Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
蛇咬傷時のアルゴリズム               野外での対応      ・被害者を蛇の縄張りから連れ出す      ・被害者を落ち着ける場所で休ませ、被害者の状態の再評価を      行う      ・創の洗浄を行う(吸引は必要ない)   ...
・アドレナリン0.3㎎の筋注。ソルメドロール100㎎の静注
蛇咬傷
蛇咬傷
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

蛇咬傷

9,296 views

Published on

Published in: Sports, Business
  • Follow the link, new dating source: ❤❤❤ http://bit.ly/2F90ZZC ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ❤❤❤ http://bit.ly/2F90ZZC ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

蛇咬傷

  1. 1. 蛇咬傷時のアルゴリズム 野外での対応 ・被害者を蛇の縄張りから連れ出す ・被害者を落ち着ける場所で休ませ、被害者の状態の再評価を 行う ・創の洗浄を行う(吸引は必要ない) ・患肢を安静目的に固定 ・臨床評価を妨げそうなアルコール、薬剤についての情報提供 ・危険が及ばない範囲で、蛇の種類の同定を試みる ・傷病者を近隣の医療機関へ速やかに搬送 臨床評価局所の評価:牙痕、疼痛、腫脹、出血、リンパ節の腫脹非特異的な全身症状:嘔気、腹痛、血圧低下、頻脈特異的な全身症状:神経毒症状、横紋筋融解、腎機能障害、ショック、凝固機能障害 検査所見 もし異常が認められなくとも 血算(Hb,血小板)、血沈 6~12時間は フィブリノゲン、APTT、FDP、D-dimer、 ・誰かの目の届くところで PT-INR ・臨床評価、凝固能のチェックを繰 CK、BUN/Cre り返す 尿検査:ミオグロビン、潜血、尿蛋白 心電図 まずやるべきこと ・輸液路の確保、SpO2の測定 ・破傷風トキソイド、抗生剤の必要性を判 定 抗蛇毒血清の投与 ・何かしらの全身症状が出現している場合 ・壊死などの重篤な局所症状がある場合 にのみ、血清を投与し、投与後は慎重に臨床評価を繰 ショック、wheezingなどの急性症状への対応・アドレナリン0.3㎎の筋注。ソルメドロール100㎎の静注
  2. 2. ・アドレナリン0.3㎎の筋注。ソルメドロール100㎎の静注

×