Unity hangout1を視聴してみた

5,882 views

Published on

・Hangoutは日本でいえばニコニコ動画みたいなもん
・9/6/2012にUnity Technologyの外人5名がGoogle+のHangout機能を使ってリアルタイムチャットを実施
・100名以上がリアルタイム参加した。時間は1時間ちょうどぐらい
・外人はUnity開発者のEmil Johanson(Angry Ant作者でもある)、Corey Johnson, Shawn Whiteの3名に加えてファシリテータ2名
・視聴者からの質問をニコニコみたいにもらってそれに回答していく感じの流れ
・とにかく、とにかく、とにかくUnity開発者の人だったら聞いて盛り上がる内容だった!!

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,882
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4,688
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Unity hangout1を視聴してみた

  1. 1. Unity Hangout1を視聴したみた~技術力ない人がみて聞き間違いだらけなんで注意!!
  2. 2. Hangout?何のこと?● Hangoutは日本でいえばニコニコ動画みたいなもん● 9/6/2012にUnity Technologyの外人5名がGoogle+のHangout機能を使っ てリアルタイムチャットを実施● 100名以上がリアルタイム参加した。時間は1時間ちょうどぐらい● 外人はUnity開発者のEmil Johanson(Angry Ant作者でもある)、Corey Johnson, Shawn Whiteの3名に加えてファシリテータ2名● 視聴者からの質問をニコニコみたいにもらってそれに回答していく感じの 流れ● とにかく、とにかく、とにかくUnity開発者の人だったら聞いて盛り上がる 内容だった!!http://www.youtube.com/watch?v=7Brg_aSjh2E注. 見た方で筆者の聞き間違いによる内容があればご指摘くださいませ
  3. 3. Unite 2012についてファシリテータの方が3名にUnity 2012の良かったことを聞かれて:● パーティーの飲み会が良かった!● バーテンダーにイケてる奴がいた● UKから来た小さい子供がお父さんと一緒にいて、実際にハンズオンの セッションに参加してゲーム作成したけどすげえAwesomeな奴だったな● ハンズオンセッションで参加者とUnityの人が交流してTipsを教えるのは エキサイティングで楽しかったぜ!● video.unity3d.comにこれからどんどんビデオを足していくぜ!注. 見た方で筆者の聞き間違いによる内容があればご指摘くださいませ
  4. 4. 質問からの抜粋 ~その1● Unity4いますぐリリースしてよ! ○ えっと…頑張るわ(笑)。プリオーダーして試してね!● シェーダ周りの質問あるけど ○ blogs.unity3d.comで詳しいチュートリアルとか公開してくよ!● Ninja Campってどんなとこ? ○ Unityは開発チームのオフィスがたくさんあってコミュニケーションをと るのが結構大変。解決する一つの策がNinja Camp ○ 四半期ぐらいに一度各地のオフィスが集まって、かなりタイトなスケ ジュールで普段は取り組まないような開発課題に皆で取り組む ○ パーティは最高だぜ!Unityの大事な文化!(オフレコでね)注. 筆者の独断と偏見で抜粋してるんで意図と違うところがあったり、難しい話(シェーダ周りとか)についていけてないところあったり、ご勘弁を!
  5. 5. 質問からの抜粋 ~その2● Asset StoreのAssetをUnityに取り込まないの? ○ ちょっと難しい問題。大体Asset Storeで出ているものはすでに開発 のパイプラインに入ってたりするんだけど ○ Unityはあらゆるタイプのジャンルやプロジェクトで動作することが大 事でそれを担保するようにテストしていくから、Asset Storeより時間か かるのはちょっとしょうがないところ● ビルドの途中でキャンセルする機能はつかないの? ○ Ninja Campでこのデモやったらスタンディングオベーションの拍手喝 采だったね。将来の開発パイプラインには入れたいなと思うけど ○ Unityのアプローチはパッと軽い機能をどんどん足していくんじゃなく て、それで根本的な問題が解決しているかとか、幅広いジャンルに 対応できているか検証することを優先するんだ。時間かかるね ○ New GUIもまさにそのアプローチで時間かかっている代表かな注. 筆者の独断と偏見で抜粋してるんで意図と違うところがあったり、難しい話(シェーダ周りとか)についていけてないところあったり、ご勘弁を!
  6. 6. 質問からの抜粋 ~その3● 64 bitサポートする計画はどう? ○ 開発パイプラインには入っているけど具体的な話はまだかな● Unityでクローンしたようなプロジェクトを別プロジェクトとして同時起動し たいんだけど ○ 開発のとき僕らもやっているし、問題ないとおもうけど? ○ 前回プロジェクトを起動する機能が邪魔しているんじゃない? ■ Alt押したまま起動すればプロジェクト選択が表示される ■ Unity PreferencesでProject Wizard起動するチェックは外す● (質問不明) ○ unityvs.comにあるUnityVSが最高にクールでVisual StudioでUnityプ ロジェクトのデバッグができちゃう ○ Resharperていうツールと組み合わせるとハッキングに最高で普通 じゃできない名前空間の一括変更とかマニアックなことも可能に注. 筆者の独断と偏見で抜粋してるんで意図と違うところがあったり、難しい話(シェーダ周りとか)についていけてないところあったり、ご勘弁を!
  7. 7. 質問からの抜粋 ~その4● ロープをリアルに描くにベストな方法は? ○ どうリアルにしたいかとか使用ケースによるけど・・・例えば走って渡ら せる橋に20個のロープがあるならPhysicsにするのちょっと無理ある。 ならアニメーションで作るのがいいかな ○ パズルでロープを切って、切れ端が揺れるなら例えばいくつかの Jointを物理でCapsuleをくっつけて出来るけど。パフォーマンス影響 大きいからアニメーション以外でやる必要ある?の判断が重要● Unite 2012みてたらゲーム以外にもUnityを使おうとしてる? ○ うん、Keynoteビデオでも複数の例出ているよ。 ○ http://unity3d.com/sim/を見てもケース出てるよ。 ○ ワイルドなアイデアは一杯出てるよ。軍隊からシミュレーションの案件 や、ARからもVuforiaに関するものとか注. 筆者の独断と偏見で抜粋してるんで意図と違うところがあったり、難しい話(シェーダ周りとか)についていけてないところあったり、ご勘弁を!
  8. 8. 質問からの抜粋 ~その5● レベルデザインのなかでディテールを維持したままオジェクト一杯ある シーンでFPS維持するには何が一番重要? ○ 不要なオブジェクトを出来るかぎり少なく配置すること!!(笑) ○ Texture Atlasを活用するなどしてDraw Callを減らすこと ○ オブジェクトがたくさんでも同じマテリアルを共有すること ○ Unity ProのOcclusion機能も有効● IRCチャンネルで出現することある? ○ chat.freenode.netで自分も昔育てられた注. 筆者の独断と偏見で抜粋してるんで意図と違うところがあったり、難しい話(シェーダ周りとか)についていけてないところあったり、ご勘弁を!
  9. 9. 最後に● もっとリアルタイムでのイベントはやるつもり!! ○ 今回を通じてより良くできるように改善していきたい ○ どれぐらいの頻度でやるか良く考えたい。まあ開発者の人に週末は 良く休んでもらいたいからそのバランスを良く考えつつ・・・ ○ 参加者の人から1人~3人ぐらい例えばチャットする人として参加して もらうとか● バイバーイ!!注. 見た方で筆者の聞き間違いによる内容があればご指摘くださいませ!!シェーダ周りの難しい質問は訳せなかった(分からなかった)ので自分で聞いてみてね!

×