SlideShare a Scribd company logo
1 of 55
Download to read offline
【京都開催】世界標準のCMSプラットフォーム「Movable Type 6」登場
- WEBサイトの「CMS導入」と「クラウド化」のポイント -
2013年9月11日
ディレクターからみたディレクターからみたディレクターからみたディレクターからみた
Movable Type + PowerCMSMovable Type + PowerCMSMovable Type + PowerCMSMovable Type + PowerCMSのののの優位性優位性優位性優位性
株式会社 廣済堂
情報コミュニケーション関西事業本部
ITS統括課プロデュースチーム
米田 蓮治(Yoneda Renji)
自己紹介
1
自己紹介
“ディレクター“やってます。
2
株式会社 廣済堂
情報コミュニケーション関西事業本部
ITS統括課プロデュースチーム
米田 蓮治(Yoneda Renji)
組込系のプログラマーから、ミーハーが高じてマルチメディア、DTPを経てインターネットに手を出し、
廣済堂へ。Flash制作からディレクターへ。
PM
TD IA
PG DeID
CL
AE PL
企画
クライアント
設計・
制作
MovableType+PowerCMSの優位性について
3
MovableType+PowerCMSの優位性について
そもそも何故こんな話をするのか?
4
優位性
別のものを比較して、優れている点や性質のこと。
実用日本語表現辞典
MovableType+PowerCMSの優位性について
そもそも何故こんな話をするのか?
5
優位性
別のものを比較して、優れている点や性質のこと。
実用日本語表現辞典
MovableType+PowerCMSの優位性について
そもそも何故こんな話をするのか?
6
MovableType+PowerCMSの優位性について
そもそも何故こんな話をするのか?
7
優位性
別のものを比較して、優れている点や性質のこと。
・ディスるつもりはありません。
・“比較”する以前に“土俵”が違うと感じています。
MovableType+PowerCMSの優位性について
そもそも何故こんな話をするのか?
8
“土俵”の違い=皆さまの抱える共通の課題・問題
・案件予算
・プロジェクト規模
・チームメンバー
土俵①
土俵②
土俵③
MovableType+PowerCMSの優位性について
今日お話しすることの真意
9
優位性
私が今日お話しする“プロジェクト” と
皆さまが経験されてきた“プロジェクト” を比較して、
「おっ!」となる「優位性」を発見して頂ければ幸い
です。
優位性
別のものを比較して、優れている点や性質のこと。
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
まずはそもそものお話から
10
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
“プロジェクト”の定義
11
独自のプロダクト、サービス、所作を創造するため
に実施される有期性の業務
この世でひとつだけのモノやサービスを作る
+
始まりがあり、終わりがある(もちろん続くんですけど)
+
後にも先にも同じものが存在しない
PMBOKガイドラインより抜粋
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
“プロジェクト”の定義
12
この世でひとつだけのモノやサービスを作る
+
始まりがあり、終わりがある(もちろん続くんですけど)
+
後にも先にも同じものが存在しない
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
“プロジェクト”の定義
13
この世でひとつだけのモノやサービスを作る
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
“プロジェクト”の定義
14
始まりがあり、終わりがある(もちろん続くんですけど)
そもそも“プロジェクト”ってなんですか?
“プロジェクト”の定義
15
後にも先にも同じものが存在しない
目標と手段の違い
メンバーの違い
工期の違い
予算の違い
・・・etc.
リニューアルプロジェクト
リニューアルプロジェクト
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
16
事例01 ノートルダム学院小学校様 サイトリニューアルプロジェクト
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
17
事例01 ノートルダム学院小学校様 サイトリニューアルプロジェクト
[関係メンバー]
営業:川崎幸司
プロマネ兼、TD/AD/雑用:米田蓮治
コーディング全般、CMS設計、構築:岸典史
デザイン、テンプレート作成:横田将典
サーバーサイド:酒田大輔
サーバーサイド技術支援:山崎潤
プラグイン開発:alfasado inc.
[課題]
• 会員機能
• 学年クラスごとの“クラス便り”の構築
• 20歳代~60歳代の編集者にも使いやすく
• 小学校の先生は忙しい。金曜日夕方から
の集中的な作業(負荷分散)
• 教職員は1年単位で職域が変わる
• イベント目白押し。メールフォームは?
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
18
プロジェクトの課題
あれ??
なんかやること多くない?
予算・費用と比べて。。。
[課題]
• 会員機能
[課題]
• 学年クラスごとの“クラス便り”の構築
[課題]
• 20歳代~60歳代の利用者にも使いやすく
[課題]
• イベント目白押し。お問い合わせフォームは?
[課題]
• 小学校の先生は忙しい。
金曜日の集中的な作業
[課題]
• 教職員は1年単位で職域が変わる
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
19
プロジェクトの課題
全部いるの?
いらない?
どっち??
[課題]
• 会員機能
[課題]
• 学年クラスごとの“クラス便り”の構築
[課題]
• 20歳代~60歳代の利用者にも使いやすく
[課題]
• イベント目白押し。お問い合わせフォームは?
[課題]
• 小学校の先生は忙しい。
金曜日の集中的な作業
[課題]
• 教職員は1年単位で職域が変わる
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
20
グレーゾーン
クライアント側が考えているやるべき作業範囲
制作側が考えているやるべき作業範囲
の『間』
クライアントが考えているやるべき作業範囲
グレーゾーン
制作側が考えているやるべき作業範囲
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
21
クライアントが考えているやるべき作業範囲
グレーゾーン
制作側が考えているやるべき作業範囲
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
お金と時間とモノと人のやりくりが大変
(ディレクター涙目)
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
22
クライアントが考えていたやるべき作業範囲
本プロジェクトで実施すること
制作側が考えていたやるべき作業範囲
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
お互いのやるべきことを決めていく。
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
23
クライアントが考えていたやるべき作業範囲
『対立』している実施事項
やる?やらない?
制作側が考えていたやるべき作業範囲
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
『対立する時』どうするか?
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
24
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
『対立する時』どうするか?
「よろこんで!!」・・・なんでも「やる!!」
「与件にでておりませんが。」・・・「つっぱねる」
『対立』している実施事項
やる?やらない?
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
グレーゾーンをハッキリさせる
25
『対立』している実施事項
やる?やらない?
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
『対立する時』どうするか?
目標を達成するために必要な機能
クライアントにもエンドユーザーにも必要な機能
バランスの問題であり、
人×時間×お金×モノのバランス
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
リクエスト(要求)とリソース(資源)の関係
26
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
プロジェクトの“バランス”をはっきりさせる
27
バランスの問題であり、
人×時間×お金×モノのバランス
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
プロジェクトの“バランス”を維持しつつ“やること”をはっきりさせる
28
“グレーゾーン”が多いとどうなるか?
『対立する時』どうするか?
目標を達成するために必要な機能
クライアントにもエンドユーザー
にも必要な機能
バランスの問題であり、
人×時間×お金×モノのバランス
『対立』してる実施事項
やる?やらない?
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
29
プロジェクト概要
吸収できることはこちらで。^^
[課題]
• 会員機能
[課題]
• 学年クラスごとの“クラス便り”の構築
[課題]
• 20歳代~60歳代の利用者にも使いやすく
[課題]
• 記事一覧画面にアクセス数表示
[課題]
• イベント目白押し。お問い合わせフォームは?
[課題]
• 小学校の先生は忙しい。
金曜日の集中的な作業
[課題]
• 教職員は1年単位で職域が変わる
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
30
プロジェクト概要
リッチテキスト
エディタ
自動サムネイル
作成
スニペット・
カスタムフィールド
インポート
&エクスポート
ドラッグ&ドロップ
アップロード
ブログ記事/ウェブページ
の複製
テンプレートセレクタ
HTMLインポート
(自動リニューアル)
BlogTree
ダッシュボード
サイトマップ管理
グルーピング
&ソート
広告(バナー)
管理
新着情報管理
パンくずリスト
生成
カスタムオブジェクト
静的ページ分割
会員専用サイト
条件指定
サイト内検索
マルチ・
データベース
サポート
マルチデバイス対応
(携帯・スマートフォン向け
表示最適化)
LPO(検索キーワードに
よる表示分岐)
エンタープライズサーチ
アクセシビリティ
対応
アクセス解析
メールマガジン
配信
リモート
バックアップ
お問い合わせ・
アンケートフォーム
作成と管理
ユーザー管理
・会員管理
リビジョン管理
作業役割・権限分
担機能
ワークフローリビジョ
ン
広告配信(バナー/
キャンペーン管理)
HTML文法チェック
承認ワー ク フロー
(段階数無制限)
時限公開機能
ス テ ー ジ ングサ ー
バー連携機能
リンクチェッカ
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
31
MovableType+PowerCMS導入のメリット
コスト抑止やメンバーの
モチベーション低下の防止
ご要望を叶えつつ、品質の向上
+
工期の遵守
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
32
プロジェクト終盤の突発的な要望
アクセス数
見れないの
?
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
33
プロジェクト終盤の突発的な要望
記事一覧画面に
アクセス数表示し
てほしい
ページ作成者の
作成意欲に
つながるから
目標を達成するために必要な機能
クライアントにもエンドユーザーにも必要な機能
バランスの問題であり、
人×時間×お金×モノのバランス
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
34
プロジェクト終盤の突発的な要望
リッチテキスト
エディタ
自動サムネイル
作成
スニペット・
カスタムフィールド
インポート
&エクスポート
ドラッグ&ドロップ
アップロード
ブログ記事/ウェブページ
の複製
テンプレートセレクタ
HTMLインポート
(自動リニューアル)
BlogTree
ダッシュボード
サイトマップ管理
グルーピング
&ソート
広告(バナー)
管理
新着情報管理
パンくずリスト
生成
カスタムオブジェクト
静的ページ分割
会員専用サイト
条件指定
サイト内検索
マルチ・
データベース
サポート
マルチデバイス対応
(携帯・スマートフォン向け
表示最適化)
LPO(検索キーワードに
よる表示分岐)
エンタープライズサーチ
アクセシビリティ
対応
アクセス解析
メールマガジン
配信
リモート
バックアップ
お問い合わせ・
アンケートフォーム
作成と管理
ユーザー管理
・会員管理
リビジョン管理
作業役割・権限分
担機能
ワークフローリビジョ
ン
広告配信(バナー/
キャンペーン管理)
HTML文法チェック
承認ワー ク フロー
(段階数無制限)
時限公開機能
ス テ ー ジ ングサ ー
バー連携機能
リンクチェッカ
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
35
プロジェクト終盤の突発的な要望
記事一覧画面に
アクセス数表示し
てほしい
無い。。。。さて、どうしよう。。。
ページ作成者の
作成意欲に
つながるから
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
36
プロジェクト終盤の突発的な要望
記事一覧画面に
アクセス数表示し
てほしい
ページ作成者の
作成意欲に
つながるから
!
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
37
プロジェクト終盤の突発的な要望
記事一覧画面に
アクセス数表示し
てほしい
プロジェクト終盤にも関わらず機能化を検討
PowerCMSの開発元であるアルファサード様に相談・依頼
カスタムプラグインで対応
さすがに
有償です。
ページ作成者の
作成意欲に
つながるから
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
38
プロジェクト終盤の突発的な要望
を採用するもう一つの理由
メーカー・サポート
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
39
プロジェクト終盤の突発的な要望
を採用するもう一つの理由
メーカー・サポート
手厚い
とにかく
的確
豊富な
ノウハウ
早い
パッケージ購入費用に
年間サポートついてます。
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
40
プロジェクト終盤の突発的な要望
を採用するもう一つの理由
サポートも最大の魅力
プロジェクト進行の妨げを
最小化・局所化できる
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
41
MovableType+PowerCMS導入のメリット
コスト抑止やメンバーの
モチベーション低下の防止
ご要望を叶えつつ、品質の向上
+
工期の遵守
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
事例02 双日システムズ株式会社様サイトリニューアルプロジェクト
42
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
43
事例02 双日システムズ株式会社様 サイトリニューアルプロジェクト
[関係メンバー]
営業:占部 敦/神原 貴行 企画:宮村 剛/平岡 恵美/三和 祥大
プロマネ兼、TD/AD/雑用:米田蓮治
TD/AD/コーディング全般、CMS設計、構築テンプレート作成:上田遼(W3G,LLC.)
デザイン:武内公美(株式会社るーぷ LOOP Inc.)
サーバーサイド:上田遼(W3G,LLC.)
サーバーサイド技術支援:山崎潤
スペシャルサンクス:alfasado inc.
[課題]
• 想定より1ヶ月短い工期。
• コミュニケーションロスを減らす
• 人は増やさず頭のスイッチを
増やす。
など。
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
44
プロジェクト概要
1ヶ月工期短縮!?
※下記ガントチャートはサンプルです。汗
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
45
そもそも“瑕疵”を抑えることはできるのか?
如何に工期を短縮できるか?
さらに瑕疵を抑えるか?
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
46
そもそも“瑕疵”を抑えることはできるのか?
•プロジェクト期間内での業務完了。
(ポストリリースを発生させない。)
(他のプロジェクトの進捗を阻害しない。)
ワークフロー全体における知識を持って、与件
整理、クリティカルパスの掌握とリスクヘッジ、
仕様の策定等を行い、制作現場での遅延や
2転3点、やり直しを発生させない。
如何に工期を短縮できるか?
さらに瑕疵を抑えるか?
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
47
ちゃんと“安心・安全なプラグイン”を使うと言う事。探し回る必要もありません。
実用的な機能が標準搭載。制作が苦労することなく、効率的な
設計が行える仕組みを提供
あちこちからプラグインを導入、他ASPを利用することが不要
追加要件・機能が発生しても、プラグインの調査・検証が不要。
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
如何に効率よく分業するか?人の数を増やすのではなく、多能工になる
48
営業・企画 ディレクション デザイン/システム凡例:
CL : 顧客・・・業務依頼、与件提出
AE : 営業・・・初期折衝(クロージング)、見積策定など
PL : 企画・・・与件整理、企画提案、予算策定
PM : プロジェクトマネージメント・・・
予算策定/管理・進捗管理・外注管理
TD : テクニカル・ディレクション・・・
実現可能技術の提案・実証・施策展開
ID : インタラクションデザイン
JavaScriptやFlashなど、UIに関わる設計および実装など
De : デザイン
ホームページにおけるデザイン業務全般
ワイヤーフレームの検討、カンプ作成、パーツ作成
HTML/CSS設計・コーディングなど
IA : インフォメーションアーキテクト・・・
広義として情報設計
導線設計、情報の優先度の決定、ワイヤー/UI設計など
PG : プログラム・・・
サーバーサイドにおけるプログラミングやネットワーク構築
Apacheの設定やCGI、PHPなどの
サーバーサイドに関わるプログラミングとその運用など
PM
TD IA
PG DeID
CL
AE PL企画
クライアント
設計・
制作
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
無理のない範囲で多能工になりプロジェクトに関わるコミュニケーションを円滑にする。
49
営業・企画 ディレクション デザイン/システム凡例:
米田
米田
上田
米田
上田
上田
alfasado
武内上田
CL
AE PL企画
クライアント
設計・
制作
そもそも何故“多能工”が
可能になるか?
• 上田さんがスキルフルな点はもちろん。
• MovableType自体が、MVCだから。
• 複数人で一つのモノを作っても、一人で
複数の業務をこなしても破綻しずらい。
• MVCに寄与しているので、問題箇所が他
に影響を与えにくく、また発見しやすい
解決が速い。作業が止まらない。
品質に寄与する。
プロジェクトの“瑕疵”を生じさせないために
50
MovableType+PowerCMS導入のメリット
瑕疵を未然に防ぐ
柔軟なチーム構成
ワークフローも柔軟に変更
プロジェクトの“要求と資源のバランス”
41
MovableType+PowerCMS導入のメリット
コスト抑止やメンバーの
モチベーション低下の防止
ご要望を叶えつつ、品質の向上
+
工期の遵守
まとめ
プロジェクトを進める上で頼りになるCMS。
MovableType+PowerCMS
51
まとめ
52
MovableType+PowerCMS導入のメリット
瑕疵を未然に防ぐ
“RASIS”なCMS「MovableType」と、ノウハウが詰まった
「PowerCMS」+開発ベンダーの手厚いサポート。
柔軟なチーム構成
MVC フ レ ー ム ワ ー ク の 恩 恵 を 受 け 、 プ ラ グ イ ン /
MTML+HTML+CSSを分離。分業、チーム編成を組みやすく。
それぞれに依存関係が少ないのも魅力。
ワークフローも柔軟に
コア部分に開発ベンダーがいるという安心感、より案件に
特化したワークフローが組める。
ご質問・お問い合わせなどお気軽に
53
株式会社 廣済堂
情報コミュニケーション関西事業本部
ITS統括課プロデュースチーム
米田 蓮治(Yoneda Renji)
ご質問・お問い合わせなどありましたらお気軽にどうぞ。(o^ー’)b
e-mail:yoneda.renji@kosaido.co.jp
facebook:https://www.facebook.com/renji.yoneda
お仕事のご依頼・ご相談から、ご一緒いただけるブレイン様も是非、お声掛けください。(o^ー’)b

More Related Content

What's hot

202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ
202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ
202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピAmazon Web Services Japan
 
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...AWSKRUG - AWS한국사용자모임
 
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon ForecastAmazon Web Services Japan
 
実践 Amazon KMS #cmdevio2015
実践 Amazon KMS #cmdevio2015実践 Amazon KMS #cmdevio2015
実践 Amazon KMS #cmdevio2015y torazuka
 
AWS Cognito User Pool - Practical Guide
AWS Cognito User Pool - Practical GuideAWS Cognito User Pool - Practical Guide
AWS Cognito User Pool - Practical GuideRobert Senktas
 
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)Amazon Web Services Japan
 
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래Amazon Web Services Korea
 
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 ResolverAmazon Web Services Japan
 
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...Amazon Web Services Japan
 
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみようTakanoriTsutsui
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage Gateway
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage GatewayAWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage Gateway
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage GatewayAmazon Web Services Japan
 
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツール
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツールAWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツール
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツールAmazon Web Services Japan
 
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기Amazon Web Services Korea
 
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드BESPIN GLOBAL
 
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...tbdeaharhnsgluczra
 
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive 20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive Amazon Web Services Japan
 
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonightAmazon Web Services Japan
 
Systems manager 入門 ops jaws
Systems manager 入門 ops jawsSystems manager 入門 ops jaws
Systems manager 入門 ops jaws真乙 九龍
 
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own Applications
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own ApplicationsBest Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own Applications
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own ApplicationsAmazon Web Services
 

What's hot (20)

202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ
202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ
202112 AWS Black Belt Online Seminar 店内の「今」をお届けする小売業向けリアルタイム配信基盤のレシピ
 
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...
Amazon Sagemaker Studio를 통한 ML개발하기 - 소성운(크로키닷컴) :: AWS Community D...
 
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast
20200128 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Forecast
 
実践 Amazon KMS #cmdevio2015
実践 Amazon KMS #cmdevio2015実践 Amazon KMS #cmdevio2015
実践 Amazon KMS #cmdevio2015
 
AWS Cognito User Pool - Practical Guide
AWS Cognito User Pool - Practical GuideAWS Cognito User Pool - Practical Guide
AWS Cognito User Pool - Practical Guide
 
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
202205 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC IP Address Manager (IPAM)
 
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래
AWS Summit Seoul 2023 | 지속적인 혁신과 발전, AWS 네트워킹이 이끄는 미래
 
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver
20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver
 
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...
20180425 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Relational Database Service (Am...
 
Amazon Glacierのご紹介(機能編)
Amazon Glacierのご紹介(機能編) Amazon Glacierのご紹介(機能編)
Amazon Glacierのご紹介(機能編)
 
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう
画像ベース異常検知Amazon Lookout for Visionを使ってみよう
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage Gateway
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage GatewayAWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage Gateway
AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS Storage Gateway
 
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツール
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツールAWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツール
AWS における Microservices Architecture と DevOps を推進する組織と人とツール
 
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기
AWS Summit Seoul 2023 | 바쁘다 바빠, 현대사회! Amazon Kendra로 원하는 자료를 적재적소에 찾아서 활용하기
 
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드
[IDG Tech Webinar] “클라우드 비용, 더 아낄 수 있다” 실전 클라우드 비용 최적화 가이드
 
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...
AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice Questions Flashcards _...
 
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive 20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive
20191030 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Analytics Deep Dive
 
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
[CTO Night & Day 2019] グローバルのサービス展開に向けたマルチリージョンアーキテクチャ- #ctonight
 
Systems manager 入門 ops jaws
Systems manager 入門 ops jawsSystems manager 入門 ops jaws
Systems manager 入門 ops jaws
 
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own Applications
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own ApplicationsBest Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own Applications
Best Practices for Integrating Amazon Rekognition into Your Own Applications
 

Viewers also liked

シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015
シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015
シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015Sociomedia
 
HTML5時代の技術の恩恵を受けるには
HTML5時代の技術の恩恵を受けるにはHTML5時代の技術の恩恵を受けるには
HTML5時代の技術の恩恵を受けるにはSho Ito
 
WebフォントとSVGフォント
WebフォントとSVGフォントWebフォントとSVGフォント
WebフォントとSVGフォントJun Fujisawa
 
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめ
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめCSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめ
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめNisei Kimura
 
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draftKenji Koshikawa
 
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法Ryujiro Yamamoto
 
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)Web Accessibility Infrastructure Committee (WAIC)
 
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪Yuji Nojima
 
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎Katsuhiro Takata
 
Photoshopで効率よくデザインしよう!
Photoshopで効率よくデザインしよう!Photoshopで効率よくデザインしよう!
Photoshopで効率よくデザインしよう!Marie Suenaga
 
-入門- enchant.js でゲームを作ろう
-入門- enchant.js でゲームを作ろう-入門- enchant.js でゲームを作ろう
-入門- enchant.js でゲームを作ろうnico0927
 
.htaccessによるリダイレクト徹底解説
.htaccessによるリダイレクト徹底解説.htaccessによるリダイレクト徹底解説
.htaccessによるリダイレクト徹底解説Cherry Pie Web
 
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)Horiguchi Seito
 
ウェブデザインの本質と、構成要素
ウェブデザインの本質と、構成要素ウェブデザインの本質と、構成要素
ウェブデザインの本質と、構成要素vanillate cocoa
 
今必要なCSSアーキテクチャ
今必要なCSSアーキテクチャ今必要なCSSアーキテクチャ
今必要なCSSアーキテクチャMayu Kimura
 
コーディングが上達するコツ
コーディングが上達するコツコーディングが上達するコツ
コーディングが上達するコツevol-ni
 
Webアプリケーション負荷試験実践入門
Webアプリケーション負荷試験実践入門Webアプリケーション負荷試験実践入門
Webアプリケーション負荷試験実践入門樽八 仲川
 
WordPressプラグイン作成入門
WordPressプラグイン作成入門WordPressプラグイン作成入門
WordPressプラグイン作成入門Yuji Nojima
 
ノンプログラマーのためのjQuery入門
ノンプログラマーのためのjQuery入門ノンプログラマーのためのjQuery入門
ノンプログラマーのためのjQuery入門Hayato Mizuno
 
Webライティング11のルール
Webライティング11のルールWebライティング11のルール
Webライティング11のルールTsutomu Sogitani
 

Viewers also liked (20)

シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015
シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015
シロクマ本に学ぶエクスペリエンスのための手技法 by 篠原 稔和 - presentation from IA CAMP 2015
 
HTML5時代の技術の恩恵を受けるには
HTML5時代の技術の恩恵を受けるにはHTML5時代の技術の恩恵を受けるには
HTML5時代の技術の恩恵を受けるには
 
WebフォントとSVGフォント
WebフォントとSVGフォントWebフォントとSVGフォント
WebフォントとSVGフォント
 
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめ
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめCSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめ
CSSにもオブジェクト指向を - OOCSSことはじめ
 
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft
集合知プログラミング 第6章 ドキュメントとフィルタリング~draft
 
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法
テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法
 
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)
Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)
 
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪
Chromeでjavascriptデバッグ!まず半歩♪
 
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎
レコメンデーション(協調フィルタリング)の基礎
 
Photoshopで効率よくデザインしよう!
Photoshopで効率よくデザインしよう!Photoshopで効率よくデザインしよう!
Photoshopで効率よくデザインしよう!
 
-入門- enchant.js でゲームを作ろう
-入門- enchant.js でゲームを作ろう-入門- enchant.js でゲームを作ろう
-入門- enchant.js でゲームを作ろう
 
.htaccessによるリダイレクト徹底解説
.htaccessによるリダイレクト徹底解説.htaccessによるリダイレクト徹底解説
.htaccessによるリダイレクト徹底解説
 
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)
悩まないコーディングをしよう! OOCSS,SMACSSを用いた、読みやすくてメンテナブルなCSS設計(Sass対応)
 
ウェブデザインの本質と、構成要素
ウェブデザインの本質と、構成要素ウェブデザインの本質と、構成要素
ウェブデザインの本質と、構成要素
 
今必要なCSSアーキテクチャ
今必要なCSSアーキテクチャ今必要なCSSアーキテクチャ
今必要なCSSアーキテクチャ
 
コーディングが上達するコツ
コーディングが上達するコツコーディングが上達するコツ
コーディングが上達するコツ
 
Webアプリケーション負荷試験実践入門
Webアプリケーション負荷試験実践入門Webアプリケーション負荷試験実践入門
Webアプリケーション負荷試験実践入門
 
WordPressプラグイン作成入門
WordPressプラグイン作成入門WordPressプラグイン作成入門
WordPressプラグイン作成入門
 
ノンプログラマーのためのjQuery入門
ノンプログラマーのためのjQuery入門ノンプログラマーのためのjQuery入門
ノンプログラマーのためのjQuery入門
 
Webライティング11のルール
Webライティング11のルールWebライティング11のルール
Webライティング11のルール
 

Similar to ディレクターからみたMovable Type + PowerCMSの優位性

IBMクラウドではじめる簡単ECサイト
IBMクラウドではじめる簡単ECサイトIBMクラウドではじめる簡単ECサイト
IBMクラウドではじめる簡単ECサイトAtsumori Sasaki
 
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meisterxyz corporation
 
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介Cybozucommunity
 
マーケティング・オートメーションとCMS
マーケティング・オートメーションとCMSマーケティング・オートメーションとCMS
マーケティング・オートメーションとCMSTAM inc.
 
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)IMJ Corporation
 
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehive
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehiveM-SOLUTIONS株式会社_kintonehive
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehiveCybozucommunity
 
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うか
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うかSORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うか
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うかSORACOM,INC
 
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるか
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるかDrupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるか
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるかInoo Tanaka
 
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)Go Sugihara
 
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセスSatoru MURAKOSHI
 
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例について
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例についてリモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例について
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例についてZappyLink Co.,Ltd.
 
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1Makoto Shimizu
 
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティングKohei Nishikawa
 
Portfolio
PortfolioPortfolio
PortfolioZepJPN
 
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...Trainocate Japan, Ltd.
 
20161102 cms security
20161102 cms  security20161102 cms  security
20161102 cms securitySix Apart
 
if-up 2017 | キーノートパネル
if-up 2017 | キーノートパネルif-up 2017 | キーノートパネル
if-up 2017 | キーノートパネルSORACOM,INC
 
アドネットワーク凛 媒体資料
アドネットワーク凛 媒体資料アドネットワーク凛 媒体資料
アドネットワーク凛 媒体資料Harumasa Matsushita
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015Satoru MURAKOSHI
 

Similar to ディレクターからみたMovable Type + PowerCMSの優位性 (20)

IBMクラウドではじめる簡単ECサイト
IBMクラウドではじめる簡単ECサイトIBMクラウドではじめる簡単ECサイト
IBMクラウドではじめる簡単ECサイト
 
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister
大学サイトにおけるマルチデバイス対応のポイント + HTML5 CMS - Web Meister
 
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介
kintone hack ここまでできるkintone カスタマイズ事例・プラグイン紹介
 
マーケティング・オートメーションとCMS
マーケティング・オートメーションとCMSマーケティング・オートメーションとCMS
マーケティング・オートメーションとCMS
 
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
 
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehive
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehiveM-SOLUTIONS株式会社_kintonehive
M-SOLUTIONS株式会社_kintonehive
 
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うか
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うかSORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うか
SORACOM Conference Discovery 2017 | B4. IoT、クラウド、CIOは技術にどう向き合うか
 
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるか
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるかDrupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるか
Drupal エンタープライズcmsをオープンソースcmsに置き換えれるか
 
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)
デジタルマーケティング時代の横断プロジェクトのあり方とは(アドテック東京2014セッションから)
 
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス
20160217_よりよいプロダクトづくりのためのデザインプロセス
 
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例について
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例についてリモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例について
リモートワーカー働き方実態とテレワーク導入企業事例について
 
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
 
20160308seminar2
20160308seminar220160308seminar2
20160308seminar2
 
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング
【Open cloud innovation festa 2016 資料】 SoftLayerで始めるデジタルマーケティング
 
Portfolio
PortfolioPortfolio
Portfolio
 
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...
[G-Tech2015]インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のIBMのクラウド「SoftLayer」「Bluemix」とは? - 日本アイ・ビー...
 
20161102 cms security
20161102 cms  security20161102 cms  security
20161102 cms security
 
if-up 2017 | キーノートパネル
if-up 2017 | キーノートパネルif-up 2017 | キーノートパネル
if-up 2017 | キーノートパネル
 
アドネットワーク凛 媒体資料
アドネットワーク凛 媒体資料アドネットワーク凛 媒体資料
アドネットワーク凛 媒体資料
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
 

ディレクターからみたMovable Type + PowerCMSの優位性