Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Digital Training Material-1 (Fundamentals)

1,155 views

Published on

Published in: Business
  • Be the first to comment

Digital Training Material-1 (Fundamentals)

  1. 1. Digital TrainingModule 1: Fundamentals
  2. 2. はじめに本セッションのテーマ:1. ソーシャル メディアに関してお話しする前に…、 ‐ まず “デジタル” と “コミュニケーション” についてお話しします ‐ “デジタル” で何が変わったのか? ということをお話しします2. “デジタル” を使ったコミュニケーションについて…、 ‐ 意識しておいたほうが良い点をお話しします ‐ 少し実践的な話を盛り込んでいます3. “ソーシャル メディア” について…、 ‐ 少し概略的なお話をします ‐ ソーシャル メディアと相対するための基本的なポイントをお話しし ます
  3. 3. Section 1: “デジタル コミュニケーション” とは
  4. 4. I. “デジタル コミュニケーション” とは“デジタル コミュニケーション” とは…• オンライン/オフライン問わず• あらゆるデバイスと• あらゆるチャネルと• その向こうにいる顧客を• つなげるコミュニケーション
  5. 5. I. “デジタル コミュニケーション” とは前提としてデジタル コミュニケーションにおける誤解• 「デジタル ≒ ソーシャル メディア」と考えがちになっている あるいは…、• 「デジタル ≒ インターネット」と考えがちになっている The World of Digital Internet Social Media
  6. 6. I. “デジタル コミュニケーション” とは“デジタル” が変えたこと - 1「つながりやすくなった」 つまり…、 1. 様々なユーザーが 2. インターネットによって 3. デバイスを問わず 4. 地理的/時間的制約を超え 5. つながるようになったコミュニケーションの選択肢が増えた
  7. 7. I. “デジタル コミュニケーション” とは“トリプル スクリーン” という考え方 PC Mobile スクリーンのサイズが異なる スクリーンまでの距離が異なる 場所 時間 人数 TV
  8. 8. I. “デジタル コミュニケーション” とは“デジタル” が変えたこと - 2 情報量が激増した
  9. 9. I. “デジタル コミュニケーション” とは情報量が激増した背景1. 既存のメディアのデジタル化 → オンライン化2. 新興オンライン メディアの増加3. 一般ユーザーのメディア化誰でも情報を発信できるようになった
  10. 10. I. “デジタル コミュニケーション” とは誰でも情報を発信できるようになったので…、「トリプル メディア」2009 年に US の CNETに寄稿された「マルチメディア 2.0 (Multimedia 2.0)」という論文の中で紹介された概念 Earned Media Owned Paid Media Media• 買うメディア = 広告 (Paid Media)• 所有するメディア=自社メディア (Owned Media)• 信頼や評判を得るメディア=アーンドメディア (Earned Media)
  11. 11. I. “デジタル コミュニケーション” とはそして “3” から “4” へ… • 企業が自分たちで • PR/評判などの結 運営・コントロー 果獲得したメディ ルできるメディア ア Owned Earned Media Media User- Paid Initiative Media Media • ユーザーが主導権 • 広告枠に代表され を持っているメ る、企業が「購入 ディア 可能」なメディア
  12. 12. I. “デジタル コミュニケーション” とは“オンライン” と “オフライン” を合わせて考える 広報活動によって掲 企業サイト、メール 載されるオンライン マガジン等 媒体 Online いわゆる “ソーシャ ルメディア” オンライン広告媒体 広報活動によって掲 セミナー/イベント 載されるオフライン 媒体 Offline いわゆる オフラインの “リアルな口コミ” 広告媒体
  13. 13. I. “デジタル コミュニケーション” とは“デジタル” が変えたこと - 3企業と顧客のつながりが変化した メディア 企業 顧客 企業 オンライン 顧客 顧客 企業内 さまざまな 個人 メディア
  14. 14. I. “デジタル コミュニケーション” とはつまり “デジタル コミュニケーション” とは…• オンライン/オフライン問わず• あらゆるデバイスと• あらゆるチャネルと• その向こうにいる顧客を• つなげるコミュニケーション
  15. 15. Section 2: “デジタル コミュニケーション” の設計
  16. 16. II. “デジタル コミュニケーション” の設計ポイント 1: “オフライン” 前提の施策であっても “オンライン” への展開は発生する Offline Media Online Mediaつまり最初からオンラインへの展開を考えること
  17. 17. II. “デジタル コミュニケーション” の設計ポイント 2:“受信者 (視聴者)” は “参加者” であり “再発信者” である メッセージ アクション 企業 消費者 参加 再発信 つまり「消費者≒メディア」として考える
  18. 18. II. “デジタル コミュニケーション” の設計参加 & 再発信してもらうために…参加者の “ヒトとナリ” を明確化する 属性 全体の 購買行動 プロフィール 反応率 Insight の収集 デジタルの使用 1. 日頃からデジタル上の様々な 動きを把握しておく 習慣 2. 検索等を駆使し、オンライン 上の参加者の行動を調べる デジタル 人気のサイト/デ 3. 既存のチャネルを活用し、 プロフィール ジタルメディア 消費者からフィードバックを 求める 人気のコンテン 4. 別途新しく調査を行う ツ
  19. 19. II. “デジタル コミュニケーション” の設計参加 & 再発信してもらうために… コミュニケーションゴールの明確化ゴール設定の例:1. ブランド露出2. 企業/製品/サービスの紹介3. 獲得顧客数/登録者数4. パブリシティとインフルエンス5. 消費者インサイトとフィードバック6. 購買行動の活性化7. その他
  20. 20. II. “デジタル コミュニケーション” の設計ポイント 3: 適切に効果測定指標を設定する • ページ閲覧数 • 訪問者数 規模 • • 掲載メディア数 (ブログ含) ツイート数 (リツイート数含) • Followers 数/Fan 数• 会話量 (Twitter/Facebook 等) • Pos/Neg 分析結果• 滞在時間/視聴時間 • 検索結果 Top 10 占有率• 登録者数/応募者数 • (amazon 等の) ランキング• ユーザー生成コンテンツ (UGC) 効果測 • 競合社のチャネルとの比較 発生量/増加量 • 施策前・後の比較 定指標 関係性 質
  21. 21. II. “デジタル コミュニケーション” の設計適切な効果測定を行うために… “ベンチマーク” を設定する1. 施策実施以前の状況2. (存在する場合) 競合他社の状況 施策開始前 施策実施中 施策開始時点 施策実施後 ベンチマーク 比較 自社 競合 自社 競合 自社 競合 比較 比較
  22. 22. II. “デジタル コミュニケーション” の設計 ポイント 4: 全てが “リアルタイム” で動くAction Action Action Action Action 1 2 3 4 5 Milestone 1 Milestone 2 Milestone 3 Milestone 4 Milestone 5 Act Plan Act Plan Act Plan Act Plan Act Plan Check Do Check Do Check Do Check Do Check Do
  23. 23. II. “デジタル コミュニケーション” の設計ポイント 5:“オンライン” は、あくまでも “ツール”1. メディア/デバイス/ユーザー同士をつなげるツール2. 時間的/地理的制約を軽減させるためのツール3. スケーラビリティを与えるツールつまらない話を面白くすることはできない そもそも “オンライン” は オフラインを代替するものではない
  24. 24. II. “デジタル コミュニケーション” の設計まとめ: デジタル コミュニケーション設計のポイント1. 最初からオンラインへの展開を意識すること2. “消費者” は “参加者” であり “再発信者”3. 適切に効果測定指標を設定すること4. 全てが “リアルタイム” で動くことが前提5. “オンライン” は、あくまでもツール
  25. 25. Q&A

×