Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
002                                                                                                                       ...
れ                舟   て    実            そ   三    の   も   一   に   体           の   く   今           で   己   「                 ...
漆   幼       遠           大                        姉               箒           死           南           青               涅    ...
原   げ       洪       塩   野                 麦        汝           日   ひ                                                      ...
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
安井浩司「俳句と書」展Pdf
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
メアリアンとマックインPdf
Next
Upcoming SlideShare
メアリアンとマックインPdf
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

安井浩司「俳句と書」展Pdf

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

安井浩司「俳句と書」展Pdf

  1. 1. 002 安井浩司近影 平成二十四年(二〇一二年)七月 秋田自宅にて 後ろの軸は安井氏揮毫のダンテ『神曲』『煉獄篇』 --------------------- 06 04 御 挨 拶 ― 俳 句 と 書 、 一 体 の ゆ め ― 安 井 浩 司     --------------------------------------------------------- 安 井 浩 司 自 選 一 三 〇 句 *       - ------------------------------------------------------------------------------ 11 軸 作 品 *       【 ロ ン グ イ ン タ ビ ュ ー 】 ----------------------------------------------- 27 安 井 浩 司 、 俳 句 と 書 を 語 る 。 *       ---------------------------------------------------------------------------- 61 色 紙 作 品 Gold Fish Press Japan *      目次 【 安 井 浩 司 を 巡 る エ セ ー と 評 論 】 --------------------- 97 86 82 78 76 俳 人 安 井 浩 司 の 日 常 を 問 わ れ て 豊 口 陽 子       ゑ - ---------------- - ね だ り の 梵 ─ わ が お 浩 司 唐 門 會 酒 巻 英 一 郎       - ------------------------------------------ - 書 前 に 立 つ 一 句 田 沼 泰 彦       -------------------------------------------------- 極 北 の 俳 句 鶴 山 裕 司       -------------------------------------------------- 書 に つ い て 山 本 俊 則       【 資 料 】 -------------------------------------------------- 106 99 墨 書 句 解 題 田 沼 泰 彦       ------------------------------------- 安 井 浩 司 年 譜 金 魚 屋 編 集 部 編       *       112 ----------------------------------------------------------------------------------- 奥 付 003
  2. 2. れ   舟 て 実   そ 三 の も 一 に 体   の く 今   で 己 「 俳 た 司   御 挨 ど 此 の 清 感 し れ の 力 の 体 は の し ま す も 来 あ が 多   此 、 処 言 虚 し か は 湧 は が と 全 塔 か ま る っ し る 俳 句 く 俳 の 今 に 葉 が 、か し 砂 き 戯 あ 申 く が し に 例 て 方 。 句 と の 句 度 は た 、 い だ が 来 る つ 、 事 上 の 興 る 弄 さ る と し て 偶 然 ふ い 、 青 俳 句 を 知 責 め 、 私 そ れ に と 書 」 方 々 と 書 、 イ 拶 だ 信 展 わ 、 。 こ 城 力 れ 言 、 の に 天 一 ら 続 は は っ に 」 ン 夢 じ と   ば た 清 こ の に る え だ ま 立 の 義 な け 書 開 て 、 展 タ 想 当 と 虚 つ に ご 接 ば よ が ま ち 霹 に い る の 催 書 題 改 が ー ― の つ し 俳 展 え こ 至 と す か う 改 、 現 靂 汲 わ 一 道 こ と め 開 ネ 己 、い て 句 の 書 そ っ 、 る り 。 め し わ よ 汲 け 介 な こ は て 催 ッ れ 題 家 我 さ い こ す に 、わ 感 と て で 私 て か れ ろ で の る 何 さ ト を を に を さ 、 よ と 、 は 思 も る し る は 辺 も 至 か が 謝 れ に 書 恥 更 非 超 か 私 い は そ 来 え そ こ く ば な 境 の っ 、 生 の る 於 、 じ に ず え の は よ 殆 れ し ば れ と 、 か い の を た そ 涯 意 運 け 一 つ 装 と た 筆 書 無 ど は 方 、 自 と 此 り 。 俳 踏 只 の に を び る つ 飾 も 天 を 惨 無 だ 今 於 申 体 の そ 、 俳 体 な の し 人 ん こ と 総 の 、 し 、 地 揮 力 と か れ 俳 句 の っ 度 っ か に で も と て し 成 合 遠 て こ で っ に い っ で 人 に 意 た の た し 過 来 、 を 初 述 っ 文 ゆ く 、「 の あ た お う た 妙 の は 志 の こ 。 自 ぎ た 変 自 め べ た 芸 め 虚 安 哲 り の い 外 こ 趣 書 俳 の で れ 分 な の る ら て た 。 誌 ― 空 理 、 が て は と か な 句 力 あ は は い な こ 問 の い そ 『 を 井 だ 此 な で と 。 浩 そ 唯 も る 形 の る 何 、 。 ら う 事 の 文 見 け こ の の い あ し も 式 ご 。 た 振 こ と は ほ な 開 学 詰 司 は 度 。 る な   に 一 れ の の と か る り こ も ど が 展 金 め 穢 我 の 兵 。 な に 根 く り 事 返 に か い に ら に 魚 る 俳 し 書 勿 。 句 の 卒 い 接 源 に に 態 っ 言 く 、 、そ あ 』 の た 真 展 論 と に そ が す 的 立 仮 で て 葉 、 た の た 創 み く 面 で 過 、 る な ち 塔 あ 思 を 唯 だ り 刊 で 書 な あ の 内 一 目 ぎ そ 機 力 上 と ろ え 翻 々 た 、 を あ い が る 逆 実 体 な の こ 会 が が は う ば せ 、 だ を 先 記 る の あ 。「 い に も あ る 申 。 、 ば 此 渾 ず 念 。 の だ 、俳 支 夢 る 用 が 俳 多 り こ せ 全 そ 、 の 沌 は し 。 。」 え 」 筆 、 の 、 々 、 と 、 く の 世 道 模 る 企 、 展 こ は 俳 凡 書 あ 書 が 運 予 よ の 一 糊 主 画 そ と れ 沈 句 作 一 っ に あ 命 知 う 幾 筋 た 題 と れ 申 は 勁 と を 体 た は る に せ な 多 の る と 運 を し 遠 な 書 能 の が 古 の あ ぬ 文 の 詩 思 は 営 祝 て き れ の 筆 新 、 来 だ ら 地 人 歌 に い 何 、 す 差 。 共 で し 思 の っ ず 平 の 人 す が な さ る 日 沈 揮 し の に い う 書 た 宿 に 能 俳 が 胸 の ら か つ 勁 そ わ 感 に の 。 命 、 筆 人 り 中 に た 清 か か の の 極 れ れ た 動 そ 道 こ に 己 模 が 、 渦 、更 励 ち 安 え な 書 人 、滓 ぞ れ と 、 い こ で の 力 こ に あ ら が 俳 様 と 、 墨 己 が 巻 く に ま し で 「 井 い 、 が の し て わ は と 俳 ず 、 は 書 凡 ば 加 え を 安 浩 。 さ 王 虚 去 っ 力 を も ば 第 、 書 い う 、 書 、 世 書 一 無 縁 を 能 庸 を か り て 頂 い 井 浩 司 、 、005 004
  3. 3. 漆 幼 遠 大 姉 箒 死 南 青 涅 ね 夢 ふ 椿 渤 白 蛇 逃 鯛 花 沖 雁 遠 夏 鳥 渚 安 井 山 年 島 鶫 よ 草 ね 北 山 槃 は 殿 る の 海 の 捲 げ よ 野 め よ い 野 墜 で ま や の ふ 巨 火 ず の 河 風 ん か へ さ 花 こ 原 き よ ぎ わ ざ 死 空 に ち 鳴 れ 隠 わ と き 事 み な 蚊 ふ ぜ ま と い の 種 し 母 る が す ぬ 家 睡 て る に 降 し て が い こ ろ は え を 否 け へ 手 ん で 帳 売 も と ひ る の 沖 き な す る 蓮 と め る か の 青 葉 棒 ひ 花 の 段 畑 に 灰 る 仮 青 野 巻 貝 浩 司 り 植 ち の と し の ま 人 の の に り め ゆ 棒 神 の と 日 で 満 面 に 有 く え じ 毬 り つ 偶 ひ が 自 に み 数 を き の 殿 扉 振 蔭 妹 つ の 伏 機 ■ る る く の ■ た つ 然 る 倒 転 ん え を え か 滴 ■ の に り に は 必 少 せ 質 自 『 『 『 わ た へ 中 あ 阿 け ね を の れ 車 じ た 廃 さ い り 赤 歌 渦 の 脱 縄 死 年 り は 青 れ ば 梯 は る た 父 に む 投 荻 つ ぬ ん る 棄 に 乳 沖 内 留 ひ 鬼 糞 使 に 地 重 死 年 歯 の 多 と 割 し う 交 へ き し 選 な こ 立 し べ 学 空 り げ や つ す 削 畠 せ 鼻 び 楽 経 ら ぐ て し 』( み け る 馬 ま り か り 唇 し 落 火 』( 取 つ ら て む 素 脳 て 』( ん さ り 昭 え り べ れ つ な 乖 ん つ 事 昭 り る 貝 面 昭 一 か 和 ず き し つ い 和 和 四 四 三 十 十 十 三 九 二 八 年 年 年 [ [ [ 〇 一 一 一 九 九 九 七 六 六 句 四 七 三 年 年 年 ]) ]) ]) よ よ よ り り り ■ ■ ■ 蛇 法 翁 死 万 白 ま 叟 お 喞 御 二 旅 沖 ひ 蠓 ま 父 お 人 キ 土 鳥 旅 狼 夜 墓 彼 か 狼 と 華 二 鼠 歳 馬 ひ き 筒 燈 階 人 へ る く が や と セ 筆 が 人 跳 間 地 の を も な や な ぶ 寺 人 を は を る 小 明 よ よ で す ぎ い ね ル は 附 へ ね 飛 に 傘 嵌 し み や の が 常 縞 う ま 屋 こ り み て ぎ ま て 火 抜 い 告 で 行 で に め と 向 つ は 空 す の こ 蛇 し の 覗 こ 地 え 洗 の 百 ふ の け て ぐ た 士 る 鳥 る き ま る と れ ま ま ろ 門 け に の た 濯 小 人 る 中 て 一 た り 草 兎 込 一 合 た エ か ぶ ち ひ た か 半 ば 小 ひ る 板 屋 塚 さ 止 ポ 死 本 ん ひ に の め 行 ぎ え に ケ よ な 蛇 が る ぎ ら 開 去 川 る 二 の を の と を す 松 す か 眠 ワ し の う ■ る こ 道 葱 の う へ 行 観 の 年 の が 階 終 壊 気 の 図 道 の に り る ギ 日 墓 『 ふ ぞ は ■ 密 の 眇 ま と 抛 方 る 揚 の 始 お の る せ が 鍋 れ 中 中 島 ス も 処 ナ の へ な た 裂 母 商 か こ き り も 盂 羽 巨 ま を 灰 か ば し に る 止 の を ル の 女 夢 勃 参 つ け 集 人 な 黒 け 知 蘭 か 草 れ 吹 か な み て 風 旅 観 エ 嗅 メ 現 膜 の 起 り 』( の た 』( に 牡 り れ 盆 な み り く ぐ な 帰 あ 人 テ げ の 在 の 火 い 空 り 昭 丹 ず 会 ゆ 友 ら す る り よ 昭 ィ り 頭 か に よ 事 ま 家 や す し 和 和 カ ら う 五 き 四 に 十 十 四 六 年 年 [ [ 一 一 九 九 七 七 九 一 年 年 ]) ]) よ よ り り ■ ■007 006
  4. 4. 原 げ 洪 塩 野 麦 汝 日 ひ 月 故 深 物 蛇 雨 睡 あ 暮 は 魂 飯 日 脳 麦 枯 砂 赤 睡 藤 遠 虎 ん 水 坑 蛇 秀 は 蔭 か 光 郷 山 枯 苺 岩 蓮 ゝ 春 こ 魄 尾 盛 髄 秋 蓮 山 松 蓮 の い 杖 に へ み の と 鬘 げ か や や 菫 れ 車 に や 嫰 ど の べ や 宗 り の の は を に や 実 煙 や 身 蛇 な 人 こ わ づ ら 山 即 慟 て 輪 少 ふ 芽 ん が 壁 ら 物 祇 を は 厠 日 ひ 預 よ の 僧 に が 旅 を 下 縦 輪 ろ れ 蛭 女 哭 最 は 年 と わ に や に の 行 ま ひ 霊 る 流 る ぼ 侶 少 白 人 現 り 横 に ど ら 載 も し 後 円 を 日 れ も 人 附 煙 け ひ ら の 果 か れ は し 瓜 は わ ゆ の 女 こ 家 せ 非 つ に を 待 月 ら た は き あ ば る け ご の ば う み 抱 ふ せ く 糸 ふ ろ 曲 る 女 つ 笑 残 つ は は れ ■ 陰 た が 蜘 が ば と ご 沖 す え い ひ ■ 『 と る と で 『 え に の 鉈 も 笑 う し 野 の 食 土 る 牛 門 な と る る 蛛 お み く と の き た て 夏 魚 き 出 汝 に 魚 ま の お い や 去 鵐 じ し 上 心 尾 に は 瓜 手 の な に く 褻 ま 膜 る 昇 を が 悲 来 と け 結 ま 上 み け 大 る か こ あ に の 心 む ね の の 旅 お 明 歩 器 る で け る 折 あ し て 我 り び に な り 茸 な う 泪 飛 抄 か か 家 橋 人 み る み は あ さ ら り る お 』( 垂 坐 え し 白 』( う く が よ な け け る る の ん る 昭 ら し し て な 昭 旅 し あ れ り か 我 和 す れ 和 る 六 蓑 五 十 十 三 六 年 年 [ [ 一 一 九 九 八 八 八 一 年 年 ]) ]) よ よ り り ■ ■ 麦 腹 冬 夏 ひ 有 汝 楤 交 高 夕 一 花 山 薬 奥 青 鶏 栗 夾 草 春 茅 揚 稲 秋 這 青 垣 る 耶 も の ま 地 月 牛 曇 川 草 海 鷺 は の 竹 刈 衣 舎 雲 の の い 空 に が 無 我 芽 ず に を を る に 園 な の 交 花 桃 女 は 忌 雀 世 創 ゆ 泛 垂 お 耶 み や に て 土 揺 眼 冬 の れ 辺 め 劫 の 摂 屍 の 坐 を 造 け か れ や の え 空 貘 両 木 ら 球 を 蛇 や の る 初 中 理 を げ れ 巨 さ ば ぶ る 来 関 ず を 跳 眉 の し を 経 も 波 文 車 の か は 隠 に る 人 れ 天 総 系 る ふ 大 お ば ん に 母 二 世 て し を 明 輪 犬 ら ふ す 摑 女 は た に 序 ■ 図 は り 鋸 う で 虻 は 物 へ 鱒 ず 噛 は 繕 に 脳 か 小 み の 三 な 『 が る 到 の 四 も ひ む を ち お 垂 産 を 押 ■ 逝 か ん 深 う 帰 ■ 髄 ず き し 学 取 野 歩 ■ 嫁 る 鷹 大 蛇 と け 押 に り れ む 見 し 『 く に で く 女 ら 『 に 藪 校 る 服 で 『 で か ひ に の つ ■ ば し 抱 大 る だ る 出 氾 春 落 は 啄 つ ど な 乾 揚 を 脇 瓜 欲 踏 霊 あ 鳥 と あ ま の 『 汝 合 く 垣 か か ろ ひ せ 人 ぞ 魄 躍 か も ん 坤 羽 刈 の の し み 果 れ 衣 つ ら ま 二 風 と う 御 外 い な う る ど 』( へ る れ 』( 来 る 道 わ 越 』( ず 餐 と 裳 』( 艘 』( 我 や 空 ま 昭 犬 て 昭 て た え 昭 舟 和 和 る 和 平 平 五 五 五 成 成 十 十 十 十 四 九 八 七 年 年 年 年 年 [ [ [ [ [ 一 一 一 一 一 九 九 九 九 九 九 九 八 八 八 八 二 四 三 二 年 年 年 年 年 ]) ]) ]) ]) ]) よ よ よ よ よ り り り り り ■ ■ ■ ■ ■009 008

Views

Total views

1,421

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

318

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×