Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩

GREE Tech Conference 2020 で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2020/session/ShortSession-4

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩

  1. 1. グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAシニアマネージャー 堀米 賢 リリース前に隠れた課題を検知! モバイルゲームのユーザーテスト検 討事例 グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAマネージャー 国分 泰徳
  2. 2. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 写真
 講演者プロフィール 
 氏名と所属
 国分 泰徳(こくぶ やすのり)
 グリー株式会社
 Customer & Product Satisfaction部
 PKL QAチーム マネージャー
 主な仕事内容
 略歴
 ポケラボ社が提供しているタイトルのQA統括。障害 削減、コスト最適化、魅力的品質の向上。
 2013年 株式会社ポケラボに入社。2019年グリー株式会社に転 籍。シノアリスなど、複数タイトルのQAを担当。
 現在はポケラボタイトルの品質管理業務全般を統括。
 2
  3. 3. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 講演者プロフィール 
 氏名と所属
 堀米 賢(ほりごめ さとし) グリー株式会社
 Customer & Product Satisfaction部
 QAグループ シニアマネージャー
 主な仕事内容
 略歴
 障害削減、QAコスト最適化の推進
 リスクマネジメント、プロダクト品質向上提案
 QAチーム技術向上の推進 など
 組み込み系ソフトウェアのテスト技術者を経てグリーに入社
 ベンダー連携や、テスト内容の改善、
 メンバーの技術向上に向けた勉強会開催など幅広く活動中
 3
  4. 4. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 導入背景と手法説明
 • 導入背景
 • ユーザーテストの手法
 • モバイルゲームへの適用
 • 導入事例紹介
 事例①シノアリス
 事例②シンフォギアXD
 • 最後に
 • 質疑応答
 アジェンダ
 4
  5. 5. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 本講演の対象タイトル
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 5
  6. 6. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. ユーザーテストとは
 テスター
 プレイ
 課題抽 出
 改善
 第三者が実施することによる客観性、 
 信頼性の向上 ユーザー目線での評価、課題抽出 
 魅力的品質の向上
 6
  7. 7. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. やってみて
 2タイトルとも3周年を迎え、多くのお客さまに支持いただい ている。その成功の要因の一つとして、ユーザーテストが 寄与している。
 今回は要因となった弊社の手法をご紹介。
 
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 7
  8. 8. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景と手法説明
 8
  9. 9. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景(1/2)
 モバイルゲーム開発における課題
 ①
 トップセールスの
 固定化
 ②
 高品質なゲームの
 リリース
 継続的にプレイしているゲームが競合とな り、入れ替えを狙う必要がある
 国内外から高品質なゲームが続々リリース されており、取捨選択の判断が早い
 すでにプレイしているヒットタイトルよりもニーズを満たし、国内外 の強力な競合よりも魅力的であることが必要
 9
  10. 10. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景(2/2)
 リリース前に反映させることで
 離脱リスクを軽減
 ターゲットとなるユーザーの市場の声を
 アンケート形式で聴き、課題を抽出
 満足度を高める
 10
  11. 11. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. ユーザーテストの手法
 STEP1
 STEP2
 STEP3
 STEP4
 STEP5
 企画
 設計
 実行
 分析
 報告
 ・ターゲット層
 ・スケジュール
 ・対象機能
 ・アンケート項目 
 
 ・実行時のフォ ロー
 ・質問対応
 
 ・ローデータ分析 
 ・定性コメント
 ・定量
 
 ・課題FB
 ・提案
 
 Point① モバイルゲーム市場にあわせたターゲット設定
 Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 11
  12. 12. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(1/3)
 課金ユーザー層
 IPタイトル作品
 への親愛度
 Point① モバイルゲーム市場にあわせたターゲット設定
 ゲームプレイ層
 既 存 タイトルのヘビーユーザー、ミドルユーザー、ライトユー ザーの意見を取り入れることにより、各層の課題を抽出する 
 基本無料のモバイルゲームのマネタイズの核 
 課金ユーザーは変わらず課金してくれるか、無課金ユーザーも 未来の課金ユーザーになってくれるかどうか 
 IPの魅力をゲームで表現できているかどうか 
 12
  13. 13. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(2/3)
 課金意向
 Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 標準偏差:要素のばらつき度合 
 観点
 確認内容
 継続意向
 ・見た目(キャラクター)による課金意 欲
 ・性能、強さ(ゲームの優位性)によ る課金意欲
 ・ゲーム内の訴求による課金意欲 
 ・課金する/しない定性コメント 
 ・翌日以降プレイ継続意欲 
 ・チュートリアル突破後のプレイ継続 意欲
 ・面白さによる継続意欲 
 ・継続する/しない定性コメント 
 分析手法
 相関係数:他要素との相関 
 13
  14. 14. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(3/3)
 期待値と実体験の差をなくし、初期離脱リスク軽減につなげる
 Point③ 事前期待値の数値化
   事前期待評価 
   チュートリアル 
     総合評価 
 プレイ前
 チュートリアルプレイ直後
 プレイ後
 X.X X.X X.X © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 14
  15. 15. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介
 15
  16. 16. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 16
  17. 17. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例①
 カテゴリ
 5段階
 対課金
 対継続
 クエスト
 2.9
 0.09
 0.17
 GvG
 2.6
 0.30
 0.52
 バトル_UI・UX(操作感・テンポ) 
 2.7
 0.50
 0.40
 ゲーム全体_UI・UX(操作感・テンポ) 
 3.0
 0.58
 0.37
 ゲームバランス 
 3.1
 0.35
 0.63
 定性
 定量
 ゲームコアのウェイト
 時間の調整による
 快適性の向上
 課金/継続意向と
 強い相関かつ低評価の箇 所を定量結果で抽出
 定性コメントで
 課題を言語化
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 17
  18. 18. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例②
 継続意向要素 ネガ ポジ 合計 割合 キャラクターデザイン
 0
 11
 11
 28%
 ストーリー・世界観
 0
 10
 10
 26%
 バトル
 4
 2
 6
 15%
 操作感・テンポ
 4
 1
 5
 13%
 定性
 定量
 継続意向として
 ポジティブな意見を
 定量結果で抽出
 強みを明確にすることで開 発チームの戦略に
 活かす
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 18
  19. 19. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 19
  20. 20. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例③
 事前期待
 全体評価
 4.2
 
 事前期待
 全体評価
 3.7
 
 ■ヨコオタロウ氏作品のプレイあり 
■ヨコオタロウ氏作品のプレイなし 
 ファン層の期待値を数値化
 世界観やデザインへの期待値が高いと判断し、
 世界観をより重視した演出を入れた方が良いとフィードバック
 0.4Ptダウン
 1.1Ptダウン
 3.3
 3.1
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 20
  21. 21. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例④
 ポ ジ ティ ブ
 ● 原作を再現している 
 ● 懐かしい
 ● 原作ストーリー以外が楽しみ 
 ネ ガ ティ ブ
 ● ストーリーパートが長い 
 ● 良くも悪くもアニメ通り 
 定性
 定量
 数値上は原作再現できて いると見られたが
 定性コメントから
 隠れた課題を検知
 ゲームオリジナル
 ストーリー 3.5期実装
 
 事前期待
 全体評価
 3.9
 3.6
 ファン層(アニメ3期まで視聴済み) 
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 21
  22. 22. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 最後に
 22
  23. 23. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 結果
 2タイトルとも3周年を迎え、多くのお客さまに支持いただい ている。その成功の要因の一つとして、ユーザーテストが 寄与している。
 
 
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 23
  24. 24. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 最後に
 QAはユーザーテスト実施の運営、レポートの作成
 会社全体で前向きに取り組んでいる
 開発チームから実施希望が出る環境
 今後は成果を可視化して導入を推進していきたい
 手法を導入し効果を最大限発揮するために 
 24
  25. 25. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 25


    Be the first to comment

GREE Tech Conference 2020 で発表された資料です。 https://techcon.gree.jp/2020/session/ShortSession-4

Views

Total views

574

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

498

Actions

Downloads

1

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×