SlideShare a Scribd company logo

第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow

gree_tech
gree_tech

TensorFlow User Group #5 で発表された資料です。 https://tfug-tokyo.connpass.com/event/56100/

1 of 24
Download to read offline
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
第一回☆GREE AI Programming
Contest
で
TensorFlow
2017/05/24
グリー株式会社
開発本部データエンジニアリンググループ
森田 想平
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
• グリーという会社で、全社横断的な分析基盤を開発運用するチームを
マネジメントしています
• 最近はAI関連システムも見ています
• アナリストチームは別にある
自己紹介(会社の宣伝)
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
• 開催のきっかけ / 開催趣旨
• 開催概要
• 運営側が用意したもの
• 実施期間中の出来事
• 参加者、運営者の感想など
• まとめ
あらすじ
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
開催のきっかけ
トップダウン
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
トップの気持ち
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.
開催趣旨
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
• リテラシーをあげる
• 輪読会なども以前から実施
• http://www.deeplearningbook.org/
• 正しい方向に夢を広げたい
• 低コストで使える環境を用意する
• 使えばわかる事は多い(使わないとよくわからない)
• なるべく沢山のエンジニアが触った方がよい
• 応用範囲が広い
• 興味ある人も多い

Recommended

グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性gree_tech
 
Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用Sumo Logic活用事例とその運用
Sumo Logic活用事例とその運用gree_tech
 
OSS強化学習向けゲーム環境の動向
OSS強化学習向けゲーム環境の動向OSS強化学習向けゲーム環境の動向
OSS強化学習向けゲーム環境の動向gree_tech
 
グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例グリーにおけるSumo Logic活用事例
グリーにおけるSumo Logic活用事例gree_tech
 
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #2
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #2DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #2
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #2gree_tech
 
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1gree_tech
 
行ってみよう、やってみよう!
行ってみよう、やってみよう!行ってみよう、やってみよう!
行ってみよう、やってみよう!gree_tech
 
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜
CEDEC2015_スマホゲーム開発を支えろ!〜汗と涙のQAエンジニアリング〜gree_tech
 

More Related Content

What's hot

リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定gree_tech
 
OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較gree_tech
 
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろgree_tech
 
All about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsAll about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsgree_tech
 
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくり
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくりクラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくり
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくりgree_tech
 
インフラエンジニアの楽しい標準化活動
インフラエンジニアの楽しい標準化活動インフラエンジニアの楽しい標準化活動
インフラエンジニアの楽しい標準化活動gree_tech
 
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組み
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組みグリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組み
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組みgree_tech
 
RPKIやってみませんか?
RPKIやってみませんか?RPKIやってみませんか?
RPKIやってみませんか?gree_tech
 
インターネットの維持再考(導入編)
インターネットの維持再考(導入編)インターネットの維持再考(導入編)
インターネットの維持再考(導入編)gree_tech
 
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計gree_tech
 
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方Developers Summit
 
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年Cedec2015_「消滅都市」運用の一年
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年gree_tech
 
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?Developers Summit
 
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築Naoki (Neo) SATO
 
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話gree_tech
 
インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況gree_tech
 
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜gree_tech
 
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!Hasegawa Yusuke
 
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったか
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったかエンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったか
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったかgree_tech
 

What's hot (20)

リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定リリースを支える負荷測定
リリースを支える負荷測定
 
OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較OSS強化学習フレームワークの比較
OSS強化学習フレームワークの比較
 
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
[デブサミ秋2015] 新卒入社エンジニアが 2年間fluentdを運用して学んだ事いろいろ
 
All about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKsAll about 開発本部infra部 TASKs
All about 開発本部infra部 TASKs
 
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくり
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくりクラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくり
クラウドの積極的利活用による生産性向上と経営に寄与する仕組みづくり
 
インフラエンジニアの楽しい標準化活動
インフラエンジニアの楽しい標準化活動インフラエンジニアの楽しい標準化活動
インフラエンジニアの楽しい標準化活動
 
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組み
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組みグリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組み
グリーのセキュリティ戦略:組織改革成功の秘訣と新たな課題への取り組み
 
RPKIやってみませんか?
RPKIやってみませんか?RPKIやってみませんか?
RPKIやってみませんか?
 
インターネットの維持再考(導入編)
インターネットの維持再考(導入編)インターネットの維持再考(導入編)
インターネットの維持再考(導入編)
 
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
ハイブリッドクラウドで変わるインフラストラクチャ設計
 
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方
【デブサミ夏AL】グリーのboxの使い方
 
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年Cedec2015_「消滅都市」運用の一年
Cedec2015_「消滅都市」運用の一年
 
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
 
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
[Developers Summit 2018] Microsoft AIプラットフォームによるインテリジェント アプリケーションの構築
 
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話
グリーで行われている勉強会とその特徴 ✕ 勉強会を主催してみた話
 
インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況
 
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜
アナザーエデンを支える技術〜効率的なコンテンツ制作のための開発基盤〜
 
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!
ゲームインフラとGoogle Cloud Platformと酒!
 
HugCome and grasys
HugCome and grasysHugCome and grasys
HugCome and grasys
 
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったか
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったかエンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったか
エンジニア以外の方が自らSQLを使ってセグメント分析を行うカルチャーをどのように作っていったか
 

Similar to 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow

Wg for ai_dev_ops_20180713
Wg for ai_dev_ops_20180713Wg for ai_dev_ops_20180713
Wg for ai_dev_ops_20180713Yutaka Terasawa
 
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)Developers Summit
 
Rancherを活用して開発効率を上げる
Rancherを活用して開発効率を上げるRancherを活用して開発効率を上げる
Rancherを活用して開発効率を上げるMichitaka Terada
 
PHP Version Up と AWS への移行
PHP Version Up と AWS への移行PHP Version Up と AWS への移行
PHP Version Up と AWS への移行gree_tech
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割Toru Yamaguchi
 
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏Yusuke Suzuki
 
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らすDangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らすShunsuke Maeda
 
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介Makoto Haruyama
 
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~normalian
 
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage PlatformMasaki Nakagawa
 
Azure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれAzure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれYasuaki Matsuda
 
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話Kamonohashi
 
Data analysis platform ver1.1
Data analysis platform ver1.1Data analysis platform ver1.1
Data analysis platform ver1.1TomohiroDoi
 
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったこと
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったことネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったこと
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったことgree_tech
 
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Apps
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Appsグリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Apps
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & AppsGoogle Cloud Platform - Japan
 
私たちがGCPを使い始めた本当の理由
私たちがGCPを使い始めた本当の理由私たちがGCPを使い始めた本当の理由
私たちがGCPを使い始めた本当の理由gree_tech
 
サーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれからサーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれから真吾 吉田
 
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話Kamonohashi
 

Similar to 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow (20)

Wg for ai_dev_ops_20180713
Wg for ai_dev_ops_20180713Wg for ai_dev_ops_20180713
Wg for ai_dev_ops_20180713
 
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)
【14-B-2】グリーを支えるデータ分析基盤の過去と現在(橋本泰一〔グリー〕)
 
Rancherを活用して開発効率を上げる
Rancherを活用して開発効率を上げるRancherを活用して開発効率を上げる
Rancherを活用して開発効率を上げる
 
PHP Version Up と AWS への移行
PHP Version Up と AWS への移行PHP Version Up と AWS への移行
PHP Version Up と AWS への移行
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
快適・簡単・安心なアプリE2Eテストの実行環境 #stac2017
快適・簡単・安心なアプリE2Eテストの実行環境 #stac2017快適・簡単・安心なアプリE2Eテストの実行環境 #stac2017
快適・簡単・安心なアプリE2Eテストの実行環境 #stac2017
 
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏
DX時代に目指すべき品質向上とテスト - @IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019夏
 
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らすDangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
 
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介
Rails on GKEで運用するWebアプリケーションの紹介
 
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~
プログラミング生放送第7回 比べてみようPaaSクラウド~Azure VS GAE~
 
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
 
Azure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれAzure Functions あれこれ
Azure Functions あれこれ
 
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話
DLモデル開発中の雑務が嫌で支援プラットフォームを作った話
 
Data analysis platform ver1.1
Data analysis platform ver1.1Data analysis platform ver1.1
Data analysis platform ver1.1
 
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったこと
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったことネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったこと
ネットワークエンジニアがWeb開発をやってみて思ったこと
 
Fuel php活用事例
Fuel php活用事例Fuel php活用事例
Fuel php活用事例
 
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Apps
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Appsグリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Apps
グリー株式会社『私たちが GCP を使い始めた本当の理由』第 9 回 Google Cloud INSIDE Game & Apps
 
私たちがGCPを使い始めた本当の理由
私たちがGCPを使い始めた本当の理由私たちがGCPを使い始めた本当の理由
私たちがGCPを使い始めた本当の理由
 
サーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれからサーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれから
 
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話
DLLAB Engineer Days:AIチームが履歴やリソース管理で疲弊してたので開発基盤作ってOSS化した話
 

More from gree_tech

アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜gree_tech
 
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介gree_tech
 
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表gree_tech
 
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~gree_tech
 
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化gree_tech
 
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介gree_tech
 
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介gree_tech
 
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてSINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてgree_tech
 
海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験gree_tech
 
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組みgree_tech
 
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違いgree_tech
 
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介gree_tech
 
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてデータエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてgree_tech
 
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーシェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーgree_tech
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-gree_tech
 
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話gree_tech
 
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)gree_tech
 
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行gree_tech
 
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜gree_tech
 
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)gree_tech
 

More from gree_tech (20)

アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
アナザーエデンPC版リリースへの道のり 〜WFSにおけるマルチプラットフォーム対応の取り組み〜
 
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
GREE VR Studio Laboratory「XR-UX Devプロジェクト」の成果紹介
 
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
REALITYアバターを様々なメタバースで活躍させてみた - GREE VR Studio Laboratory インターン研究成果発表
 
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
アプリ起動時間高速化 ~推測するな、計測せよ~
 
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
長寿なゲーム事業におけるアプリビルドの効率化
 
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
Cloud Spanner をより便利にする運用支援ツールの紹介
 
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
WFSにおけるCloud SpannerとGKEを中心としたGCP導入事例の紹介
 
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現についてSINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
SINoALICE -シノアリス- Google Cloud Firestoreを用いた観戦機能の実現について
 
海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験海外展開と負荷試験
海外展開と負荷試験
 
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
翻訳QAでのテスト自動化の取り組み
 
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
組み込み開発のテストとゲーム開発のテストの違い
 
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
サーバーフレームワークに潜んでる脆弱性検知ツール紹介
 
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件についてデータエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
データエンジニアとアナリストチーム兼務になった件について
 
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジーシェアドサービスとしてのデータテクノロジー
シェアドサービスとしてのデータテクノロジー
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
 
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
「Atomic Design × Nuxt.js」コンポーネント毎に責務の範囲を明確にしたら幸せになった話
 
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
比較サイトの検索改善(SPA から SSR に変換)
 
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
 
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
「やんちゃ、足りてる?」〜ヤンマガWebで挑戦を続ける新入りエンジニア〜
 
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
法人向けメタバースプラットフォームの開発の裏側をのぞいてみた(仮)
 

Recently uploaded

CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdf
CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdfCTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdf
CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdfkeita yanagawa
 
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdfsumire0726bkk
 
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料suda28
 
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptxRyota Tamura
 
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2ttakapi0327
 
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)Junichi Akita
 

Recently uploaded (6)

CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdf
CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdfCTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdf
CTOでもVPoEでもないエンジニアのポジションの取り方 ~事業にコミットして成果を出すという一つのやりかた~ROSCAFELT20240228.pdf.pdf
 
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf
20240228_CATechLounge_FemTechが アツい話 .pdf
 
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料
そして広がるNotionの可能性 〜Notion APIを添えて〜 @MIERUNE BBQ #07 登壇資料
 
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx
20240229-v-kansai-meetup-#15「Vue2からNuxt3へ移行した話」.pptx
 
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2
Svelte5でのevent受け渡し in Svelte Japan Offline Meetup #2
 
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)
M5Stack用のつよつよ系負荷を駆動するUnit群(スイッチサイエンス年度末大感謝祭 240223)
 

第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow

  • 1. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 第一回☆GREE AI Programming Contest で TensorFlow 2017/05/24 グリー株式会社 開発本部データエンジニアリンググループ 森田 想平
  • 2. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • グリーという会社で、全社横断的な分析基盤を開発運用するチームを マネジメントしています • 最近はAI関連システムも見ています • アナリストチームは別にある 自己紹介(会社の宣伝) 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 3. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 4. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 開催のきっかけ トップダウン 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 5. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. トップの気持ち 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 6. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. 開催趣旨 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow • リテラシーをあげる • 輪読会なども以前から実施 • http://www.deeplearningbook.org/ • 正しい方向に夢を広げたい • 低コストで使える環境を用意する • 使えばわかる事は多い(使わないとよくわからない) • なるべく沢山のエンジニアが触った方がよい • 応用範囲が広い • 興味ある人も多い
  • 7. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 8. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 日時 • 2016年9月中旬 2週間 • 最初1週間の予定だったが伸びた • 参加者数 • 18チーム 30人くらい • 思ったより多くなったので途中で締め切り 開催概要 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 9. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • お題 • 画像の2値分類 • 決まりごと • チーム戦(1〜3名) • 生成されたモデルの権利は会社に帰属 • 簡単な賞品あり • 画像の取り扱いについて取り決めをし、誓約する • Ex. コンテスト環境(AWS)外への持ち出し禁止。ローカルPC使用不可 • 業務外の時間で お題 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 10. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 学習データセット • OK: 30,000件、NG: 10,000件 • 評価データセット • 6,000件のhash key+labelを、規定のAPIに送信すると、そのう ち秘密の4,000件のみを対象にしたスコアを返す • コンテスト期間終了後、最後に送信されたデータ6,000件すべてを利 用した精度で順位を判定 • つまり、最終結果だけ6,000件すべてを利用する 評価方法 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 11. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. Ref. プロダクション側での実装 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 12. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 13. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • コンテスト用のAWS環境 • サンプルプログラム • サンプルプログラムが動くようセットアップしたAMI • データセット • スコア計算のためのAPIサーバ • サポートチャット 運営側が用意したもの 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 14. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • なんでAWSだったのか • 業務で幅広く利用しており、アカウントやセキュリティ周りの設 定等になれてたから • (Google) Cloud Datalabも検討しました • 専用アカウントを作り、そこに各チームがEC2をたてて、作業を行う • g2.2xlargeが各チーム1インスタンス • APIサーバもそのアカウントの中にある 運営側が用意したもの コンテスト用のAWS環境
  • 15. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • (注:コンテストは2016/09に実施しました) • CUDA 7.5-18 (for Ubuntu14.04) • cuDNN v4.0 for CUDA 7.0 • Python3 • TensorFlow 0.9.0 • がインストールしてあるAMIを用意 • awsコマンド用の設定ファイルに上記AMI(やセキュリティグループ 等)を書いておいて、それを使ってインスタンス作成等してもらう 運営側が用意したもの サンプルプログラムが動くようセットアップしたAMI
  • 16. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • サンプルコードとデータはS3に置いておき、コピーしてもらう • データはStandard TensorFlow formatと生画像の両方用意 • 4万枚程度 • サンプルコード • 生TensorFlow • 畳み込み層が2層、全結合が1層の、比較的単純なネットワーク 運営側が用意したもの サンプルコードとデータセット トレーニング % python train.py --data_dir='data/train/*' --max_steps=100000 評価 % python output.py --checkpoint_dir=./train --eval_data=data/eval > result.json
  • 17. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • WebUIからチーム名を登録してもらってAPIキーを発行 • 回答の送信時にはチーム名とAPIキーで認証 • 回答の送信はAPIを直接叩いてもいいけど、ラップしたコードを配る • チーム一覧と現時点でのランキングを表示できる • 最終スコアを一番最後の回答に対して計算する • スコアは単純な正解率(正しく分類できたデータの比率) 運営側が用意したもの スコア計算のためのAPIサーバ 評価結果をAPIサーバに送信 % ./submit result.json
  • 18. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 19. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • モデルの改善 • とりあえず複雑にしたり • 前処理の工夫 • 画像に既存の仕組み( Cloud Vision APIか何か)ラベルをつけて、 そのラベルを特徴にして分類した。 • 目視でもっと細かいラベルを自分たちでひたすらつけた • こっちの方が効果があった コンテスト中のできごと 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 20. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 21. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 参加者の感想 • とりあえずマシンパワーが貧弱 • 基本的に学習がゆっくり • 3人チームで1人がGPU使うと2人が暇人になる • 分散もしたくなる • 運営の感想 • 動いてよかった • 実アプリに適用する場合のだいたいの流れが把握できた • こういうのに興味ある人や、各人の熱量がわかってよかった 終わってみて 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 22. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 開催のきっかけ / 開催趣旨 • 開催概要 • 運営側が用意したもの • 実施期間中の出来事 • 参加者、運営者の感想など • まとめ あらすじ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 23. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved. • 深層学習に慣れ親しむためのプログラミングコンテストを実施した • たくさんのエンジニアが、体験できた • 参加者はTensorFlowを書くだけのつもりだった • つもりだったが、結局前処理を頑張る感じになりました • 私が浅はかでした • 第二回もやる予定 まとめ 第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
  • 24. Copyright © GREE, Inc. All Rights Reserved.