTHRUSTER(スラスター) THRUSTERのハンドブック版ダウンロードは以下のURLから。 https://thruster.tokyo/

Views

Total views

403

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

215

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×