SlideShare a Scribd company logo

ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩

gree_tech
gree_tech

GREE Tech Conference 2020 で発表された資料です。 https://techcon.gree.jp/2020/session/ShortSession-4

1 of 25
Download to read offline
グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAシニアマネージャー 堀米 賢
リリース前に隠れた課題を検知!
モバイルゲームのユーザーテスト検
討事例
グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAマネージャー 国分 泰徳
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
写真

講演者プロフィール 

氏名と所属

国分 泰徳(こくぶ やすのり)

グリー株式会社

Customer & Product Satisfaction部

PKL QAチーム マネージャー

主な仕事内容

略歴

ポケラボ社が提供しているタイトルのQA統括。障害
削減、コスト最適化、魅力的品質の向上。

2013年 株式会社ポケラボに入社。2019年グリー株式会社に転
籍。シノアリスなど、複数タイトルのQAを担当。

現在はポケラボタイトルの品質管理業務全般を統括。
 2
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
講演者プロフィール 

氏名と所属

堀米 賢(ほりごめ さとし)
グリー株式会社

Customer & Product Satisfaction部

QAグループ シニアマネージャー

主な仕事内容

略歴

障害削減、QAコスト最適化の推進

リスクマネジメント、プロダクト品質向上提案

QAチーム技術向上の推進 など

組み込み系ソフトウェアのテスト技術者を経てグリーに入社

ベンダー連携や、テスト内容の改善、

メンバーの技術向上に向けた勉強会開催など幅広く活動中
 3
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
• 導入背景と手法説明

• 導入背景

• ユーザーテストの手法

• モバイルゲームへの適用

• 導入事例紹介

事例①シノアリス

事例②シンフォギアXD

• 最後に

• 質疑応答

アジェンダ

4
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
本講演の対象タイトル

© 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P

5
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
ユーザーテストとは

テスター

プレイ

課題抽
出

改善

第三者が実施することによる客観性、 

信頼性の向上
ユーザー目線での評価、課題抽出 

魅力的品質の向上

6
Ad

Recommended

運用QAにおける工数効率化の取り組み
運用QAにおける工数効率化の取り組み運用QAにおける工数効率化の取り組み
運用QAにおける工数効率化の取り組みgree_tech
 
NativeGameの障害削減に向けた取り組み
NativeGameの障害削減に向けた取り組みNativeGameの障害削減に向けた取り組み
NativeGameの障害削減に向けた取り組みgree_tech
 
モバイルゲーム。移管と運営のエンジニア
モバイルゲーム。移管と運営のエンジニアモバイルゲーム。移管と運営のエンジニア
モバイルゲーム。移管と運営のエンジニアgree_tech
 
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組みgree_tech
 
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計gree_tech
 
WFSエンジニア組織のデザイン〜コンテンツ開発に集中するために〜
WFSエンジニア組織のデザイン〜コンテンツ開発に集中するために〜WFSエンジニア組織のデザイン〜コンテンツ開発に集中するために〜
WFSエンジニア組織のデザイン〜コンテンツ開発に集中するために〜gree_tech
 
エンジニアとマネージャーは、いつも勝負をしているのだと思う
エンジニアとマネージャーは、いつも勝負をしているのだと思うエンジニアとマネージャーは、いつも勝負をしているのだと思う
エンジニアとマネージャーは、いつも勝負をしているのだと思うgree_tech
 
海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験gree_tech
 

More Related Content

What's hot

組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違いgree_tech
 
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜gree_tech
 
リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定gree_tech
 
Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用gree_tech
 
グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例gree_tech
 
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...Game Tools & Middleware Forum
 
All about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsAll about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsgree_tech
 
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求gree_tech
 
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜gree_tech
 
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020gree_tech
 
WebのQAを5年間運営してみた
WebのQAを5年間運営してみたWebのQAを5年間運営してみた
WebのQAを5年間運営してみたTakayoshi Sakaino
 
QAエンジニアを通じて 弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜
QAエンジニアを通じて弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜QAエンジニアを通じて弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜
QAエンジニアを通じて 弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜gree_tech
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-gree_tech
 
現場から組織を動かす方法
現場から組織を動かす方法現場から組織を動かす方法
現場から組織を動かす方法Takuya Okamoto
 
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろgree_tech
 
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFT
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFTGTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFT
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFTGame Tools & Middleware Forum
 
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話Takuya Okamoto
 
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のり
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のりSINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のり
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のりgree_tech
 
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOpsJAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps智治 長沢
 
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意Yukio Okajima
 

What's hot (20)

組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
 
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
 
リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定
 
Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用
 
グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例
 
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...
GTMF 2015: 「テスト管理ツール「CAT」導入によるデバッグ管理の効率化とJenkins Enterpriseによるコンテンツパイプラインの改善」...
 
All about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsAll about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKs
 
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
 
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
 
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020
NuxtJS + SSRで作ったGREE Tech Conference 2020
 
WebのQAを5年間運営してみた
WebのQAを5年間運営してみたWebのQAを5年間運営してみた
WebのQAを5年間運営してみた
 
QAエンジニアを通じて 弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜
QAエンジニアを通じて弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜QAエンジニアを通じて弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜
QAエンジニアを通じて 弊社の開発環境がより良くなる日 〜 OpenSTF 編 〜
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
 
現場から組織を動かす方法
現場から組織を動かす方法現場から組織を動かす方法
現場から組織を動かす方法
 
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
 
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFT
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFTGTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFT
GTMF 2016:テスト管理ツールCAT の紹介とコンシューマーゲームでの活用提案 株式会社SHIFT
 
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話
びっくりするくらいリモートワークが馴染んだ話
 
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のり
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のりSINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のり
SINoALICE -シノアリス- グローバル版、全139ヵ国リリースへの道のり
 
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOpsJAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps
JAWS FESTA Kansai 2013 | ビジネスに貢献する戦略的なITのためのDevOps
 
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意
成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意
 

Similar to ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩

リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識
リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識
リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識GAMKIN
 
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Development
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Developmentアジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Development
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile DevelopmentGo2GroupJapan
 
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用Kaede Ichihara
 
運営型モバイルゲームの運用について
運営型モバイルゲームの運用について運営型モバイルゲームの運用について
運営型モバイルゲームの運用についてKLab Inc. / Tech
 
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話Koichiro Takashima
 
グッドパッチ_会社紹介資料.pdf
グッドパッチ_会社紹介資料.pdfグッドパッチ_会社紹介資料.pdf
グッドパッチ_会社紹介資料.pdfssuserd88f4a
 
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)tracksrun
 
インハウスSEOの課題と対応_コメント付き
インハウスSEOの課題と対応_コメント付きインハウスSEOの課題と対応_コメント付き
インハウスSEOの課題と対応_コメント付きDemandSphere
 
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えます
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えますソフトウェア開発の7つのなぜに答えます
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えますJunya Yamaguchi
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用Akinori SAKATA
 
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。Yukio Okajima
 
CyberACE_2024_company_information_for_ourclient
CyberACE_2024_company_information_for_ourclientCyberACE_2024_company_information_for_ourclient
CyberACE_2024_company_information_for_ourclientmanabekana
 
アジャイル開発10年間の軌跡
アジャイル開発10年間の軌跡アジャイル開発10年間の軌跡
アジャイル開発10年間の軌跡Hiroyuki Tanaka
 
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計schoowebcampus
 
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdfssuser16ab5d
 
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理Ryosuke Suto
 
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」Keiichiro Seida
 
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdfssuser04d111
 
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdfssuser04d111
 

Similar to ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩 (20)

リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識
リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識
リリースをしてから運用しやすいiPhoneゲーム開発のまめ知識
 
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Development
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Developmentアジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Development
アジャイルナイトセミナー_2012年10月18日_Social Game x Agile Development
 
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用
グリー アジャイル開発における品質保証と人材活用
 
運営型モバイルゲームの運用について
運営型モバイルゲームの運用について運営型モバイルゲームの運用について
運営型モバイルゲームの運用について
 
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話
3 Amigosの考え方で、独立したQAチームがアジャイルテストチームになるまでの話
 
グッドパッチ_会社紹介資料.pdf
グッドパッチ_会社紹介資料.pdfグッドパッチ_会社紹介資料.pdf
グッドパッチ_会社紹介資料.pdf
 
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)
Developers Summit 2019 Summer(デブサミ2019夏)
 
インハウスSEOの課題と対応_コメント付き
インハウスSEOの課題と対応_コメント付きインハウスSEOの課題と対応_コメント付き
インハウスSEOの課題と対応_コメント付き
 
Marketplace QA Introduction
Marketplace QA IntroductionMarketplace QA Introduction
Marketplace QA Introduction
 
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えます
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えますソフトウェア開発の7つのなぜに答えます
ソフトウェア開発の7つのなぜに答えます
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
 
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
 
CyberACE_2024_company_information_for_ourclient
CyberACE_2024_company_information_for_ourclientCyberACE_2024_company_information_for_ourclient
CyberACE_2024_company_information_for_ourclient
 
アジャイル開発10年間の軌跡
アジャイル開発10年間の軌跡アジャイル開発10年間の軌跡
アジャイル開発10年間の軌跡
 
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計
【Schoo web campus】ゲーミフィケーションについての理解と設計
 
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf
18年目のB2BSaaSで構築したプロダクトマネジメントのフレームワーク.pdf
 
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理
Google Container Engine と Kubernetes で 無理をしないコンテナ管理
 
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」
SoRとSoEをつなぐ 「エンジニアの役割」と 「企業の課題」
 
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
 
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf【Video BRAIN】サービス資料.pdf
【Video BRAIN】サービス資料.pdf
 

More from gree_tech

アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜gree_tech
 
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介gree_tech
 
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表gree_tech
 
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~gree_tech
 
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化gree_tech
 
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介gree_tech
 
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介gree_tech
 
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてSINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてgree_tech
 
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介gree_tech
 
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてデータエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてgree_tech
 
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーシェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーgree_tech
 
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話gree_tech
 
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)gree_tech
 
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行gree_tech
 
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)gree_tech
 
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-gree_tech
 
REALITY iOSアプリを支える開発効率化
REALITY iOSアプリを支える開発効率化REALITY iOSアプリを支える開発効率化
REALITY iOSアプリを支える開発効率化gree_tech
 
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜gree_tech
 
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容について
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容についてバーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容について
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容についてgree_tech
 
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプラインREALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプラインgree_tech
 

More from gree_tech (20)

アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
 
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
 
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
 
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
 
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
 
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
 
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
 
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてSINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
 
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
 
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてデータエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
 
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーシェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
 
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
 
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
 
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
 
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
 
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-
基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-
 
REALITY iOSアプリを支える開発効率化
REALITY iOSアプリを支える開発効率化REALITY iOSアプリを支える開発効率化
REALITY iOSアプリを支える開発効率化
 
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜
Lua文化の伝承!? WFSにおけるイベントスクリプト活用術〜すべてはより良いコンテンツ制作のために〜
 
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容について
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容についてバーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容について
バーチャルライブ配信アプリREALITYの3Dアバターシステムの全容について
 
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプラインREALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
 

ユーザー目線での課題早期発見!ユーザーの声はヒットへの第一歩

  • 1. グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAシニアマネージャー 堀米 賢 リリース前に隠れた課題を検知! モバイルゲームのユーザーテスト検 討事例 グリー株式会社 Customer & Product Satisfaction部 QAマネージャー 国分 泰徳
  • 2. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 写真
 講演者プロフィール 
 氏名と所属
 国分 泰徳(こくぶ やすのり)
 グリー株式会社
 Customer & Product Satisfaction部
 PKL QAチーム マネージャー
 主な仕事内容
 略歴
 ポケラボ社が提供しているタイトルのQA統括。障害 削減、コスト最適化、魅力的品質の向上。
 2013年 株式会社ポケラボに入社。2019年グリー株式会社に転 籍。シノアリスなど、複数タイトルのQAを担当。
 現在はポケラボタイトルの品質管理業務全般を統括。
 2
  • 3. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 講演者プロフィール 
 氏名と所属
 堀米 賢(ほりごめ さとし) グリー株式会社
 Customer & Product Satisfaction部
 QAグループ シニアマネージャー
 主な仕事内容
 略歴
 障害削減、QAコスト最適化の推進
 リスクマネジメント、プロダクト品質向上提案
 QAチーム技術向上の推進 など
 組み込み系ソフトウェアのテスト技術者を経てグリーに入社
 ベンダー連携や、テスト内容の改善、
 メンバーの技術向上に向けた勉強会開催など幅広く活動中
 3
  • 4. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 導入背景と手法説明
 • 導入背景
 • ユーザーテストの手法
 • モバイルゲームへの適用
 • 導入事例紹介
 事例①シノアリス
 事例②シンフォギアXD
 • 最後に
 • 質疑応答
 アジェンダ
 4
  • 5. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 本講演の対象タイトル
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 5
  • 6. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. ユーザーテストとは
 テスター
 プレイ
 課題抽 出
 改善
 第三者が実施することによる客観性、 
 信頼性の向上 ユーザー目線での評価、課題抽出 
 魅力的品質の向上
 6
  • 7. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. やってみて
 2タイトルとも3周年を迎え、多くのお客さまに支持いただい ている。その成功の要因の一つとして、ユーザーテストが 寄与している。
 今回は要因となった弊社の手法をご紹介。
 
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 7
  • 8. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景と手法説明
 8
  • 9. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景(1/2)
 モバイルゲーム開発における課題
 ①
 トップセールスの
 固定化
 ②
 高品質なゲームの
 リリース
 継続的にプレイしているゲームが競合とな り、入れ替えを狙う必要がある
 国内外から高品質なゲームが続々リリース されており、取捨選択の判断が早い
 すでにプレイしているヒットタイトルよりもニーズを満たし、国内外 の強力な競合よりも魅力的であることが必要
 9
  • 10. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入背景(2/2)
 リリース前に反映させることで
 離脱リスクを軽減
 ターゲットとなるユーザーの市場の声を
 アンケート形式で聴き、課題を抽出
 満足度を高める
 10
  • 11. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. ユーザーテストの手法
 STEP1
 STEP2
 STEP3
 STEP4
 STEP5
 企画
 設計
 実行
 分析
 報告
 ・ターゲット層
 ・スケジュール
 ・対象機能
 ・アンケート項目 
 
 ・実行時のフォ ロー
 ・質問対応
 
 ・ローデータ分析 
 ・定性コメント
 ・定量
 
 ・課題FB
 ・提案
 
 Point① モバイルゲーム市場にあわせたターゲット設定
 Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 11
  • 12. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(1/3)
 課金ユーザー層
 IPタイトル作品
 への親愛度
 Point① モバイルゲーム市場にあわせたターゲット設定
 ゲームプレイ層
 既 存 タイトルのヘビーユーザー、ミドルユーザー、ライトユー ザーの意見を取り入れることにより、各層の課題を抽出する 
 基本無料のモバイルゲームのマネタイズの核 
 課金ユーザーは変わらず課金してくれるか、無課金ユーザーも 未来の課金ユーザーになってくれるかどうか 
 IPの魅力をゲームで表現できているかどうか 
 12
  • 13. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(2/3)
 課金意向
 Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 標準偏差:要素のばらつき度合 
 観点
 確認内容
 継続意向
 ・見た目(キャラクター)による課金意 欲
 ・性能、強さ(ゲームの優位性)によ る課金意欲
 ・ゲーム内の訴求による課金意欲 
 ・課金する/しない定性コメント 
 ・翌日以降プレイ継続意欲 
 ・チュートリアル突破後のプレイ継続 意欲
 ・面白さによる継続意欲 
 ・継続する/しない定性コメント 
 分析手法
 相関係数:他要素との相関 
 13
  • 14. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. モバイルゲームへの適用(3/3)
 期待値と実体験の差をなくし、初期離脱リスク軽減につなげる
 Point③ 事前期待値の数値化
   事前期待評価 
   チュートリアル 
     総合評価 
 プレイ前
 チュートリアルプレイ直後
 プレイ後
 X.X X.X X.X © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 14
  • 15. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介
 15
  • 16. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 16
  • 17. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例①
 カテゴリ
 5段階
 対課金
 対継続
 クエスト
 2.9
 0.09
 0.17
 GvG
 2.6
 0.30
 0.52
 バトル_UI・UX(操作感・テンポ) 
 2.7
 0.50
 0.40
 ゲーム全体_UI・UX(操作感・テンポ) 
 3.0
 0.58
 0.37
 ゲームバランス 
 3.1
 0.35
 0.63
 定性
 定量
 ゲームコアのウェイト
 時間の調整による
 快適性の向上
 課金/継続意向と
 強い相関かつ低評価の箇 所を定量結果で抽出
 定性コメントで
 課題を言語化
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 17
  • 18. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例②
 継続意向要素 ネガ ポジ 合計 割合 キャラクターデザイン
 0
 11
 11
 28%
 ストーリー・世界観
 0
 10
 10
 26%
 バトル
 4
 2
 6
 15%
 操作感・テンポ
 4
 1
 5
 13%
 定性
 定量
 継続意向として
 ポジティブな意見を
 定量結果で抽出
 強みを明確にすることで開 発チームの戦略に
 活かす
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 18
  • 19. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. Point② モバイルゲーム独自の観点追加
 Point③ 事前期待値の数値化
 19
  • 20. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例③
 事前期待
 全体評価
 4.2
 
 事前期待
 全体評価
 3.7
 
 ■ヨコオタロウ氏作品のプレイあり 
■ヨコオタロウ氏作品のプレイなし 
 ファン層の期待値を数値化
 世界観やデザインへの期待値が高いと判断し、
 世界観をより重視した演出を入れた方が良いとフィードバック
 0.4Ptダウン
 1.1Ptダウン
 3.3
 3.1
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 20
  • 21. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 導入事例紹介_事例④
 ポ ジ ティ ブ
 ● 原作を再現している 
 ● 懐かしい
 ● 原作ストーリー以外が楽しみ 
 ネ ガ ティ ブ
 ● ストーリーパートが長い 
 ● 良くも悪くもアニメ通り 
 定性
 定量
 数値上は原作再現できて いると見られたが
 定性コメントから
 隠れた課題を検知
 ゲームオリジナル
 ストーリー 3.5期実装
 
 事前期待
 全体評価
 3.9
 3.6
 ファン層(アニメ3期まで視聴済み) 
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 21
  • 22. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 最後に
 22
  • 23. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 結果
 2タイトルとも3周年を迎え、多くのお客さまに支持いただい ている。その成功の要因の一つとして、ユーザーテストが 寄与している。
 
 
 © 2017-2020 Pokelabo Inc./SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
 ©PS ©PSG ©PSGX ©PSAXZ ©PSXV ©BUSHI ©P
 23
  • 24. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 最後に
 QAはユーザーテスト実施の運営、レポートの作成
 会社全体で前向きに取り組んでいる
 開発チームから実施希望が出る環境
 今後は成果を可視化して導入を推進していきたい
 手法を導入し効果を最大限発揮するために 
 24
  • 25. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 25