Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2013年度カリキュラムガイダンスver1.0

551 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2013年度カリキュラムガイダンスver1.0

  1. 1. 北海道大学CoSTEP 2013年度カリキュラムガイダンス2013.5.11
  2. 2. 視覚的補完(知覚心理学の専門用語)
  3. 3. メニュー1. CoSTEPのミッション2. カリキュラム概要
  4. 4. 1.CoSTEPのミッション
  5. 5. CoSTEPのミッション1. 科学技術コミュニケーター人材の輩出2. 多様な科学技術コミュニケーション実践3. 人材育成手法の研究開発科学と社会の双方向的でよりよい関係の実現
  6. 6. こんな役割を担ってほしい• 社会の中で主体的かつ継続的に科学技術コミュニケーション活動を企画し、実施する。• 自分の研究や仕事・生活の様々な局面で、「科学技術コミュニケーションのセンス」を発揮する。
  7. 7. 2.カリキュラム概要
  8. 8. カリキュラム体系の3つの柱I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画づくりIII. 科学技術コミュニケーション実践科学技術コミュニケーションの全体像を把握し,コミュニケーターとして実践にとりくむ際の課題の設定や判断の基準となる考え方を身につける。科学技術と社会に関する情報を収集・分析・評価し,意思決定・合意形成・戦略立案を行うための基本的な考え方を学ぶ。コミュニケーターが様々な実践を通じて社会で役割を果たすために必要となる,基本的な知識とスキルを学ぶ。
  9. 9. 7つの構成要素科学技術コミュニケーション概論トランスサイエンス多様な立場の理解情報の分析と行動のための計画手法表現とコミュニケーションの手法学習の手法社会における実践I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画手法III. 科学技術コミュニケーション実践3つの柱 7つの構成要素
  10. 10. 教育プログラム科学技術コミュニケーション概論トランスサイエンス多様な立場の理解情報の分析と行動のための計画手法表現とコミュニケーションの手法学習の手法社会における実践I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画手法III. 科学技術コミュニケーション実践3つの柱 7つの構成要素講義演習実習カリキュラム体系 授業科学と社会の双方向的でよりよい関係の実現ミッション
  11. 11. 1:科学技術コミュニケーション概論2:表現とコミュニケーションの手法3:学習の手法4:トランスサイエンス5:情報の分析と行動のための計画手法6:多様な立場の理解17:多様な立場の理解28:社会における実践講義モジュールカリキュラム体系科学技術コミュニケーション概論トランスサイエンス多様な立場の理解情報の分析と行動のための計画手法表現とコミュニケーションの手法学習の手法社会における実践I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画手法III. 科学技術コミュニケーション実践3つの柱 7つの構成要素
  12. 12. I. 科学技術コミュニケーション思考科学技術コミュニケーションの全体像を把握し、コミュニケーターとして実践にとりくむ際の課題の設定や判断の基準となる考え方を身につける。1.科学技術コミュニケーション概論2.トランスサイエンス3.多様な立場の理解構成要素
  13. 13. 1.科学技術コミュニケーション概論社会における科学技術コミュニケーションの望ましいあり方の全体像を展望する。社会科学公共性技術市民生活政治教育 持続可能性経済 1対応講義モジュール
  14. 14. 2.トランスサイエンス現実の具体的な問題について知り、高い問題意識を持つと同時に、それらの事例を通じてトランスサイエンスの複雑な構造そのものを適切に理解する思考力を養う。地球環境問題情報通信技術科学技術と政策形成食の安全・安心資源エネルギー問題自然災害のリスク生命科学 ナノテク医療 4対応講義モジュール→テーマの多様性
  15. 15. 2.トランスサイエンス現実の具体的な問題について知り、高い問題意識を持つと同時に、それらの事例を通じてトランスサイエンスの複雑な構造そのものを適切に理解する思考力を養う。地球環境問題情報通信技術科学技術と政策形成食の安全・安心資源エネルギー問題自然災害のリスク生命科学 ナノテク医療 4対応講義モジュール→テーマの多様性
  16. 16. 3.多様な立場の理解科学技術コミュニケーターが多様な立場の個人や組織と連携する際に理解しておくべき、科学技術コミュニケーションに関わる主要な関係者の状況について学ぶ。学校教育科学技術行政担当者マスメディアNPO研究広報企業科学館博物館産学連携・イノベーション担当者研究者6,7対応講義モジュール→プレーヤーの多様性
  17. 17. 3.多様な立場の理解科学技術コミュニケーターが多様な立場の個人や組織と連携する際に理解しておくべき、科学技術コミュニケーションに関わる主要な関係者の状況について学ぶ。学校教育科学技術行政担当者マスメディアNPO研究広報企業科学館博物館産学連携・イノベーション担当者研究者6,7対応講義モジュール→プレーヤーの多様性
  18. 18. II. 情報の分析と行動のための計画手法実践に必要な諸情報を収集・分析・評価し、意思決定を行うための基本的な考え方を学ぶ。4.情報の分析と行動のための計画手法構成要素
  19. 19. 4.情報の分析と行動のための計画づくり実践に必要な諸情報を収集・分析・評価し、意思決定を行うための基本的な考え方を学ぶ。情報収集意思決定分析評価実行計画企画提案5対応講義モジュールプロジェクトマネジメント
  20. 20. 4.情報の分析と行動のための計画づくり実践に必要な諸情報を収集・分析・評価し、意思決定を行うための基本的な考え方を学ぶ。情報収集意思決定分析評価実行計画企画提案5対応講義モジュールプロジェクトマネジメント
  21. 21. 計画(例)8/25(土) 9/1(土) 9/8(土) 9/15(土) 9/22(土) 9/29(土) 10/6(土) 10/13(土) 10/14(日)Costep授業 ○ Kid’s eco tour○ ○○・目的設定・目標設定日程確定参加者設定・コンテンツ検討・コンセプトの設定・アクティビィティ検討コンテンツ決定解説台本の作成募集方法検討作業の役割分担決定・募集・アンケート担当(天元)・解説台本担当(松岡)・当日の運営表担当(柏原)・安全管理担当(江口)・ミッションシート担当(小川)募集材料作成・プレスリリース・ポスター募集開始(9/20)募集締め切り・参加者確定(10/10)ツアーの実施リハーサル修正イメージトレーニング・わかりやすい言葉など当日の運営表作成※時間オーバーしたら削る部分も明確にしておくツアーに必要なもの・道具・許可などの検討・調達・作成・許可取得当日の役割分担決定・タイムキーパー安全管理・マニュアル作成・責任と分担の確認・人員配置の検討※ は授業中に行う内容ミニリハーサルミッションシート内容検討ミッションシート作成アンケート内容検討 アンケート作成当日の役割分担決定・ビデオ・カメラその後評価・ふり返りアクティビィティ決定
  22. 22. 評価(例)
  23. 23. III. 科学技術コミュニケーション実践コミュニケーターが様々な実践を通じて社会で役割を果たすために必要となる,基本的な知識とスキルを学ぶ。5.表現とコミュニケーションの手法6.学習の手法7.社会における実践構成要素
  24. 24. 5.表現とコミュニケーションの手法コミュニケーターとして必要な、様々な表現とコミュニケーションの手法について学ぶ。グラフィックデザインプレゼンテーションファシリテーション表現とコミュニケーションライティング映像表現情報デザインイベント制作教育プログラム制作編集2対応講義モジュールパブリックスピーキング
  25. 25. 5.表現とコミュニケーションの手法コミュニケーターとして必要な、様々な表現とコミュニケーションの手法について学ぶ。グラフィックデザインプレゼンテーションファシリテーション表現とコミュニケーションライティング映像表現情報デザインイベント制作教育プログラム制作編集2対応講義モジュールパブリックスピーキング
  26. 26. 6.学習の手法コミュニケーターとして必要な、多様な「学び方」と「教え方」について学ぶ。問題解決型学習(PBL)多様な「学び方」と「教え方」インストラクショナルデザインソーシャルラーニングオープンエデュケーション協調学習・協同学習 3対応講義モジュールワークショップ大人の学び/実践家の学び反転学習ゲーミフィケーションケースメソッド
  27. 27. 6.学習の手法コミュニケーターとして必要な、多様な「学び方」と「教え方」について学ぶ。問題解決型学習(PBL)多様な「学び方」と「教え方」インストラクショナルデザインソーシャルラーニングオープンエデュケーション協調学習・協同学習 3対応講義モジュールワークショップ大人の学び/実践家の学び反転学習ゲーミフィケーションケースメソッド
  28. 28. 7.社会における実践コミュニケーターが社会で役割を果たすために必要な実践的手法について学ぶ。スケジュール管理組織マネジメントクライアントとの交渉広報/マーケティングコスト管理外部とのネットワーク構築リーダーシップ品質管理 リスク管理コミュニケーション応用力マネジメント力コラボレーション力8対応講義モジュール
  29. 29. 7つの構成要素科学技術コミュニケーション概論トランスサイエンス多様な立場の理解情報の分析と行動のための計画手法表現とコミュニケーションの手法学習の手法社会における実践I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画手法III. 科学技術コミュニケーション実践3つの柱 7つの構成要素
  30. 30. カリキュラム体系科学技術コミュニケーション概論トランスサイエンス 多様な立場の理解情報の分析と行動のための計画手法表現とコミュニケーションの手法学習の手法社会における実践I. 科学技術コミュニケーション思考II. 情報の分析と行動のための計画づくりIII. 科学技術コミュニケーション実践3つの柱 7つの構成要素
  31. 31. 皆さんに期待すること• 科学技術コミュニケーションには、「教科書的な答え」はない。実践に参加するための特別な「資格」があるわけでもない。• 受講生の皆さん一人一人の持つ多様な経験、知識、モチベーションを新しい方法で「結びつけること」「組み合わせること」が重要。誰にでもその人固有の、大切な役割がある。• 受講生の皆さんの学びと実践とネットワークの構築によって、私たちと一緒に、たえず新しい科学技術コミュニケーションを「創造」していってほしい。

×