Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

TPI NEXT入門

10,296 views

Published on

2016/1/9 WACATE2015冬

Published in: Software
  • Be the first to comment

TPI NEXT入門

  1. 1. TPI NEXT入門 TPI NEXTで自分達のテストを 評価しよう 2016/1/9 @WACATE 2015 冬 井芹洋輝 1
  2. 2. はじめに このセッションについて • 目的 – TPI NEXTの概要を知る – TPI NEXTを使った評価を体験する • 対象 – テストの改善に興味がある人 • 注意事項 – 30分の講義&ワークショップで概要に触れるのが目 的です • 解説はアセスメントに絞ったスライドのみ扱います – 書籍のごく一部を扱っています。 学ぶならまずは購入を 2
  3. 3. はじめに このセッションについて • 自己紹介 – 井芹洋輝 – 株式会社豆蔵。組み込みソフトウェアの開発やテス トの改善に従事 – TPI NEXTとの関わり • 日本語化を期に着手 • TPI NEXTファンデーション取得 3
  4. 4. 概要 4
  5. 5. 概要 TPI NEXTとは • テストプロセスの成熟度評価と改善の標準 – 「ビジネス主導要因に基づき、組織のテストプロセス の成熟度を判断する際の標準」 – 「テストプロセスを改善するために現実的でテストに 特化した測定値を設定し、実装するための標準」 • Sogeti社が策定 5
  6. 6. 概要 TPI NEXTとは • テストプロセス – 「テストを実施するために用いる手法、技法、および ツールの集まりのこと」 – テスト計画、テスト設計、テスト実施など、 あらゆるテストの活動を包含する 6
  7. 7. 概要 TPI NEXTの位置づけ • Sogeti社の体系・標準の一つ – TMap Next • ビジネス主導、リスクベースのソフトウェアテストの方法論 – TPI Next • テストプロセス改善の標準 – Point ZERO • 欠陥、リスク軽減、コストの削減、生産性の向上などを扱う 開発ライフサイクルの方法論 • TMap Next/TPI Nextは日本でも認定制度あり 7
  8. 8. 概要 TPI NEXTの文献 • 「TPI NEXT ビジネス主導のテストプロセス改善」 (TriFoglio) – pdf版の販売もあり • TMap公式サイト – http://www.tmap.net/tpi-downloads – 資料・ツールが公開されている(英語版のみ) • TPI NEXTでの評価・設定・メトリクス計算を支援するExcel ツール • キーエリアとチェックポイントの一覧 8
  9. 9. 概要 TPI NEXTを学ぶと何が良いのか? • 有望な自分たちのテストの改善手段 – 現場で取り組みやすい • 現場主導でも取り組みやすい – チェックポイントとして明快な評価基準を提供 – ニーズに合わせた段階的改善やスコープ設定の仕組みを提供 – 組織、管理、技術等、バランスよく様々な領域をカバー • 現場のエンジニア目線で親しみやすい – 問題の設定や改善アプローチに共感できる – 現場の本質的な改善を重視している • テストの教材としても有効 – 最新にして数少ない、日本語化されたテスト改善の 標準 9
  10. 10. 概要 TPI NEXTが重視するもの • コントロールされた特定の改善ステップ – 段階的改善をサポート • 実践事例ベース • 客観性 – 成熟度などの評価を客観的に実施できる • 選択肢と優先度 – ニーズに合わせた選択や優先付けをサポート • 詳細度 – ”とりあえずやるべきこと”が具体的にわかる • 現状のすばやい把握 • 独立性 – 特定のプロセスや手法に依存しない • ビジネス主導要因の検討 – ビジネスゴールの達成を直接サポートする • 他のSDLCプロセスとの連携 – 全体のプロセスや、テストと他の活動を考慮する 10
  11. 11. 概要 関連用語 • TPI – Test Process Improvementの略称 – テストプロセスの成熟度評価と改善の標準 • BDTPI – Business Driven Test Process Improvementの略称。 – TPIを全体的に改善したもの。ビジネス主導要因に基づいた テーラリングや段階的改善などのサポートを強化 • ビジネス主導要因 – 「管理者層が示す方向性」 – 「ビジネス主導要因は、テストプロセスを改善するための理由、 モチベーション、課題となるものであり、一般的には、結果とリ スクと時間とコスト(の組み合わせ)で表現する」 • TPI NEXT – BDTPIを基本モデルとした標準 11
  12. 12. TPI NEXTの基本構成 12
  13. 13. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 13
  14. 14. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 14
  15. 15. TPI NEXTの基本構成 キーエリアとは • テストの評価・改善の観点 – 各キーエリアごとに成熟度を評価したり、改善目標を 定めたりする • 16のキーエリアが定義される • 3のグループで分類される 15
  16. 16. TPI NEXTの基本構成 キーエリアとは グループ キーエリア SR(利害関係者との関係) • 利害関係者のコミットメント • 関与の度合い • テスト戦略 • テスト組織 • コミュニケーション • 報告 TM(テスト管理) • テストプロセス管理 • 見積もりと計画 • メトリクス • 欠陥管理 • テストウェア管理 TP(テスト業務の専門性) • 手法の実践 • テスト担当者のプロ意識 • テストケース設計 • テストツール • テスト環境 16
  17. 17. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 17
  18. 18. TPI NEXTの基本構成 成熟度レベル • 各キーエリアの成熟度のレベル。 • 成熟度レベル – 初期レベル • 「アドホック」。テスト活動が体系化・文書化されておらず、属人 的にテストが進められる – コントロールレベル • 「適切なものごとを行う」。テストで行うべきことが行われている ことを管理できている。 – 効率化レベル • 「ものごとを適切に行う」。行うべきことを、少ないコスト・時間で メリットを大きくするように、効率的に実施できている。 – 最適化レベル • 「刻々と変化する状況に絶えず順応する」。継続的に最適なや り方に改善し続けている。 18成熟度高
  19. 19. TPI NEXTの基本構成 理想の成熟度レベル • コントロールレベルは基礎として達成を目指す • 効率化レベル以上は要求や制約に応じて達成 を目指す – ソフトウェア開発ライフサイクルのバランスを考慮 • 達成・維持は大変 • テストより開発の改善に注力した方が良い場合もある 19
  20. 20. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 20
  21. 21. TPI NEXTの基本構成 チェックポイント • チェックポイント – キーエリアの成熟度を判定するための基準 • 各キーエリアごとに、コントロールレベル/効率化レベル/最 適化レベルそれぞれで定義される • 「達成した」「達成していない」の2値判定 十分な証拠を提示できれば「達成」と判断 • 「対象の成熟度レベル」+「下位の成熟度レベル」のすべ てのチェックポイントに達成したら、その成熟度レベル達成 21
  22. 22. TPI NEXTの基本構成 チェックポイントの例(キーエリア「報告」) • 初期レベル – なし • コントロールレベル 1. 報告には、時間とコスト、結果とリスクなどの側面が含まれている。 2. 報告の頻度や内容が、意思決定プロセスの利害関係者の基本要求に合致して いる。 3. 報告は書面によって行われている。 • 効率化レベル 1. 効率的な意思決定に必要な利害関係者の報告要求を満たすことと、提供する ための作業量のバランスが取れている。 2. 報告書には、テストプロセスの進捗やプロジェクトリスクを考慮して、テストの傾 向と、テストプロジェクトからの推奨事項が含まれている。 3. 報告書には、テストのゴールやプロダクトリスクに関して、テストの傾向と、テスト プロジェクトからの推奨事項が含まれている。 • 最適化レベル 1. 報告は、現状あるいは将来のテストプロセスやSDLCの改善に利用するデータや 測定値を提供している。 2. ソフトウェアプロセス改善用のデータや測定値をテストプロジェクト終了時にライ ン組織に渡している。 22
  23. 23. TPI NEXTの基本構成 チェックポイントの運用 • チェックポイントは、あるべき姿から測定可能な 一部の属性を切り出したもの – 字面だけ達成すれば良いわけではない – 各章節の冒頭の説明、改善提案、キーエリア達成の コツで説明される、本質的な改善達成が大前提 23
  24. 24. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 24
  25. 25. TPI NEXTの基本構成 キーエリア達成のコツ/改善提案 • 改善提案 – キーエリアの各成熟度レベルを達成するための改善 のヒントや助言 – 留意事項:チェックポイントの達成方法は様々。改善 提案はその中の一つ • キーエリア達成のコツ(Enabler) – ソフトウェア開発ライフサイクルの中で、該当成熟度 レベルがどのようなプロセスや活動と関連している かの解説 – 改善をより的確に行うためのヒントとなる 25
  26. 26. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 26
  27. 27. TPI NEXTの基本構成 テスト成熟度マトリクス • キーエリア、成熟度レベル、チェックポイントを 一つのマトリクスにまとめたもの • 成熟度を俯瞰するのに用いる 27
  28. 28. 3 7 95 95 3 2 4 95 65 15 95 0 95 95 2 5 95 8 95 3 TPI NEXTの基本構成 テスト成熟度マトリクス 28 成熟度レベルキーエリア 表中の番号:チェックポイント
  29. 29. TPI NEXTの基本構成 テスト成熟度マトリクスでの表現 29 5 2 3 2 3 4 1 6 3 553 5 コントロール レベル 効率化 レベル 初期レベル 初期レベル 効率化レベル
  30. 30. TPI NEXTの基本構成 TPI NEXTの全体像 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス 30
  31. 31. TPI NEXTの基本構成 クラスタ • チェックポイントをグルーピングしたもの – 分類やステップ分けに用いる • Ex)段階的改善のためのステップ分け • Ex)改善のスコープ設定 • 目的に応じてカスタマイズする 31
  32. 32. TPI NEXTの基本構成 2つのクラスタセット 1. 基本クラスタセット – BDTPIが標準として提示するクラスタ • チェックポイントをA〜Mで分類 – 用途 • 標準的な改善ステップを示す – A→B→…→Mとアルファベット順に改善していく – 重視すべきビジネス主導要因がなければ、これをそのまま適用可能 – 「基本クラスタの構成は、テスト分野の幅広い経験に基づいている」 • カスタマイズのベースとする • チェックポイントの依存関係を示す 2. ビジネス主導クラスタセット – ビジネスのゴールに基づいて、 基本クラスタセットをカスタマイズしたクラスタ 32
  33. 33. TPI NEXTの基本構成 基本クラスタセット 33 J 8 KDGL G 8 6 FBG FBG KMH A FBGI CB 9 7 LG B FBG 8 FBG 8I FBG B FBGE FBG J 0 0 3 5 5 G J J 1 2 2 0 1 1 0 2 2 0 2 1 1 2 1 0 2 2 1 1 3 3 4 4 3 4 5 5 0 0 2 0 2 0 0 1 1 3 4 4 3 4 4 3 3 3 5 3 4 4 4 4 4 5 5 0 2 1 21 4 5 5 4 5 5 3 3 5 3 3 5
  34. 34. TPI NEXTの基本構成 基本クラスタセットでの考え方の一部 34 J 8 KDGL G 8 6 FBG FBG KMH A FBGI CB 9 7 LG B FBG 8 FBG 8I FBG B FBGE FBG J 0 0 3 5 5 G J J 1 2 2 0 1 1 0 2 2 0 2 1 1 2 1 0 2 2 1 1 3 3 4 4 3 4 5 5 0 0 2 0 2 0 0 1 1 3 4 4 3 4 4 3 3 3 5 3 4 4 4 4 4 5 5 0 2 1 21 4 5 5 4 5 5 3 3 5 3 3 5 最適化レベルは 最後に着手 テストの要求や目的(基本的にやるべきこと)、テスト戦略・ プロセス(基本的な段取り)の整備は改善の大前提 ツールや環境の工夫は、マネジメントや テスト設計の基本ができてから着手
  35. 35. TPI NEXTの基本構成 クラスタのカスタマイズ • クラスタはビジネス主導要因に応じて、 スコープ分け・分類・依存関係定義を行う • カスタマイズでは依存関係に注意 – チェックポイントや基本クラスタセットのクラスタには 依存関係が設定されている 依存関係を壊すカスタマイズは推奨されていない • 無料公開されている標準Excelツールが便利 35
  36. 36. TPI NEXTの基本構成 補足 ビジネス主導要因 • 「管理者層が示す方向性である。 通常は、 組織 のビジョンやビジネス戦略から導き出した方向 性として提示するものであり、組織か業務レベ ルで達成すべき特定の成果を伴う」 • e.g.)優れたROI、開発期間の削減 36
  37. 37. TPI NEXTの利用 37
  38. 38. 今回扱うトピック • ビジネス主導のクラスタ設定 • プロセスに合わせたカスタマイズ • 改善フローの例 • アセスメント 38
  39. 39. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 BDTPI • TPI NEXTはビジネス主導要因を重視 – BDTPI=ビジネス主導のTPI • BDTPIのフローの例 1. ビジネス主導要因を特定する 2. ビジネスゴールをITゴールに置き換える 3. ITゴールにとってより重要なキーエリアとそうでない キーエリアを特定する 4. チェックポイントのクラスタ配置を再調整する 39
  40. 40. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 1. ビジネス主導要因を特定する • ビジネスからのニーズや要求の観点・分類を定義する – ※ニーズや要求をリストアップするわけではない • TPI NEXTの書籍での例) – 顧客志向と顧客サービスの改善 – 外部の法や規制の順守 – サービスの継続性と可用性の定着 – (IT 関連の)ビジネスリスクの管理 – 競合するプロダクトやサービスの提供 – ビジネスプロセスの機能性の改善と保守 – (IT による)ビジネス投資からの適切な利益 – スキルとやる気のある人材の獲得、育成、維持 – ビジネス要件の変更に対するスピーディな対応 40
  41. 41. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 2. ビジネスゴールをITゴールに置き換える 41 顧客志向と 顧客サービ スの改善 外部の法や 規制の順守 サービスの 継続性と可 用性の定着 … ITサービスの 信頼性と安 全性の確保 P P P 外部の法や 規制の順守 S P … P:Primary(最優先)、S:Supportive(補足)、空白:関連性少ない ビジネスゴールの要素 ITゴール の要因
  42. 42. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 3. ITゴールにとってより重要なキーエリアと そうでないキーエリアを特定する 顧客志向と顧 客サービスの 改善 外部の法や 規制の順守 サービスの継 続性と可用性 の定着 … ITサービスの 信頼性と安全 性の確保 H L N 外部の法や 規制の順守 L H H … 42 ITゴールの要素 キーエリア H:優先度高、N:優先度中、L:優先度低 ビジネスゴール・ITゴール・キーエリアの関連性を明らかにする ビジネスゴールの優先付けでキーエリアの優先付けを行う
  43. 43. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 3. ITゴールにとってより重要なキーエリアと そうでないキーエリアを特定する • ビジネスゴールの優先順位付けを行う – ビジネス主導要因ごとに優先度を設定する • ビジネスゴールの優先順位に基づき、キーエリアの 優先順位付けを行う • 例)「サービスの継続性と可用性の定着」を優先す る – ITゴールの優先付け • 優先度高「ITサービスの信頼性と安全性の確保」 – キーエリアの優先付け • 優先度高「利害関係者のコミットメント」「コミュニケーション」「報 告」・・ • 優先度低「関与の度合い」「テスト組織」・・ 43
  44. 44. TPI NEXTの利用:ビジネス主導のクラスタ設定 4. BDTPI:ビジネス主導のクラスタ設定 • 重要なキーエリアのクラスタを格上げする • 重要でないキーエリアのクラスタを格下げする • 無関係なチェックポイントをスコープ外にする 44 K 9ALEHM H 9 7 GCH GCH AL I B GCHJ DC 8 MH C GCH 9 GCH 9J GCH C GCHF GCH K 0 0 3 5 5 A H K Z K 1 2 2 0 1 1 0 2 2 0 2 1 1 2 1 0 2 2 1 1 3 3 4 4 3 4 5 5 0 0 2 0 2 0 0 1 1 6 6 6 3 4 4 3 3 3 5 3 4 4 4 4 4 5 5 0 2 1 21 4 5 5 4 5 5 3 3 5 3 3 5
  45. 45. TPI NEXTの利用:プロセスに合わせたカスタマイズ プロセスに合わせたカスタマイズ • TPI NEXTの書籍では、既知のプロセスやアプ ローチ(例えばアジャイル)への適用指針も解説 • Ex)アジャイルに適用する場合 – 「利害関係者のコミットメント」の優先度を高める • クライアントとの良好な関係の構築・維持を重視する 一つの手段として、プロセスにクライアントを関与させる • クライアントからのフィードバックの重要度を高める 45
  46. 46. TPI NEXTの利用:改善フローの例 改善フローの例 46 気づきを与える (意識づけ) ゴール、スコープ、 取り組み方を決定 する 現状を アセスメントする 改善を定義する 行動計画を 立案する 行動計画を 実施する 評価して再方向付 けを行う
  47. 47. TPI NEXTの利用:アセスメント アセスメントのフローの例 1. ゴール、スコープ、アプローチを決定する 2. 情報を収集する 3. 情報を分析する 4. 結論を導く 47
  48. 48. TPI NEXTの利用:アセスメント 2.情報を収集する/3.情報を分析する • BDTPIに基づいて情報収集、分析の観点を明確 化する – アセスメントのスコープをキーエリアやクラスタで明 確化する – 対象のキーエリアごとに、どのような観点でどのよう なアセスメントを行うか、具体的な方針を立てる 48
  49. 49. TPI NEXTの利用:アセスメント 2.情報を収集する/3.情報を分析する • 情報収集手段の例 – 成果物の監査 – インタビュー(多面的なインタビューが有効) – 複数のアセスメント結果のクロスレビュー • 情報の分析 – TPI Nextに基づいた成熟度レベルを分析する • 収集情報に基づくチェックポイントを判定 • チェックポイント結果からメトリクスを算出 – メトリクス例)スコープ内のチェックポイント達成率、優先度高の チェックポイント達成率、直近の目標に対するチェックポイント達 成率、チェックポイント達成率の時系列推移や他との比較 – キーエリアを観点に、例えばSWOT分析を実施する 49
  50. 50. まとめ 50 キーエリア 成熟度レベル チェックポイント クラスタ 改善提案 キーエリア達成 のコツ テスト成熟度マトリクス
  51. 51. ご清聴ありがとうございました 51

×