Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WFSの認証基盤SDKと海外展開

1,067 views

Published on

「WFS Tech Talk #2」で発表された資料です。
https://gree.connpass.com/event/158257/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

WFSの認証基盤SDKと海外展開

  1. 1. WFSの認証基盤SDKと海外展開 2020.01.14 遠藤辰弥
  2. 2. 自己紹介 ● サーバーエンジニア ● 社内のボードゲーム部に所属 ● 広告や共通基盤などに在籍
  3. 3. ●新規スマホアプリ ●既存の社内プラットフォームと独立した環境 ○新たな共通認証基盤SDKとして開発スタート ●複数のゲームに対応 ●ゲーム開発に集中するための機能分離 ●「ゲーム以外」を担当 WFSの共通基盤
  4. 4. WFSアプリの共通基盤「gamelib」 目的 ● 必要だけどゲーム本質と分離できる部分を引き受ける ○ アカウント = 認証基盤、IDの発行 ○ 課金・経理処理の統一・ゲームから隠蔽 ○ アプリ内通貨管理の統一 ○ 年齢登録と制限 ○ キーワードフィルタ 担当していないこと ● アプリ毎に異なる部分 ○ キャラ管理、ガチャシステム、etc
  5. 5. ● SDK提供 ○ 外部システムとのやりとり ○ 組み込みサポート ● 利用者保護の取り組み ○ 実装ルール強制のためのコードレビュー 提供内容
  6. 6. 構成 要点 アプリ ゲームサーバ gamelibサーバ 経理 gamelib SDK Cocos/Unity gamelib SDK PHP Apple/Google
  7. 7. 構成 要点
  8. 8. ● 国内展開は完了した ● つぎは海外展開へ ● 課金の通貨対応はSDKで担当 ○ 通貨処理はどうするか? ○ インフラはどうするか? 海外展開
  9. 9. 海外展開 インフラ ●地域毎に独立セットを構築 ● 一部ログは1箇所に送る
  10. 10. 海外展開 経理・法律 経理 ● あらゆる国・通貨を現地通貨で集計 ● 国ごとに違う消費税対応を調査 法律 ● GDPR ● クーリングオフ制度(課金キャンセル) ● 年齢制限の違い
  11. 11. ●海外課金もgamelibで差を吸収 ●課金ログも集約することができた ○国内外問わず、半リアルタイムに売上を把握可能 結果
  12. 12. 売上などの指標を、速報・日・月で把握
  13. 13. ●WFS共通基盤を支えているのは一般的な技術 ●それを更新しつつ提供している ●海外課金を実現しているのも地味な積み重ね ●知見あるかたは是非共有を まとめ

×