Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Apache CloudStack最新動向
~CloudStack Collaboration Conference Europe 参加報告~
About me
 千葉 豪(ちば ごう)
 某Sierに勤務
→ 趣味でCloudStack
 Apache Committer 兼 PMC
→ ドキュメント/GUI 翻訳
→ Committer選出, リリース管理 . . .etc
...
Agenda
 CloudStackとは
 CloudStackのアーキテクチャ
 CCCEU ’15概要
 最新アップデート
CloudStackとは
 正しくは “Apache CloudStack”
– 元はCloud.comの商用プロダクト
– 2011年にCloud.comをCitrix Systemsが買収
– ソースコードをOSSとして完全公開し、
Ap...
特長は?
 日本語にも対応したWeb GUI
 マルチハイパーバイザー対応
 シンプルインストール
 モノリシックなアーキテクチャでメンテナンスが容易
 Load Balancing, Firewall, VPNなどの
ネットワーク機...
何ができるの?~ユーザー視点で~
 インスタンス関連
– インスタンスの作成/削除
– コンソールアクセス
– VMスナップショット
– ボリューム管理
– ボリュームスナップショット
– テンプレート
– ISOイメージ
– アフィニティグ...
何ができるの?~管理者の視点で~
 ユーザーができる操作全般
 アカウントの管理
– ドメイン、アカウント、ユーザー
– ドメインやアカウントへの
リソース制御
 インフラの管理
– ハードウェアリソース量の確認
– ハードウェアの追加、...
CloudStack 管理アーキテクチャー概要
XenServer
VMVM
VMware
ESXi
VMVM
KVM
VMVM
Hyper-V
VMVM
vCenter
セカンダリ
ストレージ
プライマリ
ストレージ
プライマリ
ストレージ
...
CloudStackのコンポーネントと用語
 ホスト
– CloudStack管理下のハイパーバイザー
 プライマリストレージ
– 仮想マシン(仮想HDD)用のストレージ
 クラスタ
– ホストとプライマーストレージをまとめた単位
 ポ...
2種類のネットワークアーキテクチャ
65.11.1.2 Guest VM
1
Guest VM
2
Guest VM
3
Guest VM
4
65.11.1.3
65.11.1.4
65.11.1.5
DHCP
DNS
仮想
ルーター
セキュ...
VPC (Virtual Private Cloud)
拡張ゾーンで利用可能な多階層ネットワーク機能
 1つの仮想ルーター配下に複数のゲストネットワークを構成可能
 ACLにより各Tierに対する通信可否の制御が可能
 サイト間VPN機能...
システムVM
CloudStackのアーキテクチャを支える仮想アプライアンス
 セカンダリストレージVM
– セカンダリストレージに対するデータの出し入れを仲介
 コンソールプロキシVM
– インスタンスのコンソールにVNC接続するためのプ...
(改めて)CloudStackとは
 CloudStackは管理サーバーとシステムVMが
連携してIaaSクラウド環境を提供する
 利用者はインスタンスと仮想ネットワークを
オンデマンドで利用できる
 管理者はインフラ、アカウント、サービ...
CCCEU
- CloudStack Collaboration Conference EU-
CCCEUとは
 全世界で行われた
CloudStack Daysの1
つ
– ユースケース
– コミュニティの方向性
– 開発に関する議論
June 2nd,
Tokyo
April 16th,
Austin
Oct 8-9th,
Dubl...
CCCEUとは
 開催地
アイルランド, ダブリン
 旅程
10/5~7: LinuxCon EU
10/8~9: CCCEU
イベント運営はLinuxFoundationによりサポート
参加者
会長 : 大削
副会長 : 島崎
副会長 : 千葉(LinuxConから)
メンバー: 佐々木(LinuxConから)
メンバー: 北川
実際の様子
実際の様子
最新アップデート
開発体制に関して
 現在v4.6についてリリース準備中
 今後は…
– “master” ブランチをリリース対象
TravisCIでより詳細にテストを実施し、master ブランチの
品質を向上
– リリースマネージャーのみマージ可
Com...
v4.6の新機能
1. オブジェクトストレージの機能強化
– S3オブジェクトストレージからのテンプレートダウンロードが
正常に完了しなかった…
– 利用するAWSのSDKを更新、getBytes()を利用することに
v4.6の新機能
2. SAMLプラグインの機能強化
– 従来は単純にHTTPのリダイレクトのみ
– 機能強化により認証時User/Passの入力が不要に
v4.6の新機能
3. LDAP/AD連携の強化
– 従来は手動でのインポートが必要
– 機能強化によりマッピングされたgroup/OUの情報が
自動的に同期
v4.6の新機能
4. Docker/Container連携
– CoreOSのコミュニティサポートが追加
– 管理サーバーのコンテナ化(一部試験的)
https://hub.docker.com/u/cloudstack/
お知らせ-その1
 クラウドのご相談や実際の画面などを見てみたい
という方はブースまで!
(202号室入ってすぐ)
ココ
お知らせ-その2
 Apache CloudStackのBirthdayを祝います!
会場: IDCF様
日時: 11/6(金) 19:00 ~21:00
詳細はコチラ
https://atnd.org/events/69842
昨年のBir...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

CCCEU Feedback

1,362 views

Published on

CCCEU feedback presentation for Japanese CloudStack users on OSC(OpenSource Conference) Tokyo Fall.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CCCEU Feedback

  1. 1. Apache CloudStack最新動向 ~CloudStack Collaboration Conference Europe 参加報告~
  2. 2. About me  千葉 豪(ちば ごう)  某Sierに勤務 → 趣味でCloudStack  Apache Committer 兼 PMC → ドキュメント/GUI 翻訳 → Committer選出, リリース管理 . . .etc @go_chiba
  3. 3. Agenda  CloudStackとは  CloudStackのアーキテクチャ  CCCEU ’15概要  最新アップデート
  4. 4. CloudStackとは  正しくは “Apache CloudStack” – 元はCloud.comの商用プロダクト – 2011年にCloud.comをCitrix Systemsが買収 – ソースコードをOSSとして完全公開し、 Apache Software Foundation(ASF)に寄贈  IaaSを作るためのソフトウェア  IaaSクラウドを提供するための様々な機能を ハイパーバイザーを上手にコントロールして提供
  5. 5. 特長は?  日本語にも対応したWeb GUI  マルチハイパーバイザー対応  シンプルインストール  モノリシックなアーキテクチャでメンテナンスが容易  Load Balancing, Firewall, VPNなどの ネットワーク機能を標準でユーザーに提供可
  6. 6. 何ができるの?~ユーザー視点で~  インスタンス関連 – インスタンスの作成/削除 – コンソールアクセス – VMスナップショット – ボリューム管理 – ボリュームスナップショット – テンプレート – ISOイメージ – アフィニティグループ  ゲストネットワーク関連 – 仮想ネットワークの作成/削除 – NAT、負荷分散の構成 – ファイアウォール、セキュリティ グループ、ACLの構成 – リモートアクセスVPNの設定 – サイト間VPNの設定  その他 – 簡易的なリソースモニタリング クラウド環境では、ユーザーは物理インフラに対して関与しない
  7. 7. 何ができるの?~管理者の視点で~  ユーザーができる操作全般  アカウントの管理 – ドメイン、アカウント、ユーザー – ドメインやアカウントへの リソース制御  インフラの管理 – ハードウェアリソース量の確認 – ハードウェアの追加、削除 – IPアドレス、VLAN IDの確保  提供するサービスの管理 – 計算リソース – ディスク – ネットワーク機能  CloudStack自体の管理 – 管理サーバー – システムVM – データベース etc… 個々のVMの展開や管理はユーザーに任せ、サービス提供に専念
  8. 8. CloudStack 管理アーキテクチャー概要 XenServer VMVM VMware ESXi VMVM KVM VMVM Hyper-V VMVM vCenter セカンダリ ストレージ プライマリ ストレージ プライマリ ストレージ プライマリ ストレージ プライマリ ストレージ ISOイメージ、テンプレート 、 ボリュームスナップショットを格納 仮想HDD を格納 Agent Agent CloudStack 管理サーバー Web UI
  9. 9. CloudStackのコンポーネントと用語  ホスト – CloudStack管理下のハイパーバイザー  プライマリストレージ – 仮想マシン(仮想HDD)用のストレージ  クラスタ – ホストとプライマーストレージをまとめた単位  ポッド – 同一管理ネットワークセグメント上のクラスタを まとめた管理単位。ラック単位を想定。  セカンダリストレージ – テンプレート、ボリュームスナップショット、ISO用のストレージ  ゾーン – ポッドとセカンダリストレージをまとめた管理単位。 データセンター単位を想定。  リージョン – 複数のゾーンをまとめた管理単位。 – 地域単位を想定。 ゾーン ポッド クラスタ ホスト ホスト プライマリ ストレージ VM VM ポッド クラスタセカンダリ ストレージ ゾーン ゾーン ゾーン ゾーン Japan リージョン US-WEST リージョン
  10. 10. 2種類のネットワークアーキテクチャ 65.11.1.2 Guest VM 1 Guest VM 2 Guest VM 3 Guest VM 4 65.11.1.3 65.11.1.4 65.11.1.5 DHCP DNS 仮想 ルーター セキュリティグループ1 セキュリティグループ2 パブリックネットワーク (インターネット) 基本ゾーン および 拡張ゾーン Shared Network (セキュリティグループによるL3でのテナント隔離) ゲストネットワーク 10.0.0.0/24 VLAN 100 ゲートウェイアドレス 10.0.0.1 DHCP,DNS, NAT, LB, FW, VPN Public IP 65.37.141.11 10.0.0.2 Guest VM 1 10.0.0.3 Guest VM 2 10.0.0.4 Guest VM 3 拡張ゾーン Isolated network (VLANによるテナント隔離) 仮想 ルーター パブリックネットワーク (インターネット) 仮想 ルーター 10.0.0.1 10.0.0.0/24 VLAN 101 10.0.0.2 Guest VM 4 仮想 ルーター 10.0.0.1 10.0.0.0/24 VLAN 102 10.0.0.2 Guest VM 5 Public IP 65.37.141.12 Public IP 65.37.141.13
  11. 11. VPC (Virtual Private Cloud) 拡張ゾーンで利用可能な多階層ネットワーク機能  1つの仮想ルーター配下に複数のゲストネットワークを構成可能  ACLにより各Tierに対する通信可否の制御が可能  サイト間VPN機能も利用可能 WebServer Tier Web-1 Web-2 Application Tier App-1 App-2 Database Tier DB-1 DB-2 Internet Virtual Router for the VPC VLAN 110 VLAN 120 VLAN 130 パブリック ネットワーク
  12. 12. システムVM CloudStackのアーキテクチャを支える仮想アプライアンス  セカンダリストレージVM – セカンダリストレージに対するデータの出し入れを仲介  コンソールプロキシVM – インスタンスのコンソールにVNC接続するためのプロキシ  仮想ルーター – CloudStackの多彩なネットワーク機能を提供 • ルーター、負荷分散、ファイアウォール、VPN……
  13. 13. (改めて)CloudStackとは  CloudStackは管理サーバーとシステムVMが 連携してIaaSクラウド環境を提供する  利用者はインスタンスと仮想ネットワークを オンデマンドで利用できる  管理者はインフラ、アカウント、サービスを 管理し、個々のVMの管理からは解放される
  14. 14. CCCEU - CloudStack Collaboration Conference EU-
  15. 15. CCCEUとは  全世界で行われた CloudStack Daysの1 つ – ユースケース – コミュニティの方向性 – 開発に関する議論 June 2nd, Tokyo April 16th, Austin Oct 8-9th, DublinAug 20th, Seattle
  16. 16. CCCEUとは  開催地 アイルランド, ダブリン  旅程 10/5~7: LinuxCon EU 10/8~9: CCCEU イベント運営はLinuxFoundationによりサポート
  17. 17. 参加者 会長 : 大削 副会長 : 島崎 副会長 : 千葉(LinuxConから) メンバー: 佐々木(LinuxConから) メンバー: 北川
  18. 18. 実際の様子
  19. 19. 実際の様子
  20. 20. 最新アップデート
  21. 21. 開発体制に関して  現在v4.6についてリリース準備中  今後は… – “master” ブランチをリリース対象 TravisCIでより詳細にテストを実施し、master ブランチの 品質を向上 – リリースマネージャーのみマージ可 CommitterであってもPRベース – 新機能に関しては機能毎のブランチを用意 マージしても問題無いかを確認の上リリースマネージャーがマージ
  22. 22. v4.6の新機能 1. オブジェクトストレージの機能強化 – S3オブジェクトストレージからのテンプレートダウンロードが 正常に完了しなかった… – 利用するAWSのSDKを更新、getBytes()を利用することに
  23. 23. v4.6の新機能 2. SAMLプラグインの機能強化 – 従来は単純にHTTPのリダイレクトのみ – 機能強化により認証時User/Passの入力が不要に
  24. 24. v4.6の新機能 3. LDAP/AD連携の強化 – 従来は手動でのインポートが必要 – 機能強化によりマッピングされたgroup/OUの情報が 自動的に同期
  25. 25. v4.6の新機能 4. Docker/Container連携 – CoreOSのコミュニティサポートが追加 – 管理サーバーのコンテナ化(一部試験的) https://hub.docker.com/u/cloudstack/
  26. 26. お知らせ-その1  クラウドのご相談や実際の画面などを見てみたい という方はブースまで! (202号室入ってすぐ) ココ
  27. 27. お知らせ-その2  Apache CloudStackのBirthdayを祝います! 会場: IDCF様 日時: 11/6(金) 19:00 ~21:00 詳細はコチラ https://atnd.org/events/69842 昨年のBirthdayの様子

×