Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

lambdaの連鎖で作るRecommendEngine

94 views

Published on

「Cloud Native Meetup Tokyo #8 」で発表された資料です。

https://cloudnative.connpass.com/event/130892/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

lambdaの連鎖で作るRecommendEngine

  1. 1. lambdaの連鎖で作る Recommend Engine
  2. 2. Masahiro Higuchi / 樋口雅拓 ● グリーグループのリミア株式会社で、LIMIA という住まい領域のメディアを 作っています。ゲーム会社ですが、最近はメディアに力を入れています。 ● 機械学習のエンジニアですが、iOS, Android,JSなどもやっている何でも屋 です。4歳の娘のパパ。twitter: @mahiguch1 ● https://limia.jp/ ● https://arine.jp/ ● https://aumo.jp/ ● https://www.mine-3m.com/mine/
  3. 3. LIMIAとは? ● メディアサービス ● 記事一覧を表示し、タップすると記事 詳細を閲覧できる。 ● AWS:90%、GCP:10%。 ● PHP/EC2 → Go/ECS移行中 ユーザに最適なコンテンツを推薦する事 で、回遊性を向上させたい! → Recommend Engine(推薦システム)を 作ろう。
  4. 4. どうやってRecommendするのか ● ユーザを10個ぐらいのセグメントに分類 ● セグメント毎にCTRを計算 ● 記事の投稿日時で補正したCTRが高い順にリストに掲載 → せっかく今から作るんだから、インスタンスを立てずに行こう!
  5. 5. ユーザモデル作成 ユーザが記事を閲覧すると、その情報が Kinesis に流れます。Lambdaで受け取り、直近10件の閲 覧履歴をDynamoDBに保存します。その変更を DynamoDB Streamに流し、Lambdaで受け取っ て記事のベクトルの平均をユーザベクトルとして DynamoDBに書き込みます。
  6. 6. ユーザ分類 ユーザの閲覧履歴は、 Kinesis経由でS3にも保 存されます。EMRでそれを読み込み、 k-means++で10セグメントに分割し、分割結果を BigQueryに書き込みます。BigQueryでセグメン ト毎の直近2時間のCTRを計算し、S3に書き戻し ます。それをDynamoDBに書きます。EMRでの 計算で出来るセグメントの中心ベクトルとアイデ アのベクトルも同様に Dynamoに書き出します。 アイデアベクトル生成は 1日1回だと遅いので、 改善したい。
  7. 7. 配信 ユーザが記事一覧を表示しようとすると、 Recommend Engineに問い合わせます。 Recommend Engineはユーザの直近10件の記事閲 覧履歴から所属するセグメントを選び、そのセグメント のユーザの直近2時間のCTRが高いものを表示しま す。ただし、古い記事ほど減点し、ユーザの前回ログ イン以降に投稿された記事は加点します。 Recommend Engineはgolangで書いて、 ECS/Fargateで動かしています。
  8. 8. システム構成図 パラメータ一覧 ● ユーザベクトル生成は、即時。 ● アイデアベクトル生成は、毎日。 ● 辞書は2年前のwikipediaベース。 ● CTRの計算は直近2時間。 ● 推薦対象は、全記事。 ● セグメントは10個。 これらについて、A/Bテストを行い、最適値を 探す。1Round 1週間として、6月末までに5回 行う。
  9. 9. まとめ ● Recommend Engineは簡単に作れる。 ● 今の所は既存編成ロジックより良い結果が出ている。 ● システム的にはアイデアベクトル生成をリアルタイムで行いたい。しかし、 S3にある5GBの辞書 を読み込む必要があるため、 Lambdaで実行時に読み込むとコスト的にやばい。何か良いアイ デアがあれば教えて欲しい。 ありがとうございました。懇親会でぜひ声をかけてください!

×