Agile2013参加報告

606 views

Published on

XP祭り2013でお話したAgile2013の参加報告です。

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
606
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
53
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile2013参加報告

  1. 1. Agile 2013参加報告
  2. 2. 自己紹介 ふるかわ よしひろ 古川 剛啓 中菱エンジニアリング㈱ UMTP L3モデラー OMG Advanced 認定スクラムマスター 名古屋アジャイル勉強会スタッフ
  3. 3. 参加セッション 5日(月) •Coding for America(キーノート) •After Twelve Years of Agile - Testing •Agile Planning & Project Management •Physical Environments to Support Agile Teams 6日(火) •Agile Metrics, Velocity is NOT the goal •Agile Requirements & Product Management •Continuous Architecture & Emergence Design •From Concept to Product Backlog
  4. 4. 参加セッション 7日(水) •Refactoring as a Lifeline •Agile Contracting •Agile Quality Assurance •Forty Years of Trying To Play Well With Others
  5. 5. 参加セッション 5日(月) •Coding for America(キーノート) •After Twelve Years of Agile - Testing •Agile Planning & Project Management •Physical Environments to Support Agile Teams 6日(火) •Agile Metrics, Velocity is NOT the goal •Agile Requirements & Product Management •Continuous Architecture & Emergence Design •From Concept to Product Backlog
  6. 6. セッション報告 「アジャイルなチームをサポートする為に必要な物理 的環境をどうするか」についてのセッション 簡単に言うと どんな環境なら働き易いかを検討したもの
  7. 7. トップ企業は、以下のモデル全てをサポートする様に 作業場所をデザインしている。 ✓プライマリワークスペース ✓コミュニケーションエリア ✓ミーティングエリア ✓トレーニングエリア
  8. 8. 複数のオフィスレイアウトを試行し検証 違いが出るかどうか 非常に懐疑的でした Podはお互いのコミュニケーションを促進し ます。 以前から良いコミュニケーションでしたが、 より良くなったと感じています
  9. 9. こんな感じ・・・かなりオープン
  10. 10. 以下の項目が大切 ✓スペースのオーナーシップ ✓持続的なステータス表示 ✓解決のために集まる ✓周りの声が聞こえる ✓チームのアイデンティティが分る ✓ファシリテーション
  11. 11. じゃあ、次はどうする?
  12. 12. スペース自体が、何を共有するか 目的を伝えなければならない
  13. 13. '自分'のスペースから'自分達'のスペースへの移行
  14. 14. 「ベロシティを測るのが目的じゃないんだよね。 そこからいろいろな事が分かるんだよ。」 という、セッション セッション報告
  15. 15. ベロシティって? チームが1イテレーションで消化できる ポイント数
  16. 16. ベロシティが分かると 予測ができる
  17. 17. データが多くなるといろいろなことが分かってくる 平均値 標準偏差
  18. 18. 最少/最多イテレーション数とか
  19. 19. チームの成熟度とか 同じ平均ベロシティでも成熟していないチームは、ベロシティのばらつき が大きい
  20. 20. ベロシティを測るだけでもいろいろ分かる 測れないものは管理できない
  21. 21. 安定していないベロシティは何を意味する?  大きすぎるストーリー  他チームへの依存がある
  22. 22. 海外カンファレンスを楽しむために •事前に情報交換しておく •Facebookのグループへの参加 •専用アプリの活用 •とりあえず日本人の集まりに顔をだす •食事会への参加 •オープンジャムやエキシビジョンにも出てみる •いっそのことオープンジャムで喋る •スピーカから著書にサインを貰う •有名人と一緒に写真を撮る

×