直交表を使ったテスト設計ワークショップ

1,183 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

直交表を使ったテスト設計ワークショップ

  1. 1. jissen.swtest 設計課題 goyoki
  2. 2. 静的解析プラグインZZZインストーラ• 3つの静的解析レベル – レベルA – レベルB – レベルC• インストール対象IDEの仕様 – OS:Starter、Home、Pro – バージョン:2007、2005、2003 – 選択フレームワーク:XFC、XTL、.XXX – 親プラグイン:Ver1、Ver2、Ver3
  3. 3. 静的解析プラグインZZZインストーラ• インストール実行中に警告を表示する。重複した ら両方を表示 – StartarはレベルAのみ実行可。警告「レベルB、レベ ルCは利用できません」を出す – IDE2003はインストール拒否。警告「指定環境ではイ ンストールできません」を出す – XTLにインストールする際は警告「指定環境はサポー ト終了予定です」を出す – フレームワークXTLで親Ver1を使った環境、あるいは フレームワークXFCを使った環境では、警告「非推奨 なプラグインです」を出す
  4. 4. 設計課題• 単機能テストの設計依頼 – ZZZインストーラ実行時に、開発環境に応じたメッ セージがきちんと表示されるか
  5. 5. 添付資料(直交表)• 使用しなくてもよい 1 2 3 4 1 1 1 1 1 2 1 2 2 2 3 1 3 3 3 4 2 1 2 3 5 2 2 3 1 6 2 3 1 2 7 3 1 3 2 8 3 2 1 3 9 3 3 2 1
  6. 6. jissen.swtest 設計課題 追加仕様 (設計終了後に提示)
  7. 7. 追加仕様• テスト実行直前に仕様分析漏れが判明 – IDE2007とフレームワークXFCの組み合わせは実 現不可 – IDE2003ではインストールが最初に拒否されて、 他のメッセージのテストが不能 – 「指定環境はサポート終了予定です」は「非推奨 なプラグインで上書きされる」で上書きされて非表 示化
  8. 8. 求める解答• 最初の仕様で設計した組み合わせ• 仕様変更後に再設計した組み合わせ• 仕様変更に対してどう対処したか
  9. 9. jissen.swtest 設計課題 解答例 goyoki
  10. 10. 解説に当たって• 直交表を使ったものを紹介• あくまで解答例の1つ
  11. 11. 最初の仕様• 直交表に割り当て OS IDE F/W 親 1 Starter 2003 XFC Ver1 2 Starter 2005 XTL Ver2 3 Starter 2007 .XXX Ver3 4 Home 2003 XTL Ver3 5 Home 2005 .XXX Ver1 6 Home 2007 XFC Ver2 7 Pro 2003 .XXX Ver2 8 Pro 2005 XFC Ver3 9 Pro 2007 XTL Ver1
  12. 12. 最初の仕様• テストケースとして整理(解答例)入力 OS Starter Starter Starter Home Home Home Pro Pro Pro IDE 2003 2005 2007 2003 2005 2007 2003 2005 2007 F/W XFC XTL .XXX XTL .XXX XFC .XXX XFC XTL 親 Ver1 Ver2 Ver3 Ver3 Ver1 Ver2 Ver2 Ver3 Ver1出力 一部利用不可 ○ ○ ○ インストール不可 ○ ○ ○ サポート終了予定 ○ ○ ○ 非推奨 ○ ○ ○ ○
  13. 13. 仕様追加• 今回はオールペア法としての整合性を維持し ながら仕様変更に対応する – 制約に注意。他のペアがテストされなくなる
  14. 14. 仕様追加• “IDE2007とフレームワークXFCの組み合わせは実現 不可 “• 最適化できる可能性があるので値の割当は保留入力 OS Starter Starter Starter Home Home Home Home Pro Pro Pro IDE 2003 2005 2007 2003 20052007以外 2007 2003 2005 2007 F/W XFC XTL .XXX XTL .XXX XFC XFC以外 .XXX XFC XTL 親 Ver1 Ver2 Ver3 Ver3 Ver1 Ver2 Ver2 Ver2 Ver3 Ver1出力 一部利用不可 ○ ○ ○ インストール ○ ○ ○ 不可 サポート終了 ○ ○ ○ 予定 非推奨 ○ ○ ○ ○
  15. 15. 仕様追加 • “IDE2003ではインストールが最初に拒否されて、他 のメッセージのテストが不能 “入力 OS Starter Starter Starter Home Home Home Home Pro Pro Pro 任意 2003以 2003以 IDE 2005 2007 20052007以外 20072003以外 2005 2007 2003 外 外 F/W XFC XTL .XXX XTL .XXX XFC XFC以外 .XXX XFC XTL 任意 親 Ver1 Ver2 Ver3 Ver3 Ver1 Ver2 Ver2 Ver2 Ver3 Ver1 任意出力 一部利用不可 ○ ○ ○ インストール不可 ○ サポート終了予定 ○ ○ ○ 非推奨 ○ ○ ○ ○
  16. 16. 仕様追加 • “「指定環境はサポート終了予定です」は「非推奨な プラグインで上書きされる」で上書きされて非表示化 “入力 OS Starter Starter Starter Home Home Home Home Pro Pro Pro Pro 任意 2003以 2003以 IDE 2005 2007 20052007以外 20072003以外 2005 2007 2007 2003 外 外 F/W XFC XTL .XXX XTL .XXX XFC XFC以外 .XXX XFC XTL XTL以外 任意 親 Ver1 Ver2 Ver3 Ver3 Ver1 Ver2 Ver2 Ver2 Ver3 任意 Ver1 任意出力 一部利用不可 ○ ○ ○ インストール不可 ○ サポート終了予定 ○ ○ ○ 非推奨 ○ ○ ○ ○
  17. 17. 仕様追加• 値を割り当て&最適化(解答例)入力 OS Starter Starter Starter Home Home Home Home Pro Pro Pro Pro Starter IDE 2005 2005 2007 2007 2005 2005 2007 2007 2005 2007 2007 2003 F/W XFC XTL .XXX XTL .XXX XFC .XXX .XXX XFC XTL .XXX XFC 親 Ver1 Ver2 Ver3 Ver3 Ver1 Ver2 Ver2 Ver2 Ver3 Ver2 Ver1 Ver1出力 一部利用不可 ○ ○ ○ インストール不可 ○ サポート終了予定 ○ ○ ○ 非推奨 ○ ○ ○ ○
  18. 18. 補足• 組み合わせでは制約に注意 – 一部の組み合わせがテストされなくなるリスクが ある• 自動化やツール支援大事 – それなりの手順が必要な最適化は(今回のよう に)テストケースの変更容易性を落としてしまう場 合がある• 仕様分析はしっかりと

×