Code4Lib 2013 報告会

535 views

Published on

2013-03-24 に行われたCode4Lib 2013報告会での資料

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
535
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Code4Lib 2013 報告会

  1. 1. Code4Lib 2013 報告会 情報・システム研究機構/LODI 加藤文彦 2013-03-24
  2. 2. 全体の雑感• githubで発表内容のコード公開が基本• Blacklight大流行 • FLOSSスタック採用の流れ • SOLR, Blacklight, Fedora, Hydra• Linked Dataが議論の前提に• 可視化ツールが注目されつつある
  3. 3. Linked Open Communism: Better discovery through data dis- and re- aggregation• Linked Dataを使って外にある良いデータを持ってきてよりよいUIを作ろう• https://github.com/chrpr/ead2rdf2solr• Blacklight, SOLR, 4store• MARC等様々な関連データを取り込み• EADからエンティティ抽出してDBpediaとのリンク作成 • EAD→SOLR→(ラベルマッチ)→DBpedia→SOLR • 将来はVIAF, LC Linked Dataも http://www.slideshare.net/charper/linked-open-communism-c4l13
  4. 4. Data-Driven Documents:Visualizing library data with D3.js• データ操作・可視化用JavaScriptライブラリ • HTML, SVG, CSS• https://gist.github.com/bretdavidson/4748044• LTでthree.js (3D JSライブラリ)やLayer (ARアプリ)の発表も
  5. 5. Creating a Commons• FLOSSの運営にクリエイティブ・コモンズの3 レイヤーを • Machine Readable: Cool URIs, Unit Test, Continuous integration, Semantic Markup • Lawyer Readable: Software License, Contributor License Agreement • Human Readable: Culture, Commons, Community
  6. 6. Granularity in Library Linked Data• トリプルの粒度 • 何か: コレクション - ジャーナル - ジャーナルタイトル - 号 - 記事 - セクション - ... • 記述内容: Resource record - Manifestation record - Title and SOR - Title statement - Title of manifestation - Title word - ... • 上下関係があれば,粒度が細かいものから粗いものを推論できる “dumb-up”• 問題: スキーマが異なる.粒度もバラバラ.明示的に上下関係があるものもあれば そうでないものもある.他のスキーマとも.• BabelNet • 本当は上下関係があるべきものを機械的に発見して作成されているmultilingual encyclopedia • http://lcl.uniroma1.it/babelnet/
  7. 7. • 来年日本からもっと参加者しましょう

×