Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

地方私立大の助教が Apache Wicketの勉強会を
開いたら

689 views

Published on

JJUG CCC 2014 Spring LT

Published in: Education
  • Be the first to comment

地方私立大の助教が Apache Wicketの勉強会を
開いたら

  1. 1. もし地方私立大の助教が Apache Wicketの勉強会を
 開いたら @gishi_yama 1
  2. 2. 山川 広人(@gishi_yama) • 北海道のとある地方私立大 助教 • Wicket-Sapporo 代表 • 最近の趣味は子育て 2
  3. 3. はじめに 3
  4. 4. エンジニアによる勉強会が たくさん開かれています 4
  5. 5. IT系勉強会カレンダー検索から引用(確認日 2014-04-17) 5
  6. 6. 皆さんは
 勉強会に参加していますか? (技術系のものに限らず) 6
  7. 7. 現役学生の場合… 7
  8. 8. 限りなくゼロに近い! ☠ 8
  9. 9. というか会場で見たことない! 9 ※一緒に行こうぜって誘った場合を除く
  +現役生でやっと一人現れた(かなり意欲が高い特例)
  10. 10. 勉強会への参加を学生に
 勧めたい!促したい! 10
  11. 11. 理由 11
  12. 12. – 田宏直(2013), 努力する人間になってはいけない, 
 株式会社ロゼッタストーン, pp.122より “専門性の真の意味は、生涯研鑽を積んでもなお先 がありそうな深みを感じられるものに出会えるか どうかに関わっている。(中略)一生涯続けてい ける知識や技術の深みに出会えるところ、それが <学校>というところだ。  私はそういったものは、人間が二〇歳前後のと きにしか得られないものだと思っている。” 12
  13. 13. 勉強会では… 13
  14. 14. • 業界で活躍してる人の講義が無料or格安で聞ける
 トレーニングセミナーとかで聞くと10万ぐらい取られるレベル • 学外の人(学生、社会人)とのつながりができる • 聴講や発表をすれば、自身の実力も見えてくる • 想像もしなかった様な楽しさ・面白さに出会える
 本気でやればこんなのもアリなんだ感(しかも実際凄い)
 例:Ejectコマンドユーザー会、MDD(萌え駆動開発) • 業界の本音や裏話が聞ける(主に懇親会)
 でもそういう空気を知って、正しく判断できる事も重要だと個人的には思うんだ 14
  15. 15. 大学の講義や研究レベルでは 触れることがない けれども現場では使われていたり 次世代に期待されているような 知識・技能 + 面白さ こうした専門性への扉が 学生に開くのではないか? 15
  16. 16. なぜ学生は勉強会に来ないか 16
  17. 17. 今まで聞いた事がある理由 • 自分のレベルで聞きに行っても理解できるか分か らない • 自分が行って迷惑にならないか不安 • 交通費が無い • 予定/バイト/デートがある 17 圧倒的多数(本学の場合)
  18. 18. 勉強会は学生にとって敷居が 高く感じられる?(予想) 理解できないことへの不安や自信のなさ
 
 聞いてもきっとよくわからない → めんどい…知らない人ばっかだし… まじめ過ぎて遠慮しちゃう? 18
  19. 19. でも学内の技術講習会には 学生は参加してくれる ※参加しないと研究や課外活動に
 支障があるという強制力もある 19
  20. 20. じゃあ学生が参加しやすい 勉強会を作ればいいんじゃね? 20 前からWicketの勉強会やってみたかったし
 後援してくれる企業さんもいらっしゃったし
  21. 21. 作っちゃった 後援:(株)IS 21
  22. 22. before 22
  23. 23. 学生「技術的なところ教えて
    ください」 私 「じゃあ講習会するわー」 23
  24. 24. after 24
  25. 25. 学生「技術的なところ教えて
    ください」 25
  26. 26. 私「じゃあ勉強会で教えるわー
   会場きてー」 26
  27. 27. 身内(私)が主催して
 学生が必要なネタであれば 学生は勉強会に 行かざるを得ない 行きやすくなるかも! 27
  28. 28. 開催した • 第1回 2013年9月 札幌かでる2・7
 「さあ、Wicketを始めよう」 • 第2回 2013年10月 札幌かでる2・7
 「Wicketによるモダンな
  Webアプリケーション」 • 第3回 2013年11月 札幌かでる2・7
 「Wicketのユニットテスト機能」 28
  29. 29. 26# 15# 5# 15# 13# 15# 0# 5# 10# 15# 20# 25# 30# 1 2 3 結構来てくれた・・・・・・けど 一般の方は後援企業さんにかなり呼びかけをしていただいた。
 それでも後半にかけて順調に右肩下がり… 29
  30. 30. • 募集がオープンに出来てない • 講師一人の講義形式でしか開催できてない • 懇親会ができてない、学生と企業のつながる場にもなってな い • 後援の(株)ISさんにおんぶにだっこ • 他の勉強会参加を促す効果は見えてない • 一般と学生がwin-winになる様な勉強会にはまだまだ… orz 現状の(私の)反省点 30
  31. 31. 今後にむけて 31
  32. 32. 当面の目標 • 勉強会としてのさらなる実績作り
 6月ぐらいからまたぼちぼち開催したい • 講師一人の講義形式ではない勉強会の開催
 発表者を増やす、LTをやる、読書会
 +学生が発表に参加できる枠組み
 +懇親会! • ネタ作り
 Wicket1本だとネタ的にも難しい?
 Javaの色んなフレームワークの勉強会的な位置づけにできればあるいは… 32
  33. 33. 中長期的には・・・・・・ 33
  34. 34. 34 2ch 【Java】Wicket【HTML】 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/tech/1132407308
  35. 35. ちょっとでも何とかしたい
 いちWicketユーザとして 35
  36. 36. 36
  37. 37. ほ、翻訳するしか・・・・・・ 37
  38. 38. 次回予告 もし地方私立大の助教が Apache Wicketのドキュメントを 翻訳したら 38
  39. 39. まとめ • 学生が勉強会に参加することで、授業外でいろいろな技 術や知識や仲間を得られる機会になるのではないか • 学生が参加しやすいネタと環境で勉強会作ってみた • まだまだ、勉強会っぽくない
 もうちょっといろいろチャレンジしたい  
 http://wicket-sapporo.org/ 39 Copyright (C) e3paper
  40. 40. Special Thanks • 株式会社 IS
 (http://is-cc.com/) • azusa-keynote
 (https://github.com/sanographix/azusa- keynote) • 痛印イラストシリーズネコカンペ・もうすこ しがんばりましょう印鑑
 (http://www.e3paper.com/llc/) 40

×