SlideShare a Scribd company logo
DevLOVE現場甲子園2013
今日お話しする内容
働く環境の大きな変化で!
気づいた事がある
大きく変わった事
大きく変わった事
3年前

ベンチャー勤務

プログラマー

自社サービスの作成
大きく変わった事
3年前

現在

ベンチャー勤務

フリーランス

プログラマー

プログラマー兼CTO

自社サービスの作成

サービスの作成!
コンサル、受託
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
あの時の僕へ!
伝えたい事
3年前の僕へ

@garden_tree
3つのテーマ
1. 創 技術で現場をリードする!
2. 団 プロセスと組織を変革する!
3. 守 チームを堅牢に護る
[公開用追記]!
発表は、以下の4トラックで構成されていて、!
本発表は考トラックで行われました。!
・技術で現場をリードする創!

・プロセスと組織を変革する団!
・チームを堅牢に護る守!

・未知の世界を切り開く考
1.創!

技術で現場をリードする
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
システムイメージ
システムイメージ
アンバランスな構成
システムイメージ
アンバランスな構成
穴だらけ
システムイメージ
アンバランスな構成
穴だらけ

運用対策がされていない
3年前意識していた目標
• リリーススケジュールを守る!
• サービスを安定稼働!
• 運用の手間を減らす
システムイメージ
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える

安定稼働させる為に穴をうめる
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える

安定稼働させる為に穴をうめる

運用の為の機能を追加
目標を達成する為の手段
• アジャイル開発!
• テスト駆動開発!
• CI

等など・・・
その結果
使われない機能が!
増えていく・・・
なぜか?
当時のサービスは!

ビジネスモデルを模索している!
最中だった
ビジネスモデルを!
模索する為に!

仮説検証をするべきだった
サービスの拡大
サービスの拡大
ピボット
ピボット
なぜ気づかなかったのか?
3年前意識していた目標
• サービスを安定稼働!
• 運用の手間を減らす!
• リリーススケジュール

を守る
3年前意識していた目標
• サービスを安定稼働!
• 運用の手間を減らす!
• リリーススケジュール

を守る

目標を履き違えていた
ではあるべき目標は?
ケント・ベックがあるセミナーで紹介した!
NASAでのエピソード
トイレで掃除をしている一人の男に、!
「あなたの仕事は何ですか?」と聞いた!
彼は答えた!
「私の仕事は人を月に運ぶことだ」
目標はビジネスの成功
ビジネスに興味を持つ事から!
スタート
なぜ目標を履き違えたのか
3年前!
!

目標

手段

あるべき姿

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

手段

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

ビジネスの成功

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

あるべき目標

手段

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

あるべき目標

手段

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・

システム開発はビジネスを成功させる為の!
手段にすぎない
まとめ
システムを作る事を!
目標にすると!

使われないシステムになる
目標はビジネスの成功
!

現場はビジネスの中にある!
技術でビジネスを!
リードしよう!
2.団!

プロセスと組織を変革する
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
当時イメージしてたプロセス
プロセスのイメージ図

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上

2.各工程間の最適化
当時の目標
3.リードタイムの高速化
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上

2.各工程間の最適化
その結果
成果が”想定範囲内”のものに
なってしまった
なぜか?
想定内の結果

Aさん

Bさん

Cさん

A×B×C×D=Q!
(1×1.2×0.8×1.1=1.056)

Dさん
想定範囲を超えたものを!
作るには?
高速化より可能性
可能性の計算式
工程α

工程β

工程γ

工程δ

(A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)=Q
(1.2+1+0.8+1.1)x(1.1+1.2+1+0.8)x(0.8+1.1+1.2+1)x(0.8+1.2+1+1.1)=282
コラボレーション
コレボレーションとは
共通の目標を触媒に!
特定の成果に対して!
それぞれのやり方で貢献する
コレボレーションとは
例えば、ビジネスの成功

共通の目標を触媒に!
特定の成果に対して!
それぞれのやり方で貢献する
なぜ気づかなかったのか?
組織のフロー
組織のフロー

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
組織のフロー
企画部

営業部

開発部

開発部

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時イメージしていたプロセスは!
組織によって決められた!
フローだった
当時イメージしていたプロセスは!
組織によって決められた!
フローだった

ものづくりのプロセスではない
まとめ
組織のフローでは!
想定内ものしか作れない
目指すのは最適化より可能性
コラボレーションは!
可能性のプロセス
コラボレーションで!
変革を起こそう!
3.守!

チームを堅牢に護る
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
プロジェクトを!
メンバーに任せた
好きにやって良いよ
ラジャー!
その結果
チームを壊しかけた...
なぜか?
認識の違いがあった
好きにやって良いよ
ラジャー!
いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
認識の違い
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
そして、その事に!
気づいていなかった
なぜ気づかなかったのか?
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
既存の文化
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
既存の文化

新しい文化

いつも通り成果
を期待

俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!
好きにやって良いよ
ラジャー!
文化(暗黙知)の違い
既存の文化

新しい文化

いつも通り成果
を期待

俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!
好きにやって良いよ
ラジャー!
“いつも通り”だと!
思いこんでいた
では文化の違いを埋めるには?
目標を共有し!
共に新しい文化を作る
コラボレーション!
まとめ
認識の違いがチームを壊す
認識は文化に依存する
文化はチームで作る
文化を育て!
チームを堅牢に護る
総括
3年前の僕は何を見ていたのか?!
!

現在の僕は何を見ているのか?
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化
3年前

現在

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化

現場

目の前の業務
3年前

現場

プロセス

護る

現在

システム開発

ビジネスの成功

組織のフロー

コラボレーション

自分の文化

チームの文化

目の前の業務
与えられた環境
3年前

現場

プロセス

護る

現在

システム開発

ビジネスの成功

組織のフロー

コラボレーション

自分の文化

チームの文化

目の前の業務
与えられた環境
自分自身
目の前にあるたった1つの!
ものしか見ていなかった
目の前にあるたった1つのもの!
=!

閉じた世界
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化

本当の目標
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

護る

自分の文化

本当の目標

コラボレーション

可能性の挑戦
チームの文化
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

護る

自分の文化

本当の目標

コラボレーション

可能性の挑戦
チームの文化

チーム
自ら見つけたもの
自ら見つけたもの!
=!
開かれた世界
開かれた世界とは!
未知の世界
未知の世界へ
閉じられた世界!
=!

地図
つまり地図を見て歩いていた
地図を見ていては!
開かれた世界は見えない
地図からコンパスに!
持ちかえた
地図を捨てコンパスを頼りに進め!
伊藤穣一
コンパスを持ち!
自身がより良いと思える方向へ
より良い方向を見続けるのは疲れる・・・!
先が見えない・・・!
不安・・・!
そもそもどこに行きたかったんだっけ?
地図よりもコンパスよりも!
以前に人類にあったもの
星
星とは?
自身の中にある絶対的なもの
体験
僕があの時あの場所で受けた!
体験は!

誰にも否定出来ない
暗闇の荒野を照らすような!
体験とは?
憧れ
自らが体験した憧れを!
目指し進む
それが
憧れ駆動
3年前の僕に伝えたい!
たった1つのこと
憧れ駆動で
未知の世界を切り開け!

More Related Content

What's hot

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
Minoru Yokomichi
 
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
Minoru Yokomichi
 
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
Itsuki Sakitsu
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
Kenji Hiranabe
 
エンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けることエンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けること
晋 奥山
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
Kenji Hiranabe
 
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
KazuhiroNiwaya
 
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
Shoko Kayano
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Kenji Hiranabe
 
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン 【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
Ryota Inaba
 
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro YamamotoAgile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Akihiro Yamamoto
 
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
agileware_jp
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Kenji Hiranabe
 
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境について
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境についてCAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境について
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境についてHirotaka Osaki
 
アジャイルレトロスペクティブズ
アジャイルレトロスペクティブズアジャイルレトロスペクティブズ
アジャイルレトロスペクティブズ
Yagi Natsuki
 
Ameba流 scrumを浸透させていく方法
Ameba流 scrumを浸透させていく方法Ameba流 scrumを浸透させていく方法
Ameba流 scrumを浸透させていく方法
Hirotaka Osaki
 
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Kenji Hiranabe
 
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
Atsushi Kojima
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
Yoshitaka Kawashima
 

What's hot (20)

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
 
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
凡庸なSEが、大規模SIerの集団でできること - DevLOVE甲子園 2013
 
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
大規模スクラムの失敗から学んだこと #AgileJapan2015
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
 
エンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けることエンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けること
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
 
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
 
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
 
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
爆速アジャイル革命 ヤフオク編 #agilejapan
 
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン 【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
【Sgt2016】Agile人材の評価とキャリアプラン
 
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro YamamotoAgile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
 
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
 
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境について
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境についてCAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境について
CAのアジャイルな開発の取り組みと周りの環境について
 
アジャイルレトロスペクティブズ
アジャイルレトロスペクティブズアジャイルレトロスペクティブズ
アジャイルレトロスペクティブズ
 
Ameba流 scrumを浸透させていく方法
Ameba流 scrumを浸透させていく方法Ameba流 scrumを浸透させていく方法
Ameba流 scrumを浸透させていく方法
 
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
 
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
[Devsumi2017]オルタナティブなチーム開発のすゝめ
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
 

Similar to 3年前の僕へ

VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャーVOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
Hironori Miura
 
DL-D_ver1.pdf
DL-D_ver1.pdfDL-D_ver1.pdf
DL-D_ver1.pdf
Cybozu, Inc.
 
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
makototsubakihara
 
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA TechnologiesDeveloper Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
SA CA
 
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へモバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
ekushida
 
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
dcubeio
 
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイントJPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
MPN Japan
 
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile DevelopmentChanging Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
Taiji Tsuchiya
 
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃Teruo Adachi
 
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディングテレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
Satoshi Yoshinaga
 
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
Ohashi Shoji
 
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント 虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴 開発室
 
Let's design MVP #devlove #leanstartup
Let's design MVP #devlove #leanstartupLet's design MVP #devlove #leanstartup
Let's design MVP #devlove #leanstartup
Itsuki Kuroda
 
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
Ito Takayuki
 
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2 夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2 智治 長沢
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入shibao800
 
Microsoft MVP x Passion for community
Microsoft MVP x Passion for communityMicrosoft MVP x Passion for community
Microsoft MVP x Passion for community
Rie Moriguchi
 
ディレクションのすゝめ
ディレクションのすゝめディレクションのすゝめ
ディレクションのすゝめ
Takeo Noda
 
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013Masahiko Kubo
 

Similar to 3年前の僕へ (20)

VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャーVOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
VOYAGE GROUPの成長する勉強会カルチャー
 
DL-D_ver1.pdf
DL-D_ver1.pdfDL-D_ver1.pdf
DL-D_ver1.pdf
 
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
 
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA TechnologiesDeveloper Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies
 
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へモバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
 
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
【freee】プロダクトマネージャーの仕事と魅力
 
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイントJPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
 
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile DevelopmentChanging Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
Changing Infrastructure operation by DevOps And Agile Development
 
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃
DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃
 
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディングテレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
 
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
組織開発ツール実践研究会「働き方改革に組織開発ツールはどうアプローチできるのか」
 
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント 虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
 
Let's design MVP #devlove #leanstartup
Let's design MVP #devlove #leanstartupLet's design MVP #devlove #leanstartup
Let's design MVP #devlove #leanstartup
 
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
 
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2 夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2
夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
 
Microsoft MVP x Passion for community
Microsoft MVP x Passion for communityMicrosoft MVP x Passion for community
Microsoft MVP x Passion for community
 
ディレクションのすゝめ
ディレクションのすゝめディレクションのすゝめ
ディレクションのすゝめ
 
Devsumi2013 community
Devsumi2013 communityDevsumi2013 community
Devsumi2013 community
 
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013
Performance DBFlute on ClubDB2 Xmas2013
 

Recently uploaded

Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 

Recently uploaded (7)

Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 

3年前の僕へ