Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
5   4
茸           緑           ア           言           暖           と           古                                       森         ...
                                                                                                                          ...
                                                                                                                    鏡     ...
                                                                                                                          ...
                                                                                                                          ...
(す   あ   亜   定   中   馬                                                                                                    ...
歯   す           妹       口   燃   尾   重   階                   ク   穴   時   マ               袖   非   す   言   三   日   夜   后    乳...
        僻                                                                                                                 ...
(ヒ   お   わ       お       わ   多   多    海       地       夢      煌       雲   手   お   わ                                        ...
(       (                                                                   (    温       強       助       や                ...
メアリアンとマックインPdf
メアリアンとマックインPdf
メアリアンとマックインPdf
メアリアンとマックインPdf
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×
Upcoming SlideShare
安井浩司「俳句と書」展Pdf
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

メアリアンとマックインPdf

Download to read offline

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

メアリアンとマックインPdf

  1. 1. 5 4
  2. 2. 茸 緑 ア 言 暖 と 古         森   妖   長   痩   あ 瞬 吐 と 刻   ぽ 生   音 太   宇 向 線 の の ネ 葉 か き い         の   精   い   せ   る き 息 き ま   つ 命   楽 さ   宙 き か よ 下 モ は な お 樹         中   た   髪   っ   と の を に れ   り が   は と   に と ら う 草 ネ 水 陽 り 木         へ   ち   を   ぽ   こ の つ 太 て   ( と 発   そ 角   は 時 始 な に が 晶 に 水 は         入   が   し   ち   ろ ち き 々 ゆ 輝 生   れ 度   そ 間 ま あ 小 微 揺 の   滴 沈         っ   い   て   の   に に 、 く き す   ら   れ る そ さ 風 れ ご   が 黙         て   る   独   少   、 や リ る   を   し こ な が る と   落 し         ゆ   と   り   女   国 が ズ 。   ひ   か に 小 そ   く   ち   悲 枝 線   く   聞   ぼ   が   境 て ム   ( そ   ( な も 屋 よ       る   し 々 が     き   っ   立   と 細 ( ま ( く 、 が ぎ           み の 導       ち   っ   化 々 森 せ 海 ぽ              の 手 く         て   せ に て に つ              涙 招         い   ば も も り              の き         る   と              筋 の           舟 ず あ 汚 海 十 そ を ま 赤 父 そ 男 あ の る ら れ 賊 四 の 伝 ま ん は の の る 扱 賢 ゆ た の 歳 よ い 坊 嘆 後 子 と い い る 顔 手 に う を き 、 が こ は こ 悪 に 下 ま に 舟 の す 産 ろ だ と 行 襤 と で 聞 に あ ぐ ま に れ こ を 褸 な 育 か 乗 ま に れ に の 知 を っ っ さ せ り 母 落 も う り 着 て た れ 、 は ち 負 え つ て い 子 て 海 亡 ま け な く ま は に く し ま く し し 流 な た せ た し り ん ま し た 7 6
  3. 3.                                                           二 ぐ メ 妖 水                           つ ん ア 精 仙                           に と リ ら の                           裂 髪 ア が 蔭                           か を ン 目 で                           れ 引 を を                             た っ 見 剥   近 窓   鬱 し 顔 わ 輪   二 ト   銀 メ 張 つ い   づ の   蒼 な と た 郭   人 パ   の ア れ め て   い 中   と や 壁 し が   の ー   ポ リ ば て     て で   茂 か の に 幾   ど ズ   ッ と   い     く 小   る な あ は 重   ち の   ト ア   る     る 枝   森 獣 い 見 に   ら 柱   か ン         者 を   に が だ え も   か が   ら           が 揺 幾 歩 を た ず い が よ 銀           い ら 百 み れ る 語 じ の あ 誰 名 拾 た る し も 去 て よ っ れ カ り で 前 わ だ の る う て 、 ッ ふ も が れ 悲 水 な 麦 プ れ な 書 た し 滴 気 藁 へ た い か と い が が 色 マ 子 れ き こ し す に ッ   て 、 と た る さ ク あ い 添 に た ざ イ る ま え る め ー い せ ら く ン は ん れ と で た 呼 し 手 ば た 紙 れ に て は 9 8
  4. 4.                             鏡   あ 薔 渦 闇           欠 ア 焦 メ 動 流 掻 メ 裏                          を る 薇 巻 に           け ン 点 ア き 血 き ア 切                          閉 い 模 光           た は を リ は の 傷 リ る                          じ は 様 る           歯 点 掠 が 鋭 ア が が っ                          よ 物 に (           を 々 め 縦 く ン 鼻 横 て                          。 語 ( メ           捜 転 、 に 、 、 か 切 の                          に 蟻 )           し 落 白 割 満 口 ら る 、                          向 )           て す 熱 れ ち を 首 あ                          か が   (         ( 玉 る し て て 開 へ ん                          っ 這 あ わ ど 座 い く く た 二 螺                          て う な た う の る る 幕 旋                          た く ぞ 背 血 三 階                          さ し そ へ 潮 場 段                          ま は こ ) )                          よ   を                          り あ お                          ・ な ど                          ・ た き                          ・ さ く                          ま だ                          よ さ                          り い                          深 小 お お 笑 新 あ な そ お お 腹 七 わ く 犬 ま ま い 月 あ ん の ま ま に 色 た そ の え え 声 は 、 に 永 え え 抱 変 し わ の の だ 昇 あ も 遠 の の え 化 の の た 額 ( け る あ な な 軌 尾 た の 小 か し に 名 旋     い る 跡 っ 森 尻 犬 た は 十 前 回 わ こ な 無 は ぽ が と は を 狂 字 ) す た の い 駄 わ は あ 足 狂 っ を は る し 身 お 吼 た わ り っ て 切 記 は は ま え し た て る っ さ 消 わ え に の し る て れ え た は 奇 の ( る し い 蹟 頭 な じ な い ゃ い ) な い 11 10
  5. 5.                                                                                                                                                                                                              「                                                           天 そ 王 庇 葡 あ 年 血 三 そ し 意 緑 岩 海 と し 決 素 日 そ な 丸 細 常 マ そ 玉 当 王 緑 そ お 蓋 こ が 護 萄 ふ 歯 縁 日 の か 気 豆 場 浜 、 か 戦 晴 本 れ ん 天 胞 に ル の 葱 時 の 豆 し う を で 叫 保 酒 れ も の 後 息 し も の に 駅 間 も を ら で ら と 井 を 新 ク 市 一 の 恩 の て 、 引 マ ば 護 が た ゆ 紐 リ に は 高 年 騎 利 で 違 十 ク も し 河 に い に ぽ 鮮 王 場 ヶ 円 情 騎 マ マ ボ き ッ れ 稚 流 る か を ン は 、 ま 収 士 権 は っ 字 ル と い 岸 か う 刀 つ な は の 、 い を 士 ッ ル ス 裂 ク た 児 通 思 ぬ 感 果 ち る も が を て 切 め 濁 声 な 御 剣 ぽ 毎 中 一 広 受 を ク ク か イ の 傘 し 愛 年 知 て ょ 名 低 待 穿 叫 り 、 声 と り 心 を つ 朝 央 マ 場 け 名 イ ― ん ン は の た 」 少 さ そ う を く ち ち ば な 駅 を 呼 の が 突 さ 、 で ル で よ 乗 ン イ ば は 、 下 の に 騎 せ う ど 守 保 か つ れ が の 張 ば 高 け き せ 戴 ク は う り は ン か ○ で 士 ら な 玉 る ち ま つ ま ら そ り れ 値 で ま た 冠 で と 、 、 り の ご を れ 座 え す 、 ば 上 る が あ す 蕪 式 ご い あ か 、 咲 ざ 「 た に て と へ げ と 付 り や を ざ た ら は 永 く い 一 も か お き 走 て こ く ま ト 執 い し ゆ た 遠 朝 ま 目 の か り ど ら ろ し マ り ま た る れ の で す 見 か る ま き れ の ょ ト 行 し の 智 」 誓 ご つ 、 ほ し マ る う を う た で 謀 と い ざ る ど た ル の 十 の す を を い よ に ク で 把 で め 為 ま り ご ス ご ず す ぐ し し ざ ! ざ つ ら た た い い 並 す の ま ま べ の で し す で ご た し ざ た い ま す 13 12
  6. 6.                                                                     な                                                   に                                                 ひ し                                                 と お                                                 に は                                                 よ ば                                                 ま   ふ う お お お お ひ 光 じ お め ・ く っ と よ で な か く の の じ か れ 遭 あ お ふ っ う い と る は ち な 五 う ま ほ り も し も ぷ 字 い を わ で 坂 あ お   て に   め ッ っ て い ま か っ う ぷ か み め く に か ふ を   山 ふ か わ ふ 負 お み の て 胃 あ っ ん う に く わ も が 妃 折 り く わ 消 の か わ れ り い わ し じ ま に た く で し 暮 っ を た と は れ に ん た ゆ 顔 た こ し き 目 れ そ で ん は ま = お な れ   む ら が ふ て ふ で れ る ・ わ え す り   し の か ま ク が ま る わ た ぷ か す め く ま れ か ま ま 鬘 れ て べ ふ 剣 妃 ひ た る イ だ っ ま れ 下 く れ も て ら っ る き っ る の あ し た も を ・ め い だ ん く っ し 半 っ て の な ん ま ぷ な く き ま ふ   り お お ・ た あ け だ い く か 身 と か な い で っ く ら い 仮 ま お よ ひ っ い ・ 印 奴 の ん   ま ん か 顔 は れ て 張 ま っ べ ん 名 に ふ ば と て お お か 、 こ く と る ば   は た ば い れ っ   つ   あ お わ つ お し う わ み る ら は ま せ ま し れ 」 る た ク ぷ み ま ふ う る に ん も は り を の く な る い る ず と ま 「 あ イ く の る ど   あ お み ど お は や を な ん 二 か く み い る ま お ン っ し い こ か ふ ん ゆ す い て つ 妃 る か 〇 に 王   わ ま る ぞ 変 ぷ し き ま た   み え 日 ち た し は   い 〇 せ の お れ れ く ら 色 く む さ で は お ゆ   を ら る た み 飲 い 円 ん ま お た ま 王 く   っ ら き お は ふ え わ お し 乞 る お 料 ま     く そ あ っ に い 気 と か が お ず     れ い   食 ま と ( ひ 一 た っ は か く も ん 色 し き ま ふ れ か さ い か お は ッ さ 小 と マ だ て か る い 船 、 ば ず わ ね ふ て な ら く け い か く ぬ ) つ ル ま み の い ん は く む む け く あ あ し ば べ お は た ( く に の ク ん る ひ 口 あ ま い Q 奴 て て ふ ふ き あ し じ 刃 る い い 日 み で ま   と の く た ん も   か は   お お ふ   の 傷 ん い は こ 一 る ま の 端 ま か   ぷ く み も ) 15 14
  7. 7. (す あ 亜 定 中 馬                                           非 二 覗 時 閾 昏 白で ら 麻 型 へ が                       情 つ け 間 に い 昼に ゆ を の 中 屋                       の の ば の 足 国 闇記 る 織 へ 根                       面 名 明 穴 を紀 そ る と を           )   薄 呼 あ 方 帽 お 持 に る かは れ 女 踏             く び っ 違 子 う ち す さ け飽 ら が み             明 交 ち え か ! を で の てき 出 驚 外             る わ が ら 浮 に さ いて 来 死 す             む し 錯 顔 か 曇 な る 事 す               て 誤 が べ り か に る             手 は の 出 て は             の 重 都 た い な             節 な る く             を り             見 合             て い             い             る                                 (     こ 仕 ひ 稀 未 わ こ 切 と な 明 た に ら り る の し は れ 泣 川 海 ) み た い は 浜 は 出 ( て マ 、 抒 し わ い レ 未 情 て た る イ 明 を し 川 の 遡 ) 。 海 り 浜 17 16
  8. 8. 歯 す 妹 口 燃 尾 重 階     ク 穴 時 マ       袖 非 す 言 三 日 夜 后 乳 旧              に で を を え を ね 段     イ か を ッ が 嫡 な 葉 ッ に は が の め          魚 に 手 清 る 交 て の     ー ら 打 ク 長 子 わ の 編 は 九 メ 樽 い          の 夜 繰 め 篝 わ 二 手     ン 支 ち イ す が ち 赤 み 十 夜 ア に た          目 明 り   火 ら 晩 摺     配 ン ぎ 肩 母 い の 日 リ 椀 空          が け 寄 堅 の せ 、 に     を 、 て を ― 音 メ を を を の          挟 せ 塩 脇 て 夢 足   イ 告 マ 落 国 ア 掻 沈 下          ま   を で 鴛 を を   ン げ ッ と 語 リ き め          っ   握 鴦 見 か   て ク し 混 る          て   り が た ら   い イ て ぜ          い   し 飛 ま   る ン 帰 て          る   め ぶ せ イ っ          。   る ン て             ゆ             く           ア           ン           、           お           ま           え           の           名 わ い あ そ ま は た い る れ た し え こ じ 間 ア じ   れ ゃ 違 ン ゃ 違 は な っ な っ 誰 い た い て の 、 、 、 い ? そ 違 こ る こ っ れ に て は い る 19 18
  9. 9.     僻                                                               事                                               に                                               日                                               が                                               暮                                               れ                                               る                                               。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 (     (     (               (                   髪 戸 銭 足 高 王 紅 瑠 視 錦 箱 毀 い と 露 光 忘 廻 わ 手 わ わ 子 を の を に い の の 璃 線 絵 舟 れ つ も に る 却 る た 毬 た た 産 輝 外 叩 黄 縁 盲 美 、 の に に て か に ひ 、 に 独 し 唄 し し 石 か ) い 金 か 目 女 紺 王 金 封 六 見 道 ろ 光 つ 楽 た ) を を ) せ に て の ら は 青 が / じ 年 知 を が る い を ち 見 見 て 揺 剣 沓 突 諍   や 銀 る の ら く る 波 て 見 は て て れ を を き 女 あ っ   後 ぬ だ 浜 語 て 語 い い ( 替 穿 落 、 る て 袖 の 仲 り 昼 っ り る る 内 え き と 罪 い く に 物 に 顔 た つ ) ) で て さ の は る 蛇 語 な づ 答 れ 世 涙   る け え て の 膝 た た に は 蜥 蜴 21 20
  10. 10. (ヒ お わ   お わ 多 多 海 地 夢 煌 雲 手 お わ                                   ひー ま れ ま れ く く 水 平 み め が を ま れ らス え ら え ら の の が 線 て く ( か え ら めの は の の の 人 人 浸 に お 水 光 ざ は の )匂 花 過 ( 過 の の す 帆 ま 泡 ) せ ( 過 とい 開 ご 夏 ご 叡 生 こ 柱 え に を ば 水 ご いの く す ) す 知 命 と が の   ( 追 巨 の す う服 長 が 長 を を だ た 瞳 い 大 詰 長 言 海が い 訪 い ろ わ   な ま い 葉 )好 冬 れ 冬 う む 浜 影 つ 冬 が がき に る に   辺 が た に お 荒 (   や が ) ( ま れ メ   ( が 翳 瓶 マ え る ア て る を ツ マ を リ 。 振 ク ツ 捉 ア る イ ク え ン ン イ ) ) ン ) 23 22
  11. 11. ( ( ( 温 強 助 や 船 指   秩 舵     染 わ   十 広 お や そ マ     話 話 お 膝 肘 斑 復 音 書 羅 行 水 か い け が 底 の   序 を 荒 凪 み れ   ペ が ま が れ マ     し し ま を 掛 点 活 を 棚 針 く に い 腕 出 て で 間   を 取 れ い 一 ら   ン る え て と の     て て え 組 け の 祭 立 か 盤 先 浸 ス に さ 船 跳 で   探 る た だ つ の   ス 新 は は も 言 み も ご ご は ん 椅 あ の て ら は は か ー 抱 れ は ね 海   し 時 海 海 な 過   の 芽 葉 終 誰 葉 な う ら ら 立 で 子 る て 重 ど ど つ プ き る 沈 な 流   な に     い ご   テ の つ る の   さ す ん ん ち 話 に ぴ ペ い こ こ た と 上 わ む が が   が は     海 す   イ 匂 ぱ 季 ?   ま ぐ ( ( ど す 腰 か ー 御 ? ? 土 柔 げ た で ら 変   ら 思       長   ー い を 節     し お お メ ま わ 掛 ぴ ジ 本   )   ) 地 ら ら し し   わ   船 考       い   セ   む に     よ し 喋 ア る れ け か を を ) か れ   よ     死 る   が は       冬   ツ 青 し ふ     く よ り リ   ら て 光 め 取 に い る   う     ん     進 停       に   ト 臭 り い     ど く オ ア   の   る く り 紙 羊 わ         で     む 止       (   で く   に     う じ ウ ン   そ   卵 る 出 の の た         ゆ     今 す       メ   い つ 口 駆     の の ム   )   ば   が 父 し 船 毛 し         く     は る       ア   つ て に け     ほ じ の   に   好 様 て を   布           魚             リ   ま 。 く 出     う か メ       き が 浮              が             ア   で   わ し     へ ん ア       好 か              い             ン   も   え て     い で リ       き べ              る             と   遊   る       ら ご ア       る                            マ   ん           し ざ ン                                    ツ   で           て い   )                                    ク   い           く ま                                      イ   ら           だ す                                      ン   れ           さ                                          )   た           い                                          の           な                                            に                                                                                                                                       (   呼 吹 鳥 月 さ 溺 生 別 胸 晩 沈 揺 メ 消 海 遠 落 坂 不 塔 想 と   メ 永 失 メ 水 吸 き の の ま れ き れ 深 餐 れ ア え   は く ち を 意 を え マ ア 遠 わ ア に 黙   と 抜 啼 光 よ る る て く を る リ る   ( 波 葉 上 に ま ば ッ リ に れ リ 名 ) よ   な け く の う メ こ は 隠 終 合 ア こ 宝 に の が 秋 わ 去 ク メ が 泣 た を を の う る ア る る 声 氾 マ ア と し え 歓 ン と 石 混 音 る の っ イ ア い い 眠 書 よ に   ン 風 も 濫 ッ リ も た の な ) ざ が と 庭 て ン リ る て ら い う 光 蔦 の も ク ア 死 葡 花 く を っ 遠 言 は の と い せ て に っ の た イ ン ぬ 萄 蔭 変 覆 て く 葉 思 名 き る る 旅 匂 て 神 め ン こ と が 容 す に う は た に っ い 秘 に と 蓮 す ひ 書 め 出 て る も の る そ け に る な 実 む な い い 25 24

Views

Total views

947

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

321

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×