Office365 Customize

5,004 views

Published on

7/6に実施されたOffice365ライトニングトークのスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,004
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
89
Actions
Shares
0
Downloads
72
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Office365 Customize

  1. 1. Office365 Lightning Talk #2 Office365 設定カスタマイズ10選 WATANABE, Genki Twitter:genkiw Blog: http://genkiw.wordpress.com/
  2. 2. ライトニングトークの概要• Office365を利用する上で、ここはデフォルトの設定 から変更しておいた方が良い点や、変更することが 多いポイントなどを中心に説明します。• とはいえ、カスタマイズ可能なのは殆どExchangeに なります… このプレゼンテーション内容は発表者の主観に基づく個人的な意見であり 所属する団体・組織とは一切関係ございません。 Agenda
  3. 3. ポータル・Office365全般 ユーザーアカウント関係
  4. 4. #1 ユーザーパスワード要件の変更 複雑性要件や変更期間など、自分の組織の ポリシーで運用したいという場合PowerShellから設定を変更します。Set-MsolUser -UserPrincipalName user@contoso.com ` -PasswordNeverExpires $true ` 無期限化 -StrongPasswordRequired $false 複雑性の要求の回避 Office365LT 【ポータル・全般】
  5. 5. #2 ユーザーの初期パスワードの指定 初期パスワード = p + 社員番号など、 システム管理者が指定したい場合PowerShellからCSVなどでインポートします。Import-Csv users.csv | foreach { New-MsolUser -UserPrincipalName $_.ユーザー名 ` -FirstName $_.名 -LastName $_.姓 ` -DisplayName $_.表示名 -PhoneNumber $_.電話 ` -Country $_.国 -UsageLocation "JP" ` -Password $_.パスワード ` 初期パスワード -ForceChangePassword $false} 初回ログイン時の変更 Office365LT 【ポータル・全般】
  6. 6. #3 管理者セルフパスワードリセット無効化 複数管理者がいるなどでこの機能を利用しない 場合(ESCでキャンセルできないですし…)PowerShellから設定を変更します。Set-MsolCompanySettings ` -SelfServePasswordResetEnabled $false Office365LT 【ポータル・全般】
  7. 7. Exchange Onlineユーザーアカウント関係
  8. 8. #4 ユーザーの言語・地域の事前設定 ほとんどの従業員は日本にいるので、 設定を全員にさせるのが面倒だという場合PowerShellから設定を変更します。Set-MailboxRegionalConfiguration ` -Identity username ` -DateFormat "yyyy/MM/dd" ` -Language "ja-JP" ` -Timeformat "H:mm" ` -TimeZone "Tokyo Standard Time"Set-MailboxCalendarConfiguration ` -Identity username ` -WorkingHours "Tokyo Standard Time" Office365LT 【Exchange Online】
  9. 9. #5 保存期限等の延長(追加費用不要で) 何か有ったときに対応可能な期間は 長い方が良いだろうという場合PowerShellから設定を変更します。Set-Mailbox -Identity username ` 監査ログ有効化 -AuditEnabled $true ` -AuditLogAgeLimit 183.00:00:00 ` 監査ログ3⇒6ヶ月 -RetainDeletedItemsFor 30.00:00:00 削除済みアイテムの保持期限14⇒30日 Office365LT 【Exchange Online】
  10. 10. #6 配布グループ作成権限の削除 自由に配布グループ作れて、会社のドメインを 持ったアドレスを取得できるのは不可な場合Exchangeコントロールパネルから設定を変更します。 MyDistributionGroupsの権限を削除 Office365LT 【Exchange Online】
  11. 11. #7 不要なプロトコルの削除リモートアクセスを許可しない際のActiveSync、 メールアーカイブ有りの場合のPOP/IMAPなどPowerShellから設定を変更します。Set-CASMailbox -Identity username ` -ActiveSyncEnabled $false ` -PopEnabled $false ` -ImapEnabled $false ` 各ユーザ/各プロトコル -EwsEnabled $false 毎に設定を入れる。 (defaultは全てenable) Office365LT 【Exchange Online】
  12. 12. Exchange Online テナント設定関係
  13. 13. #8 TNEF設定の変更(winmail.dat回避) 外部連絡先への送信や、Outlookのリッチ テキスト形式での送信が上手くいかないPowerShellから設定を変更します。Set-RemoteDomain Default -TNEFEnabled $false TNEF形式で送りたい相手 (Exchange利用)が居る場合は、 個別にドメインを設定 Office365LT 【Exchange Online】
  14. 14. #9 自動転送、自動返信の拒否 各ユーザが受信トレイルールを利用するなどで 自分の携帯などにメールを転送したりできる ことがセキュリティ上の問題の場合PowerShellから設定を変更します。Set-RemoteDomain Default ` -AutoForwardEnabled $false ` -AutoReplyEnabled $false 自動転送の例外を認めたい場合は、関連会社な ど、ドメイン単位ならここで新しいドメインを 定義、個別に許可はトランスポートルール Office365LT 【Exchange Online】
  15. 15. #10 インターネットへの予定表公開の制限 外部(インターネット)に社員が予定を 公開できることが望ましくない場合PowerShellから設定を変更します。Enable-OrganizationCustomizationSet-SharingPolicy -Identity "既定の共有ポリシー" ` -Enabled $false ※環境によっては "Default Sharing Policy" Office365LT 【Exchange Online】
  16. 16. 最後に 本日、紹介させて頂いた内容含め、 各種情報を随時公開させて頂いています。 日々徒然 http://genkiw.wordpress.com/ FIN

×