Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Office365と
オンプレミス製品の共存/使い分け
無駄にならないサブスクリプション活用術
Microsoft MVP for Office 365
渡辺 元気
MVP Community Camp 2015
自己紹介
名前: 渡辺 元気(わたなべ げんき)
職業: 通信事業者でクラウドサービスの開発
blog:日々徒然 http://blog.o365mvp.com/
(Office 365の技術ネタ...
MVP Community Camp 2015
注意事項
本資料については、個人で準備した環境において、個人的に実施した検証結果を基に記載しております。
あくまで個人の意見・見解であり、所属する会社・組織及びマイクロソフト社とは一切関係はござい...
はじめに
MVP Community Camp 2015
クラウド?オンプレミス?
Exchange Online
SharePoint Online
Lync Online
Office Pro Plus
Exchange 2013
SharePoin...
MVP Community Camp 2015
クラウドサービスを選ばない例
○システムを自社の制御下に置かないのが許容されない
• バージョンアップやメンテナンス実施時期が指定
• 変更実施に対してのプロセス(変更内容の把握や可否判定)
• ...
MVP Community Camp 2015
ハイブリッドという選択肢
クラウド オンプレミス
ハイブリッド
必要な部分はオンプレミスに残しつつ、クラウドのメリットも一部享受
ハイブリッドの前提事項
MVP Community Camp 2015
システムを利用する際に必要なライセンス
クラウド オンプレミス
• ユーザーサブスクリプションライセンス(USL) • サーバライセンス
• クライアントアクセスライセンス(CAL)
CALとして...
MVP Community Camp 2015
転用が可能なUSLとCALの対応(主要な物のみ)
製品 クライアントアクセスライセンス
Exchange 2013 ベースCAL(Standard) Exchange Online Plan1,P...
MVP Community Camp 2015
クラウドサービスのIaaSを利用する場合の注意事項
• 共用クラウド環境で利用する場合は、ソフトウェアアシュアランス
特典であるライセンスモビリティを利用し、モビリティパートナー
のIaaSにのみ...
MVP Community Camp 2015
ハイブリッド構成の基本パターン
①製品ごとにオンプレミス/クラウドを使い分ける
②ユーザーごと
③機能ごと
④利用シーンごと
①製品ごとの使い分け
MVP Community Camp 2015
Exchangeオンプレミスを利用
• Exchange Serverライセンスを別途調達し、Office365はCALとして
活用
• 既存でExchange Serverなどをオンプレミスで運...
MVP Community Camp 2015
SharePointをオンプレミスを利用
• SharePoint Server / SQL Serverライセンスを別途調達し、
Office365はCALとして活用
• イントラネットの業務ポ...
MVP Community Camp 2015
Lyncをオンプレミスを利用
• Lync ServerならびにSQL Serverライセンスを別途調達し、
Office365はCALならびにLync 2013クライアントとして活用
• 基本的...
②ユーザーごとの使い分け
MVP Community Camp 2015
グループ会社で一括導入
オンプレミス
現地法人 本社
連携
• 一部拠点において、Exchange Serverが既存で存在しているなど、
何らかの要件でOnlineを使えない場合
• Excha...
MVP Community Camp 2015
外部ユーザーとのコラボレーション
オンプレミス
SharePoint Server 2013
内部ユーザー
外部パートナー
出向者、休職者
• 社内だけで利用する物(ポータル等)と、社内ならびに社...
③機能ごとの使い分け
MVP Community Camp 2015
Exchange Online Protectionの利用
オンプレミス
Internet
EOP
• Microsoftのアンチスパム/アンチマルウェアサービス(単体で購入
すると月額109円/...
MVP Community Camp 2015
Exchange Online Archivingの利用
オンプレミス
• ユーザーに容量無制限で監査機能の付いた2つめのメールボックス
を付与するサービス(単体で購入すると月額330円)
• 古...
MVP Community Camp 2015
非アクティブメールボックス(退職者用)
オンプレミス
• 退職者のメールデータを、お金をかけずに監査用に保管するために
Exchange Onlineの非アクティブメールボックスを利用
• オンプ...
MVP Community Camp 2015
アーカイブメールボックス
オンプレミス
• Exchange Online Plan1でも、アーカイブメールボックスは作成可
(メインとアーカイブ合わせて50GB)なので、50GBの追加領域
とし...
MVP Community Camp 2015
OneDrive for Business
オンプレミス
SharePoint Server 2013
作業フォルダポータル、完成品
• ロケーションフリー、履歴管理あり、バックアップ不要、大容量...
④利用シーンごとの使い分け
MVP Community Camp 2015
非常時Exchange
オンプレミス
• オンプレミスのExchange Serverがダウンした時に備え、同じ情報
をExchange Online側の当該ユーザーのMBXにも配送
• 一般的に...
MVP Community Camp 2015
非常時Lync
オンプレミス
• オンプレミスのLync Serverがダウンした場合、Lync Online側に切
り替えて接続させる
• ディレクトリ同期によりユーザー情報は部分的に同期されて...
ケーススタディ
MVP Community Camp 2015
ケーススタディ①
現状と
問題点
Fit&GAP
Exchange 2007を導入6年目
比較的手厚いサポートで
大きな不満はない
今年Windows XP→7
Office 2007→2010
...
MVP Community Camp 2015
• 現実路線での段階的導入(適用範囲を実際に使ってみて見極める)
• 既存と同レベルの予算を確保し、プラスしてLync+SharePointを導入
• クラウド導入という実績とメールインフラのサー...
MVP Community Camp 2015
ケーススタディ②
現状と
問題点
Fit&GAP
Exchange 2010
基幹系システムとID連携し、
ワークフローの中にメール通知
メールボックスサイズの不足
(現状500MB)
監査、アー...
MVP Community Camp 2015
• EOPを利用し、既存のアンチspamのライセンス費用削減
• オンプレミス5GB+無制限アーカイブMBXとしてOffice365障害時にも業務継続
• 退職者はMBXをOnlineに移動させて...
まとめ
MVP Community Camp 2015
ハイブリッド構成の基本パターン
オンプレミス
①製品ごと ②ユーザーごと
オンプレミス
例:本社例:現地法人
③機能ごと ④利用シーンごと
オンプレミス
業務ポータルPJ、外部連携
オンプレミス
...
MVP Community Camp 2015
Q&A
何か疑問な点などありましたら、
Office 365コミュニティ http://community.office365.com/ja-jp/default.aspx
Facebookコミュ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Office365とオンプレミス製品の共存(MVP Community Camp 2015)

5,731 views

Published on

2015/1/31 MVP Community Camp 2015東京会場で発表したスライドです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Office365とオンプレミス製品の共存(MVP Community Camp 2015)

  1. 1. Office365と オンプレミス製品の共存/使い分け 無駄にならないサブスクリプション活用術 Microsoft MVP for Office 365 渡辺 元気
  2. 2. MVP Community Camp 2015 自己紹介 名前: 渡辺 元気(わたなべ げんき) 職業: 通信事業者でクラウドサービスの開発 blog:日々徒然 http://blog.o365mvp.com/ (Office 365の技術ネタを中心に公開) Office 365 Community / Twitter / Facebook:genkiw Microsoft MVP for Office 365
  3. 3. MVP Community Camp 2015 注意事項 本資料については、個人で準備した環境において、個人的に実施した検証結果を基に記載しております。 あくまで個人の意見・見解であり、所属する会社・組織及びマイクロソフト社とは一切関係はございま せん。 また、本資料の内容ならびに閲覧により生じた一切の問題及び不利益について、発表者は一切の責任を 負う事はできませんのでご了承ください。
  4. 4. はじめに
  5. 5. MVP Community Camp 2015 クラウド?オンプレミス? Exchange Online SharePoint Online Lync Online Office Pro Plus Exchange 2013 SharePoint 2013 Lync 2013 Office 2013 Pro Plus or • 一般的に安価 • 常に最新の機能 • 機能や品質のコントロール • カスタマイズ性
  6. 6. MVP Community Camp 2015 クラウドサービスを選ばない例 ○システムを自社の制御下に置かないのが許容されない • バージョンアップやメンテナンス実施時期が指定 • 変更実施に対してのプロセス(変更内容の把握や可否判定) • 開発したアプリケーションを3年は使えないと困る • 頻繁なバージョンアップと見えない将来的な対応工数 ○セキュリティ、監査 • 機密情報の取り扱い(インターネットからはアクセスしてはならない) • ログ監査等 ○障害時にSLA返金以外の対応の必要がある • 担当役員説明 • 原因や再発防止等のエビデンス提出
  7. 7. MVP Community Camp 2015 ハイブリッドという選択肢 クラウド オンプレミス ハイブリッド 必要な部分はオンプレミスに残しつつ、クラウドのメリットも一部享受
  8. 8. ハイブリッドの前提事項
  9. 9. MVP Community Camp 2015 システムを利用する際に必要なライセンス クラウド オンプレミス • ユーザーサブスクリプションライセンス(USL) • サーバライセンス • クライアントアクセスライセンス(CAL) CALとして利用可能
  10. 10. MVP Community Camp 2015 転用が可能なUSLとCALの対応(主要な物のみ) 製品 クライアントアクセスライセンス Exchange 2013 ベースCAL(Standard) Exchange Online Plan1,Plan2 Office 365 E1,E3,E4 追加CAL(Enterprise) Exchange Online Plan2 Office 365 E3,E4 SharePoint 2013 ベースCAL(Standard) SharePoint Online Plan1,2 Office 365 E1,E3,E4 追加CAL(Enterprise) SharePoint Online Plan2 Office 365 E3,E4 Lync 2013 ベースCAL(Standard) Lync Online Plan1,2 Office 365 E1,E3,E4 追加CAL(Enterprise) Lync Online Plan2 Office 365 E1,E3,E4 追加CAL(Plus) ※ボイステレフォニー Office 365 E4
  11. 11. MVP Community Camp 2015 クラウドサービスのIaaSを利用する場合の注意事項 • 共用クラウド環境で利用する場合は、ソフトウェアアシュアランス 特典であるライセンスモビリティを利用し、モビリティパートナー のIaaSにのみ展開可能 【参考】 ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティ http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/software-assurance/license-mobility.aspx • SharePointのみAzureインフラ上での展開がサポートされている
  12. 12. MVP Community Camp 2015 ハイブリッド構成の基本パターン ①製品ごとにオンプレミス/クラウドを使い分ける ②ユーザーごと ③機能ごと ④利用シーンごと
  13. 13. ①製品ごとの使い分け
  14. 14. MVP Community Camp 2015 Exchangeオンプレミスを利用 • Exchange Serverライセンスを別途調達し、Office365はCALとして 活用 • 既存でExchange Serverなどをオンプレミスで運用していて、その サービスレベル/セキュリティレベルをあまり変えたくない場合 • インターネットから社内メールは利用させていない、もしくは一度 社内とVPNを張ってから利用させている場合 • OWAユーザーが多く、バージョンアップに伴うブラウザの変更や 操作画面の変更の影響が大きい場合
  15. 15. MVP Community Camp 2015 SharePointをオンプレミスを利用 • SharePoint Server / SQL Serverライセンスを別途調達し、 Office365はCALとして活用 • イントラネットの業務ポータルなど、止まったりインターフェイス が変わると業務に影響がでるサイトであり、長期(3年~5年な ど)に渡って安定した運用が求められる物 • 開発やアドインのソフトウェアを入れたりする要件のあるサイト • Azureの上でも作成可能
  16. 16. MVP Community Camp 2015 Lyncをオンプレミスを利用 • Lync ServerならびにSQL Serverライセンスを別途調達し、 Office365はCALならびにLync 2013クライアントとして活用 • 基本的にはEnterprise Voice(VoIP)を利用してPBX連携などを実施 するケースが殆どであり、ライセンスはOffice 365 E4
  17. 17. ②ユーザーごとの使い分け
  18. 18. MVP Community Camp 2015 グループ会社で一括導入 オンプレミス 現地法人 本社 連携 • 一部拠点において、Exchange Serverが既存で存在しているなど、 何らかの要件でOnlineを使えない場合 • Exchange Server⇔Exchange Onlineにおいては、メール送受信の 他に予定表共有やアドレス帳の連携が可能
  19. 19. MVP Community Camp 2015 外部ユーザーとのコラボレーション オンプレミス SharePoint Server 2013 内部ユーザー 外部パートナー 出向者、休職者 • 社内だけで利用する物(ポータル等)と、社内ならびに社外で利用 する物(プロジェクト、出向/休職/出張中ユーザー向け情報提供) を分けてサイトを利用 • SharePoint Onlineの他、内容によってはyammerも利用可能
  20. 20. ③機能ごとの使い分け
  21. 21. MVP Community Camp 2015 Exchange Online Protectionの利用 オンプレミス Internet EOP • Microsoftのアンチスパム/アンチマルウェアサービス(単体で購入 すると月額109円/ユーザー) • ハイブリッドで100:0でオンプレミス側にユーザーがいるイメージ でメールフローを構成(必ずしもハイブリッド構成は必要無し)
  22. 22. MVP Community Camp 2015 Exchange Online Archivingの利用 オンプレミス • ユーザーに容量無制限で監査機能の付いた2つめのメールボックス を付与するサービス(単体で購入すると月額330円) • 古いメールや削除したメールをExchangeのメールボックスから Exchange Onlineのアーカイブメールボックスにサーバ間で移動 接続 接続(2つめのMBX) 古いメール
  23. 23. MVP Community Camp 2015 非アクティブメールボックス(退職者用) オンプレミス • 退職者のメールデータを、お金をかけずに監査用に保管するために Exchange Onlineの非アクティブメールボックスを利用 • オンプレミスのメインのメールボックスをOffice365に移動して、 インプレース保持の対象にしてから削除(一時的にライセンスの付 け替えが必要) メイン アーカイブ インプレース保持対象
  24. 24. MVP Community Camp 2015 アーカイブメールボックス オンプレミス • Exchange Online Plan1でも、アーカイブメールボックスは作成可 (メインとアーカイブ合わせて50GB)なので、50GBの追加領域 として活用 • オンプレミスの環境にアーカイブを作成するとEOAライセンスが 必要な100GBのアーカイブが作成されてしまうので、工夫が必要 メイン アーカイブメイン
  25. 25. MVP Community Camp 2015 OneDrive for Business オンプレミス SharePoint Server 2013 作業フォルダポータル、完成品 • ロケーションフリー、履歴管理あり、バックアップ不要、大容量の 高機能な作業フォルダとしてOneDrive for Businessを利用 • 社内ポータルやプロジェクトフォルダなど、業務上重要な物はオン プレミスに配置し、最終的なドキュメントなどを格納
  26. 26. ④利用シーンごとの使い分け
  27. 27. MVP Community Camp 2015 非常時Exchange オンプレミス • オンプレミスのExchange Serverがダウンした時に備え、同じ情報 をExchange Online側の当該ユーザーのMBXにも配送 • 一般的に想定されている使われ方ではないため、注意が必要 • Office365のサービス規約を遵守する構成とする必要がある • ディレクトリ同期環境/MBXを作る手順/受信トレイの最大アイテム数/フォルダ 階層や送信済みアイテムが同期されない/平常時の対応 メイン
  28. 28. MVP Community Camp 2015 非常時Lync オンプレミス • オンプレミスのLync Serverがダウンした場合、Lync Online側に切 り替えて接続させる • ディレクトリ同期によりユーザー情報は部分的に同期されているが、 両方で有効化するのは想定されていないので注意 ディレクトリ同期 サーバーダウン時平常時
  29. 29. ケーススタディ
  30. 30. MVP Community Camp 2015 ケーススタディ① 現状と 問題点 Fit&GAP Exchange 2007を導入6年目 比較的手厚いサポートで 大きな不満はない 今年Windows XP→7 Office 2007→2010 クラウドに対する不安感と 検討しろという要請 • クラウドに関する漠然とした不安感 • 目に見えないコストが予算申請の段階で算出できない • エンドユーザーのITリテラシーを考えると頻繁な機能変更に追従できない
  31. 31. MVP Community Camp 2015 • 現実路線での段階的導入(適用範囲を実際に使ってみて見極める) • 既存と同レベルの予算を確保し、プラスしてLync+SharePointを導入 • クラウド導入という実績とメールインフラのサービスレベルの担保  Office 365 E1を採用  既存をExchange Server 2013に移行  USLはCALとして転用  既存のメールGWは継続利用 未導入  新規で導入  IM/プレゼンスとWeb会議を中心に展開  一部プロジェクトと情シスメンバーで 試験運用。 One Drive for Business / Yammer含め来年の本格導入を目指す Point
  32. 32. MVP Community Camp 2015 ケーススタディ② 現状と 問題点 Fit&GAP Exchange 2010 基幹系システムとID連携し、 ワークフローの中にメール通知 メールボックスサイズの不足 (現状500MB) 監査、アーカイブの要件 • 既存の連携システムの改修費用 • オンプレミスとクラウドのメールボックスのGB単価の開き • 退職者に対するコスト
  33. 33. MVP Community Camp 2015 • EOPを利用し、既存のアンチspamのライセンス費用削減 • オンプレミス5GB+無制限アーカイブMBXとしてOffice365障害時にも業務継続 • 退職者はMBXをOnlineに移動させてインプレースアーカイブしてから削除  Exchange Online Plan1 + Exchange Online Archiving(for Exchange Serverとfor Online)を採用  Exchangeハイブリッド環境を構築  Exchange Server 2013に移行  USLはCALでの利用とEOP(spam対策)  EOA for Exchange Serverで監査とアーカイブ  退職者のアーカイブ用に、別途EOA for Exchange Online 未導入 Point 未導入 未導入 •EOP •アーカイブ •監査 •MBX
  34. 34. まとめ
  35. 35. MVP Community Camp 2015 ハイブリッド構成の基本パターン オンプレミス ①製品ごと ②ユーザーごと オンプレミス 例:本社例:現地法人 ③機能ごと ④利用シーンごと オンプレミス 業務ポータルPJ、外部連携 オンプレミス 平常時DR発動時 同期 ExchangeLync
  36. 36. MVP Community Camp 2015 Q&A 何か疑問な点などありましたら、 Office 365コミュニティ http://community.office365.com/ja-jp/default.aspx Facebookコミュニティ https://www.facebook.com/groups/Office365Com.jp/ などにお願いします。

×