Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
脊椎の大手術で術中出血や同種輸血を回避するためにとりうる方法<br />2011 JBJS(Am) July<br />術前の準備<br />・内服薬などの確認:エビデンスに乏しい<br />・自己血の採取:安全であるが、その有効性に疑問<br...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

脊椎の大手術で術中出血や同種輸血を回避するためにとりうる方法

8,708 views

Published on

Published in: Technology, Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

脊椎の大手術で術中出血や同種輸血を回避するためにとりうる方法

  1. 1. 脊椎の大手術で術中出血や同種輸血を回避するためにとりうる方法<br />2011 JBJS(Am) July<br />術前の準備<br />・内服薬などの確認:エビデンスに乏しい<br />・自己血の採取:安全であるが、その有効性に疑問<br />術中の対応<br />・希釈式自己血輸血:確立された方法であるが、他の方法と併用された場合の安全性は不明<br />・術中回収血:費用対効果に疑問があり<br />・止血剤の使用<br />抗繊維素溶解剤<br />Aprotinin(トラジオール®):血栓症や腎機能障害を合併する危険性が報告されている<br />Tranexamic acid (トランサミン®):止血効果は確立されているが、有効性は議論の余地あり<br />Epsilon-aminocaproic acid<br />遺伝子組み換えⅦA因子(ノボセブン®):安全である<br />Desmopressin(一般名:デスモプレシン):有効性に疑問<br />・モルヒネの髄腔内注射:効果があり、同時に鎮痛効果が得られるがその薬理動態は不明<br />・低血圧麻酔:安全である<br />・体温の維持:その根拠については議論の余地がある<br />・手術手技<br />患者の体位<br />適切な進入<br />局所への止血材の使用:止血剤による圧迫、異物生体反応の出現が問題<br />MIS:エビデンスに乏しく、また手技に左右される<br />術後の対応<br />・術後赤血球回収:エビデンスに乏しい<br />・輸血基準の確立:臨床的に強固なエビデンスがある<br />

×