Cloudian with CA ARCserve

4,899 views

Published on

S3互換オブジェクト・クラウドストレージ・ソフトウェア製品Cloudian(クラウディアン)とバックアップ/リストア・ソフトウェア製品CA ARCserveとの接続性検証結果資料です。

  • Be the first to comment

Cloudian with CA ARCserve

  1. 1. Cloudian® と CA ARCserve ®との接続検証結果 及び クラウドバックアップの利⽤シーン クラウディアン株式会社 2013年2月26日
  2. 2. サマリー 概要 クラウディアン株式会社と日本テレマティーク株式会社の2社は共同で、 Cloudian®の新たな利⽤シーンを⾒出す取り組みを⾏っています。 Amazon S3 へのクラウドバックアップ機能をもつ CA ARCserve ®と S3 APIに完全準拠したCloudian ®との相互連携検証を昨年から実施しており、 この検証結果に基づき、この度、CA Technologies様から公式に認定されました。 CA ARCserve ® Backup および CA ARCserve ® D2D の2製品において、 r16 と r16.5(2月26日 新リリース)を利⽤のユーザは、当社で確認した以下 のオブジェクトストレージをバックアップ先として利⽤する事が可能です。 項番 対象ストレージ 備考 1 ニフティクラウド Powered By Cloudian® 2 クラウド・エヌ Powered By Cloudian® 3 Cloudian® Version 2.2 以降 ニフティの「ニフティクラウドストレージ」及び NTTコミュニケーションズの「Biz ホスティング Cloudn (クラウド・ エヌ) Object Storage」にはCloudian ®が採⽤されています。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 2
  3. 3. Cloudianとは 汎用的なPCサーバを簡単にクラウドストレージとして構築できるパッケージソフト ウェアです。高価なストレージ製品を用意する事無く、数台のPCサーバからスモー ルスタートし、ビジネスの成⻑やデータの増⼤に合わせてスケールアウトする事を 可能とします。 [主な特徴] ・安価なPCサーバで構築可能。 ・ソフトウェアで実現するため、ハードベンダにロックインさ れない ・データ容量やパフォーマンスの増⼤に合わせてスケールアウ データ容量の増⼤に合 トが可能 わせてスケールアウト ・複数のサーバでデータを複製するためデータの安全性を確保 SPOFが無くノード障害時もシステムは安定して稼働 S3 API を通じてデータのUP ・マルチデータセンター構成に対応 /Downloadを実施 ⼤規模災害に対応した堅牢なストレージシステムの実現 ・マルチテナントにも対応。ユーザやグループ毎への従量制課 クライアント ⾦やレポーティング機能も搭載 ・Amazon S3 REST APIに完全準拠 Cloudianの構成例 Cloudian は事実上の業界標準である Amazon S3 REST API に完全準拠しており、 Amazon S3へのクラウドバックアップ機能をもつCA ARCserveと連携し Cloudian へのバックアップとリストアを可能とします。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 3
  4. 4. CA ARCserve Backup の特徴 多様なバックアップ方法と確実なリカバリ環境を実現 安価で汎⽤性の高い「ディスク」、可搬性と保管に優れる「テープ」、そしてステージング先(二次保 管先)として柔軟性と拡張性に優れ、初期コストを抑えることができる「クラウド」のすべてに対応。 単純バックアップから⻑期保存まで標準で対応 基本的なバックアップであるD2D(Disk to Disk)やD2T(Disk to Tape)はもちろん、Amazon S3 REST APIを通じたD2D2C(Disk to Disk to Cloud:ステージング)といった高度なバックアップ機能 や、監査証跡の保管をはじめ、法令遵守にも活⽤できるアーカイブ機能を標準で搭載。 ステージング アーカイブ バックアップ先 ステージング先 ARCserve Backup ARCserve Backup クラウド クラウド ディスク バックアップ コピー アーカイブ ディスク テープ 外部保管サイト テープ ディスクを無駄なく活用できる「重複排除」機能を搭載 データの重複をファイル単位ではなく、フォルダ単位で排除することで、無駄なく効率的なバックアッ プ/リカバリが可能。バックアップデータの容量が⼤きく削減できるため、効率的なディスク利⽤を可能 とすることで、ストレージコストの削減を実現します。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 4
  5. 5. CA ARCserve D2D の特徴 小規模サーバ向けの簡単バックアップ D2Dの最⼤の特徴はシステム全体をディスクに「丸ごととって」「丸ごと戻す」ことです。丸ごと戻す 「ベアメタル復旧」機能によって、専門的な知識や特別な設定は⼀切必要なく、管理者の負担を軽減し ます。 柔軟なリストア ベアメタル復旧以外にも、ファイル/フォルダ単位でリストアする機能も標準で搭載。復旧ポイントを複 数設定しておけば(標準では31回)、任意のバックアップ時点のファイルでも簡単に復元できます。 クラウドへのファイルコピーに対応 重要なデータの管理や、参照頻度の低い元データを削除し、Amazon S3 REST APIを通じてクラウド上 に保存することで、サーバのディスク使⽤量を削減できます。 異なるハードウェアへのベアメタル復旧が可能 異なるサーバに復旧できる機能を標準で搭載。OS、アプリケーションのインストールが不要なため、シ ステム全体をすばやく再構築できます。 デスクトップPCなどのクライアント環境も簡単に保護 サーバだけでなく、デスクトップPCやノートPCのデータも丸ごとバックアップし、丸ごとリカバリが可 能です。サーバ同様に、継続的な増分バックアップによって、運⽤の⼿間を省き、クライアントのシス テムやデータも簡単に保護できます。ベアメタル復旧機能によって、紛失や破損によるデータの損失を 防ぐことができます。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 5
  6. 6. CA ARCserver Backup のクラウディアン設定画面 クラウド接続環境の設定画面で以下のように設定する事で、クラウディアンへ の接続設定が可能です。 Amazon S3に接続する時と同様の⼿順となります。 「接続名」を⼊⼒。 「アクセスキー」「シークレットキー」を⼊⼒。 「ベンダURL」にCloudianのURLを⼊⼒。 https://〜 と⼊⼒します。 「バケット名」「バケットの地域」をプル ダウンから選択。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 6
  7. 7. CA ARCserver D2D のクラウディアン設定画面 クラウド接続環境の設定画面で以下のように設定する事で、クラウディアンへ の接続設定が可能です。 Amazon S3に接続する時と同様の⼿順となります。 プルダウンから、「Amazon S3」 を選択。 「ベンダURL」「アクセスキーID」 「シークレットキー」を⼊⼒。 「バケット名」「バケットの地域」 を⼊⼒。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 7
  8. 8. 企業におけるバックアップ構成イメージ 1次バックアップ先としては同一拠点内のNAS等のストレージを利用し、2次バック アップ先や⻑期保管のための利用としてパブリック/プライベート環境のCloudianを 利用する事ができます。 「ニフティクラウド」 「クラウド・エヌ」 DC1 DC2 パブリッククラウド プライベートクラウド データの重要度などに応じて、パブリック/ プライベートクラウドを使い分け、2次保管 先として利⽤ 企業ビル NAS等 1次バックアップ先として 拠点内のNASなどに保管 企業内のサーバ等© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 8
  9. 9. ARCserve Backup と Cloudian の利用シーン 想定ケース ・機密データや企業の情報資産等の災害対策として、2次バックアップ先を検討している。 ・ログや顧客データのバックアップは⻑期保管しなければならないが、アクセス頻度が稀なので、ディス ク単価の高いディスクやテープ媒体は使⽤させたくない。 ・マルチプラットフォーム(Windows/Linux/Unix)に対応し、⼀元的に管理したい。 ニフティクラウドやクラウド・エヌも ARCserve Backup の利用イメージ バックアップ先として利⽤できます。 ファイル単位でのリストアが可能 リストア リストア バックアップ ファイルをコピー コンプライアンス、7年保存、災害対策等・・・ 対策が必要なデータを抽出し、クラウド上へ保管 バックアップ対象 NASやテープなどの記憶装置 マルチプラットフォームの環境を データの重要度やバックアップ保持規則等に基づき、必要な ⼀元管理し、様々な形態でのバッ データのみをクラウド上へコピー。イメージ毎コピーしない クアップを取得。 ため、データ転送料⾦/使⽤料⾦を抑える事ができ、また災 害対策への対応を実現。 アクセス頻度が少ないデータについては、NAS上から削除し、 NASのストレージ利⽤容量を節約する事も可能です。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 9
  10. 10. ARCserve D2D と Cloudian の利用シーン 想定ケース ・機密データや企業の情報資産等の災害対策として2次バックアップを考えないと検討している。 ・ログや顧客データのバックアップは⻑期保管しなければならないが、アクセス頻度が稀なので、ディス ク単価の高いディスクやテープ媒体は使⽤させたくない。 ・⼿軽に実現したい。 ニフティクラウドやクラウド・エヌも ARCserve D2D の利用イメージ バックアップ先として利⽤できます。 ファイル単位でのリストアが可能 リストア リストア イメージバックアップ ファイルをコピー コンプライアンス、7年保存、災害対策等・・・ 対策が必要なデータを抽出し、クラウド上へ保管 バックアップ対象 NASなどのディスク装置 ARCserve D2Dをインストールし、 データの重要度やバックアップ保持規則等に基づき、必要な イメージバックアップを取得。 データのみをクラウド上へコピー。イメージ毎コピーしない ため、データ転送料⾦/使⽤料⾦を抑える事ができ、また災 害対策への対応を実現。 アクセス頻度が少ないデータについては、NAS上から削除し、 NASのストレージ利⽤容量を節約する事も可能です。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 10
  11. 11. S3 in the BOX 企業が保有するデジタルデータは増加する一方。データの重要度や性質、経済的な 観点から、データのバックアップ先をオンプレミス/クラウド等、ハイブリッドな 形で使い分けていく事が求められてきます。 S3クラウドストレージをパッケージングしたCloudianと、CA ARCserveを用いて これらを解決し、ハイブリッドなバックアップ環境を実現します。© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 11
  12. 12. 本件のお問合せ先 日本テレマティーク株式会社 ソリューションシステム部 TEL:03-5351-1512 E-mail: ss-eigyo1-front@nti.co.jp www.nti.co.jp クラウディアン株式会社 E-mail: info@cloudian.com www.cloudian.jp Cloudian について: http://www.cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian.html Cloudian のトライアル: http://www.cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian_eval_agr.php© Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 12
  13. 13. © Copyright Cloudian KK and Inc, 2013 All rights reserved 13

×