Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ
2018/11/06
鈴木雄介
Graat 代表
日本Javaユーザーグループ 会長
プロダクトマネージャーカンファレンス2018
自己紹介
鈴木雄介
• Graat(グラーツ)
» グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社
» 代表取締役 社長
» http://www.graat.co.jp/
• 日本Javaユーザーグループ
» 会長
» http://www.ja...
ミッション
社会を支え続ける企業が持つ
「IT」と「チーム」の力を引き出し
「デジタル変革」を推進することで
しなやかな社会を実現する
2
PdM/POのコミュニケーション
3
SM
開発チーム
開発
経営層 統制
営業
コールセンター
物流
事務
法務
財務
顧客
意思決定者
業務
PdM/PO
成長するとコミュニケーションは増える
• 顧客からの機能要望
• 技術的な課題とコスト/スケジュール
• 会社の方向性とプロダクトの方向性
• 運営を効率的に回すための要望
4
限界を迎える
なるほど、社内調整だ
5
コミュニケーションの偏りと認識齟齬
6
組織としてプロダクトマネジメントに取り組む
共有するから自律的に動ける
• リズムの共有
»リードタイム、リリースサイクル、プロセス…
• ステータスの共有
»アイデア、検討中、実装可能…
• KPIの共有
»アテンション、売上、コスト、フィードバック…
7
案件ポートフォリオ
8
売上向上
コスト削減
バック
フロント
9
組織として取り組んで改善する
ご支援します!
• 1 on 1
• ファシリテーション
• プロセス設計支援
• 開発チーム支援
• マイクロサービス
• DevOps/モダンWeb
10
11
https://www.graat.co.jp
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ - #pmconfjp 2018

Download to read offline

2018年11月6日(火)~7日(水)に開催されたプロダクトマネージャー・カンファレンス2018での講演「プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ」の資料です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ - #pmconfjp 2018

  1. 1. プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ 2018/11/06 鈴木雄介 Graat 代表 日本Javaユーザーグループ 会長 プロダクトマネージャーカンファレンス2018
  2. 2. 自己紹介 鈴木雄介 • Graat(グラーツ) » グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社 » 代表取締役 社長 » http://www.graat.co.jp/ • 日本Javaユーザーグループ » 会長 » http://www.java-users.jp/ • SNS » http://arclamp.hatenablog.com/ » @yusuke_arclamp 1
  3. 3. ミッション 社会を支え続ける企業が持つ 「IT」と「チーム」の力を引き出し 「デジタル変革」を推進することで しなやかな社会を実現する 2
  4. 4. PdM/POのコミュニケーション 3 SM 開発チーム 開発 経営層 統制 営業 コールセンター 物流 事務 法務 財務 顧客 意思決定者 業務 PdM/PO
  5. 5. 成長するとコミュニケーションは増える • 顧客からの機能要望 • 技術的な課題とコスト/スケジュール • 会社の方向性とプロダクトの方向性 • 運営を効率的に回すための要望 4
  6. 6. 限界を迎える なるほど、社内調整だ 5 コミュニケーションの偏りと認識齟齬
  7. 7. 6 組織としてプロダクトマネジメントに取り組む
  8. 8. 共有するから自律的に動ける • リズムの共有 »リードタイム、リリースサイクル、プロセス… • ステータスの共有 »アイデア、検討中、実装可能… • KPIの共有 »アテンション、売上、コスト、フィードバック… 7
  9. 9. 案件ポートフォリオ 8 売上向上 コスト削減 バック フロント
  10. 10. 9 組織として取り組んで改善する
  11. 11. ご支援します! • 1 on 1 • ファシリテーション • プロセス設計支援 • 開発チーム支援 • マイクロサービス • DevOps/モダンWeb 10
  12. 12. 11 https://www.graat.co.jp
  • TomoyoshiOkada

    Apr. 8, 2019
  • SakiOdaka1

    Feb. 1, 2019

2018年11月6日(火)~7日(水)に開催されたプロダクトマネージャー・カンファレンス2018での講演「プロダクトマネージャーにもコーチが必要だ」の資料です。

Views

Total views

3,112

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

2,408

Actions

Downloads

23

Shares

0

Comments

0

Likes

2

×